神田うのはセレブな旦那と離婚寸前だった!?不倫騒動の真実が明らかに! 女優

神田うのはセレブな旦那と離婚寸前だった!?不倫騒動の真実が明らかに!

毒舌で自由奔放なトークで注目を集め、「嫌いなタレントランキング」で11年連続1位を獲得してきた、神田うのさん。現在、セレブな旦那さんの妻として、子供を持つセレブママとして活動しています。神田うのさんの離婚騒動の真相を生い立ちから詳しく総まとめしました。

神田うのはセレブな旦那と離婚寸前だった?!

神田うのさんが好きという人はあまり多くはないと思いますが、”毒舌で高飛車な金持ちキャラ”としての地位を現在までに不動のものにしています。好き嫌いは置いておいて、神田うのさんほど強烈な個性を持ったセレブキャラはなかなか出てこないでしょう。

神田うのさんは日拓グループの社長で超セレブの旦那・西村拓郎さんと現在離婚が囁かれていますが、真相について総まとめしました。そんな神田うのさんと旦那さんの西村拓郎さんについて詳しく見ていきましょう。

神田うののセレブなプロフィール

  • 本名: 西村 宇乃(にしむら うの)
  • 旧姓: 神田
  • 生年月日: 1975年3月28日
  • 出身地: 神奈川県 川崎市
  • 血液型: O
  • 身長: 169 cm
  • デビュー: 1989年
  • 他の活動: モデル、女優、タレント、ファッション・デザイナー

神田うのさんは趣味としてカラオケを挙げていますが、自宅にカラオケ通信機器を設置したパーティールームがあり、仲間を呼んで盛大にカラオケパーティーをしているのかもしれません。他にも神田うのさんはネイルアートやスキューバダイビングの趣味を持っているようです。

神田うのの実家はセレブ!エリート家系に生まれた

神田うのさんは旧通産省の元技官だった父親を持ち、幼少期からテーブルマナー、挨拶、トイレの使い方など厳しくしつけられたそうです。神田うのさんは、東京大学大学院を修了して旧通産省の技官を務めた超エリートの父親と、美しい母親との間に、1975年3月28日に神奈川県川崎市で生まれました。

「宇乃」という本名の由来は持統天皇の幼名である「鵜野讃良皇女(うののさららのひめみこ)」から来ており、天皇家のように優雅で気品のある女性に育って欲しいという願いを込めて父親が名付けたそうです。幼い頃から「ひめみこ」の”ひめ”を取って、神田うのさんは母親や祖母から「姫」と呼ばれて育ちました。

神田うのが結婚した旦那は超セレブだった

神田うのさんは男性関係に奔放なイメージがありますが、恋愛においては慎重なようで現在の旦那である西村拓郎さんと出会う前も2人の男性としか交際したことがありませんでした。2006年11月13日に神田うのさんと西村拓郎さんが結婚を正式発表したと日刊スポーツが報じました。

神田うのさんと旦那・西村拓郎さんの馴れ初めは1998年11月5日で、神田うのさんが当時23歳の頃に知り合い、当初は友人関係が続いていたようです。約8年かけてお互いを知り交際に発展、それから約2年後である2007年10月8日に結婚記者会見を開きました。

神田うのの旦那・西村拓郎の資産は数百億円?セレブ婚だった

神田うのさんの旦那・西村拓郎さんは超セレブだと言われていますが、その経歴をまとめました。西村拓郎さんの父親である西村昭孝さんは、不動産会社に転職し、1965年に日拓グループを創業し、若干39歳で日拓ホームフライヤーズ(現在の北海道日本ハムファイターズ)の史上最年少オーナーとなり、1年間で日本ハムに売却しました。

そんな敏腕経営者を父親に持つ西村拓郎さんは、成城学園の幼稚園に通い、その後公立小中学校を経てアメリカへ留学。大学卒業まで東海岸で過ごした後に1991年に帰国し、翌1992年1月に若干22歳で日拓グループの取締役社長室長を任されています。30代で日拓グループ代表取締役社長兼CEOへ。

日拓グループ

西村拓郎さんは日拓グループで常務取締役、専務取締役、取締役副社長を経て父親の跡を継ぎ、34歳頃に代表取締役社長兼CEOに就任しています。日拓グループの企業ホームページによれば、現在まで安定して毎年1600億円ほど売上を出しているようで、経常利益は約60億円に登る優良企業のようです。

西村拓郎さんはパチンコ業界では「射幸心をあおるようなパチンコを敬遠する社長」と呼ばれているそうです。日拓グループは1980年代~90年代にディスコを4店舗経営していて流行していたようで、時代の最先端を常にリードしてきた企業のようです。

神田うのは旦那と離婚リスクが少ないから結婚した?

神田うのさんは一般的に離婚につながると思われる”不倫”や”性格の不一致”など、離婚リスクが最初から低いことを悟って西村拓郎さんと結婚したのかもしれません。神田うのさんは旦那・西村拓郎さんと結婚するまで交際期間が8年あまりあったことになりますが、その中で人となりの見極めを徹底的にしていたのでしょう。

神田うのさんは、「裏切ることはありませんので離婚はしません」と語っています。長い期間で旦那さんである西村拓郎さんを見極め、離婚をしない自信があったから結婚したのかもしれません。男性を見る目も養われていたのですね。

神田うの、結婚前に西村拓郎と契約書を交わしていた?

離婚の多い海外では当たり前のように交わす「婚前契約書」ですが、神田うのさんと西村拓郎もお金持ちであることから離婚に関する条件を契約書面で交わしていたのかもしれません。計算高いうのさんだけに、結婚前に西村さんとの前で『契約書』を交わしたといわれています。

その内容は『どちらが離婚を切り出したら、慰謝料はいくら』など事細かく条件を定めたもので、浮気発覚による離婚の場合、巨額の慰謝料を支払わなければならないため、離婚話を口にはしていた西村さんも、実際にはなかなか踏み切れないようです。

セレブ生活のためにも離婚はしない

神田うのさんとしても、生活にかかる費用はすべて旦那持ちで自分の資産はたまる一方というなんの苦労もないセレブ生活を、そう簡単に捨てないだろう、と言われています。セレブ生活のためにもそう簡単には離婚はしなしでしょう。

神田うのさんは西村拓郎さんと知り合う前に交際していた事業家について、「自由になるほどのお金が無かった」と語っていたようで、その点西村拓郎さんは巨万の富を持っているためよほどのことがない限り離婚は考えないでしょう。しかし、実は神田うのさんは世間で離婚の原因となりがちな”不倫”について結婚前から許可を出していたようです。

神田うのの旦那が不倫?別居?

神田うのさんによれば、旦那の西村拓郎さんの夜遊びを認めており、むしろ女遊びをしてもらった方が良い旦那になってくれるという一般常識からはかけ離れた考え方をしていたようです。旦那・西村拓郎さんは神田うのさんと結婚してからも夜遊びに余念がなかったようで、西村拓郎さんの元愛人だという女性が暴露して話題になりました。

西村拓郎さんは愛人である六本木クラブの氏名NO.1ホステスを含む男性3人、女性5人で北海道の函館に1泊2日の温泉旅行に行っており、そのホステスは西村さんにピッタリ寄り添って歩いていたようです。西村拓郎さんは普段から神田うのさんの目を盗んでは自宅を抜け出して夜の街に繰り出していたそうです。

神田うのはマスコミの勘違いに辟易としていた

マスコミや週刊誌は神田うのさんと西村拓郎さんの離婚劇を期待して暴露したつもりでしたが、当人らにとってはまったくダメージになっていなかったようです。神田うのさんは2013年12月5日に放送された情報番組『ノンストップ!(フジテレビ系)』の生放送に出演し、マスコミや巷で言われている離婚騒動について言及しました。

神田うのさんが離婚騒動についてとくに触れずに来たのは「馬鹿らしい」と感じていたからのようですが、情報番組『ミヤネ屋(日本テレビ系)』でも報じられたことにビックリして『ノンストップ!』で語ることにしたそうです。

離婚騒動の真実

神田うのさんは旦那・西村拓郎さんの夜遊びを認めていることや、夫婦関係がうまくいっていることを明かしました。夫の夜遊びが離婚の原因の一つと報じられていたが、これも否定。「時に夜遊びしてくれたほうが、逆にいいパパでいてくれる。夜遊びしてください」「私たちのバランスはとれてる」と話していました。

神田うの、例え旦那・西村拓郎と離婚しても前向き?

普通ならいつ破局してもおかしくない夫婦生活を送っている神田うのさんは、例え旦那・西村拓郎さんと離婚してもダメージはそこまでないのかもしれません。神田うのさんは2015年4月21日に放送されたバラエティ番組『解決!ナイナイアンサーSP日本テレビ系』に出演し、離婚経験のある女性芸能人らとトークを繰り広げました。

それによれば、神田うのさんは”離婚はひとつの経験”だと割り切っているようです。バツ1の元バトミントン選手でスポーツインストラクターの小椋久美子さんが「離婚して、色々な人に迷惑を掛けたので、次は絶対、失敗できない」と再婚に慎重な姿勢を示すと、神田さんは「離婚が失敗とは思わない。1つの経験だから」と持論を明かしました。

神田うのには娘がいる?

神田うのさんには娘さんがいます。娘さんの名前は咲良さんといいます。2011年10月22日12時35分に誕生しており、現在は順調に成長しているようです。バレエの発表会に加えて、ヘリコプターでバイオリンの合宿に向かうなど、英才教育を受けていることがわかります。

神田うのさんは娘さんの顔写真や名前は公表しない方針をとっているため、いつもブログでは顔が隠れた写真が公開されています。名前も公表はしていませんが、娘の呼称は「こうの(ちゃん)」であるようです。神田うのさんの娘が将来どう育つのかに注目が集まりますね。

まとめ

モデルとして芸能界デビューし、毒舌タレントとして現在まで活躍してきた神田うのさんと旦那・西村拓郎さんの離婚騒動について総まとめしてきました。神田うのさんは世間の女性が羨むような超セレブとの結婚をして豪奢な生活を発信していますが、娘・咲良さんが生まれてからは少し毒舌キャラが落ち着いたようです。

神田うのさんと旦那・西村拓郎さんは夜遊びを認め合っているため、ちょっとやそっとの不倫では離婚につながらないかもしれません。しかし、西村拓郎さんは娘が生まれてから女遊びを控えるようにもなったというので、娘の良いお父さんをしているのかもしれませんね。