カラオケで新型コロナに感染!?ヒトカラも危ない?対策・予防法も紹介! ライフ

カラオケで新型コロナに感染!?ヒトカラも危ない?対策・予防法も紹介!

新型コロナウイルスに感染する場所として「カラオケが危ない」と注意喚起が行われています!特にマイクがやばいとされ、消毒をしても感染の可能性は拭えないかもしれません。ヒトカラやカラオケ部屋にも危険はたくさん!コロナ感染の危険について詳しく見ていきましょう。

目次

[表示]

密室で新型コロナが蔓延!?カラオケが危ない!

mohamed_hassan / Pixabay

パンデミック状態だと巷を賑わせている新型コロナウイルス。政府も学校を休校にしたりなど、新型コロナウイルスの感染を防ぐために国が動くという非常事態になっています。

その中でも、新型コロナに感染しやすい場所としてカラオケが危ないと注意喚起が行われています。密室空間がやばいとされる根拠について見ていきましょう!

カラオケがやばい?ウイルス感染する最悪な環境とも!

Pexels / Pixabay

カラオケは新型コロナに感染してしまう可能性が高いやばい環境であると言われています。カラオケを楽しもうと思って行ったら、思わぬ被害を受けてしまったということになりかねません。

新型コロナウイルスの感染においてキーとなるのが「密室空間」という点です。

新型コロナウイルスは密室空間で感染する!?

カラオケは密室空間です。その中で歌ったり機械を操作したりなど、菌が付着し蔓延したままになってしまう危ない場所とされています。

また、つばなどの飛沫がマイクに付着することで、飛沫感染に繋がる危険性が高まります。消毒をしたとしても、こもりきった部屋の中で知らずのうちに菌が増殖してしまう可能性は否めません。

感染者が多数出たクルーズ船や屋形船も密室だった

ed2456 / Pixabay

現在判明しているだけでも屋形船での感染者は12名、クルーズ船での感染者は34名、死亡した人数は6名となっています。

2020年3月3日現在、国内の感染者数は約980人にのぼるとされています。

屋形船の中でも窓を締め切った中でカラオケが行われていた事が判明しています。2~3mという至近距離で、マイクを回していくという感染しやすい状況から新型コロナが広まったと考えられます。

中国では刑務所や老人ホームの密室感染が見られている

Ichigo121212 / Pixabay

日本だけでなく、中国でも新型コロナ感染の拡大が収まらない危ない状況下となっています。

武漢で老人ホームなどの高齢者施設で新型コロナ感染が発覚したのち、2020年2月20日、湖北省、山東省、浙江省の3つの刑務所での感染も明らかとなりました。

3箇所の刑務所での感染者数は514人と報告されており、密室空間における感染拡大の恐怖を顕にしました。

新型コロナウイルス対策の専門家会議「カラオケ控えて」と注意換気

ndemello / Pixabay

新型コロナウイルス対策の専門家会議は、2020年3月2日、若者世代を中心にカラオケを控えるよう注意喚起を行いました。

症状が重症化しづらい10代~30代までの若い世代が気づかぬうちに感染を広めている可能性を指摘し、カラオケボックスなどの密室空間による感染を食い止めることを目的としています。

なぜカラオケが危ない?コロナにかかる危険性を解説!

Fotocitizen / Pixabay

今や新型コロナ対策における知見者からもカラオケの危険性について言及されています。

それではなぜそこまでカラオケが危ないと言われているのでしょうか?その理由を見ていきましょう!

カラオケは密室空間・至近距離での接触など危険がたくさん!

egodi1 / Pixabay

カラオケの環境というのは、部屋の中にこもるという密室空間、至近距離でマイクを回したり話したりするという接触の機会があるなど、コロナウイルスが感染する危険がたくさん含まれています。

歌うことで飛沫感染が起こる可能性が上がる!

Free-Photos / Pixabay

歌うことにより、意識せずともつばが飛びます。その飛んだつばがマイクへ付着し、他の人が同じマイクを使用することで飛沫感染が起こり得ます。

普通に会話している中でも飛沫感染の危険はありますので、歌うことによる飛沫感染に加えて至近距離の会話での感染の危険も伴い、二重で危ない状況となっているのです。

カラオケのマイクには沢山の菌がついている?

congerdesign / Pixabay

カラオケのマイクにはたくさんの菌が付着していきます。中にはマイクに口をつけて歌う人もいますので、そういった歌い方をする人が周りにいたら要注意です。

気になる場合は、ハンカチや付属のウェットティッシュで拭いたりするなど、対策をする必要があるでしょう。

アルコール消毒は菌の繁殖を完璧に防げる?

Mimzy / Pixabay

カラオケのマイクは「マイクシャワー」という除菌スプレーによって消毒されています。消毒によって菌の増殖を防げたとしても、マイクを回すという行為で感染する可能性は高まってしまいます。

マイクだけじゃない!部屋の中にも感染の危険がいっぱい?

SeaReeds / Pixabay

カラオケに潜む感染の危険はマイクだけではありません。中にはトイレに行って手を洗わない人もいるかもしれません。

そんな人が触ったドアノブやリモコン、カラオケ機器には菌が付着してしまします。そうとは知らずに触れてしまう可能性がありますので、ハンカチなどを携帯しておきましょう。

ヒトカラも危ない?一人でも感染の可能性は高い!

「大人数で行くから危ない」と考えている方もいるかもしれませんが、ヒトカラであっても十分に感染の危険性はあります。

清掃されているとはいえ、隅々まで行き届いているとは限りません。ドアノブやソファー、カラオケの機器など前に利用した人が触れている部分はたくさんあります。

ヒトカラであればマイクを回すといった行為からの感染は防げますが、その他の経路によって死滅しきっていない菌が自分の体内に入ってくる可能性があるでしょう。

カラオケ以外に新型コロナに感染しやすい場所はある?

カラオケ以外にも、新型コロナに感染する確率が高い場所は多数存在しています。無意識のうちに新型コロナをもらってしまわないためにも、どのような場所が危ないのか知っておきましょう!

感染の危険が高い場所①イベント会場・ライブハウス

Free-Photos / Pixabay

人が大勢集まるイベント会場やライブハウスはウイルスの宝庫です。感染の確率もかなりアップするでしょう。

なかなか行く機会のないイベントやライブ会場であっても、新型コロナをもらってきてしまう危険は伴いますので、冷静な判断が必要となるでしょう。

感染の危険が高い場所②病院や高齢者施設

DarkoStojanovic / Pixabay

病院や老人ホームなどの高齢者施設も新型コロナウイルスにかかる可能性が高いとされています。

病院にはすでに風邪などの病気にかかっている人が大勢来院していますので、新型コロナだけでなく通常の風邪にかかってしまう危険もあるでしょう。

高齢者施設も、免疫力の低い高齢者が集まっていますので、ウイルスをもらったり反対に自覚せずにウイルスを移してしまうかもしれません。

感染の危険が高い場所③会社や学校

Free-Photos / Pixabay

会社や学校は密室空間です。人も多く集まりますし、比較的至近距離で時間を共にすることとなります。

換気をしたとしても、部屋の中の空気を一気に入れ替えることは難しいため、マスクやアルコール消毒などの対策を徹底することをおすすめします。

感染の危険が高い場所④立食パーティー会場や居酒屋

bridgesward / Pixabay

人が集まる立食パーティーや居酒屋なども危ないとされています。少人数であればまだ感染を抑えられる可能性はあるものの、歓迎会などで大勢の人数が集まる場合は注意が必要です。

手を伸ばせば届く至近距離で、会話を一定時間続けるような場は感染の危険が高まります。不必要な飲み会などは行わないように注意しましょう。

新型コロナウイルスの予防策!危ない新型コロナから身を守ろう!

Free-Photos / Pixabay

危ない新型コロナにかからないために私達に出来ることは何でしょうか?私達が意識して改善できるところ、心がけていける対策法を見ていきましょう!

軽い風邪でも油断大敵!特に若い世代は注意しよう!

tpsdave / Pixabay

ちょっとした咳や鼻水など、軽い症状の風邪であっても油断してはなりません。特に10~30代の若い世代は免疫力も高く、「これくらい大丈夫」と自己判断してしまうケースが目立ちます。

しかし、たとえ自分に支障が無かったとしても、周りの人や免疫力の低い高齢者などに移してしまう可能性があります。気になる症状がある場合は、しっかり休養を取って治しましょう。

知らぬ間に自分が感染元になる可能性も?

風邪の症状なども感じておらず、元気であると感じていたとしても、自分が感染元となりウイルス感染を引き起こしてしまうかもしれません。

年代や身体状況によって症状の起こり方はさまざまですので、一概に「問題ない」と判断せずに、細心の注意を払って生活するよう心がけましょう。

手で目や顔を触らないようにしよう!

cm_dasilva / Pixabay

物をとったり、何かをしたりなど、私達にとって手は欠かせないものです。使用頻度が高いからこそ、知らぬ間に菌を付着させている可能性があります。

何かを触った手で目をこすったり、顔をかいたりなどすれば、それを元に感染する危険性が高まります。

手洗いやアルコール消毒を心がけ、菌が付着する危険があらゆる場所に潜んでいることを忘れないようにしましょう。

風通しの良い開けた場所を利用しよう!

fietzfotos / Pixabay

密室空間では菌の増殖が促進されます。一日ずっと閉めっきりの空気の循環がされていない部屋は危ないです。意識的に換気をするよう注意しながら、新鮮な空気を取り入れるようにしましょう。

持病があっても通院はなるべく避けよう!

FirmBee / Pixabay

持病がある方にとって通院は欠かせません。しかし、通院した際に新型コロナにかかる危険性があります。

厚生労働省が持病の処方箋を電話診療で発行できるよう動いているため、通院なしで近くの薬局に処方箋を送ってもらうようにしましょう。

外に出る際はアルコール消毒や手洗いうがいを徹底しよう!

Gadini / Pixabay

外出をする際には、アルコール消毒や手洗いうがいをするようにしましょう。今では身近なスーパーやレストランなど、あらゆる場所にアルコール消毒が置かれています。積極的に利用していきましょう。

一番の対策は人との接触を控えること

trinhkien91 / Pixabay

何よりの対策となるのが、人との接触を控えることです。不用意に人が集まる場所に近づいたり、飲み会などの多人数が集まる機会を減らすようにしていきましょう。

カラオケは危ない!新型コロナの予防をしっかりしよう!

danfador / Pixabay

カラオケは新型コロナウイルス対策の専門家会議からも「新型コロナがかかりやすい場所」として挙げられていることが分かりましたね。

カラオケ以外にも新型コロナにかかる危険性がある場所はたくさんあります!無駄な外出は控えて自分の身をしっかりと守っていきましょう!