オナニーする場所24選!興奮する場所は自宅or野外?実家でするなら? ライフ

オナニーする場所24選!興奮する場所は自宅or野外?実家でするなら?

オナニーをする場所はどこが興奮するでしょうか。自室だけでなく、野外公園や会社・職場、車など多彩な場所が挙げられます。実家またはシェアハウス住まいの人や女性でのオナニー場所や、処理のタイミングなどはどうなのでしょう。オナニーの場所についてをまとめ考察します。

目次

[表示]

オナニーする場所総まとめ・全24選!

danymena88 / Pixabay

男性も女性も、オナニーする場所というのはほとんどの場合、自宅の自室が多いのでしょうか。安心してゆっくりとオナニーするならば、やはり誰にも見られるリスクのない自室が圧倒的です。

しかし特に男性では、時にとんでもない場所でオナニーしたがる人もいるのです。公衆の面前で男性器を露呈してオナニーなどすれば、直ちに軽犯罪法で逮捕されてしまいますが。

本記事では「定番」のオナニー場所についてと、少数派の意見とを総まとめしてみます。それらは今回の分類においては、「24の場所」となりました。

オナニーする場所・「自宅」vs「野外」!?

Bluestones / Pixabay

まずオナニーの場所選択で、自宅派と野外派の2つに大別して分類してみたいと思います。男女問わず、多くの人はオナニーは「公然と」やることでもないし、語ることも少ない行為です。

前半では、多くの人が日常的にするオナニー場所として、「自宅」の中でも興奮できる場所などはないか探ってみます。

オナニーで興奮する場所【自宅篇】

Suedelbien / Pixabay

オナニーとは通常の場合、極めてパーソナルな行為で、それは1つの「秘め事」です。自宅内と言っても、一人暮らしか実家暮らしかでも、「自室」の意味合いは変わるでしょう。

そして自室以外の「意外な場所」でのオナニーが興奮するという場合もあるようです。自宅内で、どんな場所がオナニーの場所の候補になるのかを探します。

自宅は定番!ただし実家暮らしなら警戒処理モードで

Comfreak / Pixabay

明らかに「定番」な場所は、自宅であることは間違いないと言えるでしょう。しかし自宅でも「実家暮らし」、つまり他の家族との同居の場合に、家族にバレない配慮は誰もがしていることでしょう。

いかに自分の部屋とは言えども、警戒処理の上、タイミングを計る人がほとんどです。他人以上に「肉親」にオナニーの現場を見られることは、誰でも避けたいことです。

音・振動などが外に漏れないように、また急に家族が部屋に入ってこないか神経を使う場面です。

①自室のベッドでオナニー!これがまさに王道!?

keresi72 / Pixabay

オナニーの定番中の定番の場所は、やはり自室の「ベッド」が多いのではないでしょうか。これは男性に限らず女性でもほぼ同じでしょう。いざという時「隠す」方法もベッドならラクです。

ましてや着衣を少しぐらいはだけていても、そう違和感なく振舞えます。ベッド脇にティッシュボックスがあるのもごく自然です。安心・安全の意味からは自室ベッドは鉄板の選択肢と言えそうです。

②クローゼットでオナニー!狭さが萌えを掻き立てる!?

sdnet01 / Pixabay

クローゼットの中でオナニーするのが好きという人もいます。狭すぎる感覚が、より興奮度を高めるというのです。あるいは「隠れて」している背徳感が良いという意見もあります。

窮屈な感覚が、性的興奮を高めるという傾向の人は、男性にも女性にもいるようです。身を屈めて小さくなって、隠れオナニーするのが気持ちいいのです。

しかしこの場合には、中の衣服などを汚さないように気を付ける必要はあります。

③鏡台のある部屋でオナニー!自分のいやらしい姿を見て興奮!?

Eduardo-Silva / Pixabay

セックスでは結合箇所を「鏡に映して」より萌えるというプレイは昔からあります。同様にしてオナニーでも、自分の恥ずかしい姿を見て、より興奮する人は男性にも女性にもかなりいます。

鏡台の前でのオナニーでは、顔も含めた全身を映すケースと、性器部分だけを見るやり方があるようです。女性ですと自分の性器がどんな風か、よく見るために手鏡を使うオナニーもよくあります。

男性の場合、凝ったやり方では、指にマニキュアをつけ女性にされることに見たて、想像するオナニーもあります。ハイヒール等を男性器にあてがって、鏡で見ながらという方法もあるようです。

④トイレでオナニー!タイミングと処理時間の勝負!?

cocoparisienne / Pixabay

自宅でもトイレでオナニーという例はよくあるようです。家族の出入りが頻繁な時間帯は避けますが、トイレで射精すれば水洗ならそのまま流せます。

男性の射精では、後に入る家族に匂いで知られるリスクは気にする要素です。女性もトイレでオナニーするのが好きという人はいます。

トイレでのオナニーのリスクとしては、長時間で怪しまれることでしょう。男性の場合、手の届きにくい所へ精液を飛ばすと後始末が大変です。

⑤お風呂場でオナニー!長風呂とお湯の使い過ぎに注意!?

manbob86 / Pixabay

お風呂場でオナニーというのは、男性女性とも、自室に次ぐ定番かもしれません。それはすなわち「シャワーオナニー」の場所だからです。シャワーオナニーは女性に多いようですが男性もします。

手指による刺激とは全く異なる快感があり、角度とシャワー強度がぴったり合えばごく短時間で強烈な快感に到達できます。男性の場合、射精が飛散るリスクは水流で全て流せて安心です。

女性にとっても溢れた愛液を、そのまま洗い流せるメリットは絶大です。お風呂場オナニーも、長時間で怪しまれるリスクと、お湯の浪費リスクなどがありそれらには配慮すべきです。

⑥リビングでオナニー!家族が誰もいないので興奮!?

khiemtran87 / Pixabay

自宅のリビングで、誰も居ないときにするオナニーはスリルを伴うオナニー場所となります。通常帰宅予定は聞いていても、思ったより早く家族が帰宅することはあり得ます。

しかしいつもなら絶対に下半身を露呈しない場所という、背徳感が興奮を高めることはあるでしょう。リビングの大画面テレビでAVを見ながらという、大胆なオナニーは時にはいいものでしょう。

⑦脱衣所でオナニー!本来裸でいてもいい場所なのに興奮!?

Pexels / Pixabay

穴場的な場所としては、脱衣所も挙げられます。脱衣所なら通常裸でいることは当たり前です。しかし狭い空間に鏡もあるし、立ったままオナニーするのに最適だという女性も存在します。

アダルトAVの定番シチュエーションにも、脱衣所はよく登場します。ここでは今自宅での話をしていますが、彼女の家の脱衣所なら、洗濯前の下着をこっそり拝借などもよくある話です。

入って来られて裸なことは普通な場所だし、仮に開けられても「開けた」方に、通常は非があるとされます。そんな特殊な場所だからこそ、特殊な感覚があるのかもしれません。

⑧バルコニーでオナニー!半分は野外だから見られる可能性も!?

PIRO4D / Pixabay

バルコニーまで足を延ばしてのオナニーでは、そのタイミングが生命線かもしれません。当人はスリルいっぱいでも、自宅敷地内と言えど公然にオナニーするのは軽犯罪法に触れるかもしれません。

ゆえに自宅でのオナニーとしては最もリスキーで、スリリングなオナニーとも言えます。上半身だけが表に見える構造では、下半身は外から見えないので露出狂気分が味わえるかもしれません。

オナニーで興奮する場所【野外篇】

Free-Photos / Pixabay

野外でのオナニーが、より興奮するので好きだという人は男性・女性ともにいます。本来は、誰にも見られずに済ませたいのがオナニーなのではとも思われます。

しかしその真逆の欲求を持つ人は多く、オナニーだけでなく野外セックスの愛好家もいるのです。場所に関するバリエーションは実に多様で、比較的安全な場所からリスクの高い場所もあります。

非日常の野外!?リスクと引換えの新鮮さ!?

geralt / Pixabay

オナニー場所に野外を選ぶ人の心理には、誰かに見つかるかもしれないという危険性へのスリルがあるでしょう。そのギリギリのスリルが、平素のオナニー以上の新鮮さに繋がると思われます。

非日常感は、平凡な日々を吹き飛ばす大きな起爆剤にもなります。危ない中でも、逃げ切れる手段を残した場所でのオナニーがしたい気持ちは、誰にでもあると言えるでしょう。

⑨停車中の車でオナニー

Noel_Bauza / Pixabay

停車中の車でオナニーという、野外にしては安全性が高いオナニーがクセの人もいます。これは万が一その事実が露見しそうになったら、車を出して逃げてしまえばいいのですから。

最初から、車で移動しながらオナニーしようと計画的にする人もいます。これには男性だけでなく、女性ドライバーでもそのような人はいるようです。

⑩人気の少ない公園でオナニー

pepperminting / Pixabay

野外オナニーの中でも、人気(ひとけ)の少ない公園を場所に選ぶ人は多いようです。公園では普通にカップルがイチャつく場所でもあり、野外としては性的にポピュラーなイメージがあります。

単に野外の解放感の中でオナニーしたいケースもあれば、もっと邪なことを考える男性もいるようです。それはイチャつくカップルをおかずにオナニーするという人です。

手だししたり、男性器を見せつけるなどの行為は、確実に犯罪ですからそれは絶対避けましょう。

⑪ビルの非常階段や集合住宅の踊り場でオナニー

zephylwer0 / Pixabay

非常階段や、階段の踊り場などをオナニー場所に選びたがる人もいます。このレベルまで来ますと、露出狂の一歩手前ではないかという気もしてきます。

ただ、奥まった位置関係ですと、人の気配は「音」で確実にわかります。それゆえに、高リスクにみえて意外な安全策とも言えるかもしれません。

オナニーで興奮する場所【公共の施設篇】

elizabethaferry / Pixabay

そして野外とはまた別に、自宅以外の何らかの「閉じた空間」をオナニー場所に選ぶケースを考えます。完全なアウトドアと違い、条件が整えばリスクは低めの場所も多いです。

⑫旅行や出張ではホテルや宿で思いっきりオナニー

sharonang / Pixabay

これは安全性が非常に高いオナニー場所で、旅行や出張時の宿でする、というものです。ホテルの個室であればオートロック標準ですし、まず邪魔が入ることもないでしょう。

全裸で動き回ってもいいですし、浴室で心行くまでシャワーオナニーに耽るのもいいでしょう。原則、宿泊者としてモラルに欠ける行為でなければほぼ全てOKです。

ただし団体旅行で内線呼び出しされたり、壁が薄いなどでは要注意です。また、旅館などでは仲居さんが入室することがあるケースもあるので注意が必要です。

⑬友達の部屋でオナニー

keresi72 / Pixabay

友達の部屋に遊びに行って、なぜかオナニーをしてしまうこともあります。何泊か泊まれば、男性の場合「溜まって」きて、したくなることもあるでしょう。

ちょっとした友人の留守に、タイミングよく素早くオナニーしたなどという話も聞きます。

⑭放課後の教室で好きな人の机でオナニー

weisanjiang / Pixabay

放課後の教室などでは、性欲が湧いて仕方ない人もいるようです。昔の話ですが、憧れの大好きな女子のリコーダーを舐めたとかいう、ほぼ変態な逸話もあります。

または女子の座布団や上履きなどへのフェチ的興味で、オナニーまでしてしまったエピソードもあるようです。逆に女性が好きな男性の机でオナニーした、という話も存在します。

⑮職場の空き会議室でオナニー

Pexels / Pixabay

職場の空き会議室などでオナニーをすると、異様に興奮するという人もいます。職場は時間帯ごとに、よく利用される部屋かどうかの差があり、ほぼ誰も来ない部屋と時間は予測可能です。

強者になると問題のない範囲で会議室に「予約」を入れる人もいるそうです。うまく出来たと思っても、身分がバレるような忘れ物には注意したいですね。

⑯会社やお店など不特定多数が入るトイレでオナニー

myjanitors / Pixabay

会社やお店などの、不特定多数の人が入るトイレでのオナニーを好む人もいます。お店であれば赤の他人で済みますが、会社となると顔見知りが出入りしますのでバレた時のリスクは大きいです。

あるいは隣の個室に誰かが入った時ほど萌えるタイプの人もいるようです。トイレのオナニーでは、女性の愛好家も多いようです。化粧ポーチにミニのバイブを入れている女性もかなりいます。

⑰ネットカフェの天井なし個室でオナニー

coritonjes0 / Pixabay

ネットカフェはここ最近では、どんどん個室化が進んで密室と変わらないほどのところもあります。しかし天井部ががら空きの仕切りだけの個室も依然多く存在します。

上から覗き込まれることなど、ほとんどありませんが、見られるリスクは高めに感じるでしょう。そのほうが興奮するという人はいますし、PCがあるのでおかずに困ることもありません。

⑱まさかの「電車・バス」乗車中にオナニー!?

Free-Photos / Pixabay

非常にレアですが、乗車中のバスや電車でオナニーをするというハイリスクな場所選びがあります。バスの最後部座席で1人とか、1車両に誰もいない深夜時間などではあるらしいのです。

バスではハンカチなどで股間を隠し、射精まで完了する男性もいたようです。また冬場などは、コートのポケットに穴を空け、向かいの女性をおかずにコート内側で射精した人がいるらしいです。

終電近い電車では、ほぼ酔いつぶれた女性が股を開いたまま熟睡している場に遭遇した男性の話もありました。他に誰もいなく、女性は熟睡なので難なくオナニーできた体験談もあります。

男性はお金を払って堂々とオナニー【風俗店篇】

RyanMcGuire / Pixabay

男性の性欲処理の場として、お金を支払って利用する「風俗店」でオナニーということもあります。風俗店であるなら、女性の手によって満たされるようなお店もあります。

これらはシャイな男性や、性体験がまだ少ない男性などに愛好されるようです。ではどんな風にして、これら風俗店でオナニーして性欲処理されるのかを探ります。

⑲「覗き部屋」「見学店」で女性のナマ裸を見てオナニー

これは男性限定の風俗店ですが、「覗き部屋」「見学店」などという店が繁華街にあります。そこでは多角度の個室から1つの部屋で、服を脱いでいく女性を眺めてオナニーできるのです。

マジックミラーで構成された部屋からは、覗いている男性は見えません。一方的に見るだけ見て、制限時間内にオナニーで射精処理まで完了させるので忙しい雰囲気ではあります。

法的に禁じられていますが、女性器まで見ることができる店もあったようです。男性が性器だけを露出して、中のダンサーの女性の手で、しごいてしてもらうケースもあるようです。

⑳個室ビデオ店はおかずAVでいっぱいなオナニー専用の場所

Myriams-Fotos / Pixabay

個室ビデオ店という、比較的新しい風俗店も存在します。ここではズバリ、おかずになるAVが見放題な上、個室を所定時間使っていいシステムになっています。

ほぼ男性の利用客ばかりですが、中には女性を受け付ける店もあるようです。ストレートにオナニーを堂々と出来る独立空間ですから、ここにリスクは皆無です。

ここ最近では「VR(立体視)」タイプのAV鑑賞が出来る店も増加しているそうです。

㉑「オナクラ」というオナニー姿を女性に見せつけるお店でオナニー

kpr2 / Pixabay

そしてもっと倒錯した風俗店として「オナクラ」というカテゴリの風俗店が存在します。ここでは男性側は、女性にオナニーする姿を見せることがメインとなります。

店内システムとしては、露出狂を堂々と出来る風俗店です。どの辺りまでが合法ラインかは、かなりグレイですが本番行為は一切ないそうです。

女性からの少しの「お手伝い」は、オプションで付加できるそうです。店舗によってサービスが異なりますので、事前リサーチは必要でしょう。

NEXT:女性がオナニーするなら?【変わった場所篇】
1/2