亀頭オナニーのやり方は簡単!おすすめグッズとメリットを紹介!ライフ

亀頭オナニーのやり方は簡単!おすすめグッズとメリットを紹介!

亀頭を直接刺激し、射精する亀頭オナニーは痛いとの声もありますが、ドライオーガズムが得られる、亀頭を大きくすることができるとの声もあります。亀頭オナニーのやり方とメリット・デメリット、バイブや電マなどのグッズについてお伝えします。

目次

[表示]

亀頭オナニーとは?普通の射精より刺激的?

Pexels / Pixabay

通常のいわゆる皮オナニーよりも刺激的で射精の快感も倍増するとの声もある亀頭オナニー。一度覚えると皮オナニーではもう満足できなくなる、という声もあるほどです。

亀頭オナニーとは、ペニスの亀頭をダイレクトに刺激することで射精に導くオナニーのやり方のことで、指だけでなく、バイブや電マなどもグッズとして使用されることがあります。

また、亀頭オナニーでは射精をともなわないドライオーガズムに達することができるとされており、皮オナニーでは到達できないオナニーの新しい境地までたどり着けるとも言われています。

包皮の癒着を剥がす方法は?包皮の癒着は自力で剥がせる!

真性包茎を治す方法!真性包茎は自力で治せる?

刺激がクセになる?亀頭オナニーのやり方【基本編】

qimono / Pixabay

日本では、まだまだ皮オナニーが主流ということで、「亀頭オナニーって何?」という男性も多いのではないでしょうか。

亀頭オナニーはかなり特殊なやり方のため、皮オナニーに慣れきっている男性にとってはとっつきにくいかもしれませんが、いったん慣れてしまえばまったく違った快感を得ることができます。

ここでは、亀頭オナニーの基本的なやり方について初心者向けに順を追って御説明していきますので、ぜひとも参考になさってください。

ローションを温める

silviarita / Pixabay

亀頭オナニーの場合、亀頭やペニスへの刺激が強すぎるため、初級編ではローションが必須となります。また、ローションを温めることで亀頭への刺激をやわらげることができ、より自然な快感を得ることができます。

ローションはおおよそ人肌より少し温かい程度に保温するのがベストであるとされており、熱すぎればかえって亀頭への刺激が強まってしまう、というデメリットもあります。

なお、ひんやりとした刺激のほうが気持ちいい、という方はあえてローションを温めず、常温のままで使用するやり方もおすすめです。

亀頭を露出させる

仮性包茎の方は、あらかじめ亀頭を露出させておく必要があります。ペニスが勃起していれば包茎でもスムーズに亀頭を露出することができますが、この段階で痛みを感じる場合はやめておきましょう。

また、亀頭オナニーでは清潔さも重要になりますので、ローションをつける前にあらかじめ亀頭をよく拭いておき、恥垢などが残っていないかを確認しておくこともポイントです。

ローションをカリ首になじませる

stevepb / Pixabay

ペニスが勃起し、亀頭を充分に露出させることができたら、いよいよローションをペニスに塗っていきます。この際、カリ首部分にローションをなじませるのがポイントで、亀頭への自然な刺激を実現できます。

亀頭を指でこねくりまわす

TomaszProszek / Pixabay

ローションが亀頭、そしてペニス全体によくなじんだら、亀頭を少しずつ指で刺激していきます。亀頭オナニーでは基本的に亀頭や尿道周辺を中心に刺激するため、初心者のうちは多少くすぐったいかもしれません。

この時、イメージとしては人差し指と親指で亀頭部分をはさみながらゆっくり刺激するのが効果的です。最初からあせって刺激をすると痛いと感じられるかもしれません。

また、亀頭オナニーは思っている以上に刺激が強いため、慣れないうちは数回の刺激で射精してしまうかもしれませんが、それは早漏ではなく、「亀頭オナニーとはそういうものだ」という程度に理解しておきましょう。

ドライオーガズムが味わえることも

danymena88 / Pixabay

オナニーの楽しみ方は、射精だけではありません。確かに、射精は男性にとって大きな歓びではあります。

射精をともなうオナニーをウェットオーガズムとよぶのに対し、射精せずにオーガズムに達するオナニーをドライオーガズムといいます。

亀頭オナニーではドライオーガズムに達しやすく、射精とはまた違った快感を得ることができると言われています。

慣れないうちは弱い刺激から

ddalki3003 / Pixabay

亀頭オナニーのチャレンジャーはこれまでの皮オナニーでは満足しきれない、という方が多く、最初から過激なやり方で亀頭を刺激しがちです。

言うまでもなく、亀頭オナニーは亀頭をいじめるやり方ではありません。むしろ、亀頭をいじめることで敏感になりすぎ、快感よりも痛みのほうが強くなってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

NEXT:刺激が違う?亀頭オナニーのやり方【上級者編】
1/4