【2020最新】芸能界の本当にやばい話!闇営業や事件の怖い話も? エンタメ

【2020最新】芸能界の本当にやばい話!闇営業や事件の怖い話も?

芸能界ではびこる本当にやばい話!薬物の怖い話、闇営業でのヤクザとの関わり、女性芸能人の裏の顔、枕営業など、黒い噂は耐えることがありません。2020年最新の芸能界での本当にやばい話・事件をまとめていきます。ここまで闇があふれる理由はなぜなのでしょうか?

目次

[表示]

2020年最新版!芸能界の本当にやばい話!【薬物疑惑・逮捕編】

sammisreachers / Pixabay

2020年最新版芸能界の本当にやばい話、まずは芸能人の薬物疑惑や薬物による逮捕についてみていきましょう。

2019年から2020年現在において、芸能人の薬物使用・所持による逮捕はラッシュ状態にあります。まだ麻取(マトリ)が追っている最中と思われる、薬物疑惑がある芸能人の情報も公開します。

本当にやばい話①薬に落ちる芸能人たち、いずれも渋谷・西麻布のバーで…

qimono / Pixabay

「渋谷の一角にかつてバーがあった。目立たないが、芸能事務所関係者、マスコミの人、海外の芸能関係者まで集う知る人ぞ知る店。そこが『買える』ということで有名だったんです」

(引用:現代ビジネス)

薬の集まる場所は必ず存在します。薬を手に入れれるバーやクラブというのは都内に数カ所あり、渋谷や六本木、麻布に集中していると言われています。

今回参考にした現代ビジネスの記事には、「今からでも2時間もらえれば、すぐにクスリを手に入れてきますよ」と、覚醒剤で逮捕歴のある芸能関係者が語った話が記されていました。

「ある程度人数が集まったら、店を閉めちゃうんですよ。そしてテーブルをぴかぴかに磨いて、クスリ(コカイン)をざーっとテーブルの上に白線のように撒いて、みんなで鼻から吸っていく。その場には、何人も芸能人がいましたよ」

(引用:現代ビジネス)

このように麻布や渋谷のごく一部のバーやクラブでは、薬物の取引が当たり前のように行われているのです。もちろん、薬物の入手方法はそれだけではありませんが、案外身近なところに薬物は存在しているのです。

本当にやばい話②国民的アイドル元メンバーが麻薬逮捕?可能性高まる?

MabelAmber / Pixabay

2020年1月、麻薬で逮捕されるであろう人物について東京スポーツ新聞が報じました。その人物は元アイドルの女性芸能人、現在はソロで地道に活動しているとのことですが、大麻の使用疑惑があると言われています。

記事ではそれが一体誰なのか『元アイドルの女性芸能人X』としか書かれていません。情報としては、紅白歌合戦にも出演したことのある国民的アイドルグループのメンバーで、現在は30代ということだけです。

30代という事は、1989年以前に生まれた人物であるという事です。AKBグループやハロプロの元メンバーなど様々予想できます。誰という事はわかりませんが、2020年新たな逮捕者が現れるかもしれません。

本当にやばい話③沢尻エリカの夜の交友関係、薬に溺れるきっかけは?

薬物編芸能界の本当にやばい話3つ目は、沢尻エリカの薬物逮捕とよるの交友関係についてです。

「まだ沢尻が10代だった2年ほどの期間、人材サービス会社グループの当時会長だったA氏と、非常に密接だったという話があります。25歳年下の沢尻にA氏はメロメロで、マンションを買い与えたとか、夜遊びの資金についても全面的に面倒を見ていたなんて噂も飛び交っていました」(芸能記者)

(引用:めるもbyGMO)

10年以上前から薬物に手を出していたことを明かした沢尻エリカですが、このように人材サービス会社のA氏と内密だった10代の頃、このA氏から夜の遊びを教えられた可能性があると言います。

交際相手でデザイナーの横川直樹容疑者とともに薬物を使用していたということはわかっていますが、まやかしの交友関係が沢尻エリカを薬物を断てない状態にさせたといって良いでしょう。

こちらの動画を見ると、彼女の交友関係が見えてきます。もちろん薬物とは関係ない芸能人の交友関係もみられますが、クラブに出入りし夜な夜な派手な生活をしていたことは間違いありません。

本当にやばい話④コカイン使用のピエール瀧!復帰とはの話もあるが

2019年に薬物で逮捕されたのは、沢尻エリカだけではありません。薬物編でご紹介する芸能界の本当にやばい話4つ目は、ミュージシャンで俳優のピエール瀧のコカイン摂取容疑での逮捕についてです。

彼は20代の頃からコカインや大麻を使用したとされています。逮捕された当時が51歳なので、少なくとも20年以上もの間薬物を使用していたことになります。

そんなピエール瀧ですが、2021年公開予定の映画『ゾッキ』で俳優復帰予定です。これについて世間では様々な意見があります。

フリーアナウンサー田中みな実(33)が9日、TBS系の「サンデー・ジャポン」に出演し、来年公開の映画で復帰を予定している「電気グルーヴ」のピエール瀧(52)について「ネット配信や映画は(見る側が)選択できるから、お出になってもかまわない。ピエールさんが出ると話題になっているけれど、マイナスの意味じゃないかな。いい作品に傷がついてまっすぐに見られなくなるんじゃないかな」

(引用:中スポ)

まさに、その通りといった感じですね。田中みな実さんは「音楽であれば共演者がいるわけではないから、活動できる」と発言しています。

今後、薬という闇からどのように抜け出し、どのような復活の仕方をしていくのか注目しなければいけません。

本当にやばい話⑤10年前から大麻使用!田口淳之介・小嶺麗奈が落ちた深い闇

2019年、やはり話題になったのは元KAT-TUNの田口淳之介でしょう。彼も彼女である小嶺麗奈とともに逮捕されており、釈放された際の土下座姿を鮮明に覚えている人もいるでしょう。

乾燥大麻は、幻覚成分の濃度が葉より大幅に高い「バッズ」という種類の大麻でした。10年以上前から使用していたという証言から、交際が始まったとされる2007年には薬物に手を染めていた可能性があります。

ジャニーズ事務所もきな臭すぎる彼女との交際を認めず、田口は脱退という形をとったという噂もあります。どん底へと陥った田口はすでにアーティスト活動を再開、今後の展開が気になるところです。

本当にやばい話⑥槇原敬之再び逮捕、20年の時を経ても覚醒剤やめられず?

アーティストの槇原敬之が2020年2月13日、2018年3月4月に危険ドラッグや覚醒剤を所持していたことが発覚、警視庁に逮捕されました。1999年にも覚醒剤取締法違反で逮捕された過去があります。

本人は「長いこと薬物はやってない」と証言していることもあり、薬物反応が出ない可能性も高いですが、2018年ごろに薬物を所持していた事実は変わりません。

今回紹介した芸能人は全員10年以上の使用経験がありました。このことから薬物依存の恐ろしさがよくわかります。また、芸能人という目立つ存在だからこそ誘惑を断とうとしても寄ってくる環境にあるのでしょう。

2020年最新版!芸能界の本当にやばい話!【闇営業編】

お次は闇営業編!吉本芸人からあらわになった闇営業という言葉。

ヤクザや半グレとの繋がりがあらわになった2019年の出来事でしたが、闇社会と芸能界の繋がりは長年耐えることのないものだったのです。まずは闇営業の定義を見ておきましょう。

  • 闇営業:芸能事務所に所属する芸能人が行う営業。直営業とも言う。

闇言葉がついているため、それ自体が悪いものと認識されがちですが、本来は『直営業』のことを指します。友人・知人の結婚式・披露宴にビデオレター出演も闇営業となり、グレーな仕事も指すと言えるでしょう。

本当にやばい話⑦AV女優が闇営業に誘われて行った先には?

芸能界の本当にやばい話、まず一つ目はAV女優(男の娘)の大島薫さんがAV女優の友人から聞いたと言う、都市伝説的な闇営業の話です。

AV女優がバーで出会った暴力団系の男性に、ある仕事を紹介されたとのこと。内容はいわゆる、乱行パーティー。球団の選手たちの夜のお相手をする仕事だったのです。

入り口では裏家業の人たちが見張りにつき、女性たちが逃げ出さないようにしていると言います。これが本当なら、球団とヤクザにつながりがあるということに…球団とヤクザの本当にやばい話は後ほどご紹介します。

本当にやばい話⑧吉本興業の深い闇、闇営業問題から出たサビとは?

芸能界の本当にやばい話2つ目は、吉本興業に所属するタレントが闇営業で詐欺グループから金銭を受け取った問題についてです。この問題で吉本興業のお笑い芸人合計16人全員が処分を受けています。

この闇営業問題で明るみになったのは、吉本興業の二転三転する対応でした。

そもそもなぜ芸人たちは闇営業をしてしまうのでしょうか?それが次の3つの理由からきていると言われています。つまり吉本興業だけに言える話ではありませんが、身から出た錆とも言えるのです。

  • 反社会的勢力との関わり
  • 税金の未申告
  • ギャランティの低さ

振り込め詐欺グループは半グレと呼ばれますが、そういったグループの後ろにはほぼ確実に反社会勢力の人たちがいます。また、闇営業で得たお金は、確定申告で未申告としてしまう場合が多いです。

そもそも闇営業をしてしまう理由は、芸人たちのギャラの低さにあります。もちろん、宮迫や田村亮はギャラが低いとは言えませんが、雛壇芸人と呼ばれるタレントたちのギャランティは極端に少ないのです。

本当にやばい話⑨闇営業の発端!入江は解雇後にもかかわらず月収100万?

芸能界の本当にやばい話3つ目は、吉本闇営業問題で、詐欺グループとの仲介役となっていたカラテカ入江慎也についてです。

相手が詐欺グループだとは知らなかったと証言していましたが、問題が発覚したことでカラテカ入江も吉本興業を解雇されました。その後、どのように暮らしているのか週間女性で答えています。

清掃員のアルバイトを週6~7日と自身の会社・イリエコネクションのコンサル業をなりわいに、貯金を取り崩しながら生活している

(引用:Yahooニュース!)

このように答えていた入江ですが、後輩芸人によると月に100万円程度の収入があり、都内の桜で有名なエリアの川沿いにある家賃25万円のマンションに住み、愛車はベンツで駐車場が月8万円だと言うのです。

確実な情報とは言えませんが、たくさんの芸人を闇営業の仲介をしたことでどん底へと導いた本人の生活は以前と変わらず贅沢なもの。

コンサルとしての才能があるのかもしれませんが、解雇された後の他の芸人との差も、ある意味闇と言えるでしょう。

本当にやばい話⑩芸能界はヤクザと関係が深い?

Vitabello / Pixabay

本当にやばい話4つ目は、芸能界とヤクザの関わりです。闇営業(直営業)などで、ヤクザなどの反社会主義者と芸能界に深い関わりがあることがわかります。なぜ関係性があるのか、それは昭和の時代に遡ります。

実は芸能事務所が担当するような仕事の多くは、昭和中期頃までは「興行ヤクザ」と呼ばれる人々が取り仕切っていいました。これは周知の、まぎれもない事実です。

例えば、美空ひばりなどは3代目山口組と近しい関係にありました。

昭和30年代には山口組興行部を前身とする企業舎弟「神戸芸能社」が、美空ひばりのほか田畑義夫、三波春夫、里見浩太朗、山城新伍、橋幸夫などのマネジメントを担当していた

(引用:JBpress)

さらに記憶に新しいのは元吉本興業所属の芸人・島田紳助です。彼は暴力団との関係が明るみとなり、芸能界から去ることになりました。

また、覚醒剤で逮捕された歌手のASKAに薬を売ったのは、住吉会系の暴力団員でした。このことから芸能界と反社会勢力との関係は根深く、表裏一体の関係であることに昔も今も変わらないのです。

2020年最新版!芸能界の本当にやばい話!【枕営業編】

miodarf / Pixabay

続いての芸能界の本当にやばい話は、枕営業についてです。枕営業なんて、一昔前の話でしょ?と思うかもしれませんが、現代でも枕営業が行われているという噂が絶える事はありません。

どんなやばい裏話があるのかみていきましょう!

本当にやばい話⑪モデルや芸能人の枕営業・売春斡旋「交際クラブ」

geralt / Pixabay

芸能人やモデルとの売買春を斡旋する「交際クラブ」が存在する、とある芸能関係者が証言しています。グラビアアイドルやモデルを多額で買うことができるのです。

こうした交際クラブでは、ドラッグ使用のセックスOKな女の子もいるということで、枕営業だけでなく薬物使用も伴い、芸能界の闇がダブルで突撃してきます。

芸能界でのし上がるためには、女性芸能人も芸能関係者の男性も「交際クラブ」に所属したり運営したりと、体や尊厳を売ってでも突き進まなければならない現状が確かにあるのです。

本当にやばい話⑫不倫で大バッシング!東出昌大は枕営業もしていた?

女優の唐田えりか(22)との不倫が原因で、妻で女優の杏(33)と別居中であることを「週刊文春」で報じられた俳優の東出昌大(31)でしたが、彼も枕営業をしていたのではないか?という噂を発見しました。

東出は今までたくさんの女優を口説いたことがあると噂されていますが、実は女性スタッフと関係を持つことが多くあると噂されています。

女性スタッフのウケがすこぶるいいそうで、一度仕事をしたことのある女性のプロデューサーやアシスタントプロデューサーなどは、キャスティングの際に東出を猛プッシュするのです。

そのことから、実は枕営業して女性スタッフのご機嫌をとり仕事ももらっているのではないか、と言われているのです。

本当にやばい話⑬声優界でも横行?枕営業の噂は本当か?

Pexels / Pixabay

女優や俳優も枕営業をしている可能性がある事はわかりました。実は、声優界でも枕営業が行われているのではないかという噂があります。

2019年6月に放送された『じっくり聴いタロウ』で、元アイドルで声優としても活動していたAV女優・優月心菜が「声優界が闇が一番深い業界だ」と発言しました。

国民的アイドル声優である友人の女性声優も、下積み時代は枕営業をしており、アニメ関係者が集まるパーティでは当たり前のようにお触りされるというのです。

本当にやばい話⑭芸能界の歴史とともに枕営業あり?

Free-Photos / Pixabay

昭和の時代、芸能界(特にアイドル歌手)は枕営業で、良い作家や作曲家に曲を作ってもらうという状況が続いたと言われています。

もちろん、全ての歌手や女優が枕営業をしていたとは言えませんが、そういった営業行為があった事は事実です。

『芸能界と枕営業はどうしても切り離すことができないもの』というのは、闇営業や薬物とともにかくしようがない芸能界の闇の部分なのです。

2020年最新版!芸能界の本当にやばい話!【その他の噂・事件】

Free-Photos / Pixabay

芸能界の本当にやばい話、ここまでは闇営業や薬物、枕営業についてみてきましたが、もちろん他にも怖い話はたくさんあります。

本当にやばい話⑮野球賭博で明らかになる暴力団と野球選手の関係

kelseyannvere / Pixabay

AV女優の闇営業のところで先ほど話に触れましたが、球団の本当にやばい話をここでご紹介します。

2015年から2016年にかけて発覚した、読売ジャイアンツ(巨人)選手による、野球賭博問題を覚えている方は多いのではないでしょうか?

2015年9月30日、二軍本拠地の読売ジャイアンツ球場での練習直後にある不動産会社の元社員が所属選手の福田聡志のもとへ借金百数十万円を取り立てに来た際、球団職員が対応したため騒ぎとなり、10月5日に福田が野球賭博に関与していたことが球団から発表された。

(引用:Wikipedia)

これは所属選手笠原将生の知人を仲介した賭博行為で、全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)や日本プロ野球、メジャーリーグベースボール(MLB)を対象にしていました。

同じく所属選手の松本竜也も野球賭博を行っており、それだけでなく、投手の高木京介がこれに関わっていたと言い、各選手に処分が下されました。

Maklay62 / Pixabay

これによってジャイアンツだけでなく他球団でも野球賭博と思われる金銭の授受が発覚しており、野球界に深い闇があることが知れ渡りました。

この事件で賭博を持ちかけた飲食店経営者や大学院生が逮捕、さらに「中胴元」とされる指定暴力団山口組系幹部と元暴力団組員2人が逮捕されています。

本当にやばい話⑯楽しんごの干され方がやばい?暴行事件とは?

楽しんごといえば「ドドスコスコスコ〜」の芸で一躍有名となった芸人ですが、いつの間にかテレビで見ることがなくなり、いわゆる干された存在となってしました。

干された原因は2013年7月、元付き人男性への暴行による書類送検騒動といえます。当時から整体師としての2足のワラジを履いていましたが、暴行事件により整体のお客さんとも連絡が取れなくなったと言います。

もちろん芸能界のお仕事も減っていきました。事件前と事件後では、周りの反応も自分自身も随分変わったのだそうです。

  • 事件後は子供連れに「あの人に近づいちゃいけません」と言われる
  • ドラッグストアで睡眠薬を買って100錠飲んでしまい、目覚めたら泣いている両親がいた

もちろん自分が起こした暴行事件をきっかけに転落していきましたが、芸能界に身をおいた状態だと転落してもなかなか復活できないことがよくわかります。特に2020年現在、警察沙汰や不倫問題は死活問題です。

楽しんごさんのように2足のワラジだったからこそ、現在も仕事ができているという部分はありますが、それでも自殺未遂をしてしまうのです。

芸能界で生きていくには、まるで政界で生きていくように清廉潔白でならなくてはいけないのです。

本当にやばい話⑰上原さくらの闇が深すぎる?メンヘラすぎる人の怖い話

2011年に結婚し、2013年に泥沼離婚へと発展した上原さくらさんですが、彼女のメンヘラ具合がやばい!と噂されています。怖い話として噂されるには、次のような発言が原因となっています。

『ほんと殺してやろうとか思ったけど、この人(元旦那A氏)を殺して私が刑務所に行くのも嫌だなと思って』『崖とかに2人で行くチャンスがあれば突き落としちゃうかも』『X(上原と過去に肉体関係のあった外国人男性)に頼めば、殺してくれるだろうな』

(引用:めるもbyGMO)

これは音声データとして世に流失したものです。自分も不倫していたというのにもかかわらず、まるで自分は悪くないという言い草。さらにメンヘラにも程がある狂気じみた発言が話題となりました。

この音声データの流出により、離婚調停で慰謝料ゼロの離婚に応じざる負えなかった上原さくらさん。2019年12月には一般人の男性と再婚しましたが、今後もメンヘラな部分が現れるかもしれませんね。

本当にやばい話⑱元SMAPメンバーが干されてる?テレビ局側の忖度か?それとも

次の芸能界の本当にやばい話は、元SMAPメンバーに対する忖度についてです。政界の話題で使われるようになった忖度は、芸能界でも行われていることがわかってきました。

それは解散したSMAPの元メンバーに対する、テレビ局側が行う忖度です。解散後もジャニーズ事務所に所属する中居正広、木村拓哉はバラエティやドラマなどテレビで姿を見せることも少なくありません。

しかし、新しい地図のメンバー、稲垣・草薙・香取はテレビで姿を見る事はほとんどなくなりました。現在姿を見ることができるのは動画配信サイトばかりです。

なぜそのようなことになっているかというと、テレビ局側の忖度が関係していると言われています。3人がジャニーズ事務所の力によってテレビ出演を拒否されているのかと思われていましたが、そんな事はないのです。

テレビ局側がジャニーズ事務所のご機嫌を伺うために、3人のテレビ出演を忖度したとみられています。ご機嫌伺いという子供じみた感情が横行しているというのは芸能界の闇と言っても間違い無いでしょう。

NEXT:女性芸能人の本当にやばい話!女性芸能人は元ヤン多すぎ?裏の顔とは?
1/2