オナニーはニキビ・肌荒れの原因?男女別の関係性と対策を徹底解説! 美容

オナニーはニキビ・肌荒れの原因?男女別の関係性と対策を徹底解説!

男性も女性も当たり前に楽しんでいるオナニーですが、オナニーでニキビや肌荒れが増えるという説もあり、対策が必要になる可能性もあります。顔や顎などのニキビがオナニーで増える原因と関係性について、手軽なニキビ対策とともに詳しく見ていきましょう。

目次

[表示]

オナニーとニキビに直接的な関係はない?

SharonMcCutcheon / Pixabay

オナニーをするとニキビが増えると一説には言われていますが、本当に関係はあるのでしょうか。

実は、オナニーとニキビ・肌荒れの直接的な関係は、科学的には証明されていません。オナニーによる男性ホルモンの分泌で肌荒れが起こるという説もありますが、実際の原因は何なのでしょう?

オナニーでニキビ・肌荒れが増えると言われる原因は?

オナニーでニキビなどの肌荒れが増えるというのは、たんなる噂なのでしょうか?

ここでは、オナニーとニキビの関係性と、オナニーで肌荒れが増えると言われている原因について掘り下げていきます。

思春期ニキビはホルモンの影響

Bob_Dmyt / Pixabay

10代中盤から後半にかけて増える、いわゆる思春期ニキビはホルモンバランスの乱れが原因になっていると言われています。

思春期にかけては男性ホルモンや女性ホルモンが急激に増え、体つきが次第に成熟していきます。

オナニーを覚えるのも思春期であることから、オナニーをするとニキビが増える、と言われているのではないでしょうか。

顔の皮脂が増える

alehidalgo / Pixabay

オナニーをすると、体内でテストステロンなどの男性ホルモンが分泌されると言われています。過剰に分泌された男性ホルモンは蓄積するとニキビの原因となり、顔や顎の変化として表れてきます。

特に、思春期にかけては毎日のようにオナニーをしている、という男性も多いかと思われますが、男性ホルモンの分泌が激しくなり、副産物としてのニキビも増えやすくなると考えられています。

ちなみに、オナニーによって男性ホルモンの分泌量が増えるのは一種の本能であり、精子が一気に放出されることによってストックをさらに増やそうとする作用がはたらくためであるとされています。

オナニーで疲れる

Hans / Pixabay

男性も女性も、仕事などで疲れている時ほどニキビができやすくなるものです。蓄積した疲労によって肌のターンオーバーが乱れ、古くなった皮膚細胞がいつまでもとどまってしまうことに原因があります。

また、時間がなくて疲れている時は栄養補給がおろそかになり、皮膚細胞が栄養不足に陥ることでも肌荒れができやすくなると言われています。

肌の栄養補給としては特にビタミンB群が有効であり、食事やサプリメントなどで適度にビタミンを補給するだけでもニキビ・肌荒れができにくくなりますので、日頃の栄養バランスには充分に注意しましょう。

男性ホルモンの増加

EliasSch / Pixabay

前述のように、男性がオナニーをするとテストステロンなどの男性ホルモンが急激に分泌されます。

男性ホルモンの分泌が急激に増えると、ニキビの原因になりやすくなるほか、オスとしての本能が目覚めるため闘争心が高まり、攻撃的になるなどの影響が表れます。

一方、女性がオナニーをするとオキシトシン、プロラクチンなどの女性ホルモンが多量に分泌され、恍惚感と幸福感に包まれると考えられています。

オナニーによる罪悪感

SJJP / Pixabay

多くの男性にとって、オナニーはただただ気持ちの良い行為ですが、一部の男性にとってオナニーは罪悪感をもたらす行為ともなります。

オナニーにかぎらず、人間が強い罪悪感を感じると脳内にストレスから防衛するための神経伝達物質が多量に分泌され、細胞の代謝サイクルなどにネガティブな影響が表れます。

その結果、皮膚のターンオーバーが乱れやすくなり、古い皮膚細胞の塊である肌荒れが増える原因になっていくと考えられています。

睡眠不足

オナニーを覚えたての思春期男子は得てして快感の虜であり、オナニーをしたいがために寝る時間を削ってしまう、ということもめずらしくないようです。

睡眠不足は肌にとって大敵であり、特に思春期のうちの睡眠不足はさまざまな皮膚トラブルの原因になってしまいます。

寝る時間帯も重要で、肌にとってゴールデンタイムとされている22時から2時までの時間に深いノンレム睡眠を確保することがニキビ・肌荒れ防止のポイントになります。

免疫力の低下

SharonMcCutcheon / Pixabay

「オナニーをすると免疫システムが活性化する」という説がある一方で、オナニーをすると免疫力が下がる、という研究報告もあり、オナニーとも関係があります。

免疫力が低下すると、普段なら免疫によって抑え込んでいた細菌が活性化してしまい、皮膚細胞で暴れることによってニキビができやすくなってしまう、ということのようです。

ただし、これはあくまでも「やりすぎ注意」ということで、「夜に口笛を吹くと蛇がくるよ」というレベルのことなのかもしれません。

ニキビ以外の可能性も

顎や小鼻に表れやすい皮膚トラブルはニキビだけではありません。ニキビ以外で考えられる皮膚トラブルとしては、毛嚢炎があります。

毛嚢炎は毛穴に細菌が繁殖することによって起きる皮膚疾患であり、基本的に放置すると自然に膿が出て吸収されますが、皮膚の衛生状態が悪ければさらに深刻な皮膚疾患につながりかねませんので、対策が必要です。

また、帯状疱疹もニキビと間違えやすく、最初のうちは小さく無症状のため長期間にわたって放置してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

女性も要チェック!オナニーでニキビが増えるときの対策

congerdesign / Pixabay

もしあなたが性的にお盛んで、ニキビがしょっちゅうできて悩んでいる、というのであればオナニーのしすぎかもしれません。

ニキビが増えて困っているという方のために、男性も女性も手軽にできるニキビ対策について見ていきましょう。

オナニーを我慢

Mooruk / Pixabay

あなたがもしも毎日のようにオナニーをしていて、なおかつニキビ対策に悩んでいるのであれば、とりあえずいったんオナニーを休んでみましょう。

ニキビの原因が男性ホルモンにあるのなら、男性ホルモンが増える原因であるオナニーを我慢することによってニキビをある程度コントロールできる可能性があります。

また、毎日オナニーをしなければ落ち着かない、という状態はオナニー依存症の可能性がありますので、また別の対策が必要になるかもしれません。

睡眠時間をしっかり取る

思春期のうちは両親に隠れて夜な夜なオナニー三昧、という方も多いかもしれませんが、睡眠時間を削ってまでオナニーをするのは肌にとって良くありませんので、絶対にやめましょう。

また、セックスはオナニー以上に男性ホルモンが増える行為です。セックスとなると相手がいるためついつい盛り上がり、夜通し何回もハッスルしてしまう、ということもあるかもしれません。

「新婚や夜することを昼もする」ではありませんが、たとえ新婚でラブラブであっても愛の営みはほどほどにしておきましょう。

亜鉛を摂取する

Pexels / Pixabay

ニキビ対策に有効な栄養素としてはビタミンが知られていますが、亜鉛もまたニキビ対策に必須の栄養素とされています。

亜鉛にはよく言われる滋養強壮のほか、細胞レベルまで栄養を供給する効果があるとされており、間接的にニキビが増えるのを抑制してくれます。

肌を保湿する・軟膏をつける

1103997 / Pixabay

すでにできてしまったニキビには、軟膏をつける対処法が一般的です。膿や発熱をともなうものでなければアズノール軟膏、すでに膿んでいるのであればゲンタマイシン軟膏というように、状態によって使い分けましょう。

軟膏を塗った後はきちんと保湿をし、ニキビが再発しないように対策を施すのが肝心です。

ニキビをつぶさない

ivanovgood / Pixabay

ひと昔前は、「ニキビはつぶしてしまえば早く治る」と言われていましたが、現在は完全に否定されています。

ニキビをつぶしてしまうと細菌をばらまくことになってしまい、対策としてはまったくの逆効果です。

ニキビには軟膏の塗布と保湿が基本であり、できはじめから膿が蓄積し、自然につぶれて吸収されるまで待つのが効果的であると考えられています。

オナニーでニキビ・肌荒れができやすい部位はどこ?

AdinaVoicu / Pixabay

オナニーのしすぎでニキビができやすい部位としては、どこがあるのでしょうか。

女性のニキビで意外と多いのが顎まわりです。マスクで隠すと細菌がつきやすくなってしまう、というジレンマがあります。

小鼻

sweetlouise / Pixabay

小鼻は皮脂が溜まりやすい部位の代表格です。特に、年齢を重ねるにつれて汚れが蓄積しやすくなりますので、注意が必要です。

口まわり

geralt / Pixabay

口まわりは雑菌がつねに繁殖しやすくなるエリアであり、また、ものを食べるたびに触れるエリアのため、ニキビができると特に困るエリアと言えます。

おでこ

pattyann / Pixabay

女性にとって、前髪やおでこはオシャレの命です。おでこはマスクでも隠せないエリアのため、ニキビをできにくくする対策が重要となります。

耳の後ろ

littleprince2 / Pixabay

意外と気づきにくいニキビエリアが耳の後ろです。耳の後ろは髪で上手に隠せば見えにくいためついつい油断しがちですが、ニキビだと思って放置するとより深刻な皮膚疾患につながりかねませんので、注意が必要です。

逆にオナニーしないとニキビが増えることも?

Couleur / Pixabay

ここまでオナニーとニキビの関係について見てきましたが、一部では「オナニーを我慢するとかえってニキビが増える」という声もあるようです。詳しく掘り下げていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

dimitriwittmann / Pixabay

オナニーを長期間にわたって我慢していると少なからずホルモンバランスが乱れ、皮膚細胞にもネガティブな影響が表れてしまいます。

オナニーも一種の生理現象であり、極端に我慢するのはいろいろな意味で体に良くない、ということをおさえておきましょう。

オナ禁のストレス

Pezibear / Pixabay

血気盛んな男性にとっては特に、オナ禁は強いストレスになります。そして、強いストレスは肌の大敵であり、オナ禁をつづけているとニキビができやすくなってしまいます。

顔を清潔にしていない

chezbeate / Pixabay

ニキビ対策の基本は消毒と、清潔さのキープです。洗顔をたった1日おろそかにするだけでニキビが急激に増えることもありますので、必ず毎日、洗顔フォームを使って顔を洗いましょう。

女性もニキビが増える?

jniittymaa0 / Pixabay

ニキビのおもな原因は男性ホルモンの増加ですが、女性もオナニーのしすぎでニキビが増えるのでしょうか。

オナニーのしすぎでニキビが増える、というよりも、オナニーに時間を取られすぎることによって他のケアがおろそかになり、結果としてニキビが増える原因をつくってしまう、という可能性は充分に考えられます。

ニキビ対策にぜひ!おすすめのニキビ対策グッズ

dungthuyvunguyen / Pixabay

オナニーをあまりしない人にとっても、毎日のスキンケアは重要です。一般的に手に入るおすすめのニキビ対策グッズについて見ていきましょう。

NEXT:保湿クリーム
1/2