風邪の時にオナニーしても大丈夫?悪化しないの?実はメリットも!?ライフ

風邪の時にオナニーしても大丈夫?悪化しないの?実はメリットも!?

風邪やインフルの時ほどムラムラする、という男性・女性は意外と多いようです。風邪でオナニーをしても症状が悪化しないのでしょうか。治りかけやひきはじめを含め、「風邪オナニー」のメリット、心臓への注意点について見ていきましょう。

目次

[表示]

風邪の時にオナニーはしても良いの?男性と女性で違う?

Free-Photos / Pixabay

風邪やインフルエンザの時は治りかけまで苦しいのが普通ですが、中には「風邪の時だからこそムラムラして仕方がない」という人も結構多く、「風邪オナニー」がひそかに流行っているようです。

医学的にも、最近ではむしろ「風邪オナニーは症状の改善に有効である」というデータもあり、必ずしも安静だけが風邪への対処法ではなくなっているようです。

本当に、風邪オナニーは症状の改善に効果的なのでしょうか。そして、風邪オナニーは本当に気持ちいいのでしょうか。風邪オナニーのメリットについて見ていきましょう。

免疫力が高まる

skeeze / Pixabay

医学的にも風邪オナニーが推奨されているのは、ひとつに免疫力が高まるためです。風邪やインフルの時は前提として体温が上昇し、体内の細菌、ウイルスを撃退しようとします。

さらに、オナニーをすると余計に体温が上昇するため、免疫細胞の主力であるナチュラルキラー細胞が活性化し、結果として免疫力がよりいっそう高められる、という効果が期待できるようです。

免疫細胞は言ってみれば体内の防衛システムですから、オナニーによって免疫を活性化することは医学的にも理にかなっているのです。

症状を忘れる

2649771 / Pixabay

オナニーを一度でも経験したことのある方ならおわかりいただけると思いますが、オナニーの最中は誰でも無我夢中になり、ゴールにむかってすべてを忘れるものです。

当然、風邪やインフルの症状も忘れることができ、また大量の汗をかきますので、一時的ではありますが熱を下げる効果があると言われています。

ストレスの解消

xxolaxx / Pixabay

普段忙しく働いている人ほど、風邪やインフルで何日も動けないとストレスが溜まるものです。特に、治りかけは中途半端に体が元気ですので、「性欲だけはなぜかやたらとある」という状態になりがちです。

もともと、オナニーをしてイッた直後は脳内に快感物質であるセロトニン、ドーパミンが多量に分泌されることが知られており、神経伝達物質の作用によってストレスが急速に解消されていくと言われています。

男性も女性も、オナニーの後に心身ともにスッキリするのは神経伝達物質のおかげだったんですね。

安眠効果

Pexels / Pixabay

男性の場合は特に、オナニーによって射精をした後は急激に眠くなるものです。いわゆる「賢者タイム」とよばれる現象ですが、風邪の時にこの現象を利用して体を安眠に導くことができます。

特に、風邪の治りかけはただ黙って寝ているのが辛くなるものですので、そんな時はいっそのこと思いきりオナニーをしてぐっすり眠ったほうが治りが早くなるケースもあります。

女性のオナニーもOK?

sasint / Pixabay

風邪やインフルの時にムラムラするのは、男性ばかりではありません。女性の風邪オナニーもある程度は有効であるとされており、適度なオナニーで体が楽になる例も知られています。

ただ、女性のオナニーでは男性と違って射精というゴールがなく、その気になれば何度もイクことができるため、ほどほどにしたほうが良さそうです。

NEXT:体に負担?悪化する?風邪オナニーのデメリット
1/4