薬物依存者の顔つきの特徴は?芸能人のビフォーアフター画像を紹介!社会

薬物依存者の顔つきの特徴は?芸能人のビフォーアフター画像を紹介!

今回は薬物依存者の顔つきについてご紹介します。覚せい剤や大麻等の薬物依存者の顔つきの特徴や、日本人の芸能人の画像等、実際のビフォーアフター画像についてご紹介します。なぜ顔つきが違うと言われているのでしょう?薬物依存による中毒症状や、後遺症についてもまとめます。

目次

[表示]

薬物依存者の顔つきの特徴とは?見分け方は?

薬物依存の人たちは顔つきが変わると聞いたことがあるかと思います。薬物依存の人たちの顔つきの特徴はいったい、どんな感じなのでしょうか?

また使用する薬物によって、特徴が異なる場合もあるようです。詳しくご紹介していきます。

薬物依存者の顔つきの特徴①:瞳孔が開いている

jarmoluk / Pixabay

薬物依存者の顔つきの特徴の1つ目は、「瞳孔が開いていること」です。瞳孔が開いている状態というのは、黒目部分が大きくなるということです。

黒目が大きくなるのは暗いところにいる時のみですが、薬物依存者の場合は、明るいところでも動向が開いていて目がキラキラして見えることがあるそうです。

瞳孔が開く副作用があるのは、薬物の中でも特に覚せい剤やコカイン、LSD等に見られると言われています。

薬物依存者の顔つきの特徴②:眼光が鋭い

BlenderTimer / Pixabay

薬物依存者の顔つきの特徴の2つ目は、眼光が鋭いことです。薬物依存者は眼光が鋭いと言われたのは、元プロ野球選手・清原和博さんや、俳優の高知東生さんが眼光が鋭かったことが原因です。

彼らは覚せい剤で逮捕されています。しかしながら、この特徴に関しては全員がそうとは言えなそうです。例えば、酒井法子さんや槇原敬之さんは眼光が鋭いわけではないかと思います。

同じ覚せい剤使用者であっても、眼光が鋭い人ばかりではないので、必ずしも眼光が鋭い人ばかりとは言えなさそうです。

薬物依存者の顔つきの特徴③:目がおかしい

ivanovgood / Pixabay

薬物依存者の顔つきの特徴の3つ目は、目がおかしいことです。例えば、大麻の使用では目が充血すると言われていますし、目が不自然に動く眼振も薬物中毒の症状だと言われています。

また、目線を合わせようとしないといったことも、薬物依存を隠そうとしている場合もあるようです。充血や眼振が必ずしも薬物が原因とは言えませんが、そのような特徴があるそうです。

薬物依存者の顔つきの特徴④:クマがある

Walkerssk / Pixabay

薬物依存者の顔つきの特徴の4つ目は、目の下にクマがあることです。覚せい剤等の薬物をやっている人は、薬の効果で寝なくても良くなりずっと起きていられるそうです。

しかしながら、休息を取れていない体自体は疲労が蓄積されるので、大きなクマができてしまう場合があると言われています。

常にクマがあり、薬物依存者の顔つきの特徴が他にも当てはまる人の場合、薬物依存である可能性もあるかもしれません。

薬物依存者の顔つきの特徴⑤:頬がこけている

geralt / Pixabay

薬物依存者の顔つきの特徴の5つ目は、頬がこけていることです。覚せい剤等の薬物依存になると、薬をやることで食べ物をたべなくても平気になるそうです。

そういうことから、特に常習者の場合は頬がこける場合があると言われています。

しかしこの頬がこけるという特徴については、かなりの中毒者で毎日やっているような人だという意見もあります。

薬物依存者の顔つきの特徴⑥:ニヤニヤしている

薬物依存者の顔つきの特徴の6つ目は、ニヤニヤしていることです。特に面白いことがあったわけでもないのにニヤニヤしていたり、不気味な笑みを浮かべていることがあるそうです。

大麻の使用者はニヤニヤ笑うことがあると言われていて、最近ニヤニヤするようになったなど、以前と変化した場合には薬物が原因の可能性もあるかもしれません。

しかし、統合失調症の患者もニヤニヤしていることがあると言われており、必ずしも薬物が原因というわけではなさそうです。

薬物依存者の顔つきの特徴⑦:顔がボロボロ

薬物依存者の顔つきの特徴の7つ目は顔がボロボロであることです。覚せい剤を使用すると肌が荒れると言われていますし、顔をつねったり引っ掻いたりするせいでボロボロになると言われています。

NEXT:薬物依存者の顔つきの特徴⑧:顔がゆがむ
1/4