女性向けオナニー道具40選!上級者向けからすぐに使える日用品まで ライフ

女性向けオナニー道具40選!上級者向けからすぐに使える日用品まで

女性のオナニーに使える道具は数多くあります。そこで今回は女性のオナニーにおすすめの道具を処女でも使える初心者向けの物から中上級者向けの物、乳首責めに使える歯ブラシや筆と言った代用品や身近な日用品を使った手作りおもちゃをジャンル毎に分けて紹介いたします。

目次

[表示]

オナニーに使える道具・大人のおもちゃって?

Pezibear / Pixabay

女性のオナニーに使える道具や大人のおもちゃの代表格と言えばローター・バイブです。比較的メジャーな部類であり、持ってはいなくても名前や用途は知っているという人も多いです。

しかし、物が物だけにどこでも手に入るものでもありません。それでは大人のおもちゃやオナニー用の道具はどこで手に入るのでしょうか。

ネット通販ならお手軽かつ秘密に買える

kaboompics / Pixabay

オナニー用の道具はラブホテル内の自販機やドン・キホーテなどでも取り扱いがあります。しかし、用途が用途ゆえに対面で購入するのは恥ずかしく、興味はあるけど手が出ないという女性も居ます。

そんな女性におすすめなのがネット通販です。Amazonなど大手通販サイトでの取り扱いはもちろんのこと、専門の通販サイトも存在します。

特に専門店はそれらを専門に取り扱っていることもあり、品ぞろえは豊富。発送の際も配達員や家族にバレにくいように、送り状の記載など配慮してくれます。

日用品で代用できるパターンも

PIX1861 / Pixabay

購入と言うハードルを乗り越えても、オナニー用の道具には保管場所という次なる問題が発生します。一人暮らしであれば問題ないのですが、家族と同居としている場合には注意が必要でしょう。

また一人暮らしであっても、家に遊びに来た友人や恋人に目撃される可能性は0とは言い切れません。そこでおすすめなのが、日用品を使って代用することです。

意外にもオナニーの道具となり得る日用品が多く、使い方によっては本物以上の快感を得られる可能性もあります。しかも、そうと気付かれにくいため、保管場所にも困りません。

【女性向け】おすすめのオナニーの道具「初級編」

MustangJoe / Pixabay

前項ではオナニー用の道具がいかなるものか簡易的に説明しました。ここからは具体例を挙げて、トータル数で「40」もの、女性用のオナニーの道具を解説していきます。

まずは初心者向けのものの紹介になります。中には処女でも十分使えるものや、ぱっと見ではオナニーに使用する道具とは思えないものもあります。

①初心者なら何と言ってもコレ!「ピンクローター」

女性用のオナニー道具の代名詞の1つであるピンクローター。名前の通りピンク色をしているものが多く、振動する仕組みを有しており、主に陰核に押し当てて使用することが多いでしょう。

ピンクローターと言っても、大きさや機能はものによって様々です。振動の強さが複数段階のものや、リモコン方式のものまで様々です。乳首に押し当てて使うこともでき、初心者には人気の道具です。

コードがしっかり接続しているものなら、膣の中に挿入して強い快感を得ることも出来ます。

②手軽に使える「ローション」

stevepb / Pixabay

ローションはドラッグストアでも購入ができる為、他の道具と比較して簡単に入手することができます。使用方法としては体に塗ったり、潤滑剤として道具に塗布して使用します。

ローションを使用してオナニーを行うことでいつもとは違う、ぬるぬるとした感触を味わうことができます。粘り気を持ったエッチな水音により、聴覚的にも刺激を得ることができます。

難点としてはやや後処理が面倒なことや、使用方法によっては床やベッドを汚してしまうことがあります。オナニー専用のローションなども発売されており、潤滑効果はさらに上のものもあります。

③家族バレを気にするなら「プチドロップ」

手のひらサイズで収納場所には困らないプチドロップは、静音設計なため家族と同居する女性には有難い存在です。見た目も可愛らしく、一見してオナニグッズとは気付かれにくい点も女性から好評です。

ある程度の防水効果もある為、使用後丸洗いができ衛生的な点も人気の一品です。お値段は約1400円くらいからとお手軽価格。女性誌で特集されたりして、人気も高く品薄の時もあるようです。

④ローターじゃ物足りないなら「電マ」

本来はマッサージ用の電マですが、AVなどの影響もありエロい道具として女性が好むオナニーグッズです。使用方法はローターと同様に、陰核や乳首に押し当てることで強烈な快感が得られます。

ただ当てるだけではなく、下着越しに擦り付けることで振動と摩擦を同時に味わえます。振動の強さはローターよりも遥かに強いものが多く、ローターの刺激では物足りなくなった女性向けと言えます。

見た目には、肩凝り専用の家電として発売のものも十分利用できます。ドン・キホーテなどでは、はっきりそうとはわかりにくいような商品を、非常に安価で発売していることもあります。

⑤イケメンの疑似エッチ「VRゴーグル」

fill / Pixabay

AVはもはや男性だけのものではありません。女性向けのAVも多数リリースされており、技術の発展に伴って女性向けのバーチャルAVもリリースされています。

VRゴーグルを装着し女性向けAVを再生することで好みの男優との疑似セックスを体験できます。またその他の道具と併用しやすいのも利点です。

VRゴーグルそのものは、オナニー専用の道具ではありません。その為、見つかってもいくらでも誤魔化しが可能という利点も持っています。

⑥処女でも使える「細いバイブ」

JillWellington / Pixabay

女性のオナニー道具では定番のバイブですが、その大きさや太さは商品によって違っています。中には処女の方でも、処女膜を破らないくらいに細身のものもあります。

形状は肉棒を模したもの、単なる棒状のもの、陰核刺激用の突起付きのものまでと様々です。細いものは処女向きですが、オナニーに慣れた方のニーズにも対応が可能できます。

バイブはオナニーグッズとして、はっきりわかる見た目をしているので、保管場所には注意が必要でしょう。

⑦理想の実現「手作りキット」

LubosHouska / Pixabay

遊び心のあるエッチな女性の間では、自分の理想のペニス型を手作りする人もいるようです。100円均一大手で発売されている「おゆまる」などと呼ばれる、子供向けの製品でそれを作ります。

「おゆまる」は、お湯で柔らかくなり、いかなる形状にも作れます。そして温度が下がると、そのまま固形化するのです。1つでは分量が足りませんので、少し出費が嵩むことがデメリットです。

【女性向け】おすすめのオナニーの道具「中~上級編」

続いてはオナニーに慣れてきた中級者や上級者の方向けのおもちゃ・道具の紹介です。一部日用品も含まれますが、使用方法を加味しこちらに分類しております。

⑧乳首をちくちく「爪楊枝」

爪楊枝をオナニーの道具として使用する場合、主に乳首を刺激するのに用いられます。陰核や秘部を刺激することも可能です。

しかし、本来の用途故に爪楊枝の先端は尖っておりある程度の痛みを伴います。その為、初心者向きとは言いづらく、ある程度オナニーに慣れた中級者かつMの人向けの道具になります。

⑨フェラにも使える「ペニバン」

Free-Photos / Pixabay

ペニバンことペニスバンドはディルドにベルトを付け腰に固定できるようにした道具であり、女性同士の性行為の際などにも用いられます。

名前の通りペニバンのディルド部分は男性器の形状を模していることが多いようです。オナニーにおいては主に秘部に挿入して使うことが多いです。

また形状を利用し疑似的なフェラにも用いることができます。

⑩本物以上の快感「ディルド」

RondellMelling / Pixabay

ディルドは膣で絶頂する、いわゆる中イキ用のおもちゃであり、バイブはどちらかと言えば外イキ、陰核で絶頂用と言われています。

またディルドは男性器をかなりリアルに模して作られており、吸盤で壁や床に固定することで疑似的な後背位や騎乗位を楽しむことができます。

ディルドの歴史は古く、日本で最古の物は飛鳥時代に遣唐使が持ち帰ったとも言われています。日本語では張子(はりこ)、張形(はりがた)などと呼ばれます。

⑪吸われる感覚が気持ちいい「クリ吸引機」

jarmoluk / Pixabay

クリ吸引機とは読んで字のごとく、陰核を吸引する機能を有したオナニー用の道具です。人による刺激にとても近い感覚を味わえることから、近年オナニーグッズとして知名度をあげてきています。

見た目も美顔器のようなものもあり、価格帯も安いものであれば1000円程度と購入しやすいものもあります。有している機能も商品により様々で選ぶ楽しみもあります。

ただし、このクリ吸引機はあまり長時間使用すると陰核が肥大化する可能性もありますので注意が必要です。

⑫乳首用の吸引機も存在!

Ehrecke / Pixabay

アダルトグッズには乳首用の吸引機も存在し、こちらもこちらで人気のあるアダルトグッズです。ものによっては乳首だけでなく胸全体を吸引することが可能です。

電動式のものから手動式のものまであり形状や吸引の強さも様々。価格帯もピンからキリまでですが、クリ吸引機と同じく手軽に入手が可能なものもあります。

難点もクリ吸引機と同様で使用しすぎると乳首が肥大化する可能性があることには注意が必要です。男性でも「チクニー」と呼ばれるオナニーで、利用されることがあるようです。

⑬時代は進歩している「さくらの恋猫」

nvtrlab / Pixabay

科学技術の発展は、性生活においても大きな変革をもたらしました。「さくらの恋猫」も科学の発展の恩恵を受けたアダルトグッズの1つです。

さくらの恋猫はスマートフォンの専用アプリと連動するバイブであり、スマートフォンを振ることや音声、手で描いた軌跡に反応して様々な動作を行います。

振動の強さも遠隔操作が可能。双方向からの操作も可能なのでオナニーの使用に留まらず、パートナーとのプレイにも転用が可能です。

⑭尿道責め専用「尿道バイブ」

cocoparisienne / Pixabay

実はオナニーの種類というのは男女ともに様々なものがあります。尿道を攻める尿道オナニーも数あるオナニーの一種で、意外なほど愛好者は多いようです。

そんな尿道オナニー用のグッズとして開発されたのが尿道バイブ。文字通り尿道責めに特化したバイブで、特性上通常のバイブと比較すると、ぐっと細い作りになっています。

尿道オナニー自体が上級者向けのもの。尿道を傷つけ細菌感染するリスクもあることを留意しなければなりません。

⑮特殊な形状「Gスポ責めおもちゃ」

mjps / Pixabay

Gスポ、正式名称Gスポットとは恥骨の下、膣壁の前面上方部にある領域のことです。Gスポットを攻めることで、セックスでもオナニーでも、女性は潮吹きをする場合があります。

女性の性感帯の中で、特に有名かつ敏感な部位であるGスポの刺激に特化したのがGスポバイブです。その特性上、通常のバイブに加えて湾曲していることが多いようです。

通常のバイブと同じく、見た目は明らかにオナニー用と言った風情であるので保管場所には注意しましょう。

⑯前の刺激に飽きたなら「アナルバイブ」

SplitShire / Pixabay

男女ともにアナルが気持ちいいという人は多数存在します。その為、バイブを始めとし様々なアナル用のアダルトグッズが販売されています。

通常のバイブでもアナル責めは出来ない訳ではありませんが、専用のものを使用する方が効果的です。またバイブを挿入できるようになるには、それなりの準備期間が必要となります。

とは言え、アナルは本来的に何かを挿入するべき部位ではありません。肛門から直腸までをも傷つけるリスクも付きまといますので、実行は自己責任とかなりの注意を要すると言えるでしょう。

⑰深い位置を責める「ポルチオバイブ・ディルド」

nastya_gepp / Pixabay

ポルチオとは子宮口付近にある、子宮が少し露出した箇所を言い、膣の奥に位置しています。その為指では触れる事は通常難しく、目視はまず出来ない部位と言えます。

ポルチオバイブ・ディルドとは、名前の通りポルチオ責めに特化として作られたオナグッズです。膣の奥深くに位置するポルチオ刺激で、快感を得るには相応の経験が必要と言えます。

そう言った意味でも、ポルチオ責めは上級者向けのおもちゃと言っていいでしょう。

⑱感度と締まりを上昇「膣トレ」

Ichigo121212 / Pixabay

実は膣は鍛えることができます。膣を鍛えることで締まりがよくなり、男性自身を悦ばせるほか、自身の感度も上がりより気持ちの良いセックスが可能です。

女性のオナニーグッズの中には、オナニーにも使える以外に膣のトレーニングを行えるものも存在しており、バイブ・ローターなど種類も様々です。

膣のトレーニングは道具が無ければできない訳ではありません。道具無しでも行う方法は幾つものサイトで紹介されていますし、オナニーと同時進行ならば一挙両得でしょう。

⑲人工肛門になった事例も?「フリスク」

身近なフリスクやミンティアをアナルや膣に挿入。スース―する感触が感度の上昇にも繋がるとされており、女性のみならず男性の中にもフリスクを使ったオナニーをする人はいるようです。

アナルにフリスクを入れる行為をアナリスクと呼びます。元々は2ちゃんねる発祥で様々なサイトで取り上げられていますが、人工肛門になるリスクがあるともされます。

気持ちいいと評判なフリスクを使ったオナニーですが、体を傷つけては元も子もないのでおすすめはしにくいオナニーの方法です。

⑳もはや道具とは言えない「バター犬」!?

オナニーとしてはほぼ究極とも言える方法が、バター犬による方法です。これは飼い犬に、乳首や陰部などを直接舐めさせる行為であり、そうそう容易く実現できる方法ではありません。

しかし道具とは一線を画する、本当のクンニリングス同様の鮮烈なオナニー体験が可能と言えるでしょう。他人にはまず絶対に口外できないアブノーマルプレイですので隠し通すことが必須です。

かつ、犬の唾液による感染症や、噛まれる危険性などリスクが高すぎるので知識だけに留めたほうが無難かもしれません。

【女性向け】おすすめのオナニーの道具「身近な物編」

Myriams-Fotos / Pixabay

ここまで具体例をあげて道具を紹介しました。しかし、見つかりにくいものもあるのは分かったけど購入はちょっと、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

そこで本項では、筆や電動歯ブラシと言った身近にある、日用品の中でオナニー道具に転用できるものを紹介します。

㉑机やテーブルなどの「角(コーナー)」

StockSnap / Pixabay

女性が、それをオナニーだと自覚する前に体験していることの1つに、角オナニーがあるでしょう。これは机でもテーブルでも何でもいいのですが、その角に局部を当てて気持ち良さを感じる行為です。

着衣はそのままで、自分の気持ち良くなる角度にコーナーを当てるだけの気軽さから、クセになった方も多いのでは。その行為がオナニーだと自覚しますと、妄想がエスカレートしたりします。

極めてポピュラーで、日常そのものにあるもので可能なオナニーです。見咎められるほど熱中しなければ、道具ではないので隠す必要もありません。その気なら人気のない学校などでも可能でしょう。

㉒気持ち良過ぎてヤバイ!「電動歯ブラシ」

Hans / Pixabay

電動歯ブラシは使用者も多く、特に女性の所持率は高い傾向にあります。そんな電動歯ブラシはオナニーの道具としても使用が可能です。

主な使用方法はスイッチを入れ、陰核や乳首に押し当てるというもの。人によってはローターよりもこちらの方が好きと言う場合もあり、気持ち良過ぎて封印した人もいるようです。

勿論電動歯ブラシなので人に見られても困ることはありません。保管場所に悩む必要がないのも大きなメリットの1つです。

㉓女子高生の間で大流行した「ぷっちょの容器」

ぷっちょの容器を使用したオナニーもあります。ぷっちょの容器の凹凸がいい具合に作用するようでバイブなどの代用に膣に挿入して使用します。

このぷっちょの容器を使ったオナニーは日用品を使ったオナニーとしては有名なようで、一時女子高生の間で大流行したとも言われています。

NEXT:㉔くすぐったさが癖になる?「筆」
1/2