鈴口の意味や読み方とは?鈴口オナニーやフェラのやり方もご紹介恋愛・心理

鈴口の意味や読み方とは?鈴口オナニーやフェラのやり方もご紹介

鈴口は元々の意味の他に、亀頭の俗称としても使われています。亀頭とは男性器の先端にある部分のことです。鈴口の読み方や意味、亀頭と呼ばれるようになった理由、さらには性感帯である亀頭を使ったオナニーやフェラの責め方、愛撫の仕方までご紹介していきます。

目次

[表示]

鈴口の意味や読み方とは?俗称の意味は?

pixel2013 / Pixabay

鈴口には元々使われていた意味と、比喩表現で俗称として使われ始めた言葉の二つの意味を持っています。本来の意味と俗称としての意味をご紹介していきます。

鈴口の意味は屋敷にある鈴!読み方はそのまま

shell_ghostcage / Pixabay

鈴口は当て字のような特別な読み方などではなく「すずぐち」とそのまま読みます。鈴口の本来の意味は、大名屋敷などで表と奥を分ける出入口のことです。

そこに大きな鈴が掛けられていて、訪問者はそれを鳴らして用事があることを伝えていたため、鈴口と呼ばれていました。また鈴の切れ目が入っている部分も鈴口と言います。

鈴口は亀頭の意味でも使われている

Capri23auto / Pixabay

本来は普通の鈴に関係していた鈴口という言葉ですが、形が似ているということで亀頭を表すための俗称としても使われるようになりました。亀頭とは男性器の陰茎にある先端部分のことです。

鈴の切れ込みが入っている形が亀頭と似ていると感じる人は多く、長く使われている俗称です。俗称を知らなかったとしても、見比べてみたら納得する人は多いでしょう。

真性包茎を治す方法!真性包茎は自力で治せる?

鈴口は尿道口だけのことを言う場合もある

myjanitors / Pixabay

鈴口は亀頭の俗称として使われることもありますし、亀頭にある尿道口だけを指す場合もあります。それは人によって使い分けられているため、その場の状況などで判断するしかありません。

尿道口とは名前の通り尿が出る場所で、亀頭の先の切れ込みが入った部分のことです。その切れ込みがあることで鈴に似てると言われているのです。

現在では俗称の方が有名に?鈴口を使う時は注意!

qimono / Pixabay

現在は大名屋敷などのように境に鈴を掛けている家は減りました。そのため鈴口は亀頭の俗称としての使われる方が多くなっています。

人によっては本来の意味を知らない場合もあるので、鈴口という言葉を使う際には注意が必要です。もしかすると、亀頭のことを言っていると勘違いされてしまうかもしれません。

元々の意味で使われることが少なくなり、俗称としての使い方のが有名になっているため、本来の意味で使おうとしても伝わらない場合が多いです。

鈴口は敏感な性感帯?愛撫の仕方を紹介!

1866946 / Pixabay

ここから鈴口という言葉は、亀頭の俗称として使っていきます。男性器自体がほとんどの男性の性感帯であり、敏感な部分です。その中でも鈴口は刺激を感じやすいので、責め方に工夫が必要です。

他の場所と同じように責めてしまうと、痛く感じる男性も出てきてしまうでしょう。鈴口に対しての愛撫で、おすすめの責め方をご紹介していきます。

鈴口は神経の集まる性感帯

ColiN00B / Pixabay

鈴口は男性器の中でも特に敏感な部位です。神経が集まっている場所であり、繊細なため女性は責め方に工夫しなければ、嫌がられてしまう可能性もあります。

女性で例えると、男性器の鈴口は女性器にあるクリトリスと似ていると言われています。クリトリスも鈴口と同じく、神経の集まっている部分なので、刺激に敏感です。

女性が鈴口を責める際に、どのような感覚なのか分からないという時は、クリトリスに似ているということを思い出しましょう。

NEXT:鈴口は皮膚が薄いのも敏感な理由
1/5