鈴口の意味や読み方とは?鈴口オナニーやフェラのやり方もご紹介 恋愛・心理

鈴口の意味や読み方とは?鈴口オナニーやフェラのやり方もご紹介

鈴口は元々の意味の他に、亀頭の俗称としても使われています。亀頭とは男性器の先端にある部分のことです。鈴口の読み方や意味、亀頭と呼ばれるようになった理由、さらには性感帯である亀頭を使ったオナニーやフェラの責め方、愛撫の仕方までご紹介していきます。

目次

[表示]

鈴口の意味や読み方とは?俗称の意味は?

pixel2013 / Pixabay

鈴口には元々使われていた意味と、比喩表現で俗称として使われ始めた言葉の二つの意味を持っています。本来の意味と俗称としての意味をご紹介していきます。

鈴口の意味は屋敷にある鈴!読み方はそのまま

shell_ghostcage / Pixabay

鈴口は当て字のような特別な読み方などではなく「すずぐち」とそのまま読みます。鈴口の本来の意味は、大名屋敷などで表と奥を分ける出入口のことです。

そこに大きな鈴が掛けられていて、訪問者はそれを鳴らして用事があることを伝えていたため、鈴口と呼ばれていました。また鈴の切れ目が入っている部分も鈴口と言います。

鈴口は亀頭の意味でも使われている

Capri23auto / Pixabay

本来は普通の鈴に関係していた鈴口という言葉ですが、形が似ているということで亀頭を表すための俗称としても使われるようになりました。亀頭とは男性器の陰茎にある先端部分のことです。

鈴の切れ込みが入っている形が亀頭と似ていると感じる人は多く、長く使われている俗称です。俗称を知らなかったとしても、見比べてみたら納得する人は多いでしょう。

真性包茎を治す方法!真性包茎は自力で治せる?

鈴口は尿道口だけのことを言う場合もある

myjanitors / Pixabay

鈴口は亀頭の俗称として使われることもありますし、亀頭にある尿道口だけを指す場合もあります。それは人によって使い分けられているため、その場の状況などで判断するしかありません。

尿道口とは名前の通り尿が出る場所で、亀頭の先の切れ込みが入った部分のことです。その切れ込みがあることで鈴に似てると言われているのです。

現在では俗称の方が有名に?鈴口を使う時は注意!

qimono / Pixabay

現在は大名屋敷などのように境に鈴を掛けている家は減りました。そのため鈴口は亀頭の俗称としての使われる方が多くなっています。

人によっては本来の意味を知らない場合もあるので、鈴口という言葉を使う際には注意が必要です。もしかすると、亀頭のことを言っていると勘違いされてしまうかもしれません。

元々の意味で使われることが少なくなり、俗称としての使い方のが有名になっているため、本来の意味で使おうとしても伝わらない場合が多いです。

鈴口は敏感な性感帯?愛撫の仕方を紹介!

1866946 / Pixabay

ここから鈴口という言葉は、亀頭の俗称として使っていきます。男性器自体がほとんどの男性の性感帯であり、敏感な部分です。その中でも鈴口は刺激を感じやすいので、責め方に工夫が必要です。

他の場所と同じように責めてしまうと、痛く感じる男性も出てきてしまうでしょう。鈴口に対しての愛撫で、おすすめの責め方をご紹介していきます。

鈴口は神経の集まる性感帯

ColiN00B / Pixabay

鈴口は男性器の中でも特に敏感な部位です。神経が集まっている場所であり、繊細なため女性は責め方に工夫しなければ、嫌がられてしまう可能性もあります。

女性で例えると、男性器の鈴口は女性器にあるクリトリスと似ていると言われています。クリトリスも鈴口と同じく、神経の集まっている部分なので、刺激に敏感です。

女性が鈴口を責める際に、どのような感覚なのか分からないという時は、クリトリスに似ているということを思い出しましょう。

鈴口は皮膚が薄いのも敏感な理由

Engin_Akyurt / Pixabay

鈴口が敏感なのは、神経が集まっているからだけではありません。指先や足裏なども神経が集まっていますが、それよりさらに敏感です。

なぜなら鈴口は非常に皮膚が薄い部分で、刺激を直に感じやすいためです。非常に皮膚が薄く、粘膜のようなものなので、少しひっかいたりしただけで簡単に傷ついてしまいます。

また日本人は包茎が多く、普段皮を被っている人はさらに敏感です。もしそのような男性の鈴口に愛撫する場合は、尚更気を使わないといけません。

鈴口のフェラの上手な責め方

女性が男性に愛撫する際に、鈴口の責め方として有効なのがフェラです。指でこすった場合、乾いたまま行うと傷つく可能性が高いため、唾液をそのまま潤滑剤として使える口での愛撫がおすすめです。

鈴口にフェラをする際の責め方と順番を、種類別にご紹介していきます。

鈴口フェラの責め方:優しく吸う

gdakaska / Pixabay

鈴口は敏感な部位なので、いきなり強く刺激するより時間をかけて徐々に責めていった方がいいでしょう。その方が段々と高ぶっていき、愛撫された側は最終的に満足しやすくなります。

鈴口をフェラする場合、最初は軽くキスするような感じで優しく吸っていきましょう。特に包茎の男性や普段あまり刺激に慣れていない人は、唇で触れるだけでもある程度刺激を受けます。

相手の様子を見つつ、唇で触れていき、そこから優しく吸うなどして細かく段階を踏んでいきましょう。

鈴口フェラの責め方:強めに吸う

Pexels / Pixabay

優しく吸うフェラから、今度は強めに吸うフェラに変えていきましょう。鈴口を責めるフェラは、尿道口の部分を吸うように意識するといいです。

強めに吸うといっても、優しくキスするようなやり方よりも強め程度から始めた方がいいでしょう。急に強く吸うと驚かれる可能性があります。

一部の男性は痛いくらいの刺激に快感を覚えますが、相手によってはただ痛がられるだけなので、人を見て強さの調節をしてください。

鈴口フェラの責め方:舌先で舐める

dotigabrielf / Pixabay

鈴口フェラでは舌先を使った責め方も効果的です。その際には亀頭部分と尿道口があることに注意してください。亀頭部分は舌先が少し触れるくらいにちろちろと舐めるのがいいでしょう。

尿道口の部分は亀頭よりさらに刺激に弱いため、切れ目の入っている場所をなぞるように優しく舐めるのがおすすめです。相手が慣れてきたら少し舌先を入れてみて反応を見てみましょう。

痛がって嫌がられる場合もありますが、気持ち良くなる人もいます。反応だけで分からなかったら、聞いてみるといいでしょう。

鈴口フェラの責め方:咥えて舐める

klimkin / Pixabay

舌先で舐めるフェラより進めたくなったら、次は咥えて舐める責め方もやっていきましょう。上下の唇で鈴口をすっぽり包み込み、口の中で舐めるといった要領です。

この時は咥えながら吸ったり舌先で舐めたり、色々組み合わせると男性の快感に繋がりやすいでしょう。強弱を変化させながら愛撫するとさらに効果的です。

鈴口をフェラする際には、ある程度唾液のある状態で行った方がいいです。乾いている状態だと、摩擦がありすぎて痛がられたり、傷つきやすくなってしまいます。

鈴口を指で愛撫する時は優しく

martaposemuckel / Pixabay

鈴口を指で愛撫する際は、優しく触りましょう。また先にフェラで唾液をつけて潤滑剤としたり、ローションなどを使用して、滑りの良い状態で行ってください。

指で包んで優しくこすったり、尿道口をなぞったりすると効果的です。手のひらで愛撫するのもいいでしょう。こちらもフェラ同様、最初は軽く触れる程度の強さで、相手の様子を見ながら段階を上げるといいです。

やり過ぎたり爪をひっかけたりすると簡単に傷ついてしまうので、注意しながら愛撫してください。鈴口は性感帯として感じやすい部分なので、上手くできれば喜ばれるでしょう。

鈴口(亀頭)オナニーにハマる人が増えている?やり方は?

Free-Photos / Pixabay

鈴口は男性器の中でも敏感なので、そこを自分で責める鈴口オナニーにハマる人も増えています。ただし傷つきやすく、細菌が繁殖しやすい場所ということで、やり方にも注意が必要です。

鈴口オナニーのやり方をご紹介していきますので、試してみようという人は参考にしてください。

鈴口オナニーのやり方:ローションを用意

kboyd / Pixabay

まずは潤滑剤として使うためのローションを用意してください。ローションなしで擦ると、摩擦により細かい傷がついてしまったり、鈴口部分が荒れてしまう可能性があります。

傷のついた場所から菌が侵入すると炎症を起こしたりもするので、滑りの良い状態で行ってください。また同じく病気などの原因になるので、清潔にしてから始めましょう。

体だけではなく、行う場所も清潔にしてから始めた方がいいです。周囲についている菌が、鈴口に付着する可能性もあります。

鈴口オナニーのやり方:手で優しく愛撫

Myriams-Fotos / Pixabay

鈴口オナニーではローションをぬった亀頭部分を、指や手のひら部分で優しく愛撫してください。指でわっかを作ってそこに出し入れしたり、手のひらで擦るのが一般的なやり方です。

特に裏の部分が性感帯として敏感なので、そこを重点的に責めると良いでしょう。ストッキングなどの道具を使って擦る人もいます。その場合は、繊維の細かい肌触りの良いものを使用してください。

粗い繊維のものや硬いものなどを使うと、鈴口オナニーで怪我をする可能性があります。潤滑剤としてのローションをたっぷり使い、ぬるぬるの状態にするのがおすすめです。

鈴口オナニーで潮吹きもできる

鈴口オナニーで潮吹きをする方法もあります。一度射精した後の鈴口は敏感になり、いじってても快感よりくすぐったさで腰が引けたりしてしまうでしょう。

しかしそこからさらに鈴口に刺激を与え続けると、全身がしびれるような感覚に陥り、潮を吹くことができます。通常男性は射精後にまたすぐ絶頂することは普通ないのですが、潮吹きでまたその快感を得られます。

何度も絶頂する潮吹きに、くせになってしまう男性も多くいます。

鈴口オナニーは早漏改善にもいい

EliasSch / Pixabay

鈴口オナニーは普段敏感すぎてすぐ射精してしまう人の早漏改善にもいいとされています。オナニーすることで刺激に慣れていき、早漏が改善されていく可能性があります。

ただし慣れてきたからと言って毎回強い刺激を与え続けていたりすると、セックスの時に挿入しても絶頂できなくなる膣内射精障害や遅漏になる危険性もあるので、ほどほどにしておきましょう。

鈴口オナニーで包茎改善の可能性も

geralt / Pixabay

鈴口オナニーは早漏改善の他に、包茎を改善できる可能性もあります。包茎の人は皮をむいた状態で亀頭部分を刺激し続けることは、亀頭部分が大きくなり皮が戻らないようにする効果があるとされています。

亀頭部分を刺激したことによる肥大化を狙うのと同時に、皮に向かれている時の状態に癖がつくということもあります。包茎の男性は改善のために鈴口オナニーを実践してみるのもいいでしょう。

中には尿道口に細い棒を入れる人も

Hans / Pixabay

鈴口オナニーは通常だと亀頭の部分に刺激を与えるものですが、中には新たな快感を求め尿道口を使ったオナニーをする人もいます。やり方は尿道口の中に、細い棒状のものを入れるという方法です。

尿道口の中は亀頭よりさらに刺激に弱い粘膜の部分です。中に入れるものは、爪楊枝といった針状のもの、また人によっては綿棒などを入れる人もいます。

それを出し入れしつづけると、潮吹きと同じように全身がしびれるような感覚になり、絶頂を迎えます。普通の鈴口オナニーの刺激に慣れて、尿道口を使ったオナニーに目覚める人も多いようです。

鈴口オナニーのやりすぎは危険!

鈴口オナニーは皮膚の薄い部分をこすったりするため、やり過ぎると皮膚が剥がれて炎症を起こしたり、怪我したりする可能性があります。

尿道口に棒状のものを挿入するオナニーをする時は特に注意してください。亀頭部分よりも柔らかく尿道炎になってしまう可能性もあるので、やりすぎは禁物です。

また刺激に慣れすぎると膣内射精障害や遅漏になる危険性もあります。

鈴口以外にも男性器の俗称がある?

Pixaline / Pixabay

鈴口は亀頭部分の俗称として使われている言葉ですが、男性器の別の部位も本来の名前とは違う呼び方があります。その部分の正式名称と俗称をご紹介していきます。

本来の名前よりも俗称で呼ばれている方が多い部位もあるので、普段正式名称で呼ぶと相手が分からない可能性もあります。

鈴口以外の男性器の俗称:竿

Free-Photos / Pixabay

男性器の俗称で竿と呼ばれている部分は、陰茎の長い場所のことです。長い部分のため、竿という俗称がつきました。

竿の正式名称は陰茎体と呼びますが、普段この名前で呼んでいる人は少なく、呼んだことがない、知らないという人も多いです。

鈴口以外の男性器の俗称:カリ

男性器の竿と亀頭の境目の盛り上がっている場所は、俗称でカリと呼ばれています。陰茎で最も広がっている部分で、くびれている場所はカリ首という俗称がついています。

カリの正式名称は亀頭冠、読み方はきとうかんで、カリ首は亀頭頚、読み方はきとうけいと言います。こちらも正式名称はあまり知られていなく、俗称で呼ばれている方が多いです。

鈴口以外の男性器の俗称:裏筋

Pexels / Pixabay

男性器の裏の部分にある亀頭と皮を繋ぐ部位は、裏筋という俗称で呼ばれています。裏にある筋のような場所なので、そのまま裏筋と書き、読み方はうらすじです。

裏筋の正式名称は包皮小帯と言います。こちらも正式名称を知っている人や使う人は少なく、俗称の方が多く使われています。人によりますが、強い快感を得やすい性感帯として知られています。

鈴口の使い方は選ぼう

qimono / Pixabay

この記事では鈴口の本来の意味と俗称の亀頭について紹介してきました。鈴口は二つの意味を持っている言葉のため、使う場所や状況、相手に注意して正しく伝えましょう。

鈴口フェラは性感帯を刺激するのに有効な責め方ですが、相手によっては痛く感じる場所でもあるので、反応を見つつ愛撫してください。

鈴口オナニーもやり過ぎると膣内射精障害や炎症を起こす恐れがあり、尿道口を使ったオナニーも尿道炎になる可能性があることを覚えておき、実践する場合はほどほどにしましょう。