黒柳徹子さんこそテレビ業界のレジェンド!昔からの歴史を解明! 女優

黒柳徹子さんこそテレビ業界のレジェンド!昔からの歴史を解明!

トットちゃんの相性で親しまれている、黒柳徹子さん。玉ねぎ頭という独特のヘアスタイルで有名です。昭和8年生まれですのに、あの頭の回転の良さ、品の良さは、天性と努力、両方によるものなのでしょう。日本での知名度は、一二を争う女優さんではないでしょうか。

黒柳徹子がどのくらい昔からテレビにでているのでしょう?

黒柳徹子さんがどのくらい昔からテレビにでているのか?その答えは、「ゼロ」からです。つまり、黒柳徹子さんがテレビに出始めたのと、テレビができたのが、なんと同時なんです!驚きですよね。ですのに、今も現役であのように第一線で活躍されているとは、強靭な胆力ですよね。

黒柳徹子がテレビにでていた昔の時代はどんな業界だったの?

生涯を独身で貫きそうな黒柳徹子さんですが、もちろん恋愛がなかったわけではありません。彼女の頭の良さと、品の良さ、仕事への真摯な姿勢と、人をひきつける魅力・・・さらに、美貌。黒柳徹子さんにこそ、「才色兼備」という形容詞がぴったりです。業界は生まれたばかり、自由な雰囲気で、ぞくぞくと面白いものが生まれていったそうです。

黒柳徹子さんが活躍しはじめた昔のテレビ業界

黒柳徹子さんの著書にも登場しますが、黒柳徹子さんが演劇からテレビ業界に転業されたころは、テレビ業界は舞台より「格下」の仕事だったそうです。舞台は、何カ月も時間をかけて練習し、仕上げていくのに対し、テレビはちょちょっと打合せして即興で仕上げる。

黒柳徹子さんが昔よく言っていた言葉が深すぎる!

舞台より格下の仕事だと言われていたテレビ業界の仕事を、ブランディングしたのが黒柳徹子さんでした。「テレビ業界が格下なのではなく、人の畑を格下だ、というあなたが格下の人間なのよ」痛烈なひとことですが、この言葉を聞いた皆は納得したそうです。

黒柳徹子さんの一言から、テレビ業界のダラダラムードは一変したそうです。テレビの時代をこれから作っていくのは俺たちだ!と皆の士気があがったそうです。黒柳徹子さんはそんなムードのなか、紅一点として、テレビの画面に映っているときも、映っていない裏方でも、大活躍したそうです。

黒柳徹子が生まれたころの昔の時代・・・

黒柳徹子さんが生まれたのは、昭和8年です。日本が皆貧しいころで、娯楽がありませんでした。黒柳徹子さんは天性の明るさで、学校でも人気者で、周囲のみんなを笑わせていたそうです。黒柳徹子さんがくると、場が華やぐので、どこにいっても人気者だったそうです。

黒柳徹子さんは、幼少時から、いじめられている子がいたら、かばい、優しい言葉をかけてあげる女の子でした。そして、いじめが再発しないように、いじめっ子たちを、わかりやすく説き伏せていたそうです。子供時代から平和活動をされていたんですね。

黒柳徹子さんとテレビの出逢い

黒柳徹子さんはもともと、舞台女優になりたくて、演劇の練習に励んでいたそうです。そのころ、「これからは舞台より新しい、テレビの時代が来る!」と誘われ、テレビ制作の見学に行ったのが運命の分かれ道。一目でプロデューサーから見初められ、すぐに主役を抜擢されました。

プロデューサーの目には、黒柳徹子さんこそ、探していた女優だったのです。機転がきき、口も達者、周囲をなごませながら、自分の意見ははっきり言える。そのうえ、品のある美しさ。テレビ業界を立ち上げるために生まれてきたのが、黒柳徹子さんだったのかもしれません。

黒柳徹子さんがテレビにでて変わったこと

黒柳徹子さんという逸材がテレビに出演するようになったことで、何もかもが変わりました。制作側の人間たちの魂に火がついたことが、番組を見る視聴者にも伝わり、一気に、テレビは楽しい、テレビはおもしろい、という噂が広がりました。

黒柳徹子さんがでるまでは、視聴者も「娯楽は、舞台じゃなくちゃ。テレビなんて二流役者でしょ」と考えていました。ところが、黒柳徹子さんの持ち前のタレント性、プロ根性がテレビの熟成度をぐっと引き上げたのです。黒柳徹子さん本人はあっけらかんと、ひらめくがまま、行動していたそうですが・・・。

黒柳徹子さんといえば・・・テレビ「世界ふしぎ発見」

「世界ふしぎ発見」という番組にとって、黒柳徹子さんは、なくてはならない方。彼女の正解率と、名コメントで番組がぐっと引き締まっていることはだれの目にも明らかです。世界を旅している黒柳徹子さんならでは、の立ち回りですよね。長寿番組になるのもうなづけます。

黒柳徹子さんといえっば・・・「玉ねぎ頭」

黒柳徹子さんがテレビ業界での仕事をはじめたころは、おかっぱ頭だったそうです。ところが、ある著名なヘアデザイナーが、黒柳徹子さんに提案したのが、「玉ねぎ頭」。当時、業界一のキャリアウーマンだった彼女は、その斬新なヘアスタイルをなんなく取り入れ、見事に自分のスタイルにしました。

黒柳徹子さんは「世界ふしぎ発見」の答えを事前に知っている?

悲しいことですが、黒柳徹子さんの「世界ふしぎ発見」での名解答や正解は、事前に台本で知っていることが判明しました。あの正解率が「素」ではなかったことを知った多くの視聴者が、がっかりしました。番組側も黒柳徹子さんの正解率が、視聴率と連動しているため、しょうがないようです。

黒柳徹子さんが「世界ふしぎ発見」を下りない理由

黒柳徹子さんの「世界ふしぎ発見」での正解率が「やらせ」だとばれても、降板させられないのは、やはり黒柳徹子さんが積み上げてきたキャリアによるものです。あそこまで視聴率をひっぱってこれる大物女優は、なかなかいませんから。子供から大人までファンがいる黒柳徹子さんならでは、なのです。

黒柳徹子の玉ねぎ頭の直径は何センチ?

黒柳徹子さんの玉ねぎ頭は、数々のお抱えヘアデザイナーがセットしてきました。芸能界にはヘアデザイナーがごまんといますが、黒柳徹子さんの玉ねぎ頭を何分でつくれるか、が力量査定になっているとか。黒柳徹子さんの髪の毛は、長年の仕事のせいで、年々細っていますが、それでもスイカくらいの直径に仕上げるそうです。

黒柳徹子さんの「世界ふしぎ発見」での打ち合わせ現場に潜入!

先日、黒柳徹子さんが「世界ふしぎ発見」の打合せに出た際、すこしだけ同席させていただきました。黒柳徹子さんには、専用の台本が用意されていました。表紙に、でかでかと「黒柳徹子様」と書かれており、他のタレントが閲覧しないように、申し渡されていました。

黒柳徹子のタレント性は天性のもの?

黒柳徹子さんの根っからの明るさと、品性のよさ、まわりの人をひきつけるオーラは、いつから宿っていたのでしょうか?関係者にきくところによると、ほぼ、生まれた時から、タレント性があったそうです。生まれて間もない赤ちゃんのころから、看護婦さんが一番気にした存在だったそうです。

黒柳徹子さんが「世界ふしぎ発見」を構成している?

いまや、黒柳徹子さんなしの「世界ふしぎ発見」は考えられませんが、それもそのはず、黒柳徹子さんが「世界ふしぎ発見」の企画構成からアドバイスしているというのです。これまで黒柳徹子さんがみてきた世界情勢や、日本に知らしめておきたいこと、ご自分が海外で驚いたことなどを、番組を通じて広報されているのです。

黒柳徹子のタレント性は母親ゆずりだった?

黒柳徹子さんの著書に登場する、黒柳徹子さんのお母様。読み進むうちに、黒柳徹子さんのキャラクターは、お母様ゆずりであることがわかります。いえ、黒柳徹子さんよりも、輝くオーラをおもちのお母様だったようで、テレビに登場されていたら、ある意味日本を変えた女性になっておられたこととおもいます。

黒柳徹子さんが考えている「世界ふしぎ発見」のこれから。

黒柳徹子さんは、「世界ふしぎ発見」をとおして、訴えたいことがあるとおっしゃっています。それは、戦争反対や平和への願い、貧困問題の解決などです。黒柳徹子さんのように何不自由ない人生を送った方だからこそ、困っている方や弱者を助けたい、という広い心をおもちのようです。

黒柳徹子が「玉ねぎ頭」をやめるとき。

若い頃から、第一線で活躍している黒柳徹子さんですが、最近は体調不良を訴える日が多くなったと聞きます。無理もありませんね。人前にでる際は、必ず専属ヘアスタイリストに「玉ねぎ頭」にしてもらいますが、それさえ、億劫がられるようになったときいています。黒柳徹子さんが「玉ねぎ頭」をやめるのは、病床につかれるときかもしれません。

黒柳徹子のタレント性を受け継げるのは誰?

テレビ業界で活躍し、舞台にも手を広げ、半世紀以上、第一線で業界を引っ張ってこられた黒柳徹子さん。彼女のような逸材は、なかなか居ません。黒柳徹子さんからみれば、最近のタレントが歯がゆくて仕方ないでしょう。しかし、広い心で、黒柳徹子さんは周囲をみまもっているようです。

黒柳徹子さんの若い頃が美しすぎる!

黒柳徹子さんがオカッパ頭の頃も、玉ねぎ頭になってからも、20代の黒柳徹子さんは、誰もが振り返るような、オーラを放っていました。頭の回転が速く、口も達者、仕事にも真摯にむきあい、男並みに仕事をする・・・。そんな美しい彼女に惚れる男性は数多くいたそうです。

黒柳徹子さんが結婚しない理由

黒柳徹子さんは生涯を独身ですごすことになりそうです。結婚だけが幸せではない、という証ですね。彼女の周りには大勢のファンと、仕事仲間と、友人がいます。黒柳徹子さんにとって、結婚は、さほど重要な岐路ではなかったのです。仕事と地球の平和に人生をささげた女性、それが黒柳徹子さんなのです。

黒柳徹子の玉ねぎ頭はマネしたら?

黒柳徹子さんの玉ねぎ頭をマネしてみました。相当な髪の長さが必要だということがわかり、ウィッグを購入し、再トライしたところ、単に丸めただけでは、あんなふうにふっくらとしあがらないことが判明。つまり、一人では完成できないヘアスタイルなんですね。

黒柳徹子が若い頃から続けている習慣

黒柳徹子さんが若い頃から続けている習慣を伺いました。ひとつめは、「アエイオウ」体操。口のまわりの筋肉の衰えを防ぐための体操で、できるだけ活舌よく、「ア!」「エ!」「イ!」「オ!」「ウ!」と話すのです。わたしもやってみたところ、本気で話すと、結構口が疲れました。それだけ、口の周りの筋肉を使う、ということですね!

ということで、黒柳徹子とテレビ業界の誕生と進化、を昔から今日に至るまでたどってみました。いかがでしたでしょうか?国民的存在の黒柳徹子さんの活躍を、これからも楽しみにしてまいりましょうね~♪