ピンキリの意味や語源、類語とは?ピンからキリまではどっちが上?おもしろ

ピンキリの意味や語源、類語とは?ピンからキリまではどっちが上?

「ピンからキリまで」とはピンキリと略され、多くの場で使われる言葉です。なぜピンからキリなのか、ピンとキリとは何なのか知らない人も大勢いるでしょう。「ピンキリ」の意味や語源・由来、どっちが上なのか、広辞苑での書き方、類語や英語版も含めご紹介していきます。

目次

[表示]

「ピンからキリまで」の意味とは?ピンキリのどっちが上?

nattanan23 / Pixabay

「ピンからキリまで」とは日常の会話でも度々出てくる言葉ですが、時代の流れと共に意味の幅は広がり、元の意味を知っている人はあまり多くないと言われています。

ピンキリと略され使われることも多い「ピンからキリまで」の意味や由来・語源をご紹介すると共に、ピンとキリ、どっちが上でどっちが下なのかも解説していきます。

「ピンキリ」の意味は最上から最低

「ピンからキリまで」とは元々、最上から最低までという意味で使われていた言葉でした。しかし言葉が広まっていく内に、〇〇から〇〇まで、という意味でも使われるようになっていきました。

そこからさらに抽象的な使いまわしをされていくようになり、物事には様々なものがあるなどの意味も持つようになりました。

そのうち言葉として使いやすい、色々ある・様々な、という意味で使われることが多くなり、現在ではそちらが主流となっています。

「ピンキリ」はピンが最上でキリが最低

「ピンからキリまで」の元は最低と最上を表す言葉だったと説明しましたが、ピンとキリではどっちが上でどっちが下か分からないでしょう。

数値としての意味はキリが最上で、ピンが最低という意味なのですがピンキリという言葉の中ではピンが最上で、キリが最低です。ややこしいですが、語源や由来の説明と共に理由を解説していきます。

「ピンキリ」の語源はポルトガル語

Free-Photos / Pixabay

「ピンからキリまで」の語源はポルトガル語とされています。ピンは点を表す「pinta」という言葉で、キリは区切りや限界を表す日本語の「切り」です。

それが転じてサイコロの1をピンと言うようになり、最大数字をキリと呼ぶようになったとされています。

ポルトガル語の十字架が語源という説も

Free-Photos / Pixabay

キリは区切りや限界を表す日本語の「切り」で、ピンキリの語源と言われているのですが、ポルトガル語で十字架を表す「cruz(クルス)」が語源ではないかという説もあります。

十字架は数字の十を表し、十は終わりを意味しているからという説です。十字架が転じて十に、そこから十の意味が終わりだからと、ピンキリどちらもポルトガルから伝わったものが語源という説です。

「ピンキリ」の由来は西洋かるた

422737 / Pixabay

ピンはサイコロの1を表す言葉としても使われていたのですが、トランプの1もピンと呼ばれるようになり、当時トランプで最大の数字である12も、最後の数字としてキリと呼ばれるようになりました。

ピンの呼び方はトランプが西洋かるたとして日本に伝わった際に同じく伝わり、1をピン、12を区切りのキリと呼ぶようになったのです。そのため数字の大きさはピンが最低、キリが最高の意味を持ちます。

ですがトランプでは1がエースとして強いカードとされ、他の数字よりも強い意味を持つカードとなっています。それがピンは最高、キリが最低の意味に繋ったのです。

「ピンキリ」は広辞苑でもカタカナ表記

元々ピンはポルトガル語で「pinta」という綴りですが、広辞苑では日本語のカタカナとして「ピンからキリまで」と表記されています。

広辞苑に載っている意味も最大から最低まで・様々なことなど、幅広く使われるようになった後のものまでが、現在のピンキリの意味だとされています。

https://career-find.jp/archives/460705

「ピンキリ」の使い方や類語・対義語とは?

「ピンからキリまで」や「ピンキリ」という言葉を会話で使ったことがある人も多いでしょう。意味の多様化につれ、幅広く使える言葉になったので使い方を覚えておくと便利です。

「ピンからキリまで」「ピンキリ」の使い方を例文として載せていきます。また別の言い回しとして使える類語に、対義語も合わせてご紹介します。

「ピンキリ」の使い方の例文

monika1607 / Pixabay

「ピンからキリまで」という言葉ですが、ピンからキリ、ピンキリ、と使う場合も多いです。良いものから悪いものまで、様々な、などの意味として「ピンからキリまで」を使った例文をご紹介します。

「ここのリサイクルショップには、値段も質もピンからキリまでの商品が揃っている」「職業はピンからキリまである」など「〇〇はピンからキリまである」といった使い方が多いでしょう。

〇〇の部分は物でも人でも、また物体としてあるもの以外でも何にでも使えます。「〇〇はピンキリだ」のようにも使えますし、様々という言葉の代わりに「それはピンからキリまでですね」などのようにも使えます。

「ピンキリ」の類語

monicore / Pixabay

種類がたくさんある、などの意味を持たせた「ピンキリ」を別の言葉で言いたい時に使える類語とは、様々・色々・幅広い・選べる・何から何まで・千差万別・色とりどりなどがあります。

良いものから悪いものまで、という意味のピンキリは、一長一短・玉石混交・まちまち・当たり外れ・良し悪しなどが類語となるでしょう。

多くの類語が挙げられますが、これらの意味をピンキリの一言で表すことができるため、非常に便利な言葉です。ただし具体的な内容を求められている際に使うのは避けた方がいいでしょう。

「ピンキリ」の類語を使った例文

MichaelGaida / Pixabay

類語によりますが、先ほどの「ピンキリ」と入れ替えても差し支えありません。特に様々、色々などはほぼ同じように使える言葉です。

「職業は色々ある」のように多種多様なものを表す言葉として入れ替えられますが、どちらにせよ内容としては薄くなるので注意が必要です。

良いものも悪いものもある、という時は「〇〇は一長一短なので」「〇〇は当たり外れが激しい」などのように類語が使えます。

「ピンキリ」の対義語

geralt / Pixabay

「ピンキリ」とは幅広い意味を持つため、具体的な対義語はありません。意味を絞った場合、様々という意味の言葉、その類語から対義語は、唯一・単一・単調・一貫したなどが挙げられます。

他にも均等・没個性的などの言葉も多様性の対義語として挙げられるものです。また一長一短などの対義語としては完全無欠、まちまちの対義語としては均一・一律などがあります。

「ピンキリ」の対義語を使った例文

geralt / Pixabay

「ピンキリ」の反対の意味を伝えたい時は、種類が無いことや性能は同じだと言いたい場合が多いでしょう。そのような意味を持たせて、対義語を使った例文をご紹介します。

「これがご希望に合う唯一の商品です」「ここにあるものは一律100円です」などのように種類が複数無い場合や、どれも差がない時にピンキリの代わりとして使えるでしょう。

「ピンからキリまで」とは英語で何て言う?

Free-Photos / Pixabay

「ピンからキリまで」とはポルトガル語が語源ですが、同じ意味の英語を例文と一緒にご紹介していきます。

幅広い意味という意味の英語

mohamed_hassan / Pixabay

英語で「ピンからキリまで」に代わる言葉として、幅広い意味という意味を持つ言葉をご紹介します。英語で幅広いという言葉は「runs the gamut」です。これは網羅したという意味で使えます。

良いものと悪いものがあるという意味の英語

ThorstenF / Pixabay

同じく良いもの悪いものがあるという意味では「from excellent to very bad」です。優れているものから、悪いものまでという意味で「ピンからキリまで」の代わりとして使えるでしょう。

「ピンからキリまで」の英語を使った例文

「runs the gamut」を使った場合「run the entire gamut of experience」などofの後の文によって〇〇を経験する、全てこなすなどの意味を持ちます。

「from excellent to very bad」は「from A to B」のAとBの部分に別の言葉を入れ、AからBまでという意味を持たせる文として使います。

それが「excellent」と「very bad」では素晴らしいもの、悪いものとなっているだけです。

英語にピンとキリのような便利な言葉はない

libellule789 / Pixabay

英語には「ピンキリ」のように多くの意味を持つ便利な言葉は無いので、特定の意味を持つ言葉を代わりとして使います。それが日本語の難しさであり、良いところでもあります。

「ピンからキリまで」の中国語や韓国語とは?

Philippsaal / Pixabay

「ピンからキリまで」の中国語版や韓国語版もご紹介していきます。

韓国語では「그건 천차만별이에요」

8minwoo / Pixabay

「ピンからキリまで」とは韓国語で「그건 천차만별이에요(geugeon cheonchamanbyeol-ieyo)」です。千差万別の意味を持ち、ピンキリの代わりとして使える言葉となっています。

中国語だと「三六九等」

Pexels / Pixabay

「ピンからキリまで」は中国語では「三六九等(Sānliùjiǔ děng)」と言います。こちらは色々あるという意味で、ピンキリと全く同じように使える言葉です。

「ピンからキリまで」には思いがけない語源があった!

ulleo / Pixabay

ここまで「ピンからキリまで」という言葉についてご紹介してきました。ピンキリなどと略され多くの人に使われていますが、どっちが上だったか、語源はポルトガル語だったと知っている人は少数でしょう。

日常で使っている日本語には思いがけない語源、由来を持つ言葉もあります。言葉の深い部分まで知っておけば理解も深まり、使える場面なども分かりやすくなるのでおすすめです。

https://career-find.jp/archives/460705