ピンキリの意味や語源、類語とは?ピンからキリまではどっちが上?おもしろ

ピンキリの意味や語源、類語とは?ピンからキリまではどっちが上?

「ピンからキリまで」とはピンキリと略され、多くの場で使われる言葉です。なぜピンからキリなのか、ピンとキリとは何なのか知らない人も大勢いるでしょう。「ピンキリ」の意味や語源・由来、どっちが上なのか、広辞苑での書き方、類語や英語版も含めご紹介していきます。

目次

[表示]

「ピンからキリまで」の意味とは?ピンキリのどっちが上?

nattanan23 / Pixabay

「ピンからキリまで」とは日常の会話でも度々出てくる言葉ですが、時代の流れと共に意味の幅は広がり、元の意味を知っている人はあまり多くないと言われています。

ピンキリと略され使われることも多い「ピンからキリまで」の意味や由来・語源をご紹介すると共に、ピンとキリ、どっちが上でどっちが下なのかも解説していきます。

「ピンキリ」の意味は最上から最低

「ピンからキリまで」とは元々、最上から最低までという意味で使われていた言葉でした。しかし言葉が広まっていく内に、〇〇から〇〇まで、という意味でも使われるようになっていきました。

そこからさらに抽象的な使いまわしをされていくようになり、物事には様々なものがあるなどの意味も持つようになりました。

そのうち言葉として使いやすい、色々ある・様々な、という意味で使われることが多くなり、現在ではそちらが主流となっています。

「ピンキリ」はピンが最上でキリが最低

「ピンからキリまで」の元は最低と最上を表す言葉だったと説明しましたが、ピンとキリではどっちが上でどっちが下か分からないでしょう。

数値としての意味はキリが最上で、ピンが最低という意味なのですがピンキリという言葉の中ではピンが最上で、キリが最低です。ややこしいですが、語源や由来の説明と共に理由を解説していきます。

「ピンキリ」の語源はポルトガル語

Free-Photos / Pixabay

「ピンからキリまで」の語源はポルトガル語とされています。ピンは点を表す「pinta」という言葉で、キリは区切りや限界を表す日本語の「切り」です。

それが転じてサイコロの1をピンと言うようになり、最大数字をキリと呼ぶようになったとされています。

ポルトガル語の十字架が語源という説も

Free-Photos / Pixabay

キリは区切りや限界を表す日本語の「切り」で、ピンキリの語源と言われているのですが、ポルトガル語で十字架を表す「cruz(クルス)」が語源ではないかという説もあります。

十字架は数字の十を表し、十は終わりを意味しているからという説です。十字架が転じて十に、そこから十の意味が終わりだからと、ピンキリどちらもポルトガルから伝わったものが語源という説です。

NEXT:「ピンキリ」の由来は西洋かるた
1/4