メンマは割り箸で作れる!は嘘?本当?作り方やメンマの豆知識も紹介 おもしろ

メンマは割り箸で作れる!は嘘?本当?作り方やメンマの豆知識も紹介

メンマは割り箸から作れるという噂があります。メンマの原料はたけのこ、割り箸の材料も竹という点から出た話なのですが、割り箸メンマの作り方とは?メンマとは何か、正体は?シナチクとの違い、竹の種類やメンマの名前の由来、メンマ代について紹介していきます。

目次

[表示]

嘘?本当?メンマは割り箸からでも作れる!?

Chun-San / Pixabay

ラーメンのトッピングとして馴染み深いメンマ。このメンマをたけのこからではなく、割り箸からでも作れるという噂がネットで話題になったことがありました。

そもそも何故、割り箸でメンマが作れるという話が有名になったのでしょうか?まずはその噂のルーツについて紹介していきます。

2007年4月・割り箸からメンマが作れると話題に

kaboompics / Pixabay

割り箸を煮込むとメンマになる、という話は2007年4月が初出です。

「デイリーポータルZ」というサイトで高橋克子さんという方が、中国の古老から割り箸メンマの作り方を聞いたという記事をアップしたことから、割り箸でメンマが作れると話題になりました。

そもそもメンマとは?材料はたけのこ?

rubyclement / Pixabay

そもそもメンマとは何が原料なのでしょう?もちろん市販されているメンマの原料は割り箸ではありません。メンマとはたけのこを短冊切りにして柔らかく煮たものであり、原料はたけのこです。

割り箸の原料も竹!割り箸からもメンマが作れる?

Free-Photos / Pixabay

では割り箸は何が原料なのかと言うと、こちらもメンマと同じく竹です。

メンマが竹の柔らかい可食部分をじっくり茹でて作ったものならば、同じ竹からつくられた割り箸を更に長時間茹でればタケノコの水煮のような状態になるのでは?

そしてそれにメンマと同じ味付けをすれば、そのままでは食べられない割り箸も食品になる可能性があるのでは?そう思わせるところから、割り箸メンマの存在は有名になっていったのです。

食べられるの?割り箸メンマの作り方とは

RyanMcGuire / Pixabay

では割り箸メンマはどのように作るのでしょうか?こんなに手間暇をかけて、スーパーでも買えるメンマを作る意味があるのか?と衝撃を受ける割り箸メンマの作り方を見ていきましょう。

割り箸メンマの作り方①割り箸を割っていく

Maraniass / Pixabay

まずは割り箸メンマの原料となる割り箸をメンマの大きさに切りそろえていきます。割り箸は丈夫につくられているため、切る際には力の入れ過ぎで怪我をしないよう十分な注意が必要です。

またメンマ作りに適した割り箸は、未使用のものよりも1度食事に利用して味が染み込んだものであるとのこと。割り箸メンマを作りたい方は、使用後の割り箸を保管しておくと良いでしょう。

割り箸メンマの作り方②料理酒に割り箸を漬ける

mibryant / Pixabay

切り終わった割り箸は鍋に入れ、一晩料理酒に漬けておきます。本場では紹興酒を使っているそうですが、普通の料理酒でも代用可能です。

日本酒を使うと紹興酒特有の甘みや酸味が下味として付くことはありませんが、食材の臭みをとって柔らかくするという効果は十分期待できますよ。

割り箸メンマの作り方③そのまま一晩置く

Pexels / Pixabay

一晩漬け込んだ割り箸は一度火にかけてひと煮立ちさせ、火から下ろしたら更に一晩放置します。合計二晩酒に漬けることで、割り箸にうっすらと茶色い色がついてきます。

割り箸メンマの作り方④割り箸に味付けをする

ANDRODYN / Pixabay

続いて日本酒漬けの割り箸が入った鍋に、醤油、ゴマ油、塩、生姜、唐辛子、ラー油、重曹、粉砂糖といった調味料を入れていきます。砂糖はグラニュー糖や三温糖ではなく、粉砂糖を使うことが肝要なのだとか。

量については詳しい記載がなく、辛めにしたいのか甘めにしたいのか、自分の好みと相談しながら調整すると良いとされます。

ただし、醤油は味付けのベースとなるため大量に鍋に注ぐ必要があるといいます。

割り箸メンマの作り方⑤三日三晩割り箸を煮る

Free-Photos / Pixabay

鍋に全ての調味料が入ったら火にかけて煮ていくのですが、煮込みに必要な時間はなんと三日三晩。この間は火を消すわけにはいかないので、もちろん外出も不可能となります。

また煮ていく過程で割り箸から灰汁が出てくるため、これをきちんと取り除くことも忘れずに行いましょう。

割り箸メンマの作り方⑥割り箸メンマを冷暗所に1ヶ月置く

PIRO4D / Pixabay

三日三晩じっくり割り箸を煮込んだら、密閉できる瓶などに煮込み汁ごと割り箸を移し替えて冷暗所で一ヶ月保管します。

一般家庭であれば流しの下やキッチンの収納、冷蔵庫の野菜室などが保存場所として適当ですが、中国では穴を掘って割り箸メンマの専用保存場所を作るのだそうです。

割り箸メンマの作り方⑦味が馴染んだら完成

StockSnap / Pixabay

冷暗所で一ヶ月保管すると、割り箸が調味料を全て吸い込んで柔らかくなり、割り箸メンマの完成となります。上手く作れると手間暇かけただけあって、市販のメンマにはない深みのあるメンマが完成するそうです。

割り箸メンマを作るのには、保存時間を除いても5〜6日はかかります。作業工程も単純ですが骨が折れるものが多く大変ですが、完成したメンマは半永久的に保存が可能なのだといいます。

1度に大量に作れば消費期限にとらわれずにメンマを楽しめることになりますが、果たして本当にそんなにうまい話があるのでしょうか?

実は割り箸メンマは嘘だった!なぜバズったの?

GDJ / Pixabay

ここまで割り箸メンマの作り方を説明してきましたが、実は割り箸メンマの正体はネタであり、実際に割り箸でメンマが作れるわけではありません。

しかし単なるネタ、それも木の棒を煮込んでメンマが作れるという荒唐無稽なネタを信じてしまう人が何故続出してしまったのでしょうか?

割り箸メンマの正体はエイプリルフールのネタだった

kaboompics / Pixabay

割り箸メンマの正体は、高橋克子さんによるエイプリルフールのジョークでした。話の初出が2007年の4月だったという点で気がついた方もいらっしゃるかもしれませんね。

ネタの完成度が高すぎて割り箸メンマが話題に

sweetlouise / Pixabay

割り箸メンマを作る工程は非常に面倒くさく、もし本当にこれでメンマが作れたとしても真似をする人はそこまで多くはないはずです。

おそらく割り箸メンマ発案者の高橋克子さんも、真似をする気が失くなるような面倒なレシピを作ったのでしょうが、この細かさと手間が逆に架空のレシピに信憑性を与えてしまったのです。

更に工程に付けられた写真も割り箸メンマの存在に真実味を与え、ネットでは「メンマの原料は割り箸だった!」という話まで流れるようになったのでした。

中国でも割り箸メンマが話題に…

割り箸メンマの話は日本国内だけにとどまらず、中国や台湾のネットユーザーの間でも話題になりました。

中には「今まで食べていたのは割り箸だったのか」「中国人は何でも食べるな」といった意見まで飛び交い、ちょっとした騒動になったのです。

SNSや掲示板で割り箸メンマが拡散!

割り箸メンマが登場したのは2007年のことですが、その後も「割り箸でメンマが作れるって本当?」といった質問が掲示板に寄せられ、SNSでも定期的に話題になっています。

中にはネタだと分かった上で割り箸メンマの話をする人も多いのですが、それを見て真に受けてしまう人が少なからず誕生することで、現在も割り箸メンマの存在を信じている人はいる様子です。

記事には「嘘です」と最後に記載されていたが…

pixel2013 / Pixabay

2007年時に公開された「デイリーポータルZ」の記事の末尾には、「この記事は嘘です」という記載がきちんとされています。

しかし、記事を途中まで読んで早合点してしまった人がこれを拡散したことで、割り箸でメンマが作れると信じてしまう人が続出したのでした。

キンモクセイのPVにも割り箸メンマが登場

2002年にキンモクセイが発表した曲『二人のアカボシ』のプロモーションビデオ内にも、実は割り箸メンマが登場しています。

PV内に出てくるラーメン屋の屋台で、店主が鍋に割り箸を入れるとメンマが出てくるというシーンがあるのです。中にはこのPVが原因で「メンマって割り箸からできてたんだ」と勘違いした人もいたといいます。

『二人のアカボシ』が名曲なだけに、割り箸メンマがネタだとは思わなかったのかもしれませんね。

メンマって本当はどうやって作るの?由来は?

stevepb / Pixabay

では本物のメンマはどのように作っているのでしょうか?メンマの名前の由来やメンマの材料となる竹の種類、シナチクとメンマの関係など、メンマについての雑学を紹介していきます。

メンマの原料は麻竹!割り箸とは種類が違う!

wal_172619 / Pixabay

メンマの材料はたけのこですが、どんな竹でも良いわけではありません。メンマの原料は麻竹(マチク)という種類の竹で、これは台湾や中国南部に生息しています。

ちなみに日本産の竹を原料にしたメンマもつくられてはいますが、市販品の99%は中国産の麻竹が原材料です。

メンマの正式名称はシナチク?名前の由来は?

diannehope14 / Pixabay

メンマはシナチクとは違うの?と疑問に感じる方もいるかもしれませんが、この2つは同じものです。

中国を指す支那という言葉は差別用語です。そのため支那そば(ラーメンのこと)という呼称も現在は使われておらず、シナチクも使用を控えるべきと考えられるようになりました。

そこでラー「メン」の上に乗っている「マ」チクから、メンマという呼び名が考案されて一般に使われるようになっていったのが、メンマの由来です。

とっても簡単!正しいメンマの作り方と材料

割り箸メンマの作り方は面倒なものでしたが、普通のメンマは家庭でとても簡単に作ることができます。家庭で作る自家製メンマの材料は以下の通りです。

  • 水煮のたけのこ・200g
  • 鶏ガラスープの素・小匙2杯
  • ごま油・大匙2杯
  • 醤油・大匙2杯
  • 砂糖・小匙2杯
  • 水・100ml
  • ラー油・ネギ・各適量

正しいメンマの作り方①たけのこの水煮を炒める

stux / Pixabay

まず軽く水洗いをしたタケノコの水煮をメンマの大きさに短冊切りにして、ごま油を熱したフライパンで炒めていきます。軽く火を通したら砂糖大匙2杯を加えて、なじませます。

正しいメンマの作り方②調味料を入れてなじませる

Taken / Pixabay

残りの全ての調味料とネギを入れて、たけのこの水煮にしっかり味付けをしていきます。水分がとんだら火からおろします。炒める時間は5分前後です。

正しいメンマの作り方③完成・保存期間はどのくらい?

dangvan / Pixabay

火から下ろしたら完成です。出来上がったメンマは一週間を目安に使い切りましょう。

流石に割り箸メンマのように半永久的に食べられるとはいきませんが、あっという間に完成するうえ、材料も簡単に手に入る自家製メンマ。おすすめですよ。

割り箸メンマ以外にも!有名なメンマネタ・メンマ代とは?

nattanan23 / Pixabay

メンマを使った有名なネタとして、割り箸メンマ以外に「メンマ代」というものが存在します。メンマ代とは何を意味する言葉なのでしょう?意味と使い方を紹介していきます。

メンマ代とはどういう意味?

libellule789 / Pixabay

メンマ代とは読んで字の如く、毎月の支出の中でメンマ購入費用として使われたお金のことです。

とは言っても実際にメンマ購入に使われたお金を指すわけではなく、何に使ったのかわからない使途不明金や趣味などに費やした雑費の名目を「メンマ代」として計算します。

NEXT:メンマ代の発祥は5ちゃんねる
1/2