切り裂きジャックの正体判明!犯人の画像は?伝説の未解決事件の真相! 社会

切り裂きジャックの正体判明!犯人の画像は?伝説の未解決事件の真相!

切り裂きジャックの知名度は高くジョジョやコナンにも登場し多数の映画、小説にも影響を与えています。正体不明の切り裂きジャックの犯人が誰なのか、DNAが付着した遺留品の存在や事件当時の写真の有無について被害者の紹介と共に子孫の存在など事件の真相に迫ります。

目次

[表示]

切り裂きジャック事件の犯人が判明!?

Alexas_Fotos / Pixabay

未解決事件と言えば真っ先に名前があがることも少なくない切り裂きジャック事件。世界中でその正体が推測されていますが、正体が判明したとのニュースが報じられました。

このニュースは本国イギリスのみならず日本を含めた世界各地で報じられています。ことの詳細につきましては、次項より事件を追い掛けつつ解説して参ります。

切り裂きジャック事件の概要と時系列は?

Pexels / Pixabay

切り裂きジャック事件の犯人は誰なのか。いかなる素性を持つのかに迫るにあたり、まずは事件について知る必要があります。

売春婦5人が殺された未解決事件

stux / Pixabay

1888年のイギリスロンドンのホワイトチャペル地区では8月から11月に掛けて5人の売春婦が無残にも殺害されました。およそ人とは思えぬ残忍な犯行にロンドン市民は震えあがります。

捜査線上に何人もの人間が浮かぶも犯人は分からず、それを嘲笑うかのように犯人は新聞社に手紙を送りつけました。この為、本事件は劇場型殺人の元祖とも言われます。

尚切り裂きジャックのジャックとは特定の人物を指してはおらず、呼び方が定まらない男性を指す、言わば日本でいう名無しの権兵衛に相当する言葉です。

事件の原因は治安の悪化?

PIRO4D / Pixabay

ジャック・ザ・リッパーとも呼ばれる本事件が発生した背景には当時のロンドンの治安が関係しており、当時のホワイトチャペル地区はいわゆるスラム街でした。

その理由として1800年代後半のイギリスにはアイルランド人やユダヤ人と言った多くの移民がなだれ込んだ結果居住環境が悪化し失業者も増加しました。

その為、貧困層の中には売春や犯罪に手を染める者が続出し治安が悪化。ロンドン最悪のアスリートと呼ばれるまでになったことから切り裂きジャックは売春婦を怨み、犯行に及んだと考えられています。

第一の事件、メアリー・アン・ニコルズ

第一の事件が発生したのは1888年8月31日のこと。42歳の売春婦メアリー・アン・ニコルズが殺害されます。彼女は一帯の顔役でもあったそうです。

メアリーは喉を左から右に掛けて2度も鋭利な刃物で切り裂かれ、腹部に付けられた傷からは腸が飛び出していました。検死の結果メアリーの死因は喉の傷だったことが判明します。

腹部の傷は死後付けられたものであり、その他歯が5本無くなっていたり、顔に打撲傷があったりと多数の傷がメアリーには付けられていました。

第二の事件、アニー・チャップマン

第一の事件から約1週間後の9月8日に第二の事件が発生。被害者アニー・チャペルもまたメアリーと同じく喉を切り裂かれ、腹部から腸が引きずり出されていました。

そればかりかアニーの遺体からは子宮と膀胱が切り裂きジャックにより持ち出されていました。遺体発見後、即座にメアリーの事件との関連性が疑われました。

また遺体についた傷の状態から犯行に使用された凶器は薄く長く、それでいて鋭い刃物に違いないと検死を担当した警察医が証言しています。

第三の事件では唯一の目撃者が

Pexels / Pixabay

9月30日の午前1時頃、第三の犠牲者が発見されます。犠牲者は44歳のエリザベス・ストライドでメアリー、アニーと同じく売春婦でした。

0時45分頃、切り裂きジャックによってエリザベスが襲われるところをイズリエル・シュウォーツが目撃しています。

これは切り裂きジャックの仕業と目される5つの事件の内唯一の目撃証言でした。しかしながら、決定的な証拠とはなり得ず犯人逮捕には至っていません。

第四の事件ではキャサリン・エドウズ

geralt / Pixabay

エリザベルンの事件から僅か45分後、今度は43歳のキャサリン・エドウズが切り裂きジャックによって殺害されます。彼女もまた過去の犠牲者と同じく売春婦でした。

キャサリンの遺体の腹は切り裂かれ、腹腔内からは腎臓と子宮が消えていました。また傷は顔にもつけられており、両目の瞼を貫通していたことが分かっています。

加えてキャサリンの体と左腕の間には60cmほどの肉塊が置かれており、何か意図するものがあったことが推測されます。

犯行現場に残された落書き

Devanath / Pixabay

キャサリンの遺体が発見されて程無くして切り裂きジャックが書いたものと思わしき落書きが発見されました。

「ユダヤ人はみだりに非難を受ける筋合いはない」
(The Jews are not the men who will be blamed for nothing)

(引用:殺人博物館)

この落書きはトーマス・アーノルド警視の指示により明け方には消されています。アーノルド警視はこの落書きが目撃されることでユダヤ人に対する市民の反感が高まることを危惧したのです。

他の警察関係者はせめて写真を撮るべきと主張しましたが聞き入れられませんでした。その為、アーノルド警視は誰かを庇ったと陰口をきかれることになりますが、犯人はユダヤ人という噂があったのも事実でした。

第五の被害者は最も残忍に殺害された

geralt / Pixabay

美人娼婦と界隈で噂だったメアリー・ジェーン・ケリーは5人の犠牲者の中で最も凄惨な状態で発見されました。彼女の遺体はバラバラに解体されていたのです。

彼女に対する殺人は他の犠牲者とは異なり本人の自室で行われました。その為念入りに解体されたと言われており、部屋の額縁には彼女の腸がこれ見よがしに飾られていました。

他の犠牲者と同じく喉も切り裂かれていましたが、他の犠牲者と異なり切断寸前でした。この事件を最後に切り裂きジャックの犯行はぷつりと途絶えています。

被害者の写真も存在!ただし閲覧注意!

congerdesign / Pixabay

切り裂きジャックの被害者の写真が残されており、日本語版Wikipediaの切り裂きジャックのページにもリンクが張られています。

また各検索エンジンで検索することでもヒットします。しかし、何れの写真も凄惨な姿を映している為閲覧は注意かつ自己責任で行わなければなりません。

模倣犯と思われる「ホワイトチャペル事件」

geralt / Pixabay

切り裂きジャックによる犯行だと言われているのは前述の5件の事件であり、被害者となった5名はカニバル・ファイブと呼ばれています。

しかし、当時のホワイトチャペル地区では似たような殺人事件が複数発生しており特に全身39箇所も刺されて死亡したマーサ・タブラムの事件は共通点も多く切り裂きジャックの関与が疑われます。

とは言え、切り裂きジャックの関与したという確たる証拠はなく、当時のホワイトチャペルの情勢と併せて切り裂きジャックに触発された模倣犯の手による犯行の可能性もあります。

切り裂きジャックからの手紙!内容は?

Free-Photos / Pixabay

9月27日には切り裂きジャックと署名入りの手紙が新聞社に届けられます。手紙には被害者の耳を切り取ると記されており、切断こそされないもののキャサリンの遺体の耳は実際に傷つけられていました。

第3、4の事件の後、10月1日消印の血の付いた葉書が届きます。先日の手紙はガセではないと記された葉書にはまだ未公表だった切り裂きジャックの署名がなされていました。

翌月16日には自警団の団長宛に小包が届けられます。小包にはアルコール保存された女性の腎臓と手紙が入っていました。尚この手紙に署名はありませんでしたが、切り裂きジャック本人のものと考えられています。

「地獄より。
ある女から切りとった腎臓の半切れを送るぜ。残りはフライにして食っちまったよ。いける味だったぜ」

(引用:NEVERまとめ)

切り裂きジャックは誰だ?

qimono / Pixabay

切り裂きジャックが誰なのか、どういった人物なのか。犯行状況などから様々な推測がなされました。

切り裂きジャックの犯人像①医者

geudki / Pixabay

前述のとおり、切り裂きジャックは凄惨な方法で被害者を殺害すると同時に臓器を持ち去っていることから解剖学に精通した医師であると推測されました。

犯行に使われたのもメスのように鋭い刃物であると推測されたことから、切り裂きジャック=医師説は非常に有力視されています。

また近年のプロファイリングでは医師ではなく解体に精通した肉屋ではないかとの意見も強くなってきています。

切り裂きジャックの犯人像②女性

RondellMelling / Pixabay

切り裂きジャックは実は女性であるとの説もあります。この説が唱えられた根拠として、被害者に警戒心がなかったことを伺わせる痕跡があった為です。

切り裂きジャック=女性説は事件当時から提唱されており、敏腕刑事であったフレデリック・アバーラインが提唱したと言われます。

また近年では切り裂きジャック=女性説は元弁護士で作家のジョン・モリス氏も同説を提唱。更に著書の中では犯人はずばりリジー・ウィリアムズだと名前まであげています。

切り裂きジャックの犯人像 ③警官

RyanMcGuire / Pixabay

切り裂きジャックは実は警官だったのではないかとの説も存在します。犯行は夜間に行われており、周囲に怪しまれることなく被害者に近付ける為に生まれた説です。

切り裂きジャック=警官説は事件当時から唱えられており内部調査も行われました。しかしながら、これと言った証拠は出なかったようです。

捜査線上には何人もの被疑者が浮かび上がった

Minhaz000 / Pixabay

切り裂きジャック事件の捜査線上には数多くの人間が浮かび上がりました。似ていると事件当時から言われたモンターギュ・ジョン・ドイルドは最後の事件の後自殺を遂げています。

解体に精通していることから精肉業者のジョエイコブ・リーヴィーも捜査線上に浮かんだ他、ヴィクトリア女王の孫クラレンス公が切り裂きジャックであると提唱した人もいます。

しかしかながら、何れの説にも確たる証拠はなく、中にはクラレンス公のようにアリバイがある者もいるなど眉唾物の説も多いのが実際のところです。

切り裂きジャックを自称する人も

niekverlaan / Pixabay

あいつが怪しい、と数々の噂や憶測が飛び交う一方で自分こそが切り裂きジャックだと名乗ることもありました。

その最たる例が実際に容疑者として挙げられた毒殺医ドクター・クリームであり、彼は処刑の間際「私はジャック」とつぶやいたと伝えられます。

しかしながら、ドクター・クリームは切り裂きジャック事件発生当時収監中の為ガセネタのようです。また新聞社には自称犯人からの手紙が数多く届けられました。

切り裂きジャックの正体と有力視された人

geralt / Pixabay

前項の通り切り裂きジャックなのではと言われた人は多数居るのですが、信憑性についてはピンからキリまでと言ったところです。

しかしながら中には普段の言動などから有力視されていた人もいますので本項で紹介します。

有力視①女嫌いの医者フランシス・タンブルティ

marionbrun / Pixabay

切り裂きジャックの犯行の根底には女性や売春婦への憎悪があったと言われており、フランシス・ダンブルディは異常なほどに女性を嫌悪していたアメリカ人医師でした。

実際にスコットヤードヤード警察に嫌疑をかけられ、ホワイトチャペル殺人事件では逮捕されています。しかし、有罪とはならず保釈されフランスを経由して米国に渡りました。

ダンブルディの女性への嫌悪はすさまじく食事会に女性を招かない理由を友人に問われた際、女性を危険な家畜と称し、君の安全の為に即効性の毒を譲ると答えた逸話が残っています。

有力視②被害者と一緒にいたチャールズ・クロス

GoranH / Pixabay

チャールズ・クロスは第一の事件の被害者メアリー・アン・ニコルズの遺体の第一発見者でした。チャールズが切り裂きジャックとして有力視されていた理由は2つあります。

まず切り裂きジャックの自宅は犯行現場の付近にあり、自宅と職場の間で犯行が行われていると考えられていました。チャールズの自宅も犯行現場からものの数分のところにあります。

またチャールズが殺害される直前に被害者と一緒に居たところを目撃されている点も、切り裂きジャック=チャールズ説の理由となっています。

有力視③DNA検査に基づくアーロン・コズミンスキー

qimono / Pixabay

キャサリン・エドウズの遺体の傍に落ちていたショーツには犯人のものと思われる体液が付着しており、2014年に鑑定結果が公表されアーロン・コズミンスキーが犯人だと公表されました。

アーロンはポーランド出身の理髪師であり、犯罪歴や精神病による入院歴がある、売春婦を憎んでいると言った点や目撃者の証言により実際に逮捕されましたが証拠不十分で起訴はされませんでした。

尚2014年のDNA鑑定は致命的なミスがあったことが後に判明しますが、2019年には再度鑑定が行われたことが報じられ、アーロンが犯人であると改めて発表されています。

DNAが理容師の子孫と一致したことも決め手に

EliasSch / Pixabay

切り裂きジャックがアーロンだとする説の決め手となったのが、ショーツに残された体液とキャサリンの子孫、アーロンの子孫のDNAが一致したことでした。

また2019年のこの検査の際は目撃証言に基づく外見の検証も行われ、茶髪に茶色の瞳と言った外見的特徴もアーロンと一致していることもアーロン犯人説の理由としてあげられます。

ただし、ショーツに付着したDNAは経年により損傷しており、残りやすいミトコンドリアDNAを使用して鑑定及び子孫との比較が行われました。このことが後述の議論を呼んでいます。

DNA検査に対する疑問の声

geralt / Pixabay

ミトコンドリアDNAは基本的に母親から遺伝するDNAです。同一の母から生まれた兄弟間で配列が酷似するばかりか、赤の他人であっても完全に一致することもあるのがミトコンドリアDNAの特徴です。

その為、配列が一致しないことで犯罪を行っていない証明にはなれど、一致したからと言って犯人と言える決定打にはなり得ない、個人の特定には不向きなDNAです。

数千人規模で同じ遺伝子を持つ人間が事件当時居た可能性、そもそもショーツ自体がキャサリンのものかどうかも定かではないなどの理由から鑑定結果を疑問視する声が多数あがっています。

切り裂きジャックを取り扱ったアニメや小説、映画

Free-Photos / Pixabay

切り裂きジャックは正体不明故に多くのクリエイターの創作意欲を刺激し作品に影響を与えています。本項では切り裂きジャックが登場、あるいは関連する作品を紹介します。

ジョジョの奇妙な冒険「第一部ファントムブラッド」

荒木飛呂彦作の大人気漫画ジョジョの奇妙な冒険の元祖である第一部ファントムブラッドに切り裂きジャックは登場し、ジョジョことジョナサン・ジョースター一行と激闘を繰り広げました。

作中では史実と同じく娼婦を殺害しており、犯行現場をジョジョの宿敵で劇中のラスボスであるディオ・ブランド―が目撃。邪悪さに目を付けられ傘下に加えられます。

ディオは吸血鬼と化していた為配下となった切り裂きジャックはゾンビか。生前より残虐性や殺人衝動が強化されており、自らの指を切断するなどジョジョたちを戦慄させました。

名探偵コナン ベイカー街の亡霊

2002年に公開されたコナンの映画ベイカー街の亡霊では、映画内に登場する仮想ゲーム内に切り裂きジャックが登場しコナン達と対戦しました。

このゲームの脚本を制作したのはコナンの正体工藤新一の父優作であり、彼は切り裂きジャックの正体を不二の病に犯された貴族と解釈してましたが書換により全く別の姿で登場します。

また本作では架空の探偵であるシャーロック・ホームズも登場。コナンと共に謎に挑むという、和洋の名探偵夢の共演も見どころの一つです。

NEXT:Fate/apocalypse
1/2