岡っ引きとは?正式な警察ではなかった?意味や給料について解説! おもしろ

岡っ引きとは?正式な警察ではなかった?意味や給料について解説!

十手をかざして「御用だ御用だ!」でお馴染みの岡っ引き(目明し)。江戸時代の警察と思われがちですが、実は同心に雇われているアルバイトのようなものでした。岡っ引きの意味や服装、給料はどうなっていたのか、与力や下っ引きとはどのような関係なのかを紹介します。

目次

[表示]

岡っ引きとはどんな意味?正式な警察ではなかった?

Free-Photos / Pixabay

『銭形平次』などの時代小説にも登場する岡っ引きは、江戸時代の警察、町のおまわりさんといった印象がありますが、その身分は公的なものではありませんでした。

岡っ引きとはどのような立場であったのか、岡っ引きの意味について説明していきます。

岡っ引きの意味とは?江戸時代の同心(警察)の密偵?

Free-Photos / Pixabay

岡っ引きは町奉行から直接雇われていたわけではなく、町奉行で働く「同心」から個人的に雇用されていました。

仕事内容は主に密偵で、盗賊などの落語者や無法者の情報を探って同心に報告していたといいます。

岡っ引きは警察官ではない!

cocoparisienne / Pixabay

町奉行のための仕事をしていましたが、岡っ引きという職業は公的には認められておらず、彼らの立場も警察官ではありません。

岡っ引きは警察官である岡っ引きが抱える「民間警察」「私設部隊」のようなものだったと言えます。

江戸時代の町奉行は犯罪発生件数に比べて常に人手不足で、現場に出られる同心の数も限られていたことから、同心の手足となる岡っ引きが必要だったのです。

関東地方では岡っ引きの正式名称は「目明し」

小説や映画などでは岡っ引きという呼称がよく使われていますが、このような民間警察のことを江戸時代の関東地方では「目明し(目証し)」と呼んでいました。

目明しとは夜間に見張りをする下っ端を意味する言葉で、そこから転じて同心の駒として働く人間のことも目明しと呼ぶようになったのです。

どんな人が岡っ引きになっていた?岡っ引きの背景

geralt / Pixabay

同心に直接雇用されていたということは、岡っ引きになるには特に資格などは無かったのでしょうか?岡っ引きとはどのような人物がなる職業だったのか、少し意外なその背景について紹介していきます。

岡っ引きには元犯罪者が多かった

RyanMcGuire / Pixabay

小説や時代劇では正義の味方の印象が強い岡っ引きですが、実は犯罪者が司法取引のような形で岡っ引きになるケースが多かったといいます。

犯罪者の事情を探るにはその情報に精通した人間が必要であったため、同心は元犯罪者を配下に抱え込んでいたのです。

当時の犯罪者は社会からはみ出した人間が多かったために、エタ・非人と呼ばれた被差別部落の村民を岡っ引きとして雇うこともあったそうです。

岡っ引きの「岡」は悪人の意味?

Momonator / Pixabay

江戸時代、岡っ引きの「岡」という文字は悪人や悪事といった意味の暗喩として使われていました。

岡と対となる「海」という文字が朱子学で賢人や君子の恩を意味していたことから、岡はその逆、悪事や悪徳といった意味で使われていたのです。

そして岡っ引きには「悪人をしょっぴいてくる」という意味がある一方、自分も「岡の出身」という皮肉も込められていたといいます。

岡っ引きはヤクザ者?庶民の敵だった?

AbsolutVision / Pixabay

『銭形平次』の平次親分のように町人に近い法の番人といった描かれ方もする岡っ引きですが、実際は元犯罪者なだけあって荒くれ者も多かったと言われています。

岡っ引きとして働いていても過去の犯罪が帳消しになるわけではなく、仕事のできないものや、検挙率の悪い岡っ引きは牢獄に戻されてしまうこともあったのだとか。

そのせいもあって、むやみに町人をしょっぴく者や町人を脅して犯罪者に仕立て上げる者まで存在し、岡っ引きとは必ずしも庶民の味方ではなかったのです。

江戸では岡っ引きが禁止されることもあった

ar130405 / Pixabay

自分の立場を守るために仕方なくとは言え、犯罪者顔負けの恐喝を町民に行う者もいたことから、江戸の町では度々岡っ引きの雇用を禁ずる旨の御触れが出されていました。

しかし全面禁止をすると今度は町奉行の仕事が滞ってしまい、禁止をしては解禁、解禁してはまた岡っ引きが問題を起こして禁止、といったようなことが繰り返されていたといいます。

岡っ引きの給料や生活はどんなものだった?

t_watanabe / Pixabay

正式に町奉行から雇われていなかった岡っ引きの給料はどこから出ていたのでしょうか?

『銭形平次』の平次親分も本職は大工でしたが、現実にも岡っ引きだけで生活ができた人物はいなかったのでは?と言われています。

岡っ引きの給料や普段の生活、仕事はどのように行っていたのかを紹介していきます。

岡っ引きの給料は同心のポケットマネーからでていた

kschneider2991 / Pixabay

正式な警察官ではない岡っ引きの給料は町奉行からは支払われず、彼らを雇用している同心の給料から支払われていました。

と言っても、1人の同心の下には複数の岡っ引きがいたことから、生活が成り立つほど高額な給料が支払われていたわけではありません。

そもそも正式な公務員であった同心やその上司に当たる与力の中にも、給料だけでは生活が成り立たずに内職をしていた者もあったのですから、岡っ引きの給料は微々たるものだったのでしょう。

岡っ引きだけでは食べていけない!普段の生活は?

mikuratv / Pixabay

岡っ引きは他に本職を持っていたか、妻が働いて食べさせてもらっていたというケースが多かったといいます。

日頃から町を回って用心棒のようなことをして付届けをもらったりしていた者もありましたが、中には町民を恐喝して生活費を賄っていた者もいました。

こうなってくると岡っ引きも犯罪者も大差ありませんが、職業として完全に廃止されなかったところを見ると、江戸の町では必要悪だったのでしょう。

岡っ引きは同心から身分証を貰っていた

警察の権限の一部を行使していたことから、岡っ引きには「手札」という身分証が渡されていました。

これを使うことで本当の犯罪者を同心に代わってしょっぴくことができた一方で、手札を盾に町民相手にあくどいこともできたというわけです。

岡っ引きの十手は同心の十手と違う?

岡っ引きは手札だけではなく、身分証として十手も貸与されていました。しかしいつも持っていたわけではなく、必要な時に町奉行で借りていたとされます。

また、持ち手には赤や紫の房がついている十手が時代劇ではよく登場しますが、これは同心や与力が持つもので岡っ引きの十手には房飾りはついていませんでした。

持ち方も常に見えるように帯に挿していたのではなく、岡っ引きは十手を懐に入れて見えないように携帯していたといいます。

岡っ引きの服装

町中でも同心や町民がそれと分かるように、岡っ引きの服装には決まり事がありました。特に足元は白い鼻緒の雪駄と決まっており、これは潜入捜査で変装している時も変わりませんでした。

町中にいる時は着流しに裏白の紺足袋、そして白い鼻緒の雪駄という服装で、雇用主以外の同心からも「あれは誰かの岡っ引きだな」とすぐ判断ができたそうです。

「御用だ御用だ!」捕物の時の岡っ引き

geric10 / Pixabay

時代劇では捕物のシーンで、大勢の人が提灯を持って「御用だ御用だ!」と犯罪者を追い詰めていきますが、この「御用だ御用だ!」と言っているのは同心ではなく岡っ引きです。

しかし、時代劇で見るような大捕物というのは滅多になく、実際に岡っ引きの大軍が「御用だ御用だ!」と言っている様子を見ることはかなり少なかったのだそうです。

江戸時代の警察の組織はどうなっていた?

StockSnap / Pixabay

岡っ引きを雇っていたのは同心ですが、江戸時代の警察組織とはどのようなものだったのでしょうか?与力、同心、岡っ引き、そして岡っ引きの更に下にいた下っ引きについて説明していきます。

町奉行の指揮官が「与力」

qimono / Pixabay

町奉行の中で同心の上司にあたる指揮官が「与力」です。与力は主に現場から連れてこられた犯罪者の取り調べを行っていました。

与力の下で働くのが「同心」

Alexas_Fotos / Pixabay

町奉行の中で実働部隊であったのが同心です。1人の与力の下には5人前後の同心がいて、犯罪者の逮捕に当たっていました。

江戸時代の南町奉行所と北町奉行所にはそれぞれ100人程の同心が配置されていたとされます。

同心が私的に抱えていたのが「岡っ引き」

RyanMcGuire / Pixabay

同心が私的に雇っていたのが岡っ引きですが、その数は江戸全体で500人程度であったといいます。単純に計算して同心1人につき5人の岡っ引きを抱えていたことになります。

岡っ引きの部下が「下っ引き」

guvo59 / Pixabay

同心から雇われた岡っ引きに更に雇われていたのが「下っ引き」です。下っ引きは岡っ引きのアシスタントのような仕事をしていたとされ、江戸の街全体で2500人程度いたといいます。

下っ引きの給料は岡っ引きが出していた

Alexsander-777 / Pixabay

下っ引きも非公式の職業であったため、その給料は雇用主の岡っ引きから支払われていました。しかし、自分自身も薄給で雇われていた岡っ引きが下っ引きの給料を出すのは至難の業です。

そのため下っ引きの給料を稼ぐために、町人からお金を巻き上げていた岡っ引きもいたのでした。

岡っ引きは江戸のダークヒーローだった

profjcb / Pixabay

岡っ引き(目明し)とはどのような職業だったのか、意味や給料、服装、同心や与力、下っ引きとの関係等について紹介致しました。

「御用だ御用だ!」と十手や提灯を持って勢いよく捕物に参加している印象のある岡っ引きですが、実際は民間警察で給料も安く、犯罪に詳しい元犯罪者が多かったという意外な背景がありました。

町人を恐喝していたというのは良い話ではありませんが、岡っ引きがいなければ犯罪が増えていたのも事実です。岡っ引きは江戸時代のダークヒーローだったとも言えるでしょう。