リリックの意味とは?ポエムとは違う?ライム・フロウについても! おもしろ

リリックの意味とは?ポエムとは違う?ライム・フロウについても!

よく耳にするリリックとは、どんな意味なのでしょうか?リリックの使い方や由来となった英語、リリカルの意味、対義語のエピックについても調べてみました。また、ラップでよく聞くフロウやライムについてやポエムとの違い、リリックビデオについてもまとめました。

目次

[表示]

リリックとは?どんな意味がある?

PourquoiPas / Pixabay

リリックとは、音楽関連の場面でよく聞く言葉です。リリックとは、どんな意味があるのでしょうか。リリックの言葉の意味だけでなく、由来や使い方などについてもまとめてみました。

リリックの意味とは

congerdesign / Pixabay

リリックの意味とは、抒情詩や歌詞です。もともとの意味は抒情詩でしたが、現在では歌詞の意味で使う場面が多くなっています。日本ではリリックは、ほとんど歌詞の意味で使用されている言葉です。

また、日本でもアメリカでもラップをしている人は、歌詞をリリックと言う場合が多いようです。リリックは歌のタイトルでも使われるほど、音楽の業界では馴染み深い言葉と言えるでしょう。

抒情詩とは?

ToniaD / Pixabay

リリックとは、もともと抒情詩の意味があります。抒情詩とは、詩の種類の一つです。抒は、「思いを表現する」意味があり、情は「気持ち」という意味です。

ですから、抒情詩とは、詩人が自分自身の気持ちや思いを表現した詩のことを言います。近代の詩は、ほとんどがこの抒情詩です。

リリックの由来は?語源は英語?

ReadyElements / Pixabay

リリックの由来は何なのでしょうか?それは、古代のギリシャだと言われています。その当時のギリシャでは、リラという竪琴のメロディにのせて思いを表していたので、抒情詩をリリックというようになったようです。

リリックの語源は、「lyrics」という英語です。それが元で、日本ではカタカナ語でリリックという言葉が誕生しました。「lyrics」という英語にも抒情詩、歌詞の意味があります。

リリックに似た言葉・リリカルとは

BiljaST / Pixabay

リリックに似た言葉で、リリカルというのがあります。この言葉はリリックに関連した言葉で、リリックを形容動詞にしたものです。

リリカルはリリックを形容動詞の形にしたものなので、「感情豊かな」「抒情詩的な」「ロマンティックな」などの意味があります。「この曲はリリカルでとても素晴らしい」などの使い方があります。

リリックの対義語は「エピック」

5598375 / Pixabay

リリックには、反対の意味の言葉があります。それは、エピックという言葉です。エピックには、叙事詩、史詩の意味があります。

叙事詩は、事実をありのまま表現する詩のことで、抒情詩とは違う種類の詩を指す言葉です。叙事詩は、主に神話、英雄の功績などのことを語る長い韻文の形になっています。

リリックの使い方は?

DreamPixer / Pixabay

リリックは、歌詞を指す言葉で、特にヒップホップ、ラップなどで使われます。今では、ラップ、ヒップホップに関係なく、歌詞を意味してリリックを使うことが多くなっています。

例を出すと、「この曲の歌詞が良い」と言う時、「この曲のリリックが良い」と言うなどの使い方があります。

リリックとポエムの違いは何?

Free-Photos / Pixabay

リリックは。歌詞、抒情詩という意味があることが分かりました。歌詞も抒情詩もポエムと似たようなものだと思われがちですが、違いはあるのでしょうか。違いとポエムの種類をまとめてみました。

ポエムは「詩」全体を指す言葉

congerdesign / Pixabay

リリックは抒情詩という詩の種類の一つを表すものですが、ポエムは詩全体を示す言葉です。ポエムと言えば、抽象的なふわっとした表現が多い詩という印象がですが、詩全体という広い範囲を表すものです。

日本では、ポエムと言うと詩の全体を表すものでなく、もっと狭い範囲の意味を指すと思われがちです。最近では、SNSで自分に陶酔したような詩のことをポエムと言うことが多くなりました。

詩にはいろんな種類がある

KevinKing / Pixabay

詩は大きく分けて、3種類あります。叙事詩、抒情詩、劇詩の3つです。抒情詩は自分の気持ちを表した詩のことをいいます。

叙事詩は、歴史の出来事などを描いた韻文のことで、エピックとも言われます。韻文のみで構成された詩のことを言います。中世のヨーロッパでは、吟遊詩人が楽器で演奏しながら叙事詩を歌っていました。

劇詩とは、韻文で書かれた戯曲を示す言葉です。昔は、劇の台本は韻文で表現することが多かったので、劇詩は戯曲のことを指す言葉でした。現在では、散文と韻文が混じったものや、詩的な戯曲のことを言います。

リリックビデオ・リリックスピーカーとは何?

FirmBee / Pixabay

リリックビデオ、リリックスピーカーという言葉を聞くこともありますが、この言葉にはどんな意味があるのでしょうか。YouTubeに、リリックビデオが多く投稿されているので、いくつか紹介します。

リリックビデオとは?

geralt / Pixabay

音楽の業界でよく使われることが多いリリックビデオ。この言葉は、歌詞が表示してあるMVのことを言います。かつてのMVでは、歌詞が表示されることはありませんでした。

ですが、最近のMVでは、カラオケで流れる映像のようにリリックが曲の全体を通して表示されています。YouTubeに投稿されているリリックビデオはかなり多いです。

リリックビデオを最初に始めたのはボブ・ディラン

リリックビデオは、もともと公式が発表したMVではなく、メイキング映像の一部分だったり、アーティストのファンが作ったものだったりすることが多かったようです。

しかし、需要が高くなったので、宣伝としてリリックビデオを作られることが多くなりました。リリックビデオを始めたのはボブ・ディランで、「サブタレニアンホームシックブルース」という曲のMVと言われています。

「サブタレニアンホームシックブルース」はリリックビデオを最初に始めたというだけでなく、MVを最初に始めた作品ともされています。

YouTubeにあるリリックビデオ

geralt / Pixabay

YouTubeには、リリックビデオが多く投稿されています。そのたくさんの投稿の中から3曲を紹介していきます。

Perfumeの「Hold Your Hand」

人気の3人組ユニットのperfumeの曲です。2014年5月に投稿されて、80万回近く再生されています。初めてのリリックビデオで、手の平に歌詞が書かれていて手間のかかった作品になっています。

視聴した人からのコメントでは、「心が温かくなる」「愛に満ちている」など好意的で、高い評価をされているリリックビデオです。

女王蜂の「緊急事態」

女王蜂の「緊急事態」という曲のリリックビデオです。2015年3月に投稿された作品です。大きく書かれた歌詞が印象的なリリックビデオに仕上がっています。

短い動画ですが。164万回再生もされているので、この曲のリリックビデオの人気の高さが伺えます。

BUMP OF CHICKENの「記念撮影」

人気バンドのバンプオブチキンの曲です。2017年7月に投稿されたCMタイアップ曲のリリックビデオです。歌詞の表示の仕方などが独特な動画になっています。

視聴した人からは、「エモい」「歌詞に共感する」「自然と涙が出てきた」などたくさんの好評のコメントが寄せられています。

リリックスピーカーとは?

theglassdesk / Pixabay

リリックスピーカーというのも、音楽関係の場面で聞く言葉です。リリックスピーカーとは、曲の歌詞をスピーカーのスクリーンに表示されるという機能がついたスピーカーのことです。

流れてくる曲に合わせ、歌詞がスクリーンに表示されるのですが、曲の雰囲気にそって歌詞のフォントが変わります。歌詞のフォントで曲のイメージを膨らませることができるスピーカーです。

リリックと一緒によく聞く?ライムとフロウの意味とは?

ラップで、リリックと一緒に使われることが多いライムとフロウという言葉があります。この言葉にはどんな意味があるのでしょうか。調べてまとめてみました。

リリックとともにラップで使われる

Pexels / Pixabay

ライムとフロウはラップで重要になるものです。ラップは、リズミカルに話すような歌唱法が特徴的で、自分の主張や意見を表現するのが主流となっています。

ラップは、即興で行うものやラッパー同士が即興でラップで喧嘩するなどの形式があり、最近テレビで取り上げられることが多くなりました。

ライムの意味とは

Free-Photos / Pixabay

ライムは、「ryme」という英語から来ている韻をふむという意味の言葉です。韻をふむとは、リリックで、ある一定の所を韻が同じ言葉に揃えるのを言います。

リリックの始めや終わりにゴロが同じ単語を並べるというテクニックです。ラップのゴロの良さは、ライムからきていると考えられます。

フロウの意味とは

Free-Photos / Pixabay

フロウは、歌い方という意味です。ラッパーは歌う時に、音の強弱やスピード感などで自分のラップを表現します。この表現のことをフロウと言い、使い方次第で表現力があるラップになります。

フロウとライムを合わせることでラップがもっと楽しいものになるので、2つともラップにおいて大切な要素だと言えるでしょう。

リリックの意味は歌詞と抒情詩!ポエムは詩のことを指す言葉

netmaru / Pixabay

リリックは、歌詞、抒情詩の意味がある言葉です。ポエムは詩の全体を言うものなので、リリックとは違う言葉であることが分かりました。リリックと一緒に使われるライム・フロウはラップの用語でした。

リリックビデオは、YouTubeにたくさん投稿されているので、リリックに興味がある人はこの機会にリリックビデオを見たり、ラッパーのラップを聞いてみてはどうでしょうか。