鶯谷立ちんぼ本番攻略レポート!最安スポットは?【2020最新】 社会

鶯谷立ちんぼ本番攻略レポート!最安スポットは?【2020最新】

どうも!風俗大好き会社員のダンです!!!

今回のダンは東京の鶯谷に行って、立ちんぼ情報について調査しました!その結果をご報告いたします。

2020年1月現在、立ちんぼと実際に会うことができるという場所と立ちんぼの攻略方法を徹底解説していきます。

早速、鶯谷で立ちんぼと実際に会えるという口コミがある場所・値段・女性の雰囲気・年齢・時間帯についてまとめてご紹介します。

 

目次

[表示]

【2020最新版】鶯谷で立ちんぼが集まるスポットは?最新の実態を調査!

今回のダンは、東京の鶯谷に潜入!鶯谷にはいかにも立ちんぼが出現しそうな異様なラブホ街があると話題。

鶯谷は東京都台東区にあり、東京の北東部と言えば、有名な歓楽街の「吉原」や、「山谷のドヤ街」もあります。鶯谷というのは地名ではなく、鶯の名所だったということで、駅の名前に鶯谷という名前が使われているそう。

まずは鶯谷の風俗事情から詳しくご紹介していきたいと思います。

 

鶯谷の風俗事情!デリヘルが盛ん?

鶯谷の風俗事情ですが、実は店舗型の風俗店は見られず、デリヘルが多いと有名。デリヘルでは、人妻デリヘルや韓デリ(韓国デリヘル)が多いとのこと。

また、鶯谷自体は、若い人たちではなく中年の年齢層の人が多いところだと言われています。どうやら鶯谷は昔から若い人が集うような町ではなかったようです。

そういうことからか、鶯谷駅の乗降客数は山手線の駅の中でも最も少ないとのこと。だから、駅のホームからもガッツリ見えるラブホテル街がこれほどに発展したのかもしれません。

 

鶯谷のラブホテル街ができた起源は、太平洋戦争後にありました。戦争で焼け野原になったこの一帯は、地方から働き口を求めてやってきた人々のための簡易宿泊所がつくられたそう。戦後の復興が進んでいく中で宿泊所としての必要がなくなってきて、やがて連れ込み宿となったことからラブホテル街へと変貌していったとのこと。

そんな歴史のあるホテル街には、立ちんぼが出没するそう。鶯谷の立ちんぼは先にご紹介したとおり、中年の人たちが多いエリアであるからか、熟女系が多いとのこと。

 

さらにそれほど人通りが多いということもない鶯谷では、立ちんぼたちは生活のために細々営業をやっているというレベルで、警察の取り締まりも緩めだそうです。

ラブホや立ちんぼ、デリヘルがこれまでに多いのも、風俗がこの街の経済を支えているという側面もあるから。取り締まってしまったら、人がいなくなってしまうからではとも言われているんですね。

 

そういうことから、昔と比べて警察の取り締まりが増えてきた現在でも、他の立ちんぼスポットほどは打撃を受けていない様子。そうはいっても、やはり東京オリンピックの開催も決まった以降は警察の取り締まりもあっているので、やや落ち込み気味ではあります。

 

鶯谷の立ちんぼがいる場所はどこ?GoogleMap画像は?

鶯谷の立ちんぼがいる場所のGoogleMap画像がこちら。鶯谷の立ちんぼがいるのは鶯谷のラブホ街というのは先にお話したとおりですが、鶯谷駅の北口側は、駅を出てすぐラブホばかり!!

このラブホ街全体に立ちんぼはいるということですが、北口を出たところから右に行った線路沿いや、路地の角、また鶯谷公園周辺での立ちんぼ目撃情報が多い様子。

 

鶯谷の立ちんぼがいる場所の雰囲気動画は?

鶯谷の立ちんぼがいるエリアの雰囲気については、もういたるところラブホだらけなので、まさに立ちんぼが出没しそうな、怪しいあかりに包まれた薄暗い感じ。

鶯谷のラブホ街に潜入した動画があったのでご紹介します。鶯谷のラブホ街は結構道が狭く入り組んでいるようなところもある様子。

鶯谷のラブホ街には噴水が多くあるようです。噴水がある理由は、客に清らかなイメージを持ってもらうため、またお清めの意味もあるとか。

 

鶯谷の立ちんぼの相場・時間・女性の質は?

鶯谷の立ちんぼの相場については、ホテル代込みで15000円~20000円くらいの様子。先にご紹介したとおり熟女の立ちんぼが多いので、熟女については交渉次第で10000円でできた!という口コミも。

 

しかし、それでは鶯谷の立ちんぼは熟女ばかりなのかと言うと、そうでもないよう。鶯谷の立ちんぼは若ければ20代から出没するみたいです。

逆に熟女になっていくと70代では?というような立ちんぼも出没するとのこと!駅からラブホ街が見えるのも異様ですが、20代から70代の立ちんぼが出没するという意味でも面白そうな印象。

多いのは30代後半~50代くらいの日本人立ちんぼ。韓国や台湾等アジア系の外国人立ちんぼも出没するとのこと。かつては白人金髪の立ちんぼも見かけたということですが、現在では見かけることはあまりないみたい。

 

立ちんぼがいる時間帯については、日が暮れてからが本番。ただし、明るい時間帯でも立ちんぼが出没しないわけではないらしい。

 

鶯谷の立ちんぼレポート!有名なラブホ街に潜入!

それでは早速、ダンの潜入レポートについてご紹介していきます。

 

鶯谷の立ちんぼは駅北口を出たところのラブホ街全体にいる!

ダンが鶯谷駅についたのは、18時頃。ちょうど日が暮れてあたりは真っ暗に。

鶯谷駅のホームに着くやいなや、目の前に広がる異様なラブホ街!なんだか普通の日常から不思議な世界に足を踏み入れたかのような。

ひとまず鶯谷駅の北口から出てホテル街方面へ。既にホテルが見えているが、このラブホテル街全体が立ちんぼが出没するエリアとなっている。

 

鶯谷の立ちんぼスポット①:北口の右側の線路沿い

鶯谷のラブホ街の中でも特に立ちんぼを見かけることが多い1つ目のスポットは、鶯谷駅北口を出てすぐ右側の線路沿いの道

早速ですが、歩いてみることに。やや歩くとラブホがいくつか並んでいます。ひとまず一周目は立ちんぼは見つからず。

デリヘルらしき女性と中年の男性は歩いているのですがね。

他の立ちんぼ目撃情報が多いあたりも回りつつ何回か巡回していると、おや!?立ちんぼなのでは?という女性を発見!!

お兄さん、遊ぼう?

うーーーん、熟女である。鶯谷は熟女が多いのだから想定内だが、この立ちんぼは40代から50代前半かも?というくらいの熟女!

何度も言っているが、ダンは若い子が好きなので、鶯谷にも出没することがあるという20代の立ちんぼにお目にかかりたい。

そういうわけで、熟女立ちんぼはお断りして巡回を続けることに。

 

鶯谷の立ちんぼスポット②:路地の角

鶯谷の立ちんぼは、ホテル街の路地の道角でも多く見かけると言われています。ホテル街を練り歩きつつ、道角には注意しながら立ちんぼ探しをすることに。

鶯谷のホテル街の路地は入り組んでいて、十字路は少ない様子。くまなく巡回するには少しややこしい。

お?ラブホの前に若い女の子がいる!!携帯をいじってるな…近くを通りかかってみたけど見向きもしない。多分彼女はデリヘルでしょう。

こんな感じでデリヘルっぽい若い子は見かけるものの、立ちんぼで若い感じの女性はなかなか見当たらない。

しばらく路地を歩いていると、先ほどの立ちんぼよりは若いかなという立ちんぼ発見。

アソビマセンカ?

(お!外国人だ!)どこ出身?

台湾~。

いくら?

1マン5センエン

年齢的には30代かな~という感じの立ちんぼ。ホテル代は別とのこと。ん~~~どうしよ~!

すごく好みというわけではないけど、彼女を逃すと今日も本番逃れという結果になりそう。しかもまだ巡回できていないスポットもある。

多分今日はかなり当たりだ。もう2人目の立ちんぼに出会えた。もしかすると20代の日本人立ちんぼとNNできるかもしれない!

希望を捨てきれなかったダンは、彼女と別れることに。

 

鶯谷の立ちんぼスポット③:鶯谷公園付近

最後に来てみたのは鶯谷公園付近。この付近も立ちんぼが出没すると有名な様子。来てみたものの、ひとまず公園の周りでは女性の影を見つけることはできず。

周辺を回ってみましたが、立ちんぼらしい女性を発見することはできませんでした。立ちんぼはいなかったけど、鶯谷公園付近は野良猫が多い。夜なのでちょっと不気味。

周辺はデリヘルらしき若い女の子は結構たくさんいて、彼女らが立ちんぼだったらいいのに…という感じ。その後もホテル街全体をうろうろ巡回しましたが、結局今回出会えた立ちんぼは2人だけでした。

 

2人出会えたのも良い方だったのかも。最初の熟女にいくらか聞き忘れてしまったのですが、熟女だと交渉次第で15000円、運がよければ10000円も狙えるらしいから、熟女がいける人には良さそう。

また、口コミを見ていると、お兄さんはかっこいいからタダ!とか5000円!とか言ってくれる立ちんぼもいるとか!

 

鶯谷の立ちんぼは熟女が有名!?

先にもご紹介したとおりですが、鶯谷の立ちんぼと言えば熟女が有名とのことで、実際に潜入したところではやはり熟女の立ちんぼはいました。

どうやら、10代とか20代とか若い子はネットで集客をしているという情報も。だから若い子たちは携帯をいじっていたのだろうか?

そういうわけで、実際に潜入してみた感想としても、鶯谷で立ちんぼ!と思うなら熟女でもOKという人におすすめしたい。

 

鶯谷の立ちんぼは減ってきている?

今回はダンは2人の立ちんぼに出会えたわけですが、鶯谷は他の地域と比べて警察の取り締まりの影響は少ないとはいえ、やはり最近では立ちんぼは減ってきている様子。口コミを見ていても1人も出会えなかったという人もいます。

東京オリンピックの開催に向けて、立ちんぼはやや落ち込み気味とのこと。今後立ちんぼはもっと減っていくという可能性もありそう。

そうはいっても、駅から見えるラブホ街のアングラな感じ、怪しい町並みはなんだか不思議な気持ちになるところでした。

 

鶯谷の立ちんぼレポートまとめ!

今回のダンは、鶯谷に潜入してきました。鶯谷は駅からも見える異様なラブホ街が印象的で、夜になると怪しい光に包まれるスポット。非日常感が漂っていて、なんだか魅力的でした。

昔から熟女の立ちんぼが有名なスポットのため、年齢的には30代~50代の日本人立ちんぼか、アジア系の外国人立ちんぼが多め。実際に、40後半~50代くらいの熟女立ちんぼと30代くらいの台湾人立ちんぼに遭遇しましたが、相場は15000円~20000円くらいでした。

 

お金をかけずに若い女の子とのセックスを狙うなら、やはりネットを利用した出会いの方が確率が高いです。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

↑PC MAXのサイトに飛びます。こちらのリンクからで初回の無料の100ポイント特典付き。

 

ダン自身が普段から利用しているのはPC MAXで、極論を言えばどの出会い系でも大丈夫ですが、東京だと2019年はPC MAXが結局1番強かったです。他の出会い系より女の子が集まっているのは、プロモーション費用の予算が多いためです。

※上のLINE画像の子は、PC MAXで2日間やりとり → 直接待ち合わせてその日セックス → 定期のセフレ関係になった子とのLINEのやりとりです。3か月で10回ほど会ってHしています。

 

PC MAXにいる子の特徴は、性欲が強くエロい女の子が多いこと

あまり知られていませんが、登録している子には彼氏持ちなのに欲求不満で登録している子も多く、若くて可愛い子も結構います。(ちなみに上のLINEの子は毎晩2回オナニーするそうです。)

 

使い方のコツですが、

・掲示板には業者(ネット上でウリをやってる子)もいるため、掲示板でなくプロフィール検索から素人狙いでメッセージを送る。

・メッセージが返ってきた場合、スピード重視で、即返信する。

経験上、この2つさえ守っていれば大きく失敗することはないです。初回の無料ポイント分だけでも無駄なく使っていけば、余裕で3人〜4人とエッチできます。

 

ちなみに、PCMAXはいまキャンペーン中(終了は未定)。今なら、無料でセフレゲットできちゃいます
無料でエッチなセフレを作るチャンスを逃したくない人はぜひ登録してみましょう。

⇒「PCMAX(18禁)」で東京のかわいい女の子をチェックしてみる?