東京03事件とは?オールスター感謝祭で島田紳助に怒られた理由は? エンタメ

東京03事件とは?オールスター感謝祭で島田紳助に怒られた理由は?

今や大人気トリオ芸人となった東京03ですが、オールスター感謝祭でかなりしくじってるんです。現在も闇として語り継がれる東京03の挨拶事件とは何か、石橋貴明との関係、島田紳助氏に怒られた理由についてネタ動画とともに詳しくお伝えしていきます!

目次

[表示]

東京03事件とは?やっぱり島田紳助が犯人?

現在もなお、芸能界の闇として語り継がれている東京03事件。オールスター感謝祭で怒られたという曖昧な記憶は残っているのではないでしょうか。

また、事件の関係者として島田紳助氏、とんねるずの石橋貴明氏が挙げられていますが、どういう関係なのでしょうか。

東京03事件の真相、島田紳助氏との関係について詳しく見ていきましょう。

東京03のプロフィール

東京03のメンバーは、飯塚悟志(ツッコミ)、豊本明長(中ボケ)、角田晃広(大ボケ)の3人です。

もともと、飯塚と豊本が「アルファルファ」、角田は「プラスドライバー」を組んでいました。02年、プラスドライバーが活動を休止し、03年、角田がアルファルファに合流するかたちで東京03が誕生します。

以降、キングオブコント優勝など実績を着実に積み上げ、サラリーマンのありそうでない日常から気まずいシチュエーションを切り取るコントと抜群の演技力で高い評価を受けています。

ちなみに、飯塚・豊本は若手時代、放送作家のオークラ氏とコントユニット「チョコレイトハンター」を組んでおり、ネタライブも定期的に行っていたようです。

東京03事件はオールスター感謝祭の本番中だった

2009年秋、オールスター感謝祭に晴れて出演した東京03.キングオブコント優勝でブレイクしていたこともあって注目度も抜群で、3人もフレッシュなエネルギーで会場の笑いをさらっていました。

そんな中、事件は起きてしまいます。ある企画クイズの最中、解答席の一部が何やらざわついている様子が伝わってきました。

そしてカメラには、鬼の形相で東京03の3人に詰め寄り、殴りかかる島田紳助氏の表情が……もちろんカメラはすぐに切り替わりましたが、会場の異変はお茶の間にもバッチリ伝わってしまいました。

島田紳助に挨拶しなかったことが怒られた理由?

ではなぜ、「東京03事件」は起きてしまったのでしょうか。一番の原因は、東京03の態度にあります。

どうも、オールスター感謝祭の当日、収録前の楽屋に東京03が挨拶に行かなかったことが怒られた理由であり、島田紳助氏の逆鱗に触れた原因だと言われています。

当時はまだ3人もテレビ慣れしておらず、司会を無視して空回りしているように見えたことも島田紳助氏にとっては耐えがたいストレスだったようです。

オールスター感謝祭の共演者たちも事件を目撃

cocoparisienne / Pixabay

オールスター感謝祭の本番中に異変が起きていたわけですから当たり前ですが、オールスター感謝祭の共演者たちも東京03事件の一部始終を目撃していました。

しかしながら、周囲の共演者は誰ひとりとして東京03の3人をかばおうとせず、黙って嵐をやり過ごしていたようです。

島田紳助氏は言うまでもなく芸能界の実力者であり、ボスですから「触らぬ神に祟りなし」ということなのかもしれませんが、このあたりにも芸能界の深い闇を感じてしまいます。

東京03事件の動画はある?

septimo77 / Pixabay

残念ながら、東京03事件の直接的な動画は残されていません。あまりにも衝撃的な映像だったので、消されてしまったのでしょうか?

動画こそ残っていませんが、「大物芸人がブレイク中の若手芸人に本番中に詰め寄る」というのはめったにない光景であり、まさに事件というしかありません。

島田紳助が東京03事件にしつこく報復?

東京03事件は、オールスター感謝祭だけでは終わりませんでした。紳助氏はその後も東京03の3人に暴言を吐きつづけ、あえてネタを振らないようにしたりと、徹底した報復行為に出たようです。

また、東京03事件から数年経ってゲスト出演したバラエティ番組でも、「礼儀をわきまえん奴は絶対に売れへん。売れてても俺は認めない」と、暗に東京03への恨みをほのめかす発言を繰り返しています。

大物なのですからそこまでしなくても、と思いますが、紳助氏としては、俺の看板番組で勝手なことをしたら決して許さない、ということだったのかもしれません。

島田紳助が悪者?東京03事件への世間の反応は?

Mizter_x94 / Pixabay

10年経っても未だにネタにされている東京03事件。事件当時の世間の反応はどのようなものだったのでしょうか。

世間は東京03事件に同情的

422737 / Pixabay

世間一般的には、東京03の3人に同情的なムードが強かったようです。映像だけでは紳助氏が一方的に殴りかかったように見え、怒られた理由が伝わらなかったことが大きく影響したようです。

また、理由はどうあれ司会者が本番中に出演者に詰め寄るのはあってはならない、とする声も多く、東京03事件によって紳助氏の横暴さが印象づけられた側面もありました。

しかしながら、一方で東京03を批判する声もあり、「先輩への礼儀を欠いたのだから怒られた理由としては当然」という意見も多く寄せられたようです。

芸能界の闇?業界は島田紳助を擁護

StockSnap / Pixabay

世間的には東京03がかわいそう、というイメージが強い東京03事件ですが、業界内部としては当時から一貫して紳助氏擁護のスタンスを崩していません。

全面的な擁護を打ち出していなくても、口をつぐむ、ということによって間接的に紳助氏を擁護する芸能人が圧倒的に多く、現在でも大きなタブーとなっています。

それにしても、ひとつのバラエティ番組での事件がこんなにたくさんの芸能人の口をつぐませてしまうとは、芸能界の闇の深さを感じてしまいますね。

そもそも東京03事件を知らないという人も

RobinHiggins / Pixabay

オールスター感謝祭の東京03事件を未だに知らない、という方も少なくないようです。当時も、東京03はブレイクしたばかりで世間的な知名度は決して高くありませんでした。

したがって、東京03事件と言われてもピンとこない人が多く、「売れない若手芸人が大物司会者にちょっと怒られただけでしょ?」という程度の認識が世間では一般的だったりします。

むしろ、あの事件によって東京03のブレイクがさらに加速したという側面もあり、10年経っても未だに「今日はちゃんと挨拶した?」などとイジられたりと、騒動ありきで名前が覚えられた感はあります。

石橋に有吉も?東京03事件の意外な被害者

東京03事件はじわじわと芸能界に波紋を広げ、未だにいろいろな場面でパロディにされています。東京03事件の隠れた被害者について見ていきましょう。

有吉弘行がオールスター感謝祭をパロディに

オールスター後夜祭のMCを務めている有吉弘行。ある年のオールスター後夜祭で、有吉が東京03事件のパロディと思われる演出を取り入れていました。

キングオブコント優勝で脚光を浴びているハナコに突如、「楽屋挨拶がなかった!」と詰め寄る有吉。もちろんこれはギャグであり、ジョークなのですが、本気で怒ってみせる有吉は大物らしい迫力がありました。

あるいはこのパロディは、本番中に若手芸人を本気で潰しにかかる紳助氏の滑稽さを笑ったものであり、痛烈な皮肉だったのかもしれません。

石橋貴明も?島田紳助に怒られた理由は?

とんねるずの石橋貴明も、東京03事件をネタにしたひとりです。とんねるずはもともとパロディの天才ですから、この事件もネタにしないわけがありませんよね。

ちなみに、石橋貴明は紳助氏の引退記者会見も積極的にパロディにしており、その様子を見た紳助氏本人はすぐに石橋に電話をかけ、「いい加減にしろよ!」と本気で恫喝した、というエピソードが残っています。

オールスター感謝祭は闇だらけだった?

オールスター感謝祭というとスターたちが勢ぞろいする華やかな大型特番ですが、その舞台裏ではさまざまな暗黙のルールがあり、芸能界の深い闇を感じさせる、という声もあります。

当時の感謝祭には「芸人は優勝するな」という暗黙の了解があり、オールスター感謝祭に出演したナイツ・土屋伸之はクイズで優勝した際、紳助氏から鬼の形相で睨まれたそうです。

また、東京03事件を出演者として目撃していた伊集院光は事件について、「一部始終を知っているはずの芸人がそろって口をつぐんでいくのが異様で仕方なかった」と語っています。

ただ、司会者が今田耕司に変わった現在のオールスター感謝祭ではこれらのルールはなくなり、芸人が生き生きと活躍できる番組に変わったと言われています。

東京03事件だけじゃない!島田紳助の暴力伝説

東京03事件の布石はすでに、ずっと前から張られていました。キレやすい芸人として知られる島田紳助氏の暴力エピソードについて見ていきましょう。

2004年、女性マネージャーを殴り謹慎

2004年、紳助氏は当時のマネージャーを殴り、暴行容疑で書類送検されています。マネージャーが女性だったことと謹慎期間が長かったことから、この暴力事件は世間的にも強く印象づけられました。

暴行の理由として、紳助氏本人は「女性マネージャーの基本的な礼儀がなっていなかった」と語っています。その後の報道ではそれ以外の理由もいくつか挙げられています。

礼儀作法に激怒して思わずマネージャーを殴ってしまった島田紳助氏。良くも悪くも、その生真面目さが後々の東京03事件につながっているのかもしれません。

島田紳助が闇?キレやすい病気だった?

島田紳助氏の短期で暴力的な性格は、以前から芸能界内部では知られていたようです。特に若手芸人への態度は鬼のように厳しく、自分のいる宴席などで少しでも礼を欠いた後輩がいると問答無用で手が出ていたようです。

一方で気分屋ということでも知られており、同じ後輩が遅刻をしたとしてもきつく叱る日とそうでない日があったりと、周囲から見ると不可思議な部分も多々あったようです。

紳助氏本人としてはバランスを取っているつもりだったのかもしれませんが、直属の後輩芸人は紳助氏に怒られなかった日を「ラッキーデー」とよんでいたようです。

紳助氏復帰の可能性は?

2020年、ユーチューバーとして唐突に姿を現した島田紳助氏。芸能界復帰への布石か、という憶測もあるようですが、紳助氏本人としては芸能界復帰の可能性を完全に否定しています。

そもそも、紳助氏の引退の原因が暴力団との黒い交際にあることを忘れてはなりません。芸能界引退後も黒いつながりは切れておらず、沖縄でも度々その世界の人たちとゴルフなどをして交流しているようです。

紳助氏本人がこうした黒いつながりを断ち切らないかぎり、芸能界復帰の可能性はかぎりなくゼロに近いと考えて良いでしょう。

東京03事件後のトリオの活動は?

例の事件以降、消えることなく人気をキープしつづけてきた東京03.最近では「ゴッドタン」などの人気バラエティの常連としても活躍しています。

セカンドブレイク中の東京03の近況について見ていきましょう。

現在もネタ動画をアップ

2003年に結成し、すでに大ベテランとなった東京03.毎年の単独ライブは満員御礼必至で、日本一チケットの取りにくいトリオ芸人ともよばれています。

舞台やテレビはもちろんのこと、最近ではYouTubeでも積極的に新ネタをアップしており、「YouTubeで初めて東京03を知った」という若い世代も増えてきています。

テレビプロデューサーの佐久間宜行氏も東京03の才能と実力を高く評価しており、自身の番組でも3人をピックアップした企画を放送するなど、ブレイクを全面的にバックアップしています。

コラボ舞台も大人気

単独ライブも安定の人気の東京03.バナナマンとのコントユニット「hand-made-works」のライブも大盛況で、単独ライブとはまた違った3人の魅力が楽しめると評判になっています。

また、俳優の山崎樹範らを客演としてむかえたコメディ「漫画みたいにいかない」も高い評価を受けており、2019年には続編も上演されています。

さえない小説家と編集者、友人がおりなす人間ドラマを描いたコメディなのですが、3人それぞれの持ち味が発揮されており、なおかつゲスト俳優との演技合戦も存分に楽しめるという贅沢なつくりになっています。

それぞれのキャラクターの過去と思惑が複雑に絡まり合い、微妙にすれ違う緻密な展開は三谷幸喜のシチュエーションコメディを彷彿とさせます。

3人とも40代をむかえ、本当のオジサンになった東京03のサラリーマンコントからますます目が離せません!

アメトーークでも大人気!

デビュー以来、舞台でのネタに一貫してこだわりつづけている東京03ですが、ここ数年は活動の幅をテレビにも広げつつあります。

特に、「アメトーーク!」では人気急上昇中で、2019年には「飯塚悟志大好き芸人!」が放送されるなど、個人のキャラもフューチャーされつつあります。

さらに、テレビ東京の「ゴッドタン」では角田がイジられており、ネタとはまた違った3人の魅力が少しずつ世間に伝わりつつあるようです。

東京03事件の真相は島田紳助の暴力!現在は順調に活動中!

2009年のオールスター感謝祭で司会の島田紳助氏に殴られそうになった東京03.怒られた理由は、収録前の挨拶を忘れたことにあったようです。

事件以降いろいろありましたが、東京03も間もなく結成20周年をむかえ、単独ライブ、テレビ、コラボ舞台と、まさに八面六臂の活躍を見せている3人。

これからの進化に皆さんも注目なさってください!