椎名唯華の最新炎上まとめ!前世(中の人)はこみみ?案件失敗って? エンタメ

椎名唯華の最新炎上まとめ!前世(中の人)はこみみ?案件失敗って?

Vtuber椎名唯華は過去に何度か炎上しました。案件失敗での炎上やマイクラで炎上、配信をサボって囲いと遊んでいた疑惑があったのです。前世(中の人)がこみみと特定されると前世でも炎上していたことが判明しました。椎名唯華と中身の炎上、体重や全身画像をご紹介します。

目次

[表示]

椎名唯華の炎上まとめ!案件失敗?囲いとサボリ疑惑も!

椎名唯華は企業案件でゲームに勝ちたいあまりリスナーを公開処刑するなどし炎上したことがありました。

また、椎名唯華は元々配信予定を変更したり配信をしなかったりすることが多々あり、怒ったファンによるアンチのようなコメントで配信中にキレて炎上したこともあったのです。

ロードモバイルで案件失敗!自主脱退を迫り炎上!

椎名唯華はゲーム「ロードモバイル」のPR案件で、にじさんじの本間ひまわりとコラボ配信をすることになりました。

リスナーが参加するこの企画の配信中、椎名唯華のリスナーへの態度が問題となり炎上騒動になったのです。

企画はギルドをつくりリスナーが加わったのち、本間ひまわりと戦うというものでした。

椎名唯華はゲームを本気でプレイしていたため、「自分より弱いリスナーは自己都合で辞めて」と「弱いリスナーは自己申告してほしい」等の発言をしてしまったのです。

また、弱いリスナーに「頑張ろう」と声をかけて、まるで公開処刑のような流れになってしまいました。

一部の椎名唯華のファンはついていけなくなり、対戦相手の本間ひまわりのファンへ転身することとなり、アンチ的なコメントも増えていきました。

椎名唯華は案件失敗。最終的に敗北し謝罪していますがアーカイブは非公開となっており、リスナーはもやもやするという事態になってしまったのです。

事態は収束しましたが、炎上したのは椎名唯華が配信を忘れたり、寝てしまって中止にしたりを繰り返していた日頃の態度も原因だったのではないかと言われています。

椎名唯華がキレた?マイクラで炎上!

椎名唯華が配信の予定を変更したり配信しなかったりするのは毎度のことではあったのですが、タイミングが重なり何度も配信予定を変えてしばらく配信していなかった時期がありました。

一部のリスナーはそんな椎名唯華に怒り、配信中にアンチのような行動に出たり、批判的なコメントをするようになりました。

半ばアンチと化したリスナーの執拗なコメントや振る舞いに椎名唯華も苛立ちを隠せず、関西弁で感情を露にする場面もあったのです。

配信をサボって前世の囲いとゲームしてた?

マイクラの配信予定が何度も変更したり配信がなかったりしてリスナーがヤキモキしている間、椎名唯華は前世時代の囲いとゲームをして遊んでいたという疑惑がありました。

ニコ生で頻繁に聞く用語の1つ「囲い」または「囲い厨」は生主を独占したいと思っていたり、親密になって他のリスナーとは違う特別な扱いを望むような行動をとるリスナーの事を指す用語。

(引用:キーワードノート)

しかしこの情報は出どころが明らかとなっておらず、いつどこで誰とゲームをしていたなどの詳しい情報もありません。そのためアンチが流したデマであるとも考えられいます。

配信にDoneruを導入して炎上!

これまでYoutubeのスーパーチャットで投げ銭が行われてきましたが、にじさんじは新たにDoneruを導入、椎名唯華と御伽原江良で試したと言われています。

スーパーチャットより手数料が安くすむこと、Youtube以外の収益源をつくりリスクを分散させることができるメリットがあると考えられたのですが批判が相次いだのです。

ネット上ではYoutubeを使っているのだからスーパーチャットを使うべき、規約違反だ、スーパーチャットを利用しないということは場所代を払わないようなもの、という意見がありました。

けれど実際には規約違反ではないし、スーパーチャットを利用するか否かは配信者が決めるものなのでネット上で指摘されていることは問題にはなりません。

ですが、メッセージ・音声の悪用とセキュリティ上の問題はあると考えられています。

また、今回の炎上については椎名唯華と御伽原江良という炎上を度々起こすライバーならいいだろうと、案件を投げつけ試した運営が悪いという指摘もありました。

舞元啓介とのスキャンダルで炎上!

椎名唯華がコラボ配信でよく使っている背景が、にじさんじ舞元啓介が使用している背景と同じものだったことでスキャンダル発覚(?)し炎上しました。

舞元啓介本人もネタにしていましたが、スキャンダルと言えないレベルの騒ぎです。それなのに炎上したのは舞元啓介が炎上系Vtuberだったからでしょう。

炎上が狙われてる?クズだからノーダメージとも!

椎名唯華の炎上を狙って切り抜きをつくっている人がいるとTwitter上で噂になりました。

しかし炎上を狙っている人達は椎名唯華のことをわかっていない、とファンは言います。炎上しようと、リスナーが少なくなろうと椎名唯華は本物のクズだからなにも変わらないと言うのです。

アンチコメントがあっても、クズだと言われても椎名唯華は相変わらず笑顔でいて、炎上したにも関わらず人気を得るようになりました。

椎名唯華の前世(中の人)はこみみ?前世でも炎上していた!

椎名唯華の前世(中身)はほぼ確実にゲーム配信者だったこみみだと言われています。

前世でも炎上していたことが判明しているのですが、アンチによる炎上説もあればファンが厄介だったという説もあります。

椎名唯華の前世(中の人)はゲーム配信者こみみ!【顔画像アリ】

椎名唯華の前世(中の人)はニコニコでゲーム配信をしていたこみみ(高橋栄美)だと言われています。

椎名唯華と中身・こみみの共通点は?

椎名唯華と前世(中の人)とされているこみみの共通点は特徴的な声です。それに加えてこみみは主に標準語で喋っていますが、関西弁で話している動画も発見されました。

また、こみみはゲーム「シャドウバース」が好きだったのですが、椎名唯華も「シャドウバース」が好きという共通点があったのです。

声・喋り方・好きなゲームが同じで、ニコニコ出身のにじさんじライバーが少ないため、椎名唯華の前世(中の人)はこみみでほぼ確定と考えられています。

前世は姫プで炎上!配信を切ることも!

椎名唯華は前世・こみみの頃も炎上していました。姫プレイが酷く、周囲の強いプレーヤーに頼りきっていたのでニコニコではプレイスタイルが不評だったのです。

姫プレイとは、オンラインゲームにおいて、男性に守ってもらうプレイスタイルのことである。お姫様になりきるプレイではない。

(引用:ニコニコ大百科)

コメント欄も酷い炎上具合で不安定になってしまった時期もありました。嫌気が差した椎名唯華が配信途中で切ってしまうこともしばしばあったのです。

厄介なファンがいたという噂もあった

こみみ時代の炎上は、炎上というよりも厄介なファンがいたと解釈するファンもいました。

ファンなのかアンチなのかもわからない、荒らしをする人が存在したと言われているのです。

椎名唯華とは?どんな活動をしてる?

椎名唯華はクズ・三下として知られるVTuberです。椎名唯華本人も受け入れていて、自身でも三下をネタにすることもありました。

けれど知り合いは多く、その雑さ・いい加減さも含めて慕われる不思議な存在です。ユニット・ラジオ・だいさんじ杯など多くの活動を行っています。

椎名唯華のプロフィール!体重は?【全身画像アリ】

  • 名前 椎名唯華
  • 生年月日 4月17日
  • 身長 153㎝
  • 体重 48.5㎏
  • 趣味 ゲームと睡眠
  • 好きなゲーム スプラトゥーン・シャドウバース・ポケモンGOなど
  • 所属 にじさんじゲーマーズ

前世は猫のスコティッシュホールド、目と髪の毛がチャームポイントで霊能力者の高校1年生、帰宅部です。

ショートヘアと勘違いされることが多いのですが、全身画像を見ると後ろで束ねられているロングヘアーだということがわかります。以下が全身画像です。

椎名唯華の体重はゲーム配信でバレてしまいました。以下が問題の動画です。

あだ名はいちご大福!イラストレーターは?

一部のリスナーは、椎名唯華の白くやや赤みを帯びた顔の特徴からいちご大福と呼んでいます。

また、三下キャラでもあるので三下いちご大福と言われることもあります。生みの親であるイラストレーターは神岡ちろるでした。

三下キャラとして知られている

椎名唯華は三下キャラとして有名です。また、クズ中のクズなどと言われていますがそれでも愛され続けている稀有な存在です。

初期の頃は清楚な不思議キャラとして認識されていたのですが、徐々に図々しさが漏れ出るようになりました。

同期・魔界ノりりむと「おしぃりぃ」として活動

同期・魔界ノりりむと「おしぃりぃ」というコンビを組んで活動をしているのですが、二人が行動することでよりクズキャラとして認識されるようになりました。

魔界ノりりむは椎名唯華をしぃしぃと呼び、にじさんじゲーマーズで一番クズと評価しています。

https://youtu.be/deN_OCIj3P8

三下クズエピソードが満載!

同期・魔界ノりりむとオフラインでコラボした際、「ペヤング激辛MAX END」を早食いしました。

最初は余裕だと言っていた椎名唯華は我慢することなく「辛いの苦手なんですよね」と即諦めたのです。

その後、食べる魔界ノりりむを茶化し自分は食べずにいたものだから、お前も食べろというツッコミが視聴者から入りました。

また、自分が諦めて食べなかった分をお願い!と魔界ノりりむに押し付けたことで視聴者から三下と呼ばれるようなりました。

椎名唯華は自分に不利な状況になるとすぐに「すみません」と言う癖があるのですが、その時の顔はとてもむかつく顔をしているため視聴者は信じない方がいいと魔界ノりりむは語っています。

VTuberポケモン大会に出場した際も、ロボ子相手に「ハサミギロチン」という運に任せる技をメインとしたパーティーで挑戦、強運を発揮し見事勝利しました。

しかし運任せというスタイルだったので批判されてもおかしくなかったのですが、相手のロボ子の優しさとポンコツだと理解している視聴者のおかげで笑える話となったのです。

花畑チャイカと「にじさんじレジスタンス」としても活動

椎名唯華は花畑チャイカともユニットを組んでおり「にじさんじレジスタンス」として活動を行っています。

にじさんじに抵抗する意思があるような名前ですが、活動内容はマイクラでケーキを制作、ゴミ拾い、いちから事務所のトイレットペーパーの補充など問題にならないようなものばかりです。

アーカイブを残し運営に怒られないことを目標に活動しており、いちからからは面白いと言われました。

その他、マイクラで夕陽リリ、森中花咲の家に落書きの立て札を置く、デビュー前のライバーを想像して動かす、トイレのスリッパでいちからの事務所を歩き回るなどをしています。

ラジオ「しぃしぃらじお」も配信

椎名唯華は単独でラジオ配信も行っています。ラジオ配信の目的は多くの人と交流したいというものでした。

その名も「しぃしぃらじお」で、初のゲストは舞元啓介だったのですが企画もなく台本すらないという状態でした。

椎名唯華はそんな中自由に行動していましたが、ゲストの舞元啓介が上手にカバーし笑えるラジオとなりました。

ラジオを掛け持ちで配信!

椎名唯華は「しぃしぃらじお」の他にも「secretradio」「神岡家のきまぐれにゃじお」も行っており3つを掛け持ちで配信していました。

2019年6月までには「ニコラジパーク」も担当していたので、それまでは4つ掛け持ちでラジオ配信していたことになります。

「だいさんじ杯」を開催!

椎名唯華は知り合いに声をかけて、企業VTuberの範囲を飛び越えてメンバーが集結した「だいさんじ杯」も開催しています。

企画もほぼないままスタートしているものの、各VTuberの能力で賑やかで楽しい配信となっています。

椎名唯華の雑さ・ずぼらさとVTuber達の実力がうまいこと合わさり面白いものが出来上がっているのでしょう。

配信頻度が非常に多く、毎日開催されたり一日に数回行われることも多々あります。

椎名唯華の炎上とは?

椎名唯華が炎上したのは、ゲームに勝ちたいがためにリスナーに自主脱退を迫り案件失敗した件と、配信すっぽかしや予定変更を繰り返してキレたマイクラ配信の件です。

また、椎名唯華の前世(中身)時代もゲームのプレイスタイルが問題視されて炎上しており、コメント欄は荒れて配信を切ってしまうこともしばしばありました。

とはいえ炎上したことを椎名唯華は気にしておらず、炎上したからといってなにかを改善しようとも考えていないでしょう。

そんな椎名唯華を慕いついてくるファンがいるので、炎上しようとノーダメージです。今後もマイペースに活動を続けていくことでしょう。