妊娠中女性には性欲があるの?妊娠初期から臨月までのセックスと発散方法 ライフ

妊娠中女性には性欲があるの?妊娠初期から臨月までのセックスと発散方法

妊娠中の女性に性欲があるのは普通でしょうか。妊娠中のセックスの体位での注意点や、理想的な夫婦間の性欲の発散方法を考えます。妊娠超初期、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期、臨月、出産後での感覚の移り変わり方なども、体験者の証言などを元に探っていきます。

目次

[表示]

妊娠中にも女性には性欲があるの?

Free-Photos / Pixabay

妊娠中にも女性には性欲があるのでしょうか。性欲の源が、もしも子孫を残すための生殖行為だけで誘発されるなら、妊娠中には性欲が全くなくなるようにも考えられます。

しかし他の動物とは違い、唯一「人間」だけは子孫を残す目的以外で性欲を感じ、実際にセックスを行います。では、妊娠中の女性の性欲の変化や個人差、またはセックスに関する是非等を考えましょう。

妊娠中の女性の性欲には大きな個人差がある

StockSnap / Pixabay

妊娠中の女性には性欲だけでなく、生活上の全ての感覚で通常との違いが現れます。それが非常に顕著で苦痛を伴うほど辛い場合と、さほど通常と変わらずに過ごせる個人差が大きいのが特徴です。

そして性欲に関しては、妊娠の「時期(ステージ)」ごとに変化がある場合もよくあります。さらには同じ女性でも、初回と2度目以降の妊娠中で、同じような性欲のありかたでないことも多々あります。

人の数だけ、妊娠の数だけ、全く異なると言っても過言ではないのが妊娠中の性欲です。その発散方法も、セックスに拠るだけではありません。

妊娠中に性欲旺盛でも全くなくてもどちらも正常?

windsing / Pixabay

妊娠超初期から臨月まで、ずっと絶えずに性欲が旺盛な女性もいます。また、つわりなどの身体症状がきつく、妊娠初期から出産直前までずっと微塵も性欲を感じない女性も多くいるのです。

これらのどちらも異常とは呼ばず、妊娠中の性欲ほど流動的なものはありません。そうした個人差に、何か明確な理由や原因というものはあるのでしょうか。

妊娠中に性欲が高まる理由と性欲なしになる理由とは?

Foundry / Pixabay

そもそも女性の性欲とは、女性ホルモンの影響下にある感覚です。妊娠中はこの女性ホルモンのバランスが極端に崩れがちです。ホルモンは意識的にコントロールできるものではありません。

しかも目に見えるわけでもないので、努力でどうにかなるものではありません。比較的多くの意見としては、妊娠後期に差し掛かるほど、性欲は減退する傾向にあるようです。

これは胎児が成長し、お腹が張って意識がそこに集中するためです。妊娠も後半になると子宮ごと下がって、膣が狭まるといった主に肉体的変化が性欲の減退を引き起こすようです。

妊娠中にセックスはしてもいいの?妊娠の時期別に考察

1041483 / Pixabay

妊娠中性欲があるとして、セックスはしてもいいのでしょうか。ひと昔前の常識では、一般に妊娠中はセックスは控え、お腹に刺激を与えることは良くはないとする教えもありました。

しかし昨今では、無理のない範囲であれば、妊娠中の期間を問わずセックスは構わないと言われています。ここで考えるべきなのは、妊娠の時期的な母体の変化をよく知ることです。

妊娠してまだ日が浅い時期から、臨月に至るまでの女性の体の変化についてを見てみましょう。

妊娠の時期の分け方「妊娠週数」とは?

200degrees / Pixabay

一般的に妊娠の期間は「十月十日」と言われます。しかし現代では、妊娠の期間を「週単位」で数える方法がポピュラーです。それを「妊娠週数」と呼んでいます。

WHO(世界保健機関)の調査で、妊婦さんの平均妊娠期間は280±15日であることがわかったそうです。この結果から、1ヶ月は28日、1週間は7日と定め、妊娠周期として計算すようになったのが「妊娠週数」です。

(引用:HOW TO MARRY)

上記引用の通り、ひと月を28日でカウントし、これの10ヶ月(40週)に誤差2週程度が妊娠期間です。この尺度を用いて、妊娠の「時期」を大別した言い方が、妊娠超初期~臨月となるのです。

この期間の定め方にはいくつかの説がありますが、初期を「妊娠超初期」からカウントする方法で説明します。ここでいう「〇ヶ月」は厳格な数値でなく、あくまでも目安とお考えください。

①妊娠超初期(妊娠2ヶ月位まで)

darksouls1 / Pixabay

妊娠超初期は、女性が生理の遅れから妊娠に気づくような時期であり、体型の変化はまず見られません。単なる月経不順に思ったり、時期次第では妊娠試薬に反応が出ない場合もある期間です。

妊娠超初期では通常時期と性欲があまり変わらず、セックスをしているケースもあるでしょう。人によっては微熱やだるさなどがあったり、乳房の張りで痛みがあったり生理痛のような腹痛を感じます。

性欲は、妊娠が発覚したことにより、赤ちゃんを守る意識が芽生えて精神的なブロックがかかり感じなくことがあります。この時期は女性の感覚を優先するなら、セックスは控えた方がいいかもしれません。

②妊娠初期(妊娠4ヶ月位まで)

2554813 / Pixabay

妊娠初期では胎盤の形成が進み、胎児の心音が超音波検査で確認できる段階になります。体型の変化はまだほとんどありませんが、疲れやすかったりナーバスになる女性も少なくありません。

この時期もまだ胎盤は未完成な状態ですので、流産のリスクは高いです。しかしセックスを絶対避けなければいけないことはありません。検診で問題もなく女性が元気で性欲があるなら大丈夫です。

しかし妊娠初期は通常時期と比べ、ホルモンバランスが顕著に崩れる場合があります。敏感な女性ですと全身状態に何らかの影響が出始め、つわりなどが酷く性欲どころではないケースもあります。

③妊娠中期(妊娠5~7ヶ月位まで)

Free-Photos / Pixabay

妊娠中期に入りますと、やや安定してきて妊婦らしい体つきになってきます。胎児の性別が超音波検査で知ることが出来始める時期で、つわりなどの症状が軽減されてくる女性が多いようです。

この妊娠中期を逃すと、その後のセックスOKの可能性は徐々に低減になる傾向です。妊娠中にあってセックスが楽しめる時期は、もちろん個人差がありますが、この時期だと言えるでしょう。

④妊娠後期(妊娠8ヶ月以降)

妊娠後期に入りますと、加速度をつけてお腹が大きくなっていきます。日常生活を送る上でも、支障をきたすように段々なっていく時期です。

この時期になりますと、性欲はあっても感度は鈍くなってくる女性が多いようです。絶対に禁忌であるとは言えませんが、女性に無理な体位は避け、セックスの途中でも異変があれば即時に止めましょう。

⑤臨月(妊娠10ヶ月)

WenPhotos / Pixabay

臨月とはその名の通り、出産に「臨む」時期だということです。女性も臨月にはお腹が最高潮に膨らみ、安静にしていても腰痛を感じたりと、非常に辛く苦しい時期です。

子宮内では胎児が大きく育ち、その重さからも下部に下がってきているため、この時期のセックスは出血しやすいと言えます。ですから臨月においてはセックスは控えることがベストな選択でしょう。

⑥出産後

4lifelv / Pixabay

出産後の妊婦は渾身の力で子供を産んだ後ですから、大きく疲労しています。また生まれた赤ちゃんへの授乳は、待ったなしの仕事となります。授乳期間はまとまった睡眠も取りにくくなります。

肉体的には産褥期と言って、母体が元に戻るまでの相応の期間を要します。一般的には子宮や膣の復元と、「悪露(おろ)」と呼ばれる分泌物の排出完了までに、6~8週間は必要と言われます。

産後1ヶ月検診の際に回復が順調で問題ないとされればセックスを再開してもいいようです。しかし産後ですと痛みがあったり、子育てでそれどころでないなど再開時期には個別差が大きいようです。

妊娠中のセックスの体位は?注意すべき点は?

paulracko / Pixabay

上述のように、妊娠期間全般に、特にセックスを全面禁忌とすることはないのです。しかしお腹の赤ちゃんのことを考えると、「体位」については自ずと制限はついてくるでしょう。

また、妊娠中ということでの注意事項などはあるでしょうか。ここでは妊娠中でも危険なくセックスができるようにするには、どうすればいいかを考えます。

お腹に負荷のかかる体位以外ならほぼOK!?

RobinHiggins / Pixabay

まず何よりも、胎児のいる腹部を圧迫する体位は避けなければなりません。そのためいわゆる「正常位」が可能な時も、男性側はしっかり両手を地につけておくことが肝要です。

「後背位」なら大丈夫そうですが、男性側の押さえがきかなくなる恐れもあります。ですからお互いが横になる形の、「後側位」の体位が初期から後期にかけて安全の可能性が高いと言えます。

騎乗位・座位などはお腹に直接の圧迫はないのですが、上下運動がありますのでお奨めできにくい体位です。

激しいセックスは流産の原因になる?

妊娠の全期間を通じて、激しいセックスは絶対に避けるべきでしょう。当然のことながら、早産や流産の直接的原因になり得ます。若いカップルなら、スローセックスを学ぶ良い機会かもしれません。

深く挿入して胎児に影響はないの?

sbtlneet / Pixabay

では激しさとはまた別に、挿入の深いセックスは妊娠中の場合どうでしょうか。ごく平均値で収まる男性の場合で、深い挿入をしたとしても、子宮頚管入口までしか届くことはないでしょう。

しかしながら深すぎる挿入で、早産を誘発しないとは限りません。やはり妊娠中であることを踏まえて、浅めで時間も短めの方が安心と言えるでしょう。

妊娠中だから「中出しOK」という見解に対する真偽

Greyerbaby / Pixabay

平素のセックスにおいては「避妊」がつきものです。ですのでひとたびお目出度となり、もう妊娠を気にする心配がなくなるため、避妊なしのいわゆる中出しを「解禁」にしたいという話をよく聞きます。

これについては確かに妊娠という事象から見れば問題はありません。ゴムなしでのセックスは、男女共に快感が強いと言われます。しかし「衛生面」という観点からは推奨出来ないとの見解があります。

妊娠中のセックスにおいては「清潔に」が肝要です。そしてこの問題は、女性の体内に精液が入るということでもあります。この影響については本記事の後半で、もう一度深く掘り下げます。

妊娠中の夫婦のセックス・メリットになる面

geralt / Pixabay

妊娠中であっても安全性を確保しながらセックスすることにはメリットはあります。お互いに性欲があるのに、一昔前の言い伝えのように禁欲生活をせずとも、プラスになることはあるのです。

妊娠中の妻の体の変化を見て出産までの経過を共有する

妊娠中の女性とのセックスでは、よほど野蛮な男性でない限りはその振舞いも優しいものとなるでしょう。そして刻々と変化していく、妊娠中の妻の体の変化を観察できる良い機会でもあります。

妊娠・出産は、女性にのみ与えられた一種の「特権」です。しかし妊娠中の女性の体に触れることで、男性も妊娠・出産の神秘の一部を感じることができるでしょう。

女性の側も、本来の体の線ではない自分を愛してもらえる喜びは、また違った幸福感となるでしょう。

男性(夫)が父親になる実感を得る機会となる

towbar / Pixabay

妊娠中の女性は、自分の肉体の変化をじかに毎日感じて妊娠期間を過ごすので、自然と母親になる気持ちの準備が出来ます。しかし男性にはそうしたリアルな感覚は一切ないのです。

妊娠中のセックスでは、男性は出産に向かう妻の体に触れ、父親になる実感が得られることがあります。性欲を満たす目的もありますが、大きなお腹に話しかける男性は非常に多くいます。

昨今では妊娠中に性別が解りますので、気の早いパパは何度もお腹の子に話しかけるのだそうです。実に微笑ましい光景でもあり、二人にとって幸福な時間でもあるでしょう。

優しくいたわりのあるセックスでリラックス効果がある

StarFlames / Pixabay

女性の側で性欲が強い場合、やはりセックスで満たされる面は大きいでしょう。妊娠中であっても、女性扱いされて求められることには、精神的な満足感が得られリラックス効果が大きいのです。

広義の意味で言えば、裸で抱き合うことも一緒にお風呂に入ることも、解放感に繋がります。妊娠中だからと、全く触れ合わない状態よりも、遥かに精神衛生上のメリットがあります。

妊娠中の夫婦のセックス・デメリットな面

geralt / Pixabay

では逆に、妊娠中のセックスにまつわるデメリットな面はあるでしょうか。これは片方に性欲があるのに、他方が全く性欲がない場合に起きる内容といえます。

男女併せて、どのようなマイナスが発生し得るのかを見ていきましょう。

どちらか片方の性欲が減退し気まずい雰囲気になる

Takmeomeo / Pixabay

妊娠中の女性に性欲がなくなることは、そう珍しくもありません。また、男性側が性欲を失うのは早産や流産リスクを恐れての場合と、妊婦の体つきでは興奮しないという2つの理由があります。

いずれにせよ、どちらか片方だけに性欲が残る場合に欲求不満は発生します。無理に誘えば女性は苦痛ですし、男性の場合義務感を感じるか、または不能状態に陥るかもしれません。

こうした性の不一致は、妊娠中に限ったことでもありませんが、やはりショックなものです。

お互いの遠慮が過ぎると出産後にセックスレスになるケースも

Foundry / Pixabay

性欲の足並みが揃わないことで、相手に対して遠慮しすぎてしまう結果はあるでしょう。このマインドが長く続くと、出産後に再開OKな状態でもセックスレスの夫婦になってしまう可能性があります。

そうでなくとも出産後は育児が重労働過ぎて、関係がギスギスしがちです。セックスレスでも根底の部分で愛し合い、互いに尊敬・尊重できる間柄ならそれはそれなのですが。

しかし1度の出産で、後はずっとセックスのない男女関係というのは、1つ間違うとすれ違いの連続になります。

あってはならない!「夫の浮気」の実態は!?

Tumisu / Pixabay

性欲の沸き起こり方と、それをセックスに結び付けるという点では、男性は妻以外の女性とも簡単に関係を持ててしまいます。妻の妊娠中に夫の浮気が多い、というのは昔からあることです。

本来的には、生れて来る子供のことを思えば、そう軽率な行動が出来ない男性が多数と思われますが。この問題は女性の側が、男性の性欲を巧く制御することで回避することができるでしょう。

妊娠中に性欲がすれ違う!発散方法はどうすれば良い?

Myriams-Fotos / Pixabay

男性の欲求不満には、少しの「お手伝い」をしてあげることで合意すれば最も効果的です。あるいは男性用のひとりHグッズを託したり、AVなどを解禁するなどの発散方法で一定の効果は望めます。

しかし男性側がその気にならず、女性の性欲が勝っている場合にはどうしたら良いでしょう。そのようなケースでも、マイナス面だけを見ずに、これをチャンスに変えることはできます。

「ひとりH」なら時間も選ばずマイペース

StockSnap / Pixabay

妊娠するまでは常に男性側から求められ続けた女性だとすると、相手にされない不満は大きなストレスです。性欲が強くあるのにセックスが期待できないならば、別な発散方法を選べば良いでしょう。

「ひとりH」ならば、昼夜問わずいつでも自分の都合だけで納得するまですることが可能です。全くそれをしたことがない女性にはハードル高めですが、昨今ではそういう方は稀なことでしょう。

意外と知らない性感帯を知るチャンスにも

holdosi / Pixabay

女性の「ひとりH」の利点は、自分の感覚を頼りに行えるので、ほぼ完全に安全な発散方法なことです。そして思わぬ「副産物」に出会えるかもしれません。

それは相手も自分も知らなかった「性感帯」を発見・発掘できるかもしれないことです。男性のセックスがワンパターンで、タッチしてくる箇所が少ない場合にはあり得ることです。

「ひとりH」はセックスとは異なる全くの別物で、相手のことを考える必要がない行為です。イマジネーションの世界では、どの異性を思い浮かべようと、罪でないことは男女とも共通です。

NEXT:医学的面からの妊娠中の性欲全般への注意点とは?
1/2