にじさんじ黛灰の前世(中の人)はやみえん?マシュマロ対応力は? エンタメ

にじさんじ黛灰の前世(中の人)はやみえん?マシュマロ対応力は?

にじさんじ・黛灰の前世(中の人)に注目が集まっています。前世はゲーム実況者のやみえんではないかという疑惑が浮上しているのです。このほかゲーム実況者のつわはすではないかという説もありました。黛灰の前世(中の人)やプロフィール、マシュマロ対応力などをご紹介します。

目次

[表示]

にじさんじ・黛灰の前世(中の人)はやみえん?

にじさんじで人気急上昇中の新人ライバー・黛灰の前世(中の人)が話題になりました。

前世はゲーム実況者のやみえん説やつわはす説、つわはすからやみえん、黛灰へと転生を繰り返している説などが浮上しています。

黛灰の前世(中の人)は?ゲーム実況者やみえん?

ぶるーずのメンバーの1人であるにじさんじ・黛灰は現在人気が急上昇中、注目されているライバーです。

気になる黛灰の前世ですが、今最も有力とされているのがゲーム実況者のやみえんです。

やみえんとは?モデルとしても活動【顔画像アリ】

やみえんはゲーム実況者でありながら、顔を出して活動するモデル・役者でもありました。自身の公式サイトもつくっており、声優や舞台役者やナレーションなど幅広く活動すると記載しています。

公式サイトでは自身がトランスジェンダーであることも公表していました。トランスジェンダーとはつまり、性同一性障害です。

性同一性障害の一。身体の性と心の性が一致しないが、外科的手術は望まない人。TG。

(引用:コトバンク)

前世の根拠は?声で判明?

前世(中の人)がやみえんであるという決定的な証拠はないのですが、落ち着いた声が非常によく似ていると言われています。

また、黛灰がデビューしてからやみえんの投稿が途絶えたことも関係性があるためと見られています。

2019年7月28日ににじさんじ・黛灰としてデビューしていますが、ゲーム実況者のやみえんは2019年7月26日の投稿を最後に配信を行っていません。

そして、黛灰はキャラクターが先につくられており、後から中の人の募集を行っています。

にじさんじは歌やゲーム配信・創作活動の経験者を募集しており、やみえんなら応募することができたのです。

そして、やみえんは加賀美ハヤトの前世と噂されるタラチオとともに動画を投稿したことがありました。前世から交流があったと考えるのが自然でしょう。

声は同じでも別人に感じるという人も!

黛灰の前世(中の人)が気になり調べたファンのほとんどは、やみえんと黛灰は同一人物で間違いないと判断しました。声が同じだという意見が多かったのです。

しかしながら一部のファンは声は同じでもまるで別人のようだ、と語っています。にじさんじのライバーの前世(中の人)はだいたい現在と変わらないことが多いのに黛灰は違うと主張するのです。

黛灰の前世(中の人)がやみえんであるなら、役者やモデルとしても活動してきたことがあるので演じるのが非常に上手なのでしょう。別人だと思わせる演技も可能だと考えられます。

黛灰の前世(中の人)はつわはす?前々世の可能性も!

黛灰の前世(中の人)はゲーム実況者のつわはすではないかという噂もあります。つわはすはニコニコ動画で人気を集めていた実況者でした。

しかし2015年で活動をストップしています。そして、やみえんはちょうど2015年頃から活動を始めました。

そのためつわはすは黛灰の前世であり、やみえんの前世でもあるのではないかとも考えられているのです。

前世特定班が出てきていない?

黛灰の前世(中の人)はやみえん、つわはすなど言われていますが前世特定班は出てきておらず、証拠もないので平和だと言われています。

前世(中の人)に問題がなければ特定されたところでなにも起きないのですが、過去、にじさんじライバーは前世特定によって悪行がバレたり炎上したりしているためそれを案じてのことでしょう。

前世は声優説もある?

演技力が素晴らしいため、黛灰の前世(中の人)は声優なのではないかという意見もありました。

声優という可能性もありますが、やみえんだとするとマルチに活躍していた人物なので名演技も頷けるというものです。

前世は宇宙人?黛灰本人がツイート!

黛灰が自身で前世バレとタイトルをつけてツイートし話題になりました。とはいえ内容は前世チェックをしたというもので、前世チェックでは宇宙人である可能性が高いと出たのです。

これに対してタイトルに突っ込みが入ったり、宇宙人ネタで返されたりしています。ブラックジョークがいい、好きという反応もありました。

にじさんじ・黛灰とは?【動画アリ】

にじさんじ・黛灰はトーク力があると評判になっています。声は落ち着いており、喋り方は生意気、先輩を呼び捨てにするなどなかなか個性的な性格なのですがそれでも人気を得ているのは面白さがあるからでしょう。

また、ものまねも得意で場を盛り上げることもありました。それでいて常識人や優しい人に見える一面がありファンが急増中です。

黛灰のプロフィール

  • 名前 黛灰(まゆずみかい)
  • 生年月日 1997年9月28日(21歳)
  • 身長 178㎝
  • 体重 およそ57㎏

職業はホワイトハッカーで左利き、飲むものは水やココア、紅茶、リンゴジュースなどです。

喋っている時のテンションなどから、物静かでクールな性格に見られることが多い一方、大人数配信に参加した時は同期や一部先輩ライバーの世話を焼く頼れる男兼保護者的な位置にいることも。また、突如として迫真の演技や声マネを繰り出したり、ゲーム内で同期を煽り散らしからかったりと、遊び心に溢れたお茶目な側面を持っていることでも知られている。ふとした時のキレのある切り返しは必見。
大体のフラグを2コマで回収する。

(引用:にじさんじ非公式Wiki)

常識人で博識?視聴者から好評!

スパチャを投げてくれた人に対して希望通りのウインクやスマイルなどを見せるサービス精神があるのに、罵倒を希望された場合はスルーしているところが常識人ぽいと好評です。

博識だとも言われており、落ち着いた声で喋るうえに少々偉そうな言葉遣いをしてしまうため苦手だと感じる人もいますが、弁えていて面白いとも評価されています。

マシュマロの洗礼にも柔軟に対応!

にじさんじの洗礼ともいえる、多くのクソマロ(マシュマロ)が届いたのですが、お店に務める嬢として返答するなど柔軟に対応し話題になりました。

物真似が上手いと評判!

黛灰はものまねが上手いと評判です。他ライバーとのコラボで披露し笑いをとることもしばしばあります。

「面倒くさい女」「クラッシュ」「ドーラ」「セル」などバリエーション豊富で、喋り声からは想像できない声を出しリアルに演じました。

生い立ちは?施設で生活?

黛灰は幼少時に両親を亡くしていることを告白しています。施設で育ったたことを公表しており、そのため深夜以外の時間帯の配信はできないだろうと説明しているのです。

配信でも小さいころの話などを聞かれると施設でのことを話し始めたり、生い立ちのせいか家族の在り方がわからないなどと語っています。

黛灰は白内障?

2019年10月15日、黛灰は眼鏡を買うために眼の検査をして、異常があることを指摘されました。眼科で白内障だということがわかっています。

自身が白内障であることが発覚した際、たとえ10代、20代で若くてもアレルギー体質だと白内障になる可能性があるのだと注意を促しました。

日常を送るのに問題はなかったのですが、ゲームの配信をしたいため手術を希望しました。そのため長時間の配信は行わないようにする予定だといいます。

その後配信は不定期になりましたが、手術後長時間配信はしばらくできなくなると考え、長時間配信は手術前にやっておきたいと望みました。

黛灰がチャンネル登録者10万人突破!

黛灰はトーク力やものまねスキルを駆使し人気を集め、デビュー後あっという間にチャンネル登録数10万人を突破しています。記念として凸待ち配信を行いました。

10万人を記念して凸待ち配信!

デビューしてから約3ヶ月後にチャンネル登録数は10万人を突破し、記念として凸待ち配信を行いました。

しかし結局来た人物はゼロという寂しい結果となり黛灰は終始暗いパーティールームに1人でいる、というなんとも悲しい結果となりました。

あくまでネタとして行ったのであり、他ライバーから10万人突破を祝う声はありました。

空気を読んだライバーが参加しなかったという流れです。視聴者からは大変好評な配信でした。

黛灰がこれまでに炎上したことは?アンチはいる?

黛灰は今のところ炎上らしい炎上騒動はありませんでした。けれどファンは危惧している様子です。

態度や言動などで気がかりなところがあるためでしょう。Twitter上では炎上しないでほしい、いつかしそうで怖いという意見がありました。

一方、炎上とは無縁だという意見もあります。常識人なので炎上するようなことはしないだろうと言われているのです。

黛灰の前世(中の人)は誰?

にじさんじ新人ライバー黛灰の前世(中の人)はゲーム実況者のやみえんという説が今のところ最も有力な説となっています。

やみえんの前はつわはすというゲーム実況者だったという説もあるのですが、声が似ていることや、交友関係などから推測されているに過ぎず、決定的な証拠はありません。

マシュマロ対応力やものまねなど高く評価されており、常識人や博識と見られています。

今後次々と証拠が出て前世(中の人)がほぼ確定する可能性もありますが、炎上するほど大きな騒ぎとならずに事態は収束に向かうでしょう。