妊婦は寿司は食べちゃダメ?食べていいネタ、ダメなネタは? ライフ

妊婦は寿司は食べちゃダメ?食べていいネタ、ダメなネタは?

今回は妊婦は寿司を食べてはいけない?という話題に注目します。妊婦、特に妊娠初期は寿司や刺身等の生魚を食べてはいけない?と言われています。寿司ネタには食べられるものもある?ウニ・イカ・たこ・サーモン・ネギトロ・マグロ・海老は?授乳中についてもご紹介します。

目次

[表示]

妊婦は寿司・生魚を食べちゃダメ?その理由は?

DesignNPrint / Pixabay

妊婦は、食べるものにもなにかと気を使いますよね。生ものはダメ!という話はよく聞きますが、魚ならOK?と思う人も多いかもしれません。

妊婦が寿司や生魚を食べるのは、胎児や母体への影響はどうなのでしょうか?

妊娠中に寿司・生魚を食べたい人続出!

StockSnap / Pixabay

妊娠中だけど寿司が食べたい!刺身等の生魚が食べたい!と思う人は多いようで、知恵袋等の掲示板でも妊婦の寿司や生魚に関する質問はたくさんあっているようです。

妊娠中はつわりに苦しむ期間もあり、人によってはなんでも食べられるわけではない人もいます。そのため、お寿司なら食べられそう…というような人も多いようです。

妊婦は寿司・刺身等の生魚は避けたほうがいい!

kanami-y / Pixabay

しかしながら、結論から言うと、妊婦が寿司を食べるのは基本的には避けたほうが良いと言われています。理由については、大まかに言うとやはり食中毒です。

寿司は生ものであるので、食中毒を起こす可能性があります。妊婦が食中毒を起こすとお腹の子供に影響があるからです。

それでは、どうして妊婦が寿司等の生魚を食べると食中毒を起こしてしまうのでしょうか?詳しくご紹介していきます。

妊婦が寿司・生魚を避けるべき理由①:リステリア菌

妊婦が寿司や生魚を避けるべき理由の1つ目はリステリア菌です。リステリア菌はリステリア・モノサイトゲネス感染症と呼ばれる食中毒の原因になる細菌です。

リステリア・モノサイトゲネス感染症の食中毒になると、発熱、頭痛、悪寒、嘔吐などの症状に襲われます。妊婦の場合それだけではなく、胎盤や胎児にも感染してしまう場合があります。

リステリア菌の感染が原因で、流産や早産につながってしまうことがあります。胎児の命にも関わる場合があるのです。

Peggy_Marco / Pixabay

リステリア菌は河川や動物の腸に中などに存在する細菌で、4℃以下の環境でも増殖できる上、塩分にも強いです。そのため、冷蔵庫の中でも増殖してしまいます。

リステリア菌は、74℃以上では死んでしまうので、加熱することで感染を予防することが出来ます。妊婦は抵抗力が弱まっており、リステリア菌に感染するリスクが高いため、寿司や生魚は危険と言えます。

妊婦が寿司・生魚を避けるべき理由②:アニサキス

妊婦が寿司や生魚を避けるべき理由の2つ目はアニサキスです。アニサキスは寄生虫で、食べてしまうとアニサキス症という食中毒を引き起こします。

アニサキス症の食中毒になると、アニサキス幼虫が胃壁や腸壁に潜り込むことで激しい腹痛や吐き気、気持ち悪さを感じます。

妊婦がアニサキス症になると、嘔吐による脱水症状等で間接的に胎児に影響する可能性があります。

RitaE / Pixabay

アニサキス症を予防する方法は、加熱です。アニサキスは70℃以上で加熱すると死滅します。冷凍でも死滅しますが、-20℃以下で冷凍する必要があり、家庭用の冷蔵庫では不十分である場合が多いです。

アニサキスは酢漬けや塩漬けにしても死にません。しょうゆやわさびでも効果がないそうです。そのため、アニサキス予防のためにも加熱調理が大事だと言えます。

妊婦が寿司・生魚を避けるべき理由③:消化機能の低下

Pexels / Pixabay

妊婦が寿司や生魚を避けるべき理由の3つ目は、消化機能の低下です。妊娠中はホルモンの影響で胃腸の働きが鈍くなり、便秘や下痢を起こすことも多いです。

さらに、胃酸が逆流する場合も多く、逆流性食道炎を経験する妊婦も多いです。そのため、食中毒等がなくても胃腸の調子を壊す場合があります。

妊婦が寿司・生魚を避けるべき理由④:免疫の低下

geralt / Pixabay

妊婦が寿司や生魚を避けるべき理由の4つ目は、免疫力の低下です。妊娠中は免疫力が低下しているので、あらゆる細菌やウイルスに感染しやすい状態にあります。

普段は大丈夫でも、妊娠中はダメだったというようなこともありますので注意が必要です。

妊婦は水銀摂取にも注意

cathryn040 / Pixabay

また、妊婦は水銀の摂取量にも注意する必要があります。水銀は小さな魚をたくさん食べる食物連鎖の上位の魚ほど、含有量が多いです。

普段であれば、よほど毎日食べ過ぎるようなことがなければ、危険なほど水銀を食べ過ぎることはないと言われています。水銀は、徐々に体外に排出されていくためです。

ところが、胎児の場合は水銀を母親から胎盤を通して取り込んでしまうと排出することができません。そのため、妊婦は水銀をあまり摂取しないよう注意する必要があります。

妊娠初期は特にNG?

また、妊娠初期は特に生ものには気をつける必要があるという意見もあります。生魚ではないですが、生肉で注意が必要なトキソプラズマに感染すると、胎児が低体重になったり、脳や視力に影響する場合があります。

妊娠初期は胎盤がまだ完成していないので大丈夫かというと、そうではありません。水銀や後にご紹介するビタミンAの過剰摂取にも、妊娠初期から気をつける必要があります。

妊娠中の魚介類は体に良い?

cattalin / Pixabay

しかしながら、妊娠中の魚介類自体は積極的に取りたい栄養素が含まれていると言われています。魚介類にはカルシウムや良質なタンパク質、EPAやDHAが豊富に含まれています。

お寿司や刺身等の生魚を食べるのは避けるべきですが、魚自体は加熱調理をした上で、積極的に取りたい食品です。

どうしてもお寿司が食べたい妊婦さんに!おすすめのネタまとめ!

Chonow / Pixabay

そうはいっても、どうしてもお寿司が食べたい…!そんな妊婦さんのために、妊婦さんでも大丈夫だと言われているお寿司のネタについてご紹介します!

基本的に、水銀やビタミンA等栄養素に問題がないものであれば、しっかり加熱してあるネタや、魚ではないネタであればお寿司を食べても良いでしょう。

妊婦が食べても良い寿司ネタ①:たまご焼き

妊婦が食べても良い寿司ネタの1つ目はたまご焼きです。しっかりと火が通っているものが多いので、たまごの寿司は妊婦でも食べてよいでしょう。

しかし、うずらの生卵等、生のたまごがのっているお寿司はNGです。

妊婦が食べても良い寿司ネタ②:納豆巻き

妊婦が食べても良い寿司ネタの2つ目は納豆巻きです。実は納豆に含まれるイソフラボンは取りすぎるのには注意が必要ですが、納豆巻きの納豆くらいならば問題はないでしょう。

妊婦が食べても良い寿司ネタ③:カッパ巻き

妊婦が食べても良い寿司ネタの3つ目はカッパ巻きです。生野菜には注意が必要とされる場合もありますが、特に国内産の野菜に関してはそれほど過敏になる必要はないという見方も多いです。

妊婦が食べても良い寿司ネタ④:コーンマヨ

妊婦が食べても良い寿司ネタの4つ目はコーンマヨのお寿司です。マヨネーズがかかっているので、カロリーには気をつけるべきですが、食べ過ぎなければ問題ではないでしょう。

妊婦が食べても良い寿司ネタ⑤:ゆでたこ・むし海老

妊婦が食べても良い寿司ネタの5つ目はゆでたこや蒸したこ、蒸し海老です。生ではなくしっかりと加熱してあるものであれば、たこや海老は水銀の心配もなく食べられます。

妊婦が食べても良い寿司ネタ⑥:イカ天

妊婦が食べても良い寿司ネタの6つ目はイカ天です。しっかり火が通ったイカ天等の天ぷらものであれば、妊婦でも食べられます。

妊婦が食べても良い寿司ネタ⑦:ツナマヨ

妊婦が食べても良い寿司ネタの7つ目はツナマヨです。ツナ缶に使われている魚は水銀を心配しなくていい魚であることがほとんどです。ツナは妊婦も積極的に取りたい食品と言えそうです。

妊婦が食べても良い寿司ネタ⑧:いなり寿司

妊婦が食べても良い寿司ネタの8つ目はいなり寿司です。いなり寿司に使われる油揚げはしっかりと加熱がしてあります。

妊婦が食べても良い寿司ネタ⑨:焼肉

妊婦が食べても良い寿司ネタの9つ目は牛カルビ等の焼肉が乗ったお寿司です。その他、ハンバーグのお寿司等も加熱してあるので食べて良いネタです。

妊婦が食べてもいい寿司の量は?

また、妊婦は摂取カロリーについても注意する必要があります。妊娠時は、普段よりもたくさんカロリーをとる必要があると言われていますが、妊婦は太り過ぎると危険です。

また、寿司には酢飯に砂糖もたくさん入っていますし、醤油を付けるので糖分に加え、塩分も気になります。

妊婦が食べてもいい寿司の量は1食あたり8~10貫程度が目安と言われています。食べ過ぎには気をつけましょう!

これはNG!妊婦が避けるべき寿司ネタは?

geralt / Pixabay

一方、妊婦が避けるべき寿司のネタには、具体的にどんなものがあるのでしょうか?

避けるべき寿司ネタ①:生のネタ(ネギトロ、サーモン等)

言わずもがなですが、避けるべき寿司ネタの1つ目は生のネタです。サーモンやマグロをはじめとした生のネタ、またネギトロも生魚なので避ける方がよいです。

避けるべき寿司ネタ②:生の魚卵(イクラ・ウニ等)

避けるべき寿司ネタの4つ目はウニやいくら等の生の魚卵です。魚卵であっても、生であれば細菌や寄生虫の心配があります。

また、ウニやいくら、たらこ等の魚卵は塩分が多いのも気になる点です。加熱してあるネタであったとしても、少量にしておくほうがよいでしょう。

避けるべき寿司ネタ③:マグロやキンメダイ等の大きな魚

避けるべき寿司ネタの3つ目はマグロ等の水銀を含む魚です。食物連鎖の頂点の方にいる大きい魚には、水銀を多く含む魚がいます。

具体的には、キンメダイ、メカジキ、クロマグロ、メバチマグロ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ 、クロムツ等の魚です。加熱調理したものでも、妊婦は食べるなら量に注意が必要です。

先に出てきたネギトロもマグロなので、水銀の面でも注意が必要と言えます。

避けるべき寿司ネタ④:うなぎ

避けるべき寿司ネタの4つ目はうなぎです。うなぎにはビタミンAが豊富に含まれており、ビタミンAの過剰摂取は胎児奇形等の影響を及ぼすと言われています。

とはいえ、食べ過ぎなければ問題はありません。100gを毎日食べるなら食べ過ぎですが、たまにであれば良さそうです。

避けるべき寿司ネタ⑤:炙った生魚

避けるべき寿司ネタの5つ目は炙った生魚です。炙ってあるとはいえ、生のお寿司を食べるのと変わらないと考えたほうが良いです。

生魚の炙り寿司ではなく、しっかりと加熱した焼き魚のネタであれば、妊婦が食べても問題はないようです。

避けるべき寿司ネタ⑥:スモークサーモン、生ハム

避けるべき寿司ネタの6つ目はスモークサーモンや生ハムです。これらは加熱されていないので、妊婦は食中毒の危険があります。

NEXT:避けるべき寿司ネタ⑦:しめサバ
1/2