妊婦にココアはNG?カフェイン摂取量の上限は?胎児に有害なの? ライフ

妊婦にココアはNG?カフェイン摂取量の上限は?胎児に有害なの?

妊娠中の方でココアを飲んでいいか不安に思う人もいます。今回はつわりのある妊娠初期や授乳中など時期毎、摂取量。ココアと似たミロやミルクティー、コーヒー牛乳やホットミルク等の他の飲料を妊婦さんが飲めるかや、糖分やカフェインの妊婦さんへの影響等について調査しました。

目次

[表示]

妊婦さんはココアを飲んじゃダメって本当?

妊婦さんは今までの生活と一変し今まで食べれていたものや飲めていたものを飲食することができなくなります。では、妊婦さんはココアを飲むことは出来るのでしょうか。

ココアにはカフェインが含まれている

Free-Photos / Pixabay

妊娠中の方がココアを飲むことに対し不安を抱く主な原因がココアに含まれているカフェインの存在です。妊娠中は過剰にカフェインを摂取すると様々な悪影響が生じます。

そして、ココアのカフェイン含有量についてですが、市販されているココアはピュアココアとミルクココアの2種類があります。

ピュアココアは原材料から油脂を取り除き粉末化したもので、ピュアココアに砂糖等を加えて飲みやすく加工したものがミルクココアになります。各々の含有量は以下の通りです。

  • ピュアココア…100gあたり凡そ200mg。1杯あたり10mg。
  • ミルクココア…100gあたり微量。

妊娠中にカフェインを摂取してはいけない訳ではなく、過剰に摂取することがいけないとされています。その為、適量であれば妊婦さんもココアを飲んでも問題ありません。

カフェインが人体に与えるメリット・デメリット

janeb13 / Pixabay

カフェインの効能としてよく知られているのが目覚まし効果ですが、この他集中力を高めたり、脳の血管を収縮させることで頭痛を抑える鎮痛作用も持っています。

一方でカフェインを過剰に摂取すると中枢神経が過剰に刺激を受けることとなり、めまいや心拍数の増加、不安、興奮など心身ともに悪い影響を受けることがあります。

カフェインのもたらす妊婦・胎児への影響

sbtlneet / Pixabay

妊娠中は通常時よりも血液中からカフェインが消失するまでの時間が長くなっています。またカフェインは胎盤を通して胎児にも影響を与えます。

1日に300mg以上カフェインを摂取した場合、150mg以下のカフェインを摂取する妊婦さんに比べて2倍の流産のリスクを負う研究結果が出されています。

その為、海外の各機関ではカフェインの摂取量について言及しており、日辺り200~300mg以下に留めることを推奨しています。

妊婦さんはカフェインだけじゃなく糖分やカロリーにも注意

congerdesign / Pixabay

ココアを飲むにあたり、妊婦さんは糖分やカロリーにも気を配らなければなりません。また妊娠中は胎盤から分泌するホルモンにより血糖値が下がりにくくなっています。

妊娠中に糖分を撮り過ぎると、妊娠糖尿病を発症する可能性があります。妊娠糖尿病は母体のみならず、胎児にも悪影響を及ぼします。

また妊娠中はカロリーの摂取量を平常時より増やさないならない一方で体重管理にも気を配らなければいけません。その為、飲み過ぎによるカロリーの過剰摂取にも注意が必要です。

ココアはつわりによる吐き気に有効

nastya_gepp / Pixabay

妊婦さんがココアを飲むにあたって注意しなければならない点は幾つもありますが、ココアを飲むメリットも存在します。

ココアにはビタミンB6が含まれており、吐き気を抑える効果を持っています。その為、妊娠初期のつわりに伴う辛い吐き気に対して有効な他食物繊維などの栄養も含んでいます。

また砂糖は体内でエンドルフィンとセロトニンを分泌させイライラを解消させる効果を持っているので、甘いココアを飲むことでリラックスすることもできます。

過剰に摂取しなければ妊娠初期でもココアはOK!摂取量の上限は?

TeeFarm / Pixabay

妊婦さんがココアを飲むこと自体はなんら問題はありません。問題は過剰に摂取してしまうことであり、適正な範囲内であれば前述のようなメリットを得ることができます。

ココアよりカフェイン量の多いコーヒーは1日2~4杯の摂取量に留めることが推奨されていますが、ココアについては明確な摂取量はありません。

前述の通りココアのカフェイン量はさほどではありませんが、糖分やカロリーも考慮し1日数杯程度に留めるべきとのされています。

寝る前にココアを飲んでも大丈夫?

Claudio_Scott / Pixabay

不安や心配、お腹が気になって中々眠れないという妊婦さんの数は少なくありません。気を落ち着ける為にも寝る前にココアはおススメとされます。

しかしながら、微量とは言えカフェインが含まれています。カフェインの効果は個人差がある為、自身の体質を把握した上で飲む必要があります。

またココアを飲んだからと言って確実に眠りにつける訳でない点にも注意が必要です。

妊婦さんが飲むならピュアココアがおすすめ!

TerriC / Pixabay

妊婦さんがココアを飲む場合、少々手間はかかってしまいますがピュアココアがオススメです。

前述の通り、ミルクココアは飲みやすいように砂糖や乳成分などが添加されていますが、ピュアココアには砂糖などは添加されていません。

その為、ピュアココアであれば自分で砂糖の量などを調整でき、気になるカロリーや糖分の摂取量を抑えることも可能です。

出産を終えた授乳中にココアは飲んでも大丈夫?

RitaE / Pixabay

出産を乗り越え待望の我が子に会えた後も食べ物に気を遣う必要があります。では、授乳中も妊娠中と同じくココアを飲んでも良いのでしょうか?

授乳中もココアを飲んでも大丈夫!

stevepb / Pixabay

結論から申し上げますと、授乳中であってもココアを飲むことは問題ありません。しかしながら、妊娠中と同じく気を付けなければならない点もあります。

授乳中にココアを飲む際の注意点

出産を終えた授乳中であってもやはり過剰な摂取はNGであり、カフェインの摂取量には依然として気をつける必要があります。

カフェインは微量でありますが母乳を通して赤ちゃんの体内にも取り込まれ、赤ちゃんに悪影響を及ぼす恐れがある為です。

またココアに含まれる糖分にも依然として注意が必要であり、体内のカルシウム含有量が減っている為虫歯にもなりやすくなっています。

過剰に摂取した場合は赤ちゃんに影響を与える事も

sathyatripodi / Pixabay

母親の摂取したカフェインのおよそ1%が母乳に移行すると言われており、赤ちゃんは大人に比べてカフェインをうまく消化することが出来ません。

では、母乳を通じてカフェインが赤ちゃんの体内に取り込まれるとどうなるかですが、赤ちゃんが寝つきが悪くなったり、落着きがなくなったりします。

赤ちゃんの寝つきが悪いと、母親も気になってしまい充分な急用を取ることが出来ず、育児や日常生活に支障を来たす可能性亜が出てきます。

妊婦さんにおすすめのココアってあるの?

MichaelGaida / Pixabay

記事内で妊婦さんにはピュアココアがおすすめと書きましたが、逐一砂糖を入れたりは億劫なものです。そこで本項では妊婦さんにオススメなミルクココアを紹介いたします。

バンホーテンミルクココア カロリー1/4

バンホーテンは世界各地で販売されている老舗のココアであり、世界で初めてココアパウダーを作ったいわばココアの代名詞的な企業です。

バンホーテンからはピュアココア、ミルクココアが販売されており、カロリーを気にしなければならない妊婦さんに嬉しいカロリー1/4のミルクココアも販売されています。

牛乳屋さんのミルクココア

和光堂から発売されている牛乳屋さんのミルクココアは美味しいと評判であり、妊婦さんにおススメのミルクココアでもあります。

また和光堂は牛乳屋さんシリーズとしてココア以外にもミルクティーやコーヒーを展開しており、中にはカフェインレスのものもあるなど妊婦さんに絶賛されています。

森永ミルクココア カロリー1/4

森永からも妊婦さんには嬉しいカロリーをカットしたミルクココアが販売されており、スーパー・通信販売などで購入することができます。

通常のミルクココアに比べて泡立ちは少ないようですが、甘くておいしいと評判の1品でもあります。

クックパッドには妊婦向けココアのレシピが

おかずからデザートに至るまで、数え切れないほどのレシピが投稿されており、多くの利用者がいるレシピ投稿サイトのクックパッドにもココアのレシピは投稿されています。

その中には妊婦さん向けのココアのレシピもあり、糖分やカロリーを考えてピュアココアを使用したいと考える人におすすめです。

その他の妊娠中に飲んでも良いもの・悪いもの

Free-Photos / Pixabay

ここまで妊娠中のココアについて解説して来ましたが、他の飲み物はどうなのでしょうか。幾つか抜粋し紹介、解説を行います。

妊娠中にミロを飲むのは問題無し

ネスレより発売されているミロは味も色合いもココアに似ており、実際にココアパウダーが使用されています。その為、微量ながらカフェインも含んでいます。

ココアと同じく過剰に摂取するのはよくありませんが、数杯程度飲むのであれば問題はありません。

またミロは鉄分や食物繊維など妊婦さんに嬉しい栄養素を豊富に含んでいます。上手く活用すればメリットを得ることも可能です。

妊娠中でも量さえ気をつければミルクティーも大丈夫

umehanayuuki / Pixabay

ミルクティーの元になる紅茶にもカフェインは含まれており、含有量もココアと比較すれば多くなります。

しかし、ココアと同じく全く飲んではいけない訳ではありません。ココアと同じく過剰に摂取せず、常識のある範囲であれば飲んでも大丈夫です。

摂取量の上限としては、ミルクティー以外でカフェインを摂取しないことと仮定した場合500mlのペットボトル2本分となります。

コーヒー牛乳は妊娠中は避けるべき?

StockSnap / Pixabay

コーヒー1~2杯程度であれば妊婦さんが摂取しても問題はありません。そのコーヒーと牛乳を混ぜ合わせたコーヒー牛乳も妊娠中に飲んでも問題はないです。

またコーヒー牛乳は通常のコーヒーと比べてカフェインの含有量も低下しています。しかしながら、0ではない為過剰な摂取は禁物です。

ココアやミルクティーと同じく、過剰摂取しないように気を付ける必要があります。

妊娠中のホットミルクは効果的

silviarita / Pixabay

妊娠初期の辛いつわりはホットミルクで解消できると言われていますが、これには個人差があるようでホットミルクを飲んだからと言って必ず解消する訳ではありません。

しかし、ホットミルクには体を温める効果や必要不可欠な栄養素であるカルシウムを多く含んでおり、便秘解消にも役立つなど多くのメリットがあります。

だからと言って、大量に飲むと逆にカルシウムが排出されてしまう為に1日200~400ml程度に留めておく必要があります。

妊娠中のアルコールはNG!

stevepb / Pixabay

最近の研究によれば、妊婦さんがアルコールを摂取することによって胎児に影響が生じるのは、時期やアルコールの摂取量に関係ないことが分かっています。

アルコールの摂取は母子ともに影響を及ぼし、母体には流産などのリスクの他うつ症状の悪化など精神面への影響も考えられています。

胎児には細胞の増殖及び発達に障害が発生し、先天異常を誘発することもある為妊娠中のアルコール摂取は一切控えるべきと言われています。

妊婦さんは市販の清涼飲料水の糖分にも注意

igorovsyannykov / Pixabay

市販されている飲料水には多量の糖分が使用されている場合があります。妊婦さんは体重管理に気を使わなければならない為、糖分の過剰摂取に注意が必要です。

また一見糖分とは無縁に見える果汁飲料も糖分が使用されていることがある為、気を付けなければなりません。

カフェインレス製品を活用しよう

Alexas_Fotos / Pixabay

最近ではたんぽぽコーヒーのようにコーヒーと銘を打っていてもカフェインを含んでいない商品も多数販売されています。

コーヒーのみならず、紅茶やミルクティーでもカフェインレス商品が色々なメーカーから販売がなされており、西松屋などでも購入が可能です。

注意すれば妊婦さんもココアを飲める!

JillWellington / Pixabay

調査の結果、妊婦さんでも摂取量に気を使いさえすればココアを飲んでも問題がないことが分かりました。

また前述の通り、妊婦さんにぴったりなカロリーをカットした商品も展開されています。これらの商品を上手く活用し、ストレスのない妊婦生活を送るようにしましょう。