妊婦はチョコレートを食べて大丈夫?カフェイン量や摂取量の目安は? ライフ

妊婦はチョコレートを食べて大丈夫?カフェイン量や摂取量の目安は?

妊婦さんはチョコレートを食べても良いのでしょうか?チョコレートに含まれるカフェインの摂取量や妊娠超初期や妊娠初期のリスクはどのようなものなのでしょうか?授乳中に母乳にも影響はあるのでしょうか?妊娠中の好みで性別がわかる噂も?妊婦用チョコレートやお菓子も紹介!

目次

[表示]

妊婦はチョコレートを食べても大丈夫?

StockSnap / Pixabay

妊婦さんはあれもこれも規制が多くあります。あれはダメこれもダメと規制されていては、ストレスも溜まってしまいます。そのためにもきちんと知識を持つことが大事です。

甘いものが食べたくなったときに、一番人気のチョコレート。妊娠中にチョコレートは食べても大丈夫なのでしょうか?チョコレートに含まれるカフェインはあるのでしょうか?

チョコレートにカフェインは含まれている?

congerdesign / Pixabay

チョコレートにもカフェインは含まれています。チョコレートのカフェインの割合はチョコレートの原材料として使用されている、カカオマスの分量でカフェインの量が決まってきます。

コーヒー1杯に含まれるカフェインの量は60㎎と言われています。チョコレートに含まれるカフェインの量はミルクチョコレートだと50gで10㎎のカフェインの量となります。

コーヒー1杯の6分の1くらいの量となっています。ダークチョコレートになるとカカオマスの量も増えてきます。ホワイトチョコはカカオマスをほとんど使用しないためカフェインもほぼないです。

妊婦が妊娠中にチョコレートを食べた場合の影響は?

pixel2013 / Pixabay

妊娠をしていなくても、カフェインを過剰に摂取すると副作用として、様々な症状がでることがあります。めまいや動悸、頭痛、不安、不眠、下痢、吐き気を引き起こします。

日本では妊婦さんのカフェイン摂取量については厳しく定められておりませんが、1日200㎎以内におさめたほうが良いとされている国も海外ではあります。

妊娠中というデリケートな時期にカフェインを摂取することで、母体にも何かしらの不調を与えてしまうという可能性があるからなのです。

妊婦がカフェインを摂取すると胎児への影響は?

Pexels / Pixabay

妊娠中にカフェインを摂取すると、血液からカフェインが消えるまでの時間が通常よりも遅くなります。そのため、胎児にカフェインがいくことが考えられます。

カフェインの摂取で赤ちゃんへの影響が確定していないと言われていますが、カフェインによる胎児の成長遅延や低体重や早産の関連性もあると言われています。

妊娠中に食べていいチョコレートの摂取量の目安は?

Pexels / Pixabay

では、妊婦さんは妊娠中にどれだけの量ののチョコレートを食べても良いのでしょうか?妊婦さんは体重管理も厳しく、間食は1日当たり200kcal程度が推奨されております。

そのため、ミルクチョコレートの板であれば1日当たり、3分の2程度の量がおすすめされています。妊婦さんのチョコレートの摂取量に決まりはありません。

ストレスを溜めない程度に、食べるのが良いとされています。しかし、妊娠中は赤ちゃんに栄養を届けるために、バランス良い食事を心がけましょう。

妊婦さん向け!チョコレートのおすすめの食べ方は?

pasja1000 / Pixabay

妊婦さんがチョコレートを食べるために、おすすめの食べ方は、体重が増加しないためにも、夜遅い時間帯に食べることは控えた方が良さそうです。

さらに、ダークチョコレートはミルクチョコレートと比べてカフェインの量も多く含まれています。そのため、コーヒーや紅茶などカフェインが含まれる飲料との組み合わせにも注意です。

チョコレートが食べたい時には、カフェインをほとんど含んでいないホワイトチョコレートがおすすめとなっています。

妊婦が妊娠中にチョコレートを食べるデメリットは?

Pexels / Pixabay

妊婦さんが妊娠中にチョコレートを食べることで、どのようなデメリットがおきてくるのでしょうか。妊婦さんがチョコレートを食べるとおきる危険などを見ていきましょう。

妊娠中のデリケートな時期だからこそ、慎重に食べるものも気を付けていかなければなりません。詳しく調べていきましょう。

妊娠中の体重増加の危険

Tumisu / Pixabay

妊婦さんがチョコレートを食べると、体重増加の危険がでてきます。チョコレートにはたくさんの砂糖が使用されています。そのため、体重には注意が必要です。

妊娠中に体重が増加すると、赤ちゃんの体重増加や妊娠高血圧症候群のリスクがあがってしまいます。特に妊娠高血圧症候群になると早産や入院の可能性もでてきてしまうのです。

妊娠中に虫歯になるリスクの増加

AnnaliseArt / Pixabay

さらに妊娠中はホルモンバランスの影響で、唾液が減ることで虫歯になりやすいと言われています。そのため、チョコレートを食べることで虫歯になるリスクも増加するのです。

妊娠初期などはつわりのため、歯磨きをすることが難しくなり虫歯も増加しやすいと言われています。虫歯になると妊婦さんには大きなリスクがともなうのです。

虫歯になると、切迫早産になる可能性が高くなると言われています。さらに、虫歯から感染し感染症の危険もあります。妊娠中は虫歯に注意しましょう。

チョコレートに含まれるカフェインの危険性

チョコレートに含まれるカフェインを摂取することで、めまいや不眠、動悸、頭痛といった症状があらわれることもあります。カフェインの過剰摂取には気を付けたいです。

カフェインを摂取することで、お腹の赤ちゃんにも影響がいく可能性も考えられるからです。過剰な摂取はやめてて適量にすることがおすすめです。

妊娠超初期や妊娠初期は流産の可能性も?

RyanMcGuire / Pixabay

妊娠超初期や妊娠初期にチョコレートを食べると流産の可能性もあると言われています。妊娠中にカフェインを摂取すると胎盤を通じて赤ちゃんにもカフェインがうつります。

このことで、流産の可能性もでてくるといわれているのです。胎盤を作っている妊娠超初期や妊娠初期の大事な時期はできるだけ控えるのが良いでしょう。

妊婦が妊娠中にチョコレートを食べるメリットはある?

Silvia_Rao / Pixabay

妊婦さんがチョコレートを食べるメリットも多くあるとの報告がでています。チョコレートといっても、体に良い効果も期待されているのです。

妊婦さんがチョコレートを食べるとどのような効果が期待されているのでしょうか。ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

妊娠中にチョコレートを食べると良い効果がある?

DzeeShah / Pixabay

妊娠中にチョコレートを食べると良い効果も期待できると言われています。原材料に含まれるカカオポリフェノールに動脈硬化の予防や便通改善、画だ荒れ防止効果があるとされています。

さらには、チョコレートを食べることにより精神が落ち着きストレスも軽減されるといわれているのです。母体がストレスにさらされると赤ちゃんにも影響が及ぶと言われているのです。

妊娠中にチョコレートを食べるとよく笑う子になる?

さらに、フィンランドでは妊婦さんがチョコレートをよく食べると、よく笑う赤ちゃんが生まれるという実験結果を発表しています。

チョコレートを食べることにより、母体のストレスが軽減されて、赤ちゃんにも良い影響が及ぶと考えられているのです。チョコレートの量に注意しながら摂取するのが良いでしょう。

妊婦がダークチョコを食べると胎盤の血流を改善する?

Devanath / Pixabay

ビターチョコレートを食べると妊娠高血圧症候群になるリスクが減る、とアメリカでは発表されているのです。胎盤への血流が増加するためと言われています。

産後は大丈夫?授乳中でもチョコレートは食べていいの?

AdinaVoicu / Pixabay

産後でも妊娠中と同じように気を付けなければいけないことがあります。授乳中のママは母乳を通して赤ちゃんに影響を与えてしまうことがあるのです。

授乳中にチョコレートを食べてもよいのか気になっている方も多くいるでしょう。授乳中のカフェインの摂取量やリスクを調べてみました。

授乳中にチョコレートは?母乳への影響は?

チョコレートに含まれるカフェインを気にする方が多いと思います。チョコレートに含まれるカフェインはコーヒーの6分の1とされており、比較的少ないことがわかります。

そのため、適度であればチョコレートを食べてもカフェインの摂取量は少なく、母乳への影響も少ないと言われています。授乳中でも妊娠中と同じようなチョコレートの量なら問題ないでしょう。

チョコレートを食べると乳腺炎になりやすい?

JillWellington / Pixabay

チョコレートを食べると乳腺炎になりやすいと思っているかたも多くいるでしょう。乳腺が詰まる原因には分泌が多かったり、授乳回数が少なかったりと要因は様々です。

チョコレートを食べたからといって乳腺が詰まるといった医学的な根拠はありません。そのため、チョコレートを食べたからといって母乳に影響があるわけではないのです。

授乳中のカフェインの摂取量はどのくらい?

Engin_Akyurt / Pixabay

授乳中のカフェインの摂取量は妊娠中と同様で、1日あたり200㎎が推奨されています。これは、マグカップでコーヒーを2杯飲んだ程度とされています。

授乳中も妊娠中と同じくらいに注意することが推奨されているのです。カフェインを摂取することで、赤ちゃんにも母乳を通して移行すると考えられているからです。

妊婦も安心!妊娠中に食べられるチョコレートやお菓子は?

allybally4b / Pixabay

妊婦さんも安心のお菓子やチョコレートはあるのでしょうか?そこで、妊婦さんにおすすめのチョコレートやお菓子を調べてみました。

食べるものに気を遣う妊婦さんだからこそ、安心して食べられる物があると良いです。妊婦さんに安心な妊婦用チョコレートやおやつを紹介します。

妊婦用チョコレート

JosepMonter / Pixabay

妊婦さんにおすすめの妊婦用チョコレートがあります。それが、オーガニックの素材で作られた妊婦用チョコレートです。オーガニックという妊婦さんにとっては人気の食べ物です。

オーガニックという素材を使っていることで、安心して食べられることから、妊娠中のストレスの軽減にもつながります。

ヨーグルト

Imoflow / Pixabay

ヨーグルトにはタンパク質はもちろんのこと、妊娠中に嬉しいミネラルやカルシウムが豊富に含まれており、妊婦さんに必要な栄養素がたくさんつまっているんどえす。

さらには腸内環境も整えてくれるので、妊婦さんがなりやすい便秘にも効果があります。おやつに食べるのには最適な品物となっています。

寒天やゼリー

la-fontaine / Pixabay

寒天やゼリーはおやつにおすすめとなっています。のどごしも良くてつわりの時期でも食べやすいと人気となっています。

さらに、カロリーも低く体重増加を気にする方にもおすすめです。食物繊維もたくさん含まれているので、便秘な妊婦さんにもありがたい食べ物です。

妊娠中にチョコレートが食べたくなると胎児の性別がわかる!?

TerriC / Pixabay

妊娠中に食べたくなる食べ物によって、胎児の性別がわかるという噂があります。妊婦さんがチョコレートや甘い物を欲するときは、性別は女の子という噂があるのです。

そして、辛い物やしょっぱいものが食べたくなると、性別は男の子だとも言われています。信憑性は不確かなものですが、多くの妊婦さんがこの迷信を信じているようです。

チョコレートが食べたくなった方は、もしかしたら、お腹の赤ちゃんの性別は女の子かもしれません。

妊娠中でもストレスを溜めずにチョコレートを楽しもう

eommina / Pixabay

妊娠中でもチョコレートを楽しむために、デメリットやメリットを調べてきました。妊婦さんでもチョコレートを食べることができます。

しかし、デメリットも把握したうえで、適度な量を食べることが一番のポイントです。食べ過ぎることで、様々なリスクが伴ってきます。

そのことをしっかりと知識として知ったうえで、妊娠中でもチョコレートを食べることが良いでしょう。ストレスを溜めずに妊娠期間を楽しみましょう。