ムスカの本名・フルネームは?隠された意味が深すぎる!?モデルは誰? おもしろ

ムスカの本名・フルネームは?隠された意味が深すぎる!?モデルは誰?

ジブリ映画「天空の城ラピュタ」に登場するキャラクター・ムスカ。今回はムスカの本名(フルネーム)に隠された意味を解説していきます。さらにムスカの意外に知られていない年齢や声優(寺田農)について、さらに目の病気説、最後の落下後の噂、セリフ名言集までお届けします。

目次

[表示]

ムスカの本名(フルネーム)が長すぎる!?由来は?

『天空の城ラピュタ』に出てくるキャラクター・ムスカ。作中で彼の本名が登場しますが、皆さんは覚えていますか?

  • ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ (Romuska Palo Ur Laputa)

これがムスカの本名です。フルネームだとかなり長いことがわかります。こちらは継承名であり、ラピュタの王家と関わりのある作品の中で大変重要な役割を担った名前となっています。

ムスカの名前の由来は?

ムスカの由来はドイツ語と言われています。以前宮崎駿監督がインタビューにてこんなことをおっしゃっていました。

「ムスカを知的な植物的な顔にしました。」

ドイツ語ではMUSKAがついたものは植物の名前になると言います。なぜムスカを植物的な顔にしたのかというのは解明できませんが、私たちには計り知れないキャラクターに秘めた想いがあるのかもしれません。

ムスカのプロフィール!年齢は?

  • ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ
  • 年齢:28歳 (32歳?)
  • 性別:男性
  • 肩書き:大佐
  • 親戚:シータ

ムスカは主人公シータ(ヒロイン)と同じくラピュタ王家の末裔です。しかしシータとは考えが異なり、力で世界を支配しようと企む作中の悪役です。ちなみに年齢は二つの説があります。

年齢は、1986年8月のアニメージュによると28歳。ロマンアルバムのキャラクター覚書では、32歳と紹介されている。

(引用:Wikipedia)

政府の特務機関に所属しており階級は大佐、政府の密命を受けて謎の空中城塞ラピュタに関する調査を行っています。

さらに、旧約聖書やラーマヤーナなど古今東西の古典に通じており、さらにラピュタ文字を解読出来るなど語学力も高いことから、一見ではとても知的で”悪い奴”という雰囲気ではないことが特徴でもあります。

ムスカの声優は寺田農!

Pexels / Pixabay

ムスカの声を担当した声優は寺田農さんです。実は当初、ムスカの声は俳優の根津甚八にオファーしていました。

しかし、根津さん本人が断ったことで、担当声優は変更され俳優の寺田農さんが演じることになりました。

数多くの名言があるムスカの声は、とても耳に残るものとなっています。寺田さんの演技が素晴らしいことがよくわかりますね。ちなみに画像を見ていただくとわかるように、現在の寺田農さんはムスカにそっくりです。

実は深い意味が!ムスカの本名に隠された本当の意味とは?

先ほどムスカの本名(フルネーム)と名前の由来をご紹介しました。しかし、一番知っていただきたいのはムスカの名前に隠された意味です。

この長ったらしい「ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」にはどんな深い意味が隠されているのでしょうか?

ムスカとシータの本名を直訳すると?

まずはムスカの本名(フルネーム)「ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」を単語に分けて直訳してみましょう。

  • ロムスカ=名前
  • パロ=従属(ギリシャ語)
  • ウル=王
  • ラピュタ=ラピュタ

つまり、ムスカは「ラピュタの従属の王」ということになります。

続いてシータの本名(フルネーム)「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ」を単語に分けて直訳してみます。

  • リュシータ=名前
  • トエル=真
  • ウル=王
  • ラピュタ=ラピュタ

ということはシータは「ラピュタの真の王」ということになります。ラピュタの末裔と言われる2人の名前にはこんな意味があるのです。

ムスカは偽物の王?本当の王はシータ?

talpeanu / Pixabay

元々は1つであったラピュタの王家が、地上に降りることによって二つに分かれました。つまりムスカ(パロ家)は分家であり、トエル家の従属であるということがわかります。

このことからシータ(トエル家)が真の王位継承者であり、ムスカ(パロ家)は作中で王位継承第2位となります。

ちなみにシータの一族は飛行石を受け継いでおり、ムスカの一族はラピュタの古文書を受け継いでいます。彼が作中で持っている手帳のようなものは、この古文書とのことです。

ムスカのモデルはだれ?

ムスカの本名に込められた意味がわかったところで、ムスカのモデルになった人物に注目していきます。

モデル①悪役・レプカ(未来少年コナン)

まず1人目は同じ宮崎駿作品で「ある未来少年コナン」の登場する悪役・レプカです。公式ブック「ジブリ・ロマンアルバム 天空の城ラピュタ」で、レプカをムスカのモデルにしたことを明言しています。

まずはムスカの人物紹介です。メガネをかけていないところ以外は、とても似ていることがわかります。

他人を敵か道具としか見ない冷酷な人物で、目的のためには手段を選ばない卑劣漢でもあり、その高い知性と抜きん出た指導力を駆使してインダストリアの実権を掌握し、太陽エネルギーをもってギガントを復活させ、世界の支配者となることに野心を燃やす。

(引用:Wikipedia)

実は作品としては未来少年コナンの方が先に世に出ていますが、時代設定的にはラピュタの方が古い時代のため、『レプカがムスカの先祖』ではなく『ムスカがレプカの先祖』という設定があるとも言われています。

モデル②ヘルマン・オッドー・テーオドール・パウル(ドイツの言語学・文献学者)

もう1人モデルとなったのでは?と考えられている人物がいます。その人物は、ドイツの言語学・文献学者ヘルマン・オッドー・テーオドール・パウルです。

まずムスカの名前「ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」ではロムスカなのに、ロが省略されて呼び名となっています。そこで本名のロを全て抜いてみます。すると「ムスカ・パウル・ラピュタ」となるのです。

ここで浮かび上がるのが「パウル」という単語ですが、これをネットで検索してみるとヒットするのがヘルマン・オッドー・テーオドール・パウルなのです。

DarkWorkX / Pixabay

彼は言語学・文献学を専門にしていた学者です。見た目もぱっと見では似ているように感じます。ムスカも旧約聖書やラーマヤーナなどの古典に通じており、ラピュタ言語の解明などに取り組んでいました。

そんな研究者気質であるところも共通点を感じます。「ヘルマン・オッドー・テーオドール・パウルがモデルである」とは公式では発表されていますが、十分に可能性はありそうです。

ムスカは病気なの?元々目が悪かった?

ivanovgood / Pixabay

ムスカには病気説があります。ネットで検索してみると「ムスカ 病気」は検索上位に出てきます。ムスカはサングラスをしており、目が悪い説がありますが、病気とはどんなものなのでしょうか?

ムスカがサングラスをしている理由は?

ムスカがサングラスをしている理由は目が悪いからなのではないか?と言われています。公式で「視力が低く、どの入ったサングラスをしている」とされています。

ムスカの目は色素が薄い?

Skitterphoto / Pixabay

さらにムスカの目の特徴として、色素が薄いというのがあります。髪の色も薄い茶色で瞳は金色とされています。この目の色は色素異常という説があります。

ムスカは作中に弱視になった?

ムスカは作中に弱視になった、もしくは元々弱視だったという説があります。

ムスカが作中で弱視となった説は「飛行石の光を目に浴びたことが原因で」というものですが、この後ムスカは死んだ確率が高いため、可能性は低いです。

元々弱視だった説は、彼の瞳の色素の薄さから可能性がなくはないといったところでしょうか。メラニンが薄い方は、視力が低く弱視の傾向があるとも言われています。

ムスカのサングラスがグッズに!

実はムスカが作中でかけているサングラスはグッズとして販売されています。それがこちらです。ちなみにパズーのゴーグル型メガネも同時に発売されています。これをかけてぜひ名言を叫んでみてはいかがでしょうか?

ムスカは最後どうなった?落下後は死亡?

ムスカといえば「目が、目がああぁぁぁ!!」というシーンが有名です。最後はシータのペンダントから発せられた光を目に浴び、悲鳴を上げながら高空からラピュタとともに海へと落下していきました。

ムスカは死んでない?

ラピュタとともに落下していくシーンが描かれ、その後当然のように死んでしまったと思われていますが、実は最後にムスカは死んでない説が流れているのです。

なぜそのように言われているかというと、「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ!」という言葉からムスカも死してはおらず、いまだラピュタの王として力で支配を考えているのでは?と思われているからです。

都市伝説的な考え方ではありますが、ジブリならあり得そうと思ってしまいますね。

ムスカの名言(セリフ)といえば?

Fotocitizen / Pixabay

ムスカといえば、やはり普通なら言わないだろうというような、驚くべきセリフが注目されます。先ほどの「目が、目がああぁぁぁ!!」というシーンがとても有名ですが、他にも名言はたくさんあります。

①「見ろ!人がゴミのようだ!!」

まず一つ目は、「見ろ、人がゴミのようだ!」です。

こちらは映像ではありませんが、「目が、目がああぁぁぁ!!」と同じぐらい有名な名言(セリフ)です。笑いながら嬉しそうに残酷な言葉を吐いている姿は、声を聞くだけで映像が浮かび上がりますね。

②「跪け!命乞いをしろ!次は耳だ!!」

続いての名言(セリフ)は「跪け!命乞いをしろ!次は耳は!!」です。

鬼畜にも程があるセリフですが、作中で行っている場面を覚えているでしょうか?シータを玉座の間へ追い込み、銃を放ちおさげ髪を切り落とした後に吐いた台詞です。

鬼畜すぎるしドSすぎるし、見た目は優しそうでカッコ良くても中身はヤバい奴だというのがよくわかります。

あの名シーンでムスカが3分待った理由に拍子抜け!

ムスカの『3分間待ってやる』というセリフを覚えているでしょうか?

クライマックスで、ムスカに囚われたシータの元に駆けつけ「シータと2人きりで話がしたい」と要求したパズーに対し、ムスカが言った言葉。

(引用:ピクシブ百科事典)

実はこの言葉にはちょっとした裏話があったのです。

絵コンテの中に「ムスカ、このスキ装弾する。実はもう弾丸がなかったのです。」というメモがあります。実は、この3分間はムスカが銃に弾を装弾するための時間を稼ぐためだったということがわかります。

装弾しているシーンもしっかりと描かれているのがジブリ作品のすごいところ。装弾するのに3分もかかるんかい!とツッコミを入れたいところですが、意外と知らない裏話がこんなところに隠れていたのです。

フルネームが長すぎるアニメキャラクターは他にも?

RobinHiggins / Pixabay

ムスカやシータのようにフルネームがやたら長いアニメキャラクターは、他の作品にも登場します。今回紹介するのは、1995年にアニメ化された藤子・F・不二雄先生原作の『モジャ公』の主人公モジャラです。

  • モジャラ(モジャ公)=「モジャラ・ハナモゲラ・サナダビントニック・フランサスカッチ・リトルフット・ピグニン・アレキサンドロ・ポニックコニック・タランベリー・クチュクチュ・スッパピーピー・パイポッポー公爵」

何文字あるんだ!と、思わず突っ込みたくなるほどの長さですが、見た目は毛玉のようなまん丸で可愛らしい宇宙人です。

他にも本名が長いキャラクターはこちらです。

  • 御所河原組長(こち葛)=御所河原金五郎之助佐ヱ門太郎
  • ルイズ(ゼロの使い魔)=ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール
  • 忍野忍(化物語)=キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード
NEXT:ムスカの本名(フルネーム)に隠された意味が深すぎた!!
1/2