水溶性食物繊維が多い野菜ランキング!便秘やダイエットに効果的 ライフ

水溶性食物繊維が多い野菜ランキング!便秘やダイエットに効果的

目次

[表示]

水溶性食物繊維の働き①:コレステロールの吸収を抑える

igorovsyannykov / Pixabay

水溶性食物繊維の働きの1つ目は、コレステロールの吸収を抑える働きです。水溶性食物繊維は吸着性があることから、小腸でコレステロールや胆汁酸を吸着させて排出を助ける働きがあります。

コレステロールの吸収が抑えられることで、心筋梗塞や動脈硬化等の生活習慣病の予防につながります。

水溶性食物繊維の働き②:血糖値の急上昇を抑える

stevepb / Pixabay

水溶性食物繊維の働きの2つ目は血糖値の急上昇を抑える働きです。水溶性食物繊維は胃や腸の中で水と反応して溶けた際に粘りが出るので、胃腸の中をゆっくりと移動していきます。

そのため糖質の吸収が穏やかになり、食後の血糖値が急上昇するのを抑えてくれる働きがあります。

水溶性食物繊維は便秘に良い?

Alexas_Fotos / Pixabay

また、水溶性食物繊維は水分を含むので、便を柔らかくしてくれる働きがあります。便が硬いという便秘の方には、水溶性食物繊維の摂取が便秘の改善につながる場合があります。

一方、お腹がストレスに弱いという人や、便秘にもなるけど下痢にもなるというような人にも水溶性食物繊維はおすすめです。

食物繊維はダイエットにも効果的!

水溶性食物繊維はダイエットにも効果的と言われています!食べると胃の中で膨らみ、満腹感を感じることから食べ過ぎを抑えてくれる働きがあります。

先にご紹介したとおり血糖値の上昇も抑える効果があるのに加え、コレステロールの排出も助ける働きがあるので、ダイエットの強い味方です。

不溶性食物繊維の働きは?

ijmaki / Pixabay

一方、不溶性食物繊維の働きにはどんなものがあるのでしょうか。水に溶けない性質のため水を吸収してふくらみますので、便のカサが増えて大腸の働きを刺激し、排便がスムーズになります。

さらに、乳酸菌やビフィズス菌などの体によい善玉菌のエサとなるため、菌が増えて腸内環境が改善され、おなかの調子を整えます。

水溶性食物繊維の多い野菜、食品ランキングまとめ!

silviarita / Pixabay

今回は水溶性食物繊維の多い野菜についてご紹介しました。水溶性食物繊維は日本人には不足しがちな成分であり、意識的に摂る必要があるということがわかりました。

水溶性食物繊維はコレステロールの排出を助けたり、血糖値の上昇を穏やかにする働きがあり、できるだけ不足しないよう取り入れていきたい成分です。

moerschy / Pixabay

水溶性食物繊維の多い野菜や水溶性食物繊維が多い食品を積極的に食事に取り入れていきたいですね。水溶性食物繊維の多い野菜にはごぼうや切り干し大根、モロヘイヤ等がありました。

一方で、ライ麦粉や干しプルーン、干しいちじくにも多くの水溶性食物繊維が含まれています。食べやすい食品を工夫して日々の食事に取り入れていきましょう。

2/2