水溶性食物繊維が多い野菜ランキング!便秘やダイエットに効果的ライフ

水溶性食物繊維が多い野菜ランキング!便秘やダイエットに効果的

目次

[表示]

水溶性食物繊維の多い野菜ランキングの8位のもう一つの野菜は「グリーンピース」です。グリーンピースにも水溶性食物繊維が可食部100gあたり0.6g含まれています。

グリーンピースは大さじ1杯分で10gほどなので、大さじ10杯分を食べてもやっと0.6gとなります。こちらもなかなか厳しい数字ですね。

水溶性食物繊維の多い野菜 5位:ほうれん草

Shingo_No / Pixabay

水溶性食物繊維の多い野菜ランキングの5位は3つあります。まず1つ目は「ほうれん草」です。ほうれん草には水溶性食物繊維が可食部100gあたり0.7g含まれています。

ほうれん草はひと束が250gほどですので、ひと束食べれば1.75gの水溶性食物繊維を摂取することができます。

ほうれん草は加熱するとかさが減りますので、水溶性食物繊維を摂取するには比較的良い野菜と言えそうです。積極的に食事に取り入れてみましょう。

水溶性食物繊維の多い野菜 5位:にんじん

Couleur / Pixabay

水溶性食物繊維の多い野菜ランキングの5位の2つ目はにんじんです。にんじんにも水溶性食物繊維が可食部100gあたり0.7g含まれています。

にんじんは1本が130gですので、1本食べると約0.9g水溶性食物繊維が摂取できる計算になります。

にんじんも何本も食べるのは大変なので、にんじんでたくさんの水溶性食物繊維を摂取するのは難しそうです。

水溶性食物繊維の多い野菜 5位:かぼちゃ

Alexas_Fotos / Pixabay

水溶性食物繊維の多い野菜ランキングの5位の3つ目はかぼちゃです。かぼちゃにも水溶性食物繊維が可食部100gあたり0.7g含まれています。

かぼちゃもそれほどたくさんは食べられないので、かぼちゃで水溶性食物繊維をたくさん摂取するのは難しそうです。

しかし、食卓に副菜などで意識的に取り入れたい食品と言えそうです。

水溶性食物繊維の多い野菜 4位:だいこんの葉

ulleo / Pixabay

水溶性食物繊維の多い野菜ランキングの4位は「だいこんの葉」です。だいこんの葉には可食部100gあたり0.8g水溶性食物繊維が含まれています。

だいこんの葉はそもそもスーパー等であまり手に入るものではありませんよね。直売所等に出かけて手に入れる必要があります。

水溶性食物繊維の多い野菜 3位:モロヘイヤ

https://twitter.com/ramen_natsume/status/1199302676053315584

水溶性食物繊維の多い野菜ランキングの3位は「モロヘイヤ」です。モロヘイヤには水溶性食物繊維が可食部100gあたり1.3g含まれています。

モロヘイヤも加熱するとかさが減るので、水溶性食物繊維を摂取するために意識的に摂取したい野菜と言えそうです。

水溶性食物繊維の多い野菜 2位:ごぼう

水溶性食物繊維の多い野菜ランキングの2位は「ごぼう」です。ごぼうは水溶性食物繊維が可食部100gあたり2.3g含まれています。

ごぼうは1本が180gほどですが、1本食べるのはなかなか大変です。そうはいっても含有量は多いので、日頃から摂取したい野菜と言えそうです。

水溶性食物繊維の多い野菜 1位:切り干し大根

水溶性食物繊維の多い野菜ランキングの1位に輝いたのは、「切り干し大根」です。切り干し大根は水溶性食物繊維が可食部100gあたり3.6g含まれています。

しかし、切り干し大根もそれほどたくさん食べるものではないですよね。1人前にすると5g程度しかありません。

そう考えると、切り干し大根で多くの水溶性食物繊維を取ろうというのはやや難しいかもしれません。しかし含有量は多いので、副菜等に取り入れてみてはいかがでしょうか?

NEXT:キャベツも水溶性食物繊維はまあまあ多い野菜?
2/5