目が綺麗な人の特徴は?綺麗な目になるための方法やメイク術も! 美容

目が綺麗な人の特徴は?綺麗な目になるための方法やメイク術も!

この記事では、黒目が大きい、吸い込まれそうな目、白目が綺麗、日本人に多い目の形・アーモンドアイなど、目が綺麗な人の特徴をまとめています。また、目が綺麗な芸能人、綺麗な目になるための方法やメイク術、目が綺麗な人が持つスピリチュアル的な意味についてもご紹介します。

目次

[表示]

目が綺麗な人ってどんな人?共通する特徴は?

1643606 / Pixabay

目は人の印象を大きく変える重要なポイントと言われています。綺麗な瞳の人は、周囲の人に与える印象が良い場合は多いのです。

では、実際に目が綺麗な人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

特徴①黒目が大きい・目の印象が強い

黒目が大きい目は、赤ちゃんの目を思わせ、「目が綺麗」という印象を与えると同時に、目力が強く見えるため、目の印象自体も強くすることができます。

特徴②白目・瞳の色が綺麗で透明感がある

snicky2290 / Pixabay

色素の薄い瞳を見て「綺麗」と思う人は多いと思いますが、そうした瞳の色だけでなく、目が綺麗な人の特徴には「白目が綺麗」というものがあります。

白目・瞳の色が両方とも綺麗だと透明感があり、「目が綺麗な人」という印象が強くなります。

特徴③吸い込まれそうな目をしている

250432 / Pixabay

目が綺麗な人はつまり「目が魅力的な人」なので、「吸い込まれそうな目」というのも特徴に当てはまります。

吸い込まれそうな目に対しては、なんとなく不思議な感覚を覚える人も多いようです。

特徴④日本人に多い目の形!アーモンドアイ

アーモンドアイとは目の形を指す言葉で、その名の通りアーモンドのような形の目のことです。このアーモンドアイは、日本人に多いと言われています。

切れ長でもなく、かと言って丸すぎない、非常にバランスの取れた目の形がアーモンドアイで、「美人の特徴」とも言われています。

特徴⑤目の縦横比が1:3

目が綺麗な人は、目の縦と横の比率が1:3になっている場合が多いです。この比率が、一般的に目の黄金比と言われているためです。

特徴⑥黒目と白目のバランスが良い

目の形や目の縦横比の他に、黒目と白目のバランスが良いというのも目が綺麗な人の特徴の一つです。一般的に、黒目と白目の黄金比は、白目・黒目・白目の順に1:2:1と言われています。

黒目が大きいと目が綺麗に見えるとご紹介しましたが、大きければ大きいほど良いと言うわけではないのです。

特徴⑦涙袋がある

目が綺麗な人は、顔の中でも目が目立って見えるという特徴があります。そして、目をより目立たせるために重要なのが涙袋です。

涙袋があることで目が大きく見え、目を綺麗に見せてくれるのです。

特徴⑧まつ毛・下まつ毛が長い

StockSnap / Pixabay

そして、涙袋の他に目が目立って見える特徴と言えば、まつ毛が長いことです。まつ毛が長いというのも、目を大きく見せてくれる効果があります。

上まつ毛だけでなく下まつ毛も長い人は、より目が際だち、綺麗に見えることが多いです。

目が綺麗な人=美人・可愛いではない?

TeroVesalainen / Pixabay

ここまで、目が綺麗な人の特徴を9つご紹介しましたが、目が綺麗な人が必ずしも「美人」「可愛い」というわけではないようです。

実際に、特に美人だったり可愛かったりするわけではないのに、「なんだか魅力を感じる」「吸い込まれそうな目をしている」と思うことはないでしょうか。

もしかすると、その相手は「目が綺麗な人」の特徴を持っているのかもしれません。

目が綺麗な人に憧れる!綺麗な目になるための方法はある?

qimono / Pixabay

目が綺麗な人に憧れる!という人は多いのではないでしょうか。実際、「目が綺麗だね」と言われた嬉しいですよね。

ここからは、綺麗な目になるための方法をいくつかご紹介します。

常に心が綺麗な状態を保つ・心が綺麗な人と接する

Free-Photos / Pixabay

心が綺麗な人は、目も綺麗になると言われています。逆に目の形が綺麗でも、心が荒んでいれば魅力も半減してしまいます。常に心が綺麗な状態を保つように心がけましょう。

また、心が綺麗な人と接することも、自身の目を綺麗にするために効果的であると言われています。

充血は大敵!ホットアイパックなどで目を休める

Sophkins / Pixabay

パソコンやスマートフォンの使いすぎ、コンタクトレンズによるダメージで目が充血してしまうことがあります。この目の充血は、綺麗な目の大敵です。

ホットアイパックで目の血行を良くするなど、目を休ませることも大切です。また、即効性が欲しい人は、充血を抑えるための目薬を使ってみましょう。

睡眠をしっかり取る

cuncon / Pixabay

睡眠不足が続くと瞳が生気や締まりを失い、「綺麗な目」からは遠ざかって行ってしまいます。

目を休めるということにも繋がりますが、睡眠不足にならないよう、質の高い睡眠を取れるように心がけましょう。

食べ物によって目に潤いを与える・老化を防ぐ

JerzyGorecki / Pixabay

食べ物から摂取できる栄養分によって、目に潤いを持たせたり、老化を防いでくれるなどの効果が期待できます。

バナナやサーモン、ニンジンなどは目の潤いを高める効果、ブロッコリーはブルーライトなどから目を守る効果、ブルーベリーは目の老化を防ぐ効果があると言われています。

興味のあること・夢中になれることを見つける

xxolgaxx / Pixabay

興味のあること・夢中になれることがあって毎日ワクワク楽しい毎日を送っている人は、目に輝きが宿ると言われています。

思い当たるものがない人は、ぜひ興味のあること・夢中になれることを探してみましょう。

素敵なもの・綺麗なものをたくさん見る

Shirley810 / Pixabay

どんなものでもいいのですが、自分が素敵・美しいと思うものをたくさん見ることで、自然に目も綺麗になっていくと言われています。

花でも風景でも人物でも良いので、自身で素敵・美しいと思えるものをたくさん見るように心がけましょう。

綺麗な目になるためのアイメイクのコツは?

kinkate / Pixabay

内面から溢れ出るような目の綺麗さというのはすぐに手に入れることは難しいですが、目の形であればメイクで理想の形に近づけることができます。

では、綺麗な目になるためにはどのようなアイメイクをすれば良いのでしょうか。

アイプチなどでくっきり二重を作る

必ずしも二重でなければいけないと言うわけではありませんが、大きく目立つ目にするためにはくっきりとした二重を作ることが効果的です。

一重や奥二重の人は、アイプチやアイテープなどを使って二重にしてみましょう。

カラコンで瞳を大きくする・透明感を出す

大きな瞳は目力を強く見せてくれるので、黒目の大きさが小さめだと感じる人は、黄金比に近づくようにカラコンで黒目を大きくしましょう。

また、カラコンを選ぶときは自然な透明感を出せるものを選ぶと、より綺麗な目に近づきます。

虹彩の色に合わせてアイシャドウの色を選ぶ

kaboompics / Pixabay

アイシャドウは、目元を印象的に見せてくれる、非常に重要なアイテムです。虹彩の色に合わせてアイシャドウの色を選ぶと、美しい調和を生み出すことができます。

虹彩が黄色っぽい茶色の人はゴールド系や暖色系を、気味が少ない茶色の人はシルバー系や寒色系を、黒の人はグレイッシュ系の色を選ぶように心がけましょう。

ふっくらとした涙袋を作る

すでにご紹介したとおり、涙袋は目を目立たせるために重要なポイントです。涙袋があまり目立たないという人は、メイクで作ってしまいましょう。

パール感のある明るいベーシュ系のアイシャドウを目の下4mm幅くらいに入れ、目尻に向けて細くしていきましょう。

また、ブラウン系のアイシャドウやアイブロウパウダーなどで涙袋の影を作ることで、よりふっくらとした涙袋が作れます。

アイライナーやマスカラの色は虹彩の色・もしくは悩みに合わせて選ぶ

Bru-nO / Pixabay

アイライナーやマスカラの色は、アイシャドウと同じく虹彩の色によって選ぶか、もしくは目元の悩みによって選びましょう。

虹彩が明るめの人はブラウン、暗めの人はブラックを選ぶと、バランスが取れて綺麗な目になります。

また、白目が充血している・黄ばんでいるという悩みがある人はネイビーを選ぶと透明感を出すことができます。目を大きく見せたい人は、ホワイトのアイライナーを下まぶたの際に使ってみましょう。

まつエクやつけまつ毛などでまつ毛のボリュームを出すのも効果的

Eirym / Pixabay

まつ毛にボリュームがあるとその分目も大きく見え、綺麗な目に近づきます。まつ毛にあまりボリュームがないという人は、まつエクやつけまつ毛でボリューム感をプラスするのも良いでしょう。

元BA・和田さん。のアーモンドアイの作り方の動画が話題!

アーモンドアイは日本人に多い目の形ではありますが、もちろんそうでない人もいますよね。そんな人は、元BAのYouTuber・和田さん。の動画を参考にしてみましょう。

目頭と目尻の位置を平行にする・均一にすることで、顔全体のバランスも整います。

アイライナーの引き方、つけまつ毛の付け方、マスカラの塗り方など、アーモンドアイに近づくための方法を丁寧に解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目が綺麗な人は心も綺麗?内面的な特徴とは?

JillWellington / Pixabay

綺麗な目にするためには、常に心が綺麗な状態を保つと良いとご紹介しました。それは、心綺麗さが目の綺麗さに繋がるからです。

では、実際に目が綺麗な人の内面的な特徴は具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

性格は明るい・ネガティブな発言をしない

StockSnap / Pixabay

まず、目が綺麗な人は性格が明るい場合が多いです。目元だけでなく表情全体が明るいことで、キラキラと綺麗な目に見えるのです。

そして、ネガティブな発言をしないのも特徴の一つと言えるでしょう。目および心が綺麗な人は、人の意見を素直に受け止め、自分の成長につなげることができるのです。

自分に自信を持っていて行動力がある

綺麗な目の人に対して、負の感情を抱く人はあまりいないでしょう。すなわち、目が綺麗な人は多くの人から歓迎され、それによって自分に自信が持てるようになります。

そして、自信を持っているがゆえに行動的になることもでき、有意義な生活を送ることができるため、より綺麗な目になっていくのです。

会話中に相手の目をしっかりと見る

422737 / Pixabay

目が綺麗な人は、会話中に相手の目をしっかり見ていることも多いです。その分、目が相手の印象に残るのです。

NEXT:頭をよく使っている
1/2