盛り塩は間違えると危ない?効果的なやり方や注意点、捨て方を紹介!占い・スピリチュアル

盛り塩は間違えると危ない?効果的なやり方や注意点、捨て方を紹介!

今回は盛り塩が危ないという噂について注目します。盛り塩の効果はやり方を間違えると危ないそうです。捨て方に注意?置く場所はトイレや寝室は危険?玄関に置くのは良い?黒くなると危ない?盛り塩の正しいやり方について、詳しくご紹介します。

目次

[表示]

盛り塩とは?どんな効果があるの?

https://twitter.com/gray_Birch2/status/1202151373883629569

盛り塩といえば、お店の入口等でよく見かけますよね。そもそも盛り塩ってどんなものなのでしょうか?どんな効果があるのでしょうか?ご紹介します。

盛り塩ってどんなもの?由来は?

ijmaki / Pixabay

そもそも盛り塩とはどんなものなのでしょうか?盛り塩は、器に高く盛った塩を決まった場所に置く風習のことですが、その由来はなんなのでしょうか?

1説には、日本古来の神道の風習が元になっているのでは?と言われています。神事・葬送儀礼から来ており、神道では神棚に盛り塩を添える風習があります。

一方葬送儀礼では、葬式後に塩をまく習慣があります。そういった週間から盛り塩を置く習慣ができたのではないかという説です。

jsbaw7160 / Pixabay

また一方で、もう1つの説では中国の古代国家である西晋の初代皇帝・司馬炎が由来になっているのではとも言われています。

司馬炎には1万人もの女性がいる後宮があり、毎晩1人のもとへ訪れていたといわれています。司馬炎は羊に車を引かせて回っていました。

Skitterphoto / Pixabay

女性たちは司馬炎に来てもらうため、自分の部屋の前に竹の葉に塩を盛ったものを置いていたそうです。羊が食べるために立ち止まるからです。

司馬炎の後宮にいた女性たちにとって盛り塩は、幸運を呼ぶアイテムだったと言えそうです。

盛り塩の効果①:空気の浄化

Free-Photos / Pixabay

それでは、盛り塩にはどんな効果があるのでしょうか?盛り塩の効果の1つ目は、空気を浄化することです。日本では昔から、塩は身を清める効果があると言われてきました。

先ほど、由来のところでご紹介した葬送儀礼で塩をまくのがまさしくその効果を狙ったものです。法事やお葬式には霊が集まりやすいと言われていることから、塩が使われています。

盛り塩の効果②運気向上・商売繁盛

TaniaVdB / Pixabay

盛り塩の効果の2つ目は、運気向上・商売繁盛です。盛り塩をすることで邪気を吸収し、運気向上・商売繁盛に向かっていくと言われています。

塩は邪気を吸い込むと言われています。そのためお店の出入り口等に盛り塩をすることでその塩に邪気が吸収され、商売繁盛につながると言われているのです。

盛り塩の効果③:悪いものを吸収

pompi / Pixabay

盛り塩の効果の3つ目は、悪いものを吸収することです。邪気を吸収するのと似たような意味合いではありますが、塩には昔から悪いものを吸収してくれる効果があると思われてきました。

塩は臭み取りや毒消し等にも用いられてきたので、塩というと悪いものを吸収してくれるものと言われてきました。そのため、盛り塩にも用いられてきています。

盛り塩に除霊の効果はない?

Alexas_Fotos / Pixabay

一方で、盛り塩には除霊の効果がある!と思っている人は多いようですが、実は盛り塩には除霊の効果はないようです。

むしろ塩は悪い気を自分に引きつけて吸収する力があるので、霊を引きつけてしまう場合があります。盛り塩をしたことで霊の通り道をふさいでしまい、溜まってしまうこともあります。

そういうわけで、除霊のために盛り塩をするというのは間違っています。注意しましょう。

NEXT:盛り塩は間違えると危ない?注意すべきことまとめ!
1/5