センタータンのセルフでの開け方!痛みや腫れはどれ位?コツはある?美容

センタータンのセルフでの開け方!痛みや腫れはどれ位?コツはある?

今回はセンタータンについて、ご紹介します。センタータンとは舌の真ん中の位置に開けるピアスです。セルフや病院での開け方、開けた時の痛みや腫れはどうなのでしょうか?またセンタータンを開けた時の滑舌や味覚への影響について、詳しくご紹介していきます!

目次

[表示]

センタータンとは?

まずは、センタータンとは何か?についてご紹介します。位置はどこなのか、どんなピアスなのかや、人気のセンタータンのピアスの種類について、ご紹介します!

センタータンは舌の真ん中の位置に開けるピアス

センタータンは舌の真ん中の位置に開けるピアスのことです。舌が英語でタン(tongue)なので、そのままの意味ですね。舌のセンターに位置するピアスです。

センタータンの画像は?開けている人は多いの?

センタータンの画像は先ほどから載せていますが、ツイッターにも自分のセンタータンの画像を上げている人が結構います!

センタータンはボディピアスの中でも開けている人は多いようですね!人気なようです。

センタータンが人気の理由!安定が早い!

Pexels / Pixabay

センタータンが人気の理由は、安定が早いことです。口の中のピアスなのでピアス穴が安定するのが早く、ピアスホールの完成には大体1ヶ月と考えておけばいいようです。

ピアスホールを開けてから5日もすれば腫れはひきはじめ、2週間経てば安定期間になるそうです。

また、センタータンは口の中のピアスなので、口を閉じていればぱっと見では目立たないことからも人気です。

センタータンのファーストピアスにおすすめなのは?

それでは、センタータンを開けるとしたら、ファーストピアスにおすすめなのはどんな形のピアスなのでしょうか?おすすめはシンプルなデザインのストレートバーベルです。

センタータンのピアスはストレートバーベルがおすすめ!

https://twitter.com/RPS13_pontaros/status/1199826611974987777

ストレートバーベルとはバーの両端に丸い部分がついたその名のとおりバーベルのような形をしたピアスで、片方の丸い部分がキャッチになっています。

ゲージ数(G)は、ピアスの太さのことを指すものですが、14Gにすると良いでしょう。

シャフトの長さ・ボールの大きさのおすすめは?

https://twitter.com/Neko__009/status/1198020900861296640

シャフトの長さは、ピアスホールを開けてすぐは舌は結構腫れるので、16mm~20mm程度のもので自分の舌の厚さに併せて選ぶと良いでしょう。

長いものと短いもので迷う場合は長い方が良いでしょう。16mmでは短い場合もあるそうです。18mmくらいがおすすめです。

https://twitter.com/XQ9oBicoDOmHaTI/status/1197619432891138048

ボールサイズも小さすぎると舌が腫れた際に埋まってしまう場合があるので、5mm程度がおすすめです。

腫れが引いて落ち着いた頃に、少しシャフトが短めでボールのサイズも小さめなものに変える人もいるようです。

センタータンの開け方は?セルフでも開けられる?

darksouls1 / Pixabay

それでは、センタータンの開け方はどうやったら開けられるのでしょうか?センタータンはセルフでも開けられます!まずはセルフで開ける方法からご紹介します。

センタータンをセルフで開けるとき用意するもの

センタータンをセルフで開けるときに必要なものをご紹介します。必要なのは、

  • ニードル
  • ニードルと同じゲージ数(G)のストレートバーベル
  • タオル(ハンドタオルとフェイスタオルの両方を準備)
  • フォーセプス(あれば、あるとピアスホールを開けやすい)

です。ニードルとストレートバーベルのピアスは滅菌処理がしてあるもの、そうでなければ煮沸消毒をしてください。

また、作業に入る前に口の中と手は清潔な状態にしておきましょう。

NEXT:センタータンを開ける手順は?
1/4