新垣結衣にまさかの整形疑惑浮上!?幼少期とは顔が違う!?果たして真相は!?

ナチュラルな美しさが人気の、女優・新垣結衣さん。これまで彼女の自然体な魅力に多くの男性ファンが魅了されてきましたが、ここにきて『整形疑惑』が浮上しています。なんでも卒アルと顔が全く違うようなのです。本当であれば一大事、ここで取り急ぎ検証してみましょう!

《新垣結衣に整形疑惑!?》幼少期と顔が変わった!?

今や日本の女優群の中で、ダントツの好感度と人気を誇る新垣結衣さん。彼女がドラマに出演すれば、視聴率が8%変わるとも言われていますが、そんな新垣さんに整形疑惑が持ち上がっています。私含め、皆さんが想像する新垣さんの顔は、造られた顔だったという説が浮上しているのです。
他に類を見ないほど、透き通るような透明感が魅力の彼女だけに、『整形』というワードは一番程遠いという印象です。しかし、デビュー当時や幼少時代の顔と比べてみると、全く別の顔をしているらしいのです。過去の画像をツイッターで拾うことができましたので、ご覧ください。

ホントにガッキーなの!?

現在の面影がまるで感じられないですよね?もっと今の雰囲気を感じ取れてもいいと思いますが、ちょっとこれは似ても似つかないです。相当小さいころとは思いますが、ここまで各部とも変わりますかね!?
まあ、顔はいくらでも変わりますから、一概に整形してるとは言えませんが、ここまで変わるのは稀ですよね?新垣さんだと言われなければわからないレベルですよね。ただ、画像のコメントにもあるように、ホントに整形していたとしたら、自分でこの画像持ち込むかどうか、うーん、判断が難しいですね。

《新垣結衣に整形疑惑!?》幼少期の目元が違う!?

先ほどの幼少期の画像と現在の顔を見比べてみると、まず気になるのが『目』ですよね?幼少期は切れ長のつり目なのに対し、今は丸いパッチリした目になってます。「子供の頃は一重だったけど、成長するにしたがって二重になった」という人は沢山いるので、本当に形が変わったのかもしれませんが、果たして…
アイプチの癖がついて二重になるパターンも相当多いようなので、これが整形なのかは整形外科の先生じゃなければわからないと思いますが、素人目に見てもここまでの変化は相当珍しいパターンなのではないかと思います。

現在の顔のイメージしかない!?

この画像で言えば、2006年ころにはもうすでに今の顔つきになってますよね!?なので、世間に認知される頃にはもう今の顔だったので、『整形してる!』という声がでても、イマイチピンとこないんですよね。
しかし、この2005年ころの画像は、少し雰囲気が違いますよね?ギャル風のメイクだからでしょうか?相当キツい顔つきですよね。眉毛も現在より相当細いことが、そう見せてしまうのかもしれませんね。年齢が若かったせいなのでしょうかね。

《新垣結衣に整形疑惑!?》幼少期の口元が違う!?

幼少期の新垣さん、心なしか、顎がしゃくれているような…、気のせいではなさそうです。完全にしゃくれていますよね?今はしゃくれてませんが、このころは確かにしゃくれ気味です。一言で「しゃくれ」といっても、様々な種類と要因があるので、一概に整形して治したと考えるのは間違いです。
しゃくれにも種類があり、骨格の異常が要因になっているものは「下顎前突症(かがくぜんとつしょう)」といって、先天性と後天性があります。これに対し、歯並びが要因になっているものは「反対咬合(はんたいこうごう)」といいます。反対咬合にも先天性と後天性があり、骨格の以上も含む場合もあります。
NEXT どちらもケースによるが、矯正で修正できる