病気で倒れた天海祐希!症状の原因と現在の仕事ぶりをくわしく紹介 女優

病気で倒れた天海祐希!症状の原因と現在の仕事ぶりをくわしく紹介

宝塚出身で、舞台やドラマ、映画に欠かせない存在の天海祐希さん。ところが、公私ともに順風満帆だった40代後半で突如心筋梗塞の発作に見舞われ、出演予定の舞台を急遽降板するなど波紋をよびました。天海祐希さんの病気の詳細と現在についてまとめました。

↓↓↓↓↓他の方はこちらの記事も読んでいます↓↓↓↓↓

突然の病気療養!天海祐希を襲った発作の症状と原因

当時40代。女優としても女性としてもピークにさしかかっていた天海祐希さんを突如襲ったのは、心筋梗塞の発作でした。「突然胸が苦しくなる」など、大まかな症状のイメージは広がっていると思いますが、ここでは心筋梗塞の症状についてさらにくわしく解説していきます。

怖い病気!天海祐希の病名、症状とその原因

心筋梗塞は何らかの原因によって心臓の血流がストップし、酸素不足になった心筋が激しく痙攣を起こす病気です。痙攣にともなって胸を中心に全身が激痛に見舞われ、その痛みは「心臓をハンマーでたたかれているような感じ」だと言われています。手当てが早ければ天海祐希さんのように助かる可能性がありますが、死に至ることも少なくありません。

病気の予兆はあった?多忙すぎる天海祐希の症状

心筋梗塞そのものはある日突然襲ってきますが、乱れた生活習慣が原因のひとつであると言われており、過労やストレスが慢性化するほど発症リスクが高まると考えられています。天海祐希さんも発症前はぎりぎりまで仕事を詰め込んでいたようですから、心臓にも知らないうちに大きな負担がかかっていたのでは、と予測できます。

天海祐希もこの病気?症状のない心筋梗塞の原因

典型的な心筋梗塞では胸が強烈にしめつけられる痛みがともないますが、まれに痛みがほとんどない心筋梗塞や、胸とはまったく関係のないところが激しく痛んだりと、ついつい見過ごしがちな発作のパターンが見られることがあります。背中や肩が長期間鈍く痛む、急に疲れやすくなった、などの異常を感じたら、すぐに病院を受診しましょう。

症状が表れた原因は?天海祐希がなぜ病気に見舞われたのか

痩せ型でスタイル抜群、運動量もおそらくは平均以上の天海祐希さんが心筋梗塞で突然ダウンしたことは、業界内部でも大きな衝撃として受け止められました。見るからに健康体に思える天海さんが病魔に倒れた背景を知って、あなた自身の生活習慣を見直すきっかけにしましょう。

痩せていても病気になる!痩せ型心筋梗塞の症状と原因

心筋梗塞というと、一般には「肥満気味の人が気をつけるべき病気」であると理解されているようですが、痩せ型の人も要注意で、普段から心臓に負担をかけていれば体型に関係なくどんな人でも発症のリスクがあると言われています。天海祐希さんも、仕事のためにつづけていたストイックな生活がアダになってしまった可能性があります。

栄養バランスも原因!ストイックすぎる天海祐希の別の病気

今から振り返ると、天海祐希さんは心筋梗塞に至る以前からある意味で「女優病」にかかっていたのではないでしょうか。宝塚という狭き門から必死に這い上がってきた天海祐希さん。性格がもともとストイックすぎる天海祐希さんは、年齢の影響もあって「心筋梗塞秒読み」の状態だったのではないでしょうか。

原因は水分不足?ストイックすぎる天海祐希のプロ意識

おそらく天海祐希さんは、今でも自分がどうして心筋梗塞になったのかわからないのではないでしょうか。宝塚の研究生時代から「心と体を徹底的に追い込むこと」を至上命題にしてきた天海祐希さんにとって、休むことは悪、というイメージが骨の髄までしみ込んでいるのかもしれません。

症状は防げる!天海祐希の発作の原因をプロが診断!

心筋梗塞は突発的な病気ですが、日常のちょっとした工夫の積み重ねによって発症リスクを取りのぞくことができます。天海祐希さんを襲った心筋梗塞の症状を医療のプロの視点からあらためて分析し、対処法を考えていきます。

Fransson氏は慎重な解釈を求めた上で、「心疾患を予防するには、ストレスなどの管理が必要であることが改めて示された。どんな仕事でもストレスを伴うものだが、職業性ストレスは心房細動の修正可能なリスク因子であるかもしれない」と話している。この研究報告を受け、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)循環器学教授のGregg Fonarow氏は、専門家の立場から「今後、さらに職業性ストレスと心房細動リスクとの関連を探る必要がある」と指摘している。一方で、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)内科学教授のByron Lee氏は、「今回の研究でストレスと心房細動の関係が裏付けられた」として、心房細動患者は可能な限りストレスの軽減に努めるよう助言している。

http://news.livedoor.com/article/detail/14936036/

時間との勝負!天海祐希が生還した医学的な理由

心筋梗塞や脳梗塞は、「発症からいかに素早く対処するか」ということが生還できるかどうかの分かれ目になります。天海祐希さんの命が奇跡的に助かったのも、症状そのものが比較的ゆるやかだったと同時に、最初の手当てが迅速だったことが大きく影響していると考えられます。

天海祐希だけじゃない!病気に倒れ現在は元気な芸能人

心筋梗塞に倒れて生還した芸能人は天海祐希さんばかりではありません。天海祐希さんと同じく心筋梗塞の発作に見舞われながらも奇跡的に命が助かった有名芸能人の経験を通し、心筋梗塞との正しい向き合い方について学んでいきましょう。参考になる部分はきっと多いはずです。

現在は80キロ以上?西田敏行

西田敏行さんもまた、天海祐希さんと同じく突如として心筋梗塞の発作に襲われ、病気療養を余儀なくされたひとりです。天海祐希さんとは違って肥満気味の西田さん。年齢とともに足腰が弱くなり、運動量も慢性的に不足していたのでしょう。貴重な名優を失わずにすんだことは、日本の演劇界にとっても大きな幸運です。

現在も食事制限中!徳光和夫

天海祐希さんのように働き盛りの頃に心筋梗塞を発症した徳光和夫さん。発作の前はかなりのヘビースモーカーで、1日100本以上のタバコを吸っていたのだとか。喫煙もまた心筋梗塞の大きなリスクになり得るため、動脈硬化の可能性が少しでも見られる人には喫煙が強く勧められます。

現在はダイエットに成功!松村邦洋

東京マラソンに選手として出場し、ゴール手前で心筋梗塞の発作で倒れた松村邦洋さん。救急隊員の迅速な手当てがなければ死亡していた可能性もあるようで、「運動不足は心筋梗塞の大敵」というイメージがますます定着しました。冬場のマラソン、というのも発作を助長する原因になってしまったのかもしれません。

現在は完全復帰!体にも気をつけている天海祐希

心筋梗塞の発作を見事に乗り越え、まさに死の淵から生還したといっても過言ではない天海祐希さん。現在は再発を防ぐべく健康管理もきちんとつづけているようで、仕事のほうも以前よりはセーブしているそうです。健康には充分気をつけつつ、これからもドラマや映画で名演技を見せてもらいたいですね。

天海祐希(50)はちまたではやる前から発酵食品は体によいと自ら「菌活」と名付けて実践していた。これは発酵食品を食べて、腸内環境を整えるという美容健康法。そのお手軽さがウケて、いまでは若者から高齢女性まで幅広くブームとなっている。宝塚スターならではの先見の明なのか!そして、体が硬くなってしまうと、ケガが増えたり、太りやすくなったり、老化の原因になるからと、「おしりストレッチ」で股関節とお尻をほぐすようにしているという。やり方は片方の足を反対側の足に乗せて上体を倒すだけ。《同じ姿勢でいるとお尻が硬くなって腰にも負担が。座ったままでできるので簡単です》(『からだにいいこと』’15年6月号より)

http://news.livedoor.com/article/detail/14109365/

天海祐希にも伝えたい!過労が原因で亡くなった過去の著名人

過労やストレスは心筋梗塞だけでなく、死に至るあらゆる病気を引き起こすリスクになり得ます。根っからのワーカホリック(働きすぎ)が原因で死に至ったとされている著名人についてまとめてみました。天海祐希さんも意識していたりして?

ブラックジャックはいなかった!手塚治虫

言わずと知れた漫画の神様・手塚治虫さんは典型的なワーカホリックで、仕事場以外でも時間があればつねに原稿を描きつづけていたそうです。最期の瞬間まで空中で漫画を描こうとしていたというエピソードは、手塚治虫さんの人柄と執念を感じさせますよね。手塚さんの死因は胃がんで、過労と過度の喫煙が原因だと見られています。

落語の神様!立川談志

落語を愛し、落語に愛された神様・立川談志さん。落語の神様が喉頭がんに倒れたというのは運命の残酷さを感じさせるエピソードですが、生前はかなりのヘビースモーカーだったそうで、落語家として喉を酷使していたことも病気の一員だったのではないかといわれています。

くわしい原因は現在も不明!心筋梗塞のリスクを減らすために

心筋梗塞や脳梗塞でこの世を去ったり、長期の病気療養を余儀なくされた有名芸能人はたくさんいます。なぜ、有名芸能人で突然の発作に見舞われるケースが多いのでしょうか。偶然や確率論では片づけられない医学的な原因が隠されているようです。

また6月は気温と湿度だけでなく紫外線量も上昇。皮膚科医の藤澤大輔氏はダメージの蓄積で皮膚がんのリスクが高まると解説する。「皮膚がんの直接原因となるUV-BとUV-Aが急激に増加します。特に、皮膚の奥深くまで貫通するUV-Aの量は6月がピーク。皮膚に蓄積されたダメージは抜けることがなく、リスクが上積みされていきます。結果として皮膚がん、正確には『悪性黒色腫』が引き起こされれば命を脅かしますよ」。病気の予防には転ばぬ先の杖の精神が大切。面倒くさがらずに気温、紫外線対策はしっかりと。

http://news.livedoor.com/article/detail/14914713/

現在も活躍中!病気降板の代役で注目された芸能人まとめ

天海祐希さんの代役を務めた宮沢りえさんのように、病気療養中の本人に代わってドラマや映画に出演し、思わぬ好評を得た芸能人は意外と大勢います。なかには代役がきっかけで売れっ子になった人も少なくないようです。代役として注目された俳優についてまとめてみました。

鹿賀丈史の代役!浅野和之

三谷幸喜脚本の舞台「You Are The Top」で虫垂炎のために急遽降板した鹿賀丈史さんの代役を務め、思わぬ好演(失礼!)で注目を集めた浅野和之さん。実は、この降板劇には裏があり、鹿賀丈史さんは病気ではなくセリフを覚えていなかったのだとか。この一件をきっかけに三谷さんと加賀さんは今も絶縁状態にあるそうです。

市川猿之助の代役!尾上右近

歌舞伎版「ワンピース」で主人公のルフィ役を務めていた市川猿之助さんが公演中に骨折し、急遽代役に抜擢された尾上右近さん。猿之助さんとは直属の先輩・後輩の関係にあたり、抜擢は自然の流れと言えるでしょう。ルフィを見事に演じきった右近さんは、現在の歌舞伎界でいちばんの有望株と言われています。

病気を克服!現在は症状も落ち着いて元気な天海祐希

突然の心筋梗塞を乗り越え、現在は元気に仕事に復帰している天海祐希さん。仕事も順調のようですが、心筋梗塞に油断は禁物。これまでのハードワークを少しあらためて、これからはご自身のペースでゆっくりと演技に取り組んでいただければと思います。