昔懐かしいお菓子ランキング!昭和のヒット作も?【70~90年代】社会

昔懐かしいお菓子ランキング!昭和のヒット作も?【70~90年代】

1970年代ではチャイナマーブル、1980年代ではハンコください、1990年代ではぬーぼー。思い出を彩る懐かしいお菓子たち。そこで今回は40代から20代の方が昭和時代や昔を思い出してしまうような懐かしいお菓子を各年代毎にランキング形式で紹介していきます。

目次

[表示]

童心に帰れる懐かしいお菓子ランキング【1970年代編】

JillWellington / Pixabay

まず最初に紹介させていただくのが、1970年代の懐かしいお菓子ベスト10となります。この年代は今でも売られているものもあれば、人によっては見た事も聞いた事もないものまで多くのお菓子が世に放たれました。

第10位!復活して欲しい昭和のお菓子にも選ばれた「ポポロン」

https://twitter.com/taka_ebi/status/1190457503173070848

ポポロンは1976年に明治製菓から発売されたお菓子でキャッチ―なフレーズのCMも話題となりました。発売当時の販売価格は1箱200円とやや高めであり、子供たちからは特別なお菓子と認識されていたようです。

サクッとしたシュー生地、中のチョコはとろりとして甘く味の方も申し分ありません。基本はチョコクリーム味ですが、いちごクリーム味もあり、また期間限定で味わいパンプキン味などの限定商品も展開されました。

そんな1976年の発売以来、多くの人に愛されたポポロンですが2015年を以て製造と販売が終了。復活して欲しい昭和のお菓子2位に選ばれるなど復活を願う声は後をたちません。

第9位!CMが印象的だった「カリンチョ」

https://twitter.com/meatsauce_z/status/1180583542218092545

カリンチョは森永製菓が1975年に発売したチョコビスケットです。ビスケットはサクサクしており、コーティングしてあるチョコは甘さ控えめでした。

また1978年には筋骨隆々の男性ムキムキマンが胸筋をピクピクと動かして踊るCMも大変な話題を呼び、レコードまで発売されるほど人気を呼びました。

そんなカリンチョも1990年に惜しまれながら販売を停止。その後、2004年には期間限定で再販売がなされました。またバナナマンの設楽さんもカリンチョが好きだったと公言しています。

第8位!40代の愛好者多数?「乳菓ビガー」

乳菓ビガーはソフトキャンディであり、ほんとうの栄養乳菓と銘打たれていました。実際に食した方によると、現在でいう味や食感はミルキーに近いそうです。

ビガーは広島の乳菓ビガー本舗が製造していましたが、現在この会社は倒産しており、現在入手するのは不可能となっています。また販売停止については、以下のような情報も存在します。

あれは下手をすると、せっかく治した歯が取れるので県の衛生環境部が販売を禁止したそうです。ちょっと違うけど不二家のミルキーで我慢してね。

(引用元 Yahoo!知恵袋)

尚見た目、包装ともにそっくりな「ママー」という乳菓も存在しています。

第7位!美味しいけど歯にくっつく「ノースキャロライナ」

https://twitter.com/meatsauce_z/status/1172602169561796608

1970年代の懐かしいお菓子第7位はかつて不二家が販売していた渦巻き模様の可愛らしいソフトキャンディ「ノースキャロライナ」です。

渦巻き模様の由来は発売当時の不二家の社長がアメリカ、ノースキャロライナ州のアパラチア山脈において立派な年輪を蓄えた切り株を目にした事でした。

当商品は美味しいと評判でしたが歯にくっつきやすいという難点があったようです。また惜しまれつつも1995年に販売を終了している為、現在では味わうことが出来ません。

第6位!カラフルで可愛いけど硬い「チャイナマーブル」

陶磁器の様な硬さと大理石の様な光沢を併せ持つ飴がチャイナマーブルです。販売会社のHPには、製造過程が掲載されており、昔ながらの製法で製造から完成までに2カ月の時間を要します。

メーカーがその硬さを陶磁器に例えている通り、非常に硬く、初期段階でかみ砕こうとしたら歯が折れるという意見もあり、またおばあちゃんの家にあった、と祖母との思い出を思い出す人もいます。

尚チャイナマーブルは現在も販売が続けられており、ネットショッピングや商店にもよりますが、実店舗で販売しているお店もあるようです。

第5位!痛くて美味しい懐かしいお菓子「ドンパッチ」

味の素ゼネラルフーヅより1979年に発売されたドンパッチは炭酸ガスが仕込まれた飴であり、口内で溶けると炭酸ガスが溢れ出しパチパチと音を立てる刺激的なお菓子でした。

非常に刺激的なお菓子であったが故に、ドンパッチを食べて死亡したという都市伝説が生み出された程です。また2chの有名なコピペには友人が鼻にドンパッチを入れて流血したというものも存在します。

現在ドンパッチそのものは販売されていませんが、わたパチ・パチパチパニックなど類似した商品が販売されていますので、似たような刺激を味わう事が可能です。

第4位!40代のママさんホイホイ「ジュエルリング」

お姫様気分が味わえると時の女の子を魅了したお菓子、それがジュエルリングです。商品名が示す通り、指輪を模しており宝石は飴で出来ています。

絶大な人気を博した当商品ですが、指輪という特性上舐めれば舐める程溶けた飴で手がべとべとになる上に飴自体が大きい為食べきるのに時間が掛かるという欠点がありました。

アメリカから輸入しロッテが販売していたジュエルリングですが、現在ロッテは販売から撤退しています。しかしながら、受注生産という形ではあるも現在でも購入する事は可能です。

第3位!シールが魅力だった「チョコベー」

1972年から1978年までの凡そ6年間販売されたチョコベーはヌガーをチョコでコーティングした棒状のお菓子です。また絶大なインパクトを残すCMは日本の名作CM100選にも選出されています。

また73年から75年までの間のオマケであるベーシールはチョコベーの人気を更に高め、子供たちはオマケ欲しさにこぞってお菓子屋に押寄せました。

いったいどんなシールなのかというと、「タロベー」「ハナベー」といったように、「○○ベー」の○○にランダムで2文字入ったイラスト入りのシールでした。

(引用:ミドルエッジ)

またオマケシールは赤塚不二夫やとりいかずよしと言った大御所漫画家がイラストを担当していた時期もあり、そう言った意味でも子供たちのハートをがっちりと掴んでいました。

しかし、オマケ第4弾以降は人気が低下。以後おもちゃをつけるなどのテコ入れを行うもののふるわず、チョコベーはその姿を店頭から消してしまいました。

第2位!東日本じゃ手に入らない?「カール」

https://twitter.com/noa3210304/status/1191961563827187714

明治製菓より発売されたカールは日本初のスナックと銘打たれており、昭和から平成にかけて長い間多くの人に親しまれた懐かしいお菓子です。

サクサクとした軽い食感もさる事ながら、チーズ味・うすあじ・カレー味などのラインナップの存在によって様々な味を楽しめる事が魅力であり、またCMキャラクターカールおじさんも人気を博しました。

現在でもチーズ味・うすあじの販売は続いていますが、中部以東では販売されていません。西日本でのみ販売が継続されている理由を担当者は以下のように回答しています。

「販売規模は同程度で、どちらかが売れていたなどのデータはありません。本当は全国的に販売を中止せざるを得ない状況でしたが、何とか販売継続の方向性を検討した結果、四国のグループ会社での生産に絞れば、関西地域以西の販売継続が可能と判断しました」

(引用:AERA dot)

NEXT:第1位!男の子のロマンが詰まった「ビッグワンガム」
1/4