突然亡くなった人の魂はどこに?死んだ直後の魂や死後の行き先とは 占い・スピリチュアル

突然亡くなった人の魂はどこに?死んだ直後の魂や死後の行き先とは

突然亡くなった人や死んだ直後の魂など、人は死んだらどこに行くのでしょう?そして突然亡くなった人を供養する方法はあるのでしょうか?今回は臨死体験を元に死んだら死んだ人に会えるのか、死後の世界は無い?のか私達を亡くなった人は見てるのかなど科学的にも検証します。

目次

[表示]

突然亡くなった人の魂はどうなるの?

sspiehs3 / Pixabay

心の準備も出来ずに突然亡くなった人の魂はどのような状態なのでしょうか?亡くなった後に魂はどこに向かうのかなど、突然亡くなった人の魂に関する情報をまとめました。

死んだ直後の魂は自分が死んだことに気づかない?

webandi / Pixabay

死んだ直後の魂は自分が死んだ事に気がつかないという話を聞いた事はありませんか?実際に死を経験してから語られていないので信憑性に欠ける話ですが、生に執着していた魂はこの世で迷う事もあるようです。

突然亡くなった人の魂ならなおの事、状況を受け入れる事が出来ずに自分の生に執着してしまいます。

突然亡くなった人に対して同情するのは時に危ないことも

Free-Photos / Pixabay

ある日突然亡くなった人が自分の知人であった時、人間はどうしても故人に対して同情したり気持ちを寄せてしまいがちです。しかしそのような感情移入は危険である事が多いです。

突然亡くなった人の魂が自らの死を理解せずにいた時に、感情移入していたり同情しているとその人を頼って魂が着いてくる事があるからです。

着いてきた魂は死を受け入れる事なく、さらに生への執着を深めていくでしょう。成仏する事がどんどん困難になってしまいます。

悲しみすぎるのは突然亡くなった人の魂にとっても良くない?

この世に生まれた魂は必ず死という関所を通ります。親しかった人や愛する人との別れを経験してから、この世での実績に見合った世界に向かいます。それは亡くなった人だけではなく見送る人も同じ事です。

この世に残っている人の悲しみが強いと、突然亡くなった人の魂は引き寄せられ成仏が困難になります。また悲しんでいる人自体も、離別の経験をする事が出来ずに実績を増やせなくなります。

肉体だけに執着するのではなく、魂を大事にする事が重要なのです。

突然亡くなった人の魂は地縛霊になってしまうことも

Free-Photos / Pixabay

亡くなった人の魂は普通であれば数日で自分が死んだという事を理解し、急速に霊的感覚と霊的意識が蘇ります。この時に苦しみや痛みを消化する事が出来るのです。

しかし突然亡くなった人の魂は、自分が死んだという事を中々理解出来ずに苦しみや痛みを伴って彷徨います。また自殺した人の魂や、恨みや憎しみを持って亡くなった魂も同様に死を受け入れられません。

そうして彷徨う魂は霊媒体質の人を見かけると憑依して、死へと導いてしまう事もあります。死の自覚を持てるまで、地縛霊としてこの世を彷徨うのです。

死に方によっても魂の行き場所が違う?

geralt / Pixabay

人の魂の行きつく場所はどの魂でも同じですが、その道のりは今世での死に方が関係しています。自殺した人の魂は実績を評価される事がなく、あの世への道のりはとても困難です。

また突然亡くなった人の魂の様に中々死を受け入れられずにこの世を長く彷徨っていた魂も、マイナス評価となりあの世での修業がとても辛いものとなってしまいます。

突然亡くなった人への供養はどうすれば良い?

Pexels / Pixabay

突然亡くなった人の供養はどのようにすればいいのでしょうか?供養をする上で覚えておきたい事をまとめました。

突然亡くなった人に対しては、自分がしっかり生きることで供養になる

sr_magdalena / Pixabay

突然亡くなった人を供養する時に重要な事は、まず自分自身がしっかりと生きる事です。大切な人が亡くなってしまう事はとても悲しいものです。しかしいつまでも悲しみに暮れているのはよくありません。

突然亡くなった人安心させる方法は、自分自身が前を向いて強く生きていく事です。亡くなった人を思い苦しんではいないだろうかと考えを巡らせるのは、自分の人生を暗くしてしまいます。

突然亡くなった人を供養したいと思うのならば、魂を安心させるためにも前を向いていきましょう。

突然亡くなった人の魂が浄化を願うことが大切

silviarita / Pixabay

突然亡くなった人を供養するには、その魂が浄化する事を願いましょう。先程も書きましたが供養する側が未練を持って突然亡くなった人を供養しても、魂は安心出来ません。

残された側が未練を持っていると、魂は浄化出来ないどころか生への未練を持ってしまいます。供養したいと願うならば、死を受け入れ魂の浄化を強く願いましょう。

正しい知識を持つことが供養になることも

Free-Photos / Pixabay

突然亡くなった人を供養する為には、死がどのようなものなのかという正しい知識を必要とする事があります。それは突然亡くなった人や残された人にとって死というものを受け入れやすくするからです。

死とは全ての苦痛から解放される事であり、人生という長旅を終えた事になります。現世で生きる事の方が魂にとっては辛く悲しい思いをしているのです。

そういった知識を身に付けていると、突然亡くなった人の魂を供養する方法もおのずと理解出来ます。

身近で突然亡くなった人を持つ人の感情は?体験談を紹介

Pexels / Pixabay

突然亡くなった人を身近に持つ人の感情はどのようになのでしょうか?体験談を紹介します。

わたしは初めての事なので
毎日のように思い出しては泣いてしまいます。

夫が気をつかってくれて
どこか出かけない?と言ってくれますが
わたしだけ楽しい思いをして良いのか
なんか悪い気がしてしまうので
結局こもりがちになってしまいます。

(引用:Girls Channel)

やはり身近な人を亡くしてしまうと悲しみに囚われてしまって、抜け出せなくなってしまう人が多いようです。

父親を亡くして8年

寂しいけど
時間が解決してくれます。

忘れたわけじゃないけど、いい思い出として残ってます。

(引用:Girls Channel)

時間が解決してくれる事もあるようで、生前の人物とのいい思い出だけが色濃く残っていきます。

突然亡くなった人の魂が心配!人は死んだらどこに行くの?

DarkWorkX / Pixabay

突然亡くなった人の魂はどこに向かうのでしょうか?人は死んだらどこに行くのかを時間ごとにまとめました。

人は死んだ直後、肉体と魂が霊子線で繋がっている?

geralt / Pixabay

人は死んだ直後(科学的に見て心肺停止の状態)に魂が肉体を抜け出しますが、この時はまだ霊子線というもので魂と肉体が繋がっている状態です。この時魂はまだ肉体の苦しみや痛みを感じています。

多くの場合は、抜け出した霊が天井の辺りから自分の肉体を見つめています。霊子線が切れるのは死後24時間ほどかかります。その為に通夜式は亡くなってから1日置いて行われるのです。

亡くなってすぐに荼毘に付すと霊子線が切れていない状態なので、魂の苦しみは続くでしょう。

亡くなった人は見てる?1週間くらいは自宅付近にいる場合が多い

Deflyne / Pixabay

霊子線が切れてから1週間程は、亡くなった人の魂は家族の元にいます。これはまだ生への執着や心残りがあるためです。通夜式や葬儀の読経は亡くなった人に、死を理解させるために行われます。

家族の側に魂がいるのですから。もちろん通夜式や葬儀の様子から家族の行動を亡くなった人は見てる事になります。魂の心残りや生への執着を助長するような行動や発言は控えましょう。

亡くなった人は四十九日頃、死後の世界へ

8385 / Pixabay

亡くなってから49日程経つと、亡くなった人の魂は「導きの霊」と呼ばれる霊にあの世に向かう事を促されます。初七日や四十九日の法要は、亡くなった人が安らかな気持ちであの世に旅立てるように行われるのです。

死後の世界は無い?そう思っていると死を自覚できないことも

geralt / Pixabay

死後の世界は無い?そう信じている人の魂はあの世という世界を認識する事が出来ません。魂自体があの世を否定しているので、辿り着いたとしても理解が出来ないのです。

あの世を認められない魂は、あの世で蝋人形のようになり冬眠状態になってしまいます。無意識状態のまま死んだ時の状態を保ち、そこから動く事もままなりません。

人は死んだらどこに行く?先に他界した人に歓迎されて休憩所へ?

geralt / Pixabay

人は死んだらどこに行くのでしょうか。あの世に着いた魂はすでに亡くなった親戚や知人と会い、そこで大歓迎を受けます。そしてその中に知人ではないのに懐かしいと感じる霊に出会います。

その懐かしい人こそあなたの守護霊を務めた人です。守護霊に促されて連れていかれるのは、病院の待合室のような部屋です。

亡くなったばかりの魂は地上の波動を未だに受けているので、その休憩所で暫く過ごしあの世に入るための準備をします。

その後は人生の反省会

mohamed_hassan / Pixabay

休憩所で行われるのは地上の波動を抑える事だけではありません。自らの人生を振り返り、善し悪しを自分で判断していきます。これは何が足りなかったのか、他人を苦しめたりしなかったかなどが明らかになります。

これこそが死後の裁きとなります。この反省会が終わると生まれ変わったかのように、亡くなった魂は霊的意識をクリアに持つ事が出来る様になります。

人生次第で天国へ行くか地獄へ行くかが決まる

jplenio / Pixabay

自分の人生を顧みて、善し悪しを判断すると再び守護霊に導かれて休憩室を出ます。死後の裁きを終えた魂は次はどこに向かえばいいのかを理解しています。

生前清らかな心を持ち人のために生きてきた人は、多くの人々からの祝福を浴び天国へと還ります。その人がいると居心地が悪いと判断される人の魂は天国へ入れないのです。

他者を苦しめたり身勝手な人生を歩んできた人は、地獄に赴く事となり今世での反省が終わるまで天国に行く事が出来ません。

亡くなった人の魂が抜けるって本当なの?科学的根拠がある?

geralt / Pixabay

亡くなった人の魂が肉体から抜けるというのは何か科学的な根拠があるのでしょうか?20世紀頃の実験データでは、人は亡くなった直後に35Kgも体重が減る事が分かっています。

この実験はアメリカとドイツが行っており、双方の実験結果が同じものでした。この事から何か目に見えない物質が、肉体を抜けていったという結論に辿り着いたのです。

臨死体験をした人の体験談は?魂が抜けるのは本当だった?

suju / Pixabay

臨死体験をした人の体験談からも魂が抜ける事は本当なのかを検証します。Aさんは妹を乗せた車で交通事故を起こしました。気がつくと妹と2人で大破した車を上から見つめていたそうです。

するとAさんの妹が突然「お兄ちゃんは戻りなよ」と言い、その言葉を聞いた瞬間にAさんは目が覚めたそうです。その体は運転席に横たわったままで、隣では妹が即死の状態だったといいます。

夢として片付けてしまうには霊として上から見た状況と事故の状況が合致していたそうです。

突然亡くなった人にはまた会えるの?死んだら会える?

RitaE / Pixabay

自分自身が死んだら死んだ人に会えるのでしょうか。自分自身が死んだ時に突然亡くなった人と出会う事が出来るのかを調べました。

「死んだら死んだ人に会える」わけじゃない!

AD_Images / Pixabay

突然亡くなった人とはあの世で会う事は出来るのでしょうか?それには今世での死に方が関係してきます。例えば突然亡くなった人、もしくはあなた自身が自殺だった場合です。

自殺した人の魂は地縛霊になるか地獄にいる事がほとんどです。得を積んだ魂は天国に向かうのですれ違ってしまいます。ですので突然亡くなった人に出会う事が難しくなるのです。

死んだら死んだ人に会えるとは一概にはいえないのです。

まずは自分の人生を全うすることが大切

suju / Pixabay

大切な人が突然亡くなってしまった時、悲しみに耐えられずに自殺をしてしまう人がいます。よく芸能人が亡くなった後に、後追い自殺をする人もいるほどです。しかし前記の通り自殺してもその人に会えません。

大切な人を失ってもまずは自分の人生と向き合って、その生を全うする事が大事です。人生を全うした後、大事な人に会える確率は上がるでしょう。

NEXT:死んだ人にどうしても思いを伝えたい場合は?
1/2