狩野英孝のアレルギーがやばい!?肌が弱くてアレルギーの数が尋常じゃない・・

お笑い芸人・狩野英孝のアレルギーがやばい!肌が弱いのはアレルギーとアトピーのせい?番組企画で判明した尋常じゃない数のアレルギーと、その数値を公開します!狩野英孝の普段の食事やアレルギーの影響、新しく診断されたアレルギーなどなど、詳しくご紹介します!

狩野英孝のアレルギーがやばいって本当?

アレルギーを持っている方は、アレルギーの辛さが本当にわかりますよね。皮膚のかゆみやくしゃみが出たり、鼻水が止まらなくなったり発疹も出たり・・。画像は、なんとあの芸人・狩野英孝のアレルギー一覧表!赤色がアレルギーで、黄色が今後アレルギーになる可能性のある項目です。赤色の数がやばそう・・。これ普通じゃないです。

狩野英孝といえば、過去に様々なニュースで話題にもなりましたね。例の事件で謹慎が解けた後には、以前よりはテレビに出ることが減ったように思います。そんな狩野英孝ですが、恋愛だけでなく自分の体のことについても悩みが多そう。狩野英孝のアレルギーはまじで色々、やばいんです。

狩野英孝のプロフィール

狩野英孝(かの えいこう)、1982年2月22日生まれのお笑いタレント・ピン芸人・シンガーソングライター。マセキ芸能社所属で、アーティスト名は50TA(フィフティーエー)。同期はハリセンボン・しずるなど。自称イケメンのナルシストキャラとして、「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」のフレーズで有名になりました。

「アメトーーク!」「金曜★ロンドンハーツ」など、不定期でバラエティ番組に出演中です。狩野英孝の、あの独特なキャラやテンポは癖になりますよね!「アメトーーク!」では、”〇〇芸人”といったテーマがほとんどですが、その人気から”出川と狩野”というテーマの回も放送されました。出川一郎も狩野英孝も、どちらも個性的で面白い!

狩野英孝は「仰天ニュース」の検査で

29万円のアレルギー検査

「ザ!世界仰天ニュース」のアレルギーをテーマにした回の放送の中で、その場のゲストに対してもアレルギー検査を行い、VTRで紹介するシーンがありました。狩野英孝も検査を受けた一人で、「ハトの糞アレルギー」であることが判明。このアレルギー検査には29万円をかけて、徹底的な検査を行ったそうです。

過去の同番組でのアレルギー検査では、33項目中25項目に陽性反応が出ていました。アレルギーの人といえば、小さい頃クラスにいても3、4人くらいだったと思います。話を聞いたら単品でのアレルギーの人が多かったですが、こんなにたくさんのアレルギー持ちは異例ですよね。最近は子供でアレルギーが増えているとは聞きますが・・

狩野英孝のアレルギー①食材

主なアレルギー食材

米、麦芽、ゴマ、ピーナッツ、大豆、タケノコ、キビ、アワ、ヒエ、ほうれん草、かぼちゃ、パセリ、カニ、メロン、モモ。これらは、狩野英孝がアレルギー検査で3の結果がでた食材です。3が出た時点で、食べるのを気を付けなければならない食材です。普段から口にするものがたくさんありますね。摂らないと栄養が偏ってしまいそうです。

肉や魚には、アレルギー反応ほぼなし

幸いにも、基本的な肉類にアレルギー反応はありませんでした。魚類にもアレルギー反応は低く、肉・魚は普通に食べて問題なさそうです。小麦やトウモロコシ、ソバなどは黄色になっていて、気を付けなければならない食材です。毎食毎食、油断ができないですね・・

狩野英孝のアレルギー②その他

オオアワガエリ、カモガヤ、ホソムギ、ナガハグサ、アシ、たんぽぽ、ヨモギ、ブナ、コナラ、スギ、ヒノキ、オリーブ、ヤケヒョウダニ、コナヒョウダニ、ハウスダスト、イヌ皮膚などなど・・。食材以外のアレルギーの方が、アレルギーレベルの高いものが多いようです。イヌ皮膚やダニ系・ハウスダストのアレルギーはMAXの6と判定されました。

狩野英孝はアレルギー数値もやばい

狩野英孝は、やばい数のアレルギーを持っていますが、その数値もヤバイ。”IgE抗体”というものを血液検査してアレルギーを調べたところ、アレルギー数値が一般人は100前後なのに対して、狩野英孝は7434という結果・・!スカウターが壊れるレベルだったと明かしました。以前の検査では11144だったので、多少良くなったけど・・

日頃からアレルギー対策

狩野英孝は常に気を付けていることとして、保湿を挙げています。常日頃の保湿と、薬を飲むこと、ハウスダストアレルギーのため部屋を清潔にしておくことをしているんだそう。ダニアレルギーもあるので、部屋の掃除は必至ですね。いやでも潔癖症になりそうな生活ですが、部屋はキレイそうなイメージが持てます。

狩野英孝の普段の食事、何を食べてる?

主な食事は、肉や魚が多い

ここまでアレルギーがひどいと、普段は逆に何を食べれているのか疑問に思いますよね。狩野英孝のtwitterやブログを見ると、思っていたより色々な食事を楽しんでいるようでした。基本的には、アレルギー反応のなかったお肉や魚のお刺身などの割合が多く、アレルギーの出にくいものを食べているといった印象を受けます。

お米やビールもギリOK?

たまにビールを飲んでいる画像もあったり、それほど強い影響の出ない食材は、時々楽しむ程度に食べられているようです。お寿司も食べているようですし、絶対に食べない!ってことはないみたいですね。日本人ですから、お米が食べられないのはきついですもんね・・。お笑いのネタだけでなく、実際にラーメンも好きで食べているみたいです。

狩野英孝はお肌がよわよわ?

「アメトーーク!」の企画で、”お肌よわよわ芸人”が集まる回があり、お肌が弱いのが悩みな芸人たちが集いました。狩野英孝もその一人として体験談を語っていました。狩野英孝はひどいアレルギーから、「肌をむやみにかかないテクニック」を自分で生み出したそうです。

狩野英孝流「肌をかかないテクニック」

「かゆいところに起爆装置が埋められていて、かいたら地球が爆発すると想定する」「自分をヒーローに見立てて自分を追い込んで、かかない」「かゆみが治まったら”人類を守った!!”みたいな」。ユニークな発想ですよね。狩野英孝らしいアイデアです。会場にいた他の”お肌よわよわ芸人”たちも共感したりしていました。

狩野英孝はお肌が弱くて髪の毛が・・

頭皮がかゆい!

“お肌よわよわ芸人”の番組冒頭で、狩野英孝の髪型が急に変わっていたことに驚いた、雨上がり決死隊・宮迫。その時のことを狩野英孝は「頭皮をかきすぎてしまって、髪の毛がなくなったから隠すためにオールバックにしてた」と語っていました。髪の毛がなくなっていたからオールバックにしていたなんて知らなかったですよね・・。

狩野英孝はアトピー性皮膚炎で肌が・・

狩野英孝は、自身のブログでアレルギーとアトピー性皮膚炎で荒れてしまった指の治療経過を報告していました。あまりにひどいため保湿で足りず、ステロイドの薬も使っているのだそうです。アトピー性皮膚炎がひどくなって、夜中に自分の咳で起きてしまい、なかなか寝れなくなることもあるのだそう。

狩野英孝が肌を見せない理由

狩野英孝がテレビで肌を見せない理由として、タトゥーを入れてるんじゃないか、という噂がネット上で広まっていました。これは、狩野英孝のブログにタトゥーの画像が載っていたことが原因のようです。実際はこの画像は、友達の腕のタトゥーを撮ったもので、狩野英孝にタトゥーが入っているのではありませんでした。

狩野英孝がテレビで肌を出さないのは、アトピー性皮膚炎が原因のような気がしますね。アレルギー+アトピー性皮膚炎でやっぱり体も荒れているでしょうし、本人も見せたくないのではないでしょうか。男女関係なく、肌荒れは人に見られたくないものですよね。

狩野英孝のアレルギーは大人になってから

狩野英孝は、多くのアレルギーが大人になってから出てきてしまったと話しています。季節の変わり目は特にひどくなるし、ファンに握手を求められたときには、「カサカサでいつも申し訳ないなと悩んでいる」んだとか。いつも明るく振舞っている狩野英孝にも、そんな繊細な悩みがあったんですね・・。全然知らなかったです。

狩野英孝は「ゴキブリ」アレルギーで肌が反応?

狩野英孝は2018年の4月に「ゴキブリアレルギー」があることを報告しました。下水道の上を歩いただけで、アレルギー反応が出ることがあるんだそう。都会にはゴキブリもたくさん潜んでいるし、本当に外を歩くだけでアレルギーが反応してしまいそうです。それより、アレルギー反応が出たら「あ、ゴキブリいるな」ってなるんでしょうかね?

ゴムアレルギーで珍エピソードも

狩野英孝は女性との行為の後、違和感を感じ医者に診てもらったところ、「ゴムアレルギー」であることが判明したのだそうです。ネタのように話していたので、疑う人も多かったようですが、結構マジな話みたいですね。男性にはしんどいアレルギーかもしれません。不便が多い生活が想像できます。

狩野英孝はアレルギー&アトピーでかなり苦労していた

普段は、すべり芸人やナルシストの印象を持たれている狩野英孝ですが、アレルギーやアトピーによって日常生活もかなり苦労していることがわかりました。芸人は笑わせるのが仕事なので、私生活での苦悩なんかは、やっぱり知らないことが多いですね。テレビでは明るく振舞っていて、普段の性格もナゾだったりします。

芸人仲間からも愛されるキャラクター

狩野英孝のtwitterのツイートを見ていると、たくさんの芸人と撮った画像やムービー、時にはなんでもない空の景色の画像など、人柄が表れるようでした。今だ愛されキャラで活躍できているのも、狩野英孝の人柄の良さがあるからでしょう。今後はアレルギーが和らいで、普通に美味しい食事を楽しめるようになってほしいと願います!