八千草薫の死因は膵臓がん?入院していた病院はどこ?亡くなる直前の会話や顔画像はある?葬儀・告別式の場所はどこ? タレント

八千草薫の死因は膵臓がん?入院していた病院はどこ?亡くなる直前の会話や顔画像はある?葬儀・告別式の場所はどこ?

女優の八千草薫さんが10月24日に死去したことがわかりました。死因は膵臓がんと発表されていました。今回はその死因や、入院していた病院、亡くなる直前の会話や画像、家族のコメントなどを中心にまとめました。

目次

[表示]

八千草薫が死去。死因は膵臓がんで間違いない?

「宮本武蔵」「ディア・ドクター」などの映画や「岸辺のアルバム」をはじめとする名作ドラマに出演した女優の八千草薫(やちぐさ・かおる、本名谷口瞳=たにぐち・ひとみ)さんが24日、午前7時45分、膵臓(すいぞう)がんのため死去したことが分かった。88歳。大阪府出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

(引用:スポニチ)

報道された通り、女優の八千草薫(谷口瞳)さんが10月24日にお亡くなりになりました。死因は膵臓がんで間違いないようです。葬儀・告別式もすでに行われています。

八千草薫が入院していた病院はどこ?画像がある?

八千草薫さんが入院していた病院の情報ですが、東京都内ということしかわかっておりません。しかし、調べてみると、芸能人が入院する病院は設備の整った国立病院が多いようで、東京都内の国立病院ではないかと推察されます。

下の画像は、東京都内の国立病院のマップです。このどこかなのではないでしょうか。

八千草薫が亡くなる直前(最期)の会話や顔画像はある?

関係者によると、亡くなる約2時間前まで、意識はしっかりしていたという。24日、午前6時ごろに看護士が朝の検診で病室へ。「変わったことは特にないわ」などと穏やかな会話が交わされ後、しばらくして、容体が急変。7時45分に帰らぬ人となった。

(引用:スポーツ報知)

以上のように報道されたことから、亡くなる直前お会話は「変わったことは特にないわ」だと思われます。亡くなる直前で容態が急変したとされていますが、八千草薫さんが周囲の人に心配をかけぬよう多少の無理をしていたことも考えられます。

画像については、一切公開されておらず探すことはできませんでした。

八千草薫の家族のコメントは?

八千草薫さんの家族についてですが、夫は谷口千吉さんです。しかし、彼はすでに亡くなってしまっているため立ち会うということはなかったでしょう。

また、子供についても二人の間にはいなかったとされています。

八千草薫の経歴と活躍

本名:谷口 瞳(たにぐち ひとみ)
旧姓:松田 瞳(まつだ ひとみ)
生年月日:1931年1月6日
没年月日:2019年10月24日(88歳没)
出身地:日本大阪府
職業 女優
ジャンル 舞台、テレビドラマ、映画
活動期間 1947年 – 2019年
配偶者 谷口千吉(1957年 – 2007年)死別
事務所 柊企画

<主な作品>
テレビドラマ
『銭形平次』
『うちのホンカン』
『岸辺のアルバム』
『ちょっとマイウェイ』
『茜さんのお弁当』
『やんちゃくれ』
『フードファイト』
『白夜行』
『最高の離婚』

映画
『宮本武蔵』[1] 『ディア・ドクター』
(引用:wikipedia)

以上引用になりますが、昭和から活躍した名女優として多くの人に親しまれていました。

みんなの反応まとめ

以上のように、八千草薫さんの死去を悲しむ声が多数上がっています。

ご冥福をお祈りいたします。