川端俊介の死因は病気?年齢や最期の言葉、画像は?入院していた病院はどこ?経歴や活動、家族のコメントも!【スローカーブを、もう一球のモデル】 タレント

川端俊介の死因は病気?年齢や最期の言葉、画像は?入院していた病院はどこ?経歴や活動、家族のコメントも!【スローカーブを、もう一球のモデル】

目次

[表示]

川端俊介の経歴や活動は?【スローカーブを、もう一球のモデル】

川端 俊介(かわばた しゅんすけ、1963年 – 2019年10月22日)は、日本の野球選手(投手)。教師。群馬県高崎市出身。

速球と落差のあるカーブを武器に活躍した。山際淳司の小説「スローカーブを、もう一球」のモデルとして広く知られている。

(引用:wikipedia)

川端俊介さんは野球選手でありながら、教師も経験したことがあるという特殊な経歴の持ち主です。

得意のカーブでは多くの打者を苦しめました。

以下は、川端俊介さんの野球選手、教師としての経歴になります。

高崎市立第一中学校で軟式野球部に入部し野球をはじめる。卒業後、群馬県立高崎高等学校に進学、硬式野球部に入部。高校2年の夏までは右サイドスローの控え投手であったが、OBの指導でオーバースローに変えたところ球威が増加し、エースとなった。1980年秋の群馬県高校野球選手権で快投を続け、2回戦群馬県立沼田高等学校に5-2で勝利・3回戦前橋育英高等学校で13-0のコールド勝ち・準々決勝群馬県立前橋商業高等学校に7-2で勝利・準決勝群馬県立高崎商業高等学校に3-0で快勝し、関東高校野球選手権への出場を決めた。決勝でも勢いは衰えず、群馬県立吉井高等学校に2-1で競り勝った。関東高校野球選手権大会では、1回戦茨城県立水戸農業高等学校に8-0で快勝・2回戦國學院大學栃木高等学校に3-2で辛勝・準決勝茨城県立日立工業高等学校に2-0で競り勝って1981年春のセンバツ出場を決めた。センバツでは力を出し切れず1回戦で敗れた。

高崎高校を卒業後は、東京学芸大学に進学し教員免許を取得。群馬県公立小学校教員に採用され、現在は小学校教諭として児童の指導にあたっている。

(引用:wikipedia)

川端俊介の死因は病気だった?年齢は?

川端俊介さんの死因は病気だったと伝えられています。享年は56歳でした。

まだまだお若い年齢でありながら、病気ですから、ガンなどが第一に考えられますが、詳しい病名などはわかっておりません。報道を待ち、詳しい病名等がわかり次第追記していきます。

川端俊介の入院していた病院はどこ?

病気で亡くなった川端俊介さんですが、入院していた病院はどこなのでしょうか?

こちらの情報もまだ詳しくわかっていません。病気であったことから病院に入院していた可能性は高いと思われますが、どこの病院かはわかっておりません。地元が群馬県高崎市であることから、その近くの病院だと考えられます。

上の画像は高崎市の病院ですが、多くあるため特定は難しいかと思われます。

最期の言葉や画像はある?

最期の言葉についてですが、情報が少なく、まだわかっておりません。

画像については、そもそも川端俊介さんの画像が少なく、こちらも探すことはできませんでした。

病気ですから、かなり衰弱してしまった様子であったであろうことは推察できます。かなり厳しい闘病生活であったこともわかります。

家族のコメントは?妻川端紀子さんは?

家族のコメントも残されていません。妻・川端紀子さんについても情報が出ておらず、10月26日午後1時から高崎メモリードホールにて行われた川端俊介さんの葬儀の喪主をお務めされたそうです。

みんなの反応まとめ