宜保愛子の死因は胃がん?かもめ荘の呪い・伝説の心霊写真や予言タレント

宜保愛子の死因は胃がん?かもめ荘の呪い・伝説の心霊写真や予言

目次

[表示]

そしてその意向を汲んで、宜保愛子さんの葬儀は近親者のみでの家族葬という形で執り行われました。

冝保愛子は死後、現在でも慕っている人が多い!

霊能力者というともすれば胡散臭さを感じさせる肩書を持ちながら、冷静で上品な言葉遣いの宜保愛子さんはオカルトに興味がない視聴者からも人気を獲得していました。

素敵な方でしたね。私はテレビでしか拝見出来ませんでしたけど、温かい言葉がとても好きでした

(引用:ガールズちゃんねる)

このような声は現在でもあがっており、彼女の知性や品を感じさせる言葉選びや佇まいが好きだった人は多い様子です。

アンネフランクの隠れ家でのロケが印象的。
家族みんなでテーブルの下で震えてたって霊視したり可哀想って涙流してたシーンを覚えてる。

(引用:ガールズちゃんねる)

宜保愛子さんはもちろん仕事で除霊や霊視を行っていたのですが、単にお金儲けのために霊視をしているようには見えなかった、本当に優しい人だと思うと人柄を偲ぶ声もあがっています。

霊感商法等により露骨な金儲けを行うような事は一切なかったところは評価できる。私は彼女の霊的現象について疑義を持っていろいろと批判、検証はしたが、彼女の人間性や人柄までは否定するつもりは一切なかった。

(引用:wikipedia)

実際に彼女が亡くなった際には、霊の存在を巡って散々バトルをしてきた大槻義彦さんも宜保愛子さんの人格に対して、上のようなコメントを発表していました。

宜保愛子のこれまでの活躍や予言まとめ!消えた理由は何だったの?

Pexels / Pixabay

宜保愛子さんは1980年代から1990年代の半ばにかけて様々なTV番組に登場し、お茶の間の人気者となりました。

霊能力者という変わった肩書の持ち主でありながら、広く受け入れられた冝保愛子さんでしたが、1995年にオウム真理教のよる地下鉄サリン事件が起こってからは状況が一変。

「オカルトは不謹慎」という論調が流れ、宜保愛子さんもTVから消えたとと言われています。ここでは宜保愛子さんがブームの当時に行っていた、様々な予言について紹介していきます。

宜保愛子のプロフィール

  • 生年月日 1932年1月5日
  • 出身地 神奈川県横浜市
  • 死亡 2003年5月6日

1961年に初めてTV出演をして以降、「本物」の霊能力者だとして人気に火がついた宜保愛子さん。

1970年代には放送作家の新倉イワオ氏と組んで心霊スポットを巡り、「見える」宜保愛子さんと「見えない」新倉イワオ氏のやり取りが大人気となりました。

1961年のテレビ出演がきっかけで人気に!

宜保愛子さんはTVに出演する前から霊能力者として活動をしていました。

そんな彼女の噂を聞きつけたTV関係者が初めて彼女にオファーを出したのが1961年のことで、この時に放送された霊能力を使って悩み相談に乗るという企画が当たって、宜保愛子さんは知名度を上げました。

冝保愛子は「とんねるずのみなさんのおかげです」で有名に?

TVに出演していたと言っても、1970年代までの宜保愛子さんは『お昼のワイドショー』の夏休みの特別企画に出演するだけなどで、そこまで目立つ活動はしていませんでした。

しかし1980年に入ってとんねるずの石橋貴明さんが「宜保タカ子」というパロディキャラを演じ始めると、宜保愛子さんの人気も一気に高まり、社会現象にまでなったのです。

ちなみに宜保タカ子さんも心霊バスツアーを行っていたのですが、富士の樹海の風穴を勝手に爆破するなどの問題行動を数多く起こし、宜保愛子さんに負けないレジェンドとして知られています。

冝保愛子は東日本大震災を予言していた?!

宜保愛子さんはTVから姿を消す前に、東日本大震災を予言するような発言をしていたと言われています。

東日本で大きな自然災害が起き、3万人が亡くなる。その後は復興する

(引用:Yahoo知恵袋)

この言葉は東日本大震災を指していたのでは?と言われているのですが、ご存知のようにかねてから東日本で大規模地震が起こる可能性が示唆されていました。

また時期に触れられていないことから、予言と呼ぶにはあまりにも対象がアバウトすぎる、これを予言が当たったと判断するのは無理があるのでは?と指摘されています。

さらにエジプトでの地震も予言していた!

東日本大震災については予言が的中したとは言い難いとの声もありますが、宜保愛子さんは他にもエジプトで自身が起こるという予言もしていました。

エジプトは世界でもトップクラスに地震発生率が低い国で、建物も地震を想定せずに設計されています。

このような国で地震などあり得るのか?と疑問視されましたが、宜保愛子さんの予言後、1992年にエジプトで地震が発生。540名もの死者を出しました。

冝保愛子はツタンカーメンの死の謎についても霊視していた

1992年に『宜保愛子!ピラミッドの謎に迫る!』というTV番組が放送された際、宜保愛子さんは考古学者の吉村作治氏とともにエジプトに渡り、ツタンカーメンの霊視を行いました。

宜保愛子さんによるとツタンカーメンは叔父によって毒殺されており、同じくエジプト考古学博物館に収蔵されているワイン壺が毒を入れる容器として使われたと語ったのです。

冝保愛子のその他予言は?

他にも宜保愛子さんは以下のような予言をしていました。

  • 舛添要一さんに対して、女の影が見えると発言。実際に舛添要一さんには愛人がおり、外に子供もいた。
  • 逸見政孝さんに対して、亡くなった弟さんが同じ病気に罹ると心配していると霊視。実際に逸見政孝さんは弟さんと同じくガンで急逝。
  • ノストラダムスの予言に対して、1999年に世界が滅びることはないと断言。
  • ピラミッドに対して、石材を軽量化できる超能力者がいて、そのおかげで古代エジプトの技術力でも建立できたと発言。

一番下に紹介したピラミッドはさておき、上の3つは当たっています。特に逸見政孝さんに関しては死因もあてているため、宜保愛子さんは本物なのでは?と噂になったのです。

NEXT:冝保愛子が鑑定した心霊写真集も出版
2/4