チュートリアル徳井が1億2000万円分所得で脱税!逮捕の可能性と驚きの低年収 芸能人

チュートリアル徳井が1億2000万円分所得で脱税!逮捕の可能性と驚きの低年収

目次

[表示]

チュートリアル徳井が脱税?経営していた会社「株式会社チューリップ」とは?

チュートリアルの徳井さんの経営する会社「株式会社チューリップ」が7年間に渡って1億2000万円の所得を隠し脱税行為をしていたことがFNNの取材によって発覚しました。

「株式会社チューリップ」とは徳井さんのお笑いタレントとしての吉本興業から受け取る収入を管理するための会社で、徳井さんは吉本興業と業務委託契約をしていたと見られます。

お笑いコンビ 「チュートリアル」の徳井義実(44)さんが設立した会社が、東京国税局から2018年までの7年間で約1億2000万円の所得隠しと申告漏れを指摘されていたことがFNNの取材でわかった。

関係者によると 徳井さんは、所属する吉本興業から支払われるテレビやラジオの出演料などを本人が個人として設立した「株式会社チューリップ」を通して受け取っていたが、2012年から2015年までの4年間で個人的な旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の経費として計上していた。

東京国税局はこれを経費として認めず、約2000万円の所得隠しを指摘した。 また、2016年から2018年までの3年間は収入を全く申告しておらず、徳井さんに対し約1億円の申告漏れを指摘した。重加算税等を含めた追徴税額はあわせて約3400万円にのぼるとみられる。 徳井さんはすでに納税と修正申告を済ませている。

https://www.fnn.jp/posts/00048650HDK/201910231130_FNN_HDK

 

会社経営者が旅行や洋服など個人の消費財を経費計上するのはよくある話ですが、『2016年から2018年までの3年間は収入を全く申告しておらず』額も合計で『1億2000万円』となると国税庁も見過ごすわけにはいかなかったのでしょう。

チュートリアル徳井の脱税額はいくら?年収はいくら?

徳井さんの脱税額は、所得に対しての法人税で計算されるので、2012年〜2015年では2000万円に対しての法人税(一般には約30%)の約600万円、2016〜2018年の約1億円に対しては約3000万円ということになります。

テレビで見かけるよくわりに、意外と年収は低いようです。吉本から直接の収入もあるのでしょうか。

したがって今回明らかになった脱税額は、合わせて3600万円になります。

年収が明らかに!3年間であわせて1億円、年収は3300万円の収入だった!

今回の報道で株式会社チューリップの3年間の収益が「約1億円」ということが判明しました。1年間の年収にすると約3300万円になります。

 

これは吉本興業からの収益になるので、おそらくお笑い芸人さんの間で行われているとされる「闇営業」「直営業」と言われる仕事に関しての給料は計上されていないと思われます。闇営業の収入は吉本からの収入よりも多いと言われることもありますが、徳井さんほどの忙しさになると、闇営業をできる時間もあまり無いと思われます。おそらく年収の0.5〜1倍の、1600〜3300万円でしょう。

 

したがって、徳井さんの年収は明らかになっている分で3300万円で、実際のところは4900万円〜6600万円くらいであると思われます。

チュートリアル徳井が逮捕される可能性はあるの?

今回の報道では、 徳井さんはすでに納税と修正申告を済ませていると報じられています。したがって逮捕される可能性はないでしょう。一般的には、脱税は厳重注意・追加徴税の処遇にて終わることが多く、検察に起訴される場合は2億円以上の脱税をした場合が多いと言われています。

 

しかし、脱税については有名人を逮捕したり検挙する流れが強まっているので、芸能人である徳井さんは逮捕ギリギリだったのではないでしょうか。最近脱税していた有名人だと、青汁王子の1.7億円の脱税の件が記憶に新しいですね。

ここがいけない!チュートリアル徳井は脱税意思があった!

今回の報道で着目すべき点は、2012年〜2015年で2000万円を経費計上していた点です。

 

つまり、『収入を全く申告して』いなかった2016〜2018年は、「脱税しようという意識があって」脱税に至ったということです。

 

これは、税金というものに対しての意識の低さがうかがえます。

44歳という年齢であるのにも関わらず、どうして確実にばれるようなことをしてしまったのでしょう。FNNも以下のように報じています。

関係者は今回のケースについて「納税意識が欠如していると言わざるを得ない」と厳しい見方を示している。

(中略)

このこと自体は問題ではないが、今回のケースでは会社から法人税の申告はされておらず、一部を個人の旅行代金などに経費として計上していたことや、指摘された1億2000万円の所得隠しと無申告は実に7年間に渡っていて、国民の義務を果たさず、納税を軽視した事案といえる。

https://www.fnn.jp/posts/00048650HDK/201910231130_FNN_HDK

チュートリアル徳井は破産する!?今回6700万円を支払わなければならない?

追徴税額で3400万円の納税負担ということになるので、そもそもの法人税を3300万円としても、今回だけで合計で6700万円の課税ということになります。

 

この額は、流石の徳井さんにとっても痛い額なのではないでしょうか?3年間で1億円だとすると、貯金でも6700万円もあるのでしょうか…。先輩芸人から借金をして納税した可能性も高いと言えます。徳井さんの今後が心配です。

発覚の経緯は?

今回の脱税発覚の経緯は、吉本興業の取引履歴を国税庁が捜索したのはないかと思われます。

今後も芋づる式に他の吉本芸人の脱税が発覚していく可能性は高いと言えます。