拳月の現在は奄美?大阪のミナミ?最新の逮捕歴やNHKの出演情報 タレント

拳月の現在は奄美?大阪のミナミ?最新の逮捕歴やNHKの出演情報

かつて強者で名を馳せた拳月は現在度重なる逮捕で半グレとなっています。大阪のミナミでは奄美の狂犬として知られています。妻はいるのでしょうか?また現在の仕事や弘道会との関り、韓国人との噂もあります。また拳月が自演乙に判定負けした試合についても触れていきます。

目次

[表示]

拳月の今現在!最新の逮捕歴は?NHKの特集に出演したって本当?

nuzree / Pixabay

拳月と書いて「けんむん」と読みますが、格闘技ファンなら名前を聞けばピンとくるほど要注意人物です。格闘家としても名を馳せましたが、それ以上に世間を騒がせているのは繰り返される逮捕歴といえます。

格闘家時代から素行が悪くいかつい表情でも恐れられてきた拳月の最新の逮捕歴と、保釈中の身ながらテレビ番組に出演して再び話題になった一件について紹介していきます。また妻や子供はいるのでしょうか?

拳月は現在、逮捕されて保釈中?最新画像は?

拳月(けんむん)といえば格闘技好きの間で知らない者はいないほど有名人物ですが、格闘家だけでなく度重なる逮捕で犯罪者としてのイメージも浸透しています。そんな拳月も現在は保釈されているとのことです。

まるでヤクザ映画さながらの世界を生きてきた拳月は逮捕されるたびにニュースに取り上げられていますが、最新の逮捕はどのような犯罪によるものだったのでしょうか。

拳月の最新の逮捕歴は2018年、国民健康保険証の詐欺容疑

拳月こと本名相良正幸氏の最も新しい逮捕は2018年の国民健康保険証の詐欺容疑でした。保険証を他人名義で利用して治療費の支払い負担を減らす狙いがあり、これは拳月が他人に自身の保険証を貸したものです。

報道によると拳月の知人男性が、臀部のデキモノ治療のため沖縄県内の病院で治療を受けた際に、拳月の保険証を使って治療したとされています。これにより知人男性は本来の治療費より少ない額を支払いました。

拳月はNHKの半グレ特集に出演していた!?

度重なる逮捕ですっかり半グレとしてのイメージが定着してきた拳月ですが、NHKのテレビ番組にも顔を出すなど大胆不敵です。半グレ仲間のテポドンこと本名・吉満勇介氏と二人で出演していました。

番組の主旨は半グレの実態について特集したもので、インタビューの中で拳月はテポドンとともに現在は何も犯罪には手を出していないと語っています。2018年の国民保険証詐欺の一件にも触れられていました。

拳月の現在の仕事は不明?

番組中では拳月が現在は犯罪に手を出していないと語っていましたが、仕事に関してはまったく明かされませんでした。一方で、ともに出演したテポドンは飲食店を経営していることを明かしています。

度重なる逮捕で昔から悪事を働いてきた拳月にとって、一般の仕事で地道に働くということは似合わないとの声も多く聞かれます。

拳月は大阪ミナミの顔役?

吉満氏がお店を出しているのは大阪のミナミという繁華街で、ここは東京でいえば新宿の歌舞伎町に匹敵するところです。表向きはテポドンの経営する店の手伝いを拳月がやっているとの証言もあります。

それはあくまで表向きで、実際には現在でもなお大阪ミナミの顔役としての存在を発揮しているとの噂も消えていません。ミナミで拳月といえば現在でも誰もが恐れる知られた顔として幅を利かせているようです。

拳月は現在、格闘家を引退状態?

以前は格闘家として名を馳せた拳月でしたが、番組の中では街中を我がもので練り歩く姿が放送されていました。一方でジムで汗を流す様子はありません。現在は完全に格闘技の世界から身を引いているといいます。

実際に番組に出演した際の肩書にも「元格闘家」と表記されていました。格闘技好きなら拳月の本名とかつての肩書をみればすぐにピンと来たでしょう。格闘家をやっていない事実に残念がるファンもいました。

拳月は結婚してるの?妻や子供は?

sasint / Pixabay

格闘家としてよりも現在は犯罪の常習者、半グレとして有名になった拳月ですが、プライベートでは家族はいるのでしょうか?妻や子供の存在も気になるところです。番組では家族には触れられていませんでした。

ネット上でも拳月の家族についての情報は一切ありません。結婚した過去があるなら情報として出回っていてもおかしくありませんが、妻に関する情報も子供に関する情報もないので、結婚はしていないようです。

拳月のインスタやツイッターは存在する?

拳月の現在の様子をもっと知りたいと思うファンも多いようです。そこで拳月がSNSをやっているのか調べてみましたが、拳月は現在インスタもツイッターも開設していないようです。偽物は複数ありました。

本人は自分のことを発信することがあまり好きじゃないのか投稿はしていませんが、以前の格闘技仲間やかつてのファンなどが現在でも時折り昔撮った写真をアップすることもあるようです。

拳月は現在、半グレ集団・O7のリーダー格?

半グレという言葉そのものは昔からありましたが、一般に生活していると聞きなじみがない言葉です。ですが半グレはヤクザが法律の改正で表立って活動できなかった隙間を縫って非合法な活動する危険な存在です。

かつては格闘家として名を馳せた拳月も現在は半グレとして活動しています。本人は番組では悪事を働いていないと語っていますが、半グレ集団「O7」のリーダー格として知られた存在でもあります。

大阪のミナミで拳月を知らない人はいない?

NHKの番組でも拳月が街を練り歩くたびに様々な強面の人々から挨拶される様子が映し出されていました。大阪のミナミで現在でも幅を利かせていることは間違いありません。半グレとして生きているようです。

「O7(アウトセブン)」の名が示す通り、アウトローな生き方をするグループです。メンバーの顔を見れば震えあがる人もいるほどの半グレ集団のリーダー格を拳月は務め上げているとのことです。

拳月は「奄美の狂犬」と呼ばれていたことも

拳月についてネット検索すると、よく「奄美」の地名が出てきます。奄美出身の拳月は大阪の繁華街で幅を利かせるようになってからは、過去の格闘家としてのイメージも相まって「狂犬」の異名を持っています。

顔面もいかついですが、逆らうと鉄拳が飛んできそうな雰囲気を醸し出しています。O7は拳月の存在感で成り立っているとの証言もあるほど拳月はグループに欠かせない立場となっているようです。

O7の活動内容は?みかじめ料の取り立て?

暴対法の改正で暴力団は表立ってみかじめ料などの取り立てが出来なくなりました。現在でも活動している団体はあるようですが、目に見えない形でうまくやっているようです。暴対法の隙間を縫ってO7がいます。

暴力団が目立った動きができない部分を、それに代わってO7のような半グレ集団が実行しています。拳月は顔が怖くて声にも迫力があるので、暴力団がいなくてもそれに匹敵するだけの脅威を与えているようです。

拳月は弘道会とも繋がりがある?

弘道会といえば日本を代表する暴力団・山口組の系列で時々ニュースでも取り上げられるほど注目度の高い集団です。顔がいかつく暴力団顔負けの存在感を放つ拳月が弘道会と繋がりがあるとの噂もあります。

しかし実際には現時点で弘道会と拳月とを結びつける根拠はありません。表立って活動できない弘道会の隙間を縫って拳月らが悪事を働く危険性を警察も警戒していることは事実のようです。

幹部のテポドン逮捕で、拳月グループは崩壊?

報道では幹部の一人と目される梶諒氏やテポドンこと吉満祐介氏らが逮捕されたことで拳月グループは崩壊に向かっているとの噂も飛び交っていますが、それを否定する声も多く出ています。

拳月は健在で、目だった動きがないだけに不気味との声もあります。O7は横の繋がりも強く、簡単には崩れないと言われています。それはひとえに拳月が多くの不良から慕われているためとされています。

拳月がNHKの半グレ特集で語ったこととは?

Alexas_Fotos / Pixabay

O7は半グレの中でも独特の歴史を育んできました。格闘技好きの間でも拳月の存在によって半グレの世界を知ったファンも多く、半グレやO7に関する様々な噂も虚実入り混じって語られてきました。

大阪のミナミを暴力団に変わって幅を利かせているO7の事実上のリーダー拳月は、テレビの取材に対してどのようにコメントしていたのでしょうか?また拳月は今後どこに向かおうとしているのでしょうか?

半グレに関するネットの噂は嘘?軍団立石は存在しない?

KELLEPICS / Pixabay

某週刊誌によると、暴力団が活動し辛くなった大阪ミナミの繁華街では、それに代わって半グレ集団が権力闘争を繰り広げていると書かれています。記事ではO7の他に軍団立石や米谷の集団があるとのことです。

これが事実ならまるで三国志の世界です。しかしこの報道について拳月は、「米谷」については神戸で名の通った集団として認識しているものの、「立石軍団」という半グレ集団は知らないと語っています。

大阪の半グレグループ・アビスとの関わりは?

一般的には敵対しているように見えるO7とアビスの関係にも触れています。過去には10代後半から20歳までの若者で構成されるアビスが拳月らを慕って指導を求めてきたことを拳月が明かしています。

しかし商売がうまく行くようになると暴力団の手先となって悪事に手を染め、こちらの忠告もまったく聞かなくなったと拳月は嘆いていました。グループについても現在は何人いるのかまったく不明といいます。

拳月は「強者」と深く関わっているわけではない

拳月がそもそも格闘家として名前を馳せるようになったのは「強者」という関西を拠点に活動するアマチュアの格闘技でした。拳月は強者に所属していた選手として有名にしてもらった恩は感じているといいます。

ただし時々交流は続いているものの、深く関係を築いているとまでは言えないと明かしています。会えば挨拶をする程度で、特に深い付き合いがあるわけでもなく、行動を共にしているとの噂は嘘と語っています。

「O7」というチームは存在しない?

視聴者を最も驚かせたのは拳月が口にした「O7」という半グレ集団はそもそも存在していないという発言でした。拳月を始め逮捕されたテポドンや幹部はてっきりO7のリーダー格とみなされていたのです。

それがここにきて「O7」そのものが存在しないというのです。彼らは元々ミナミで事を起こす仲間が集まって来て、周りの人間が勝手に「アウトセブン」と呼び名をつけたようです。

警察が「O7」の名を使用するのも、拳月曰く捜査する上で便宜上必要な呼び名とのことです。

拳月は今後、奄美で自然と共に生きていく?

世間ではすっかり「半グレ」のイメージが定着した拳月ですが、最近になって奄美で平和な生活を過ごすのもアリだと考えているといいます。また「半グレ」と言われることにも嫌気がさしてきたと吐露しています。

拳月は兄を亡くして以降、自分の人生について考えるようになりました。奄美の親戚からは「ヤクザ」な世界から足を洗ってまっとうな生き方をする道も考えるよう促されているとも語っていました。

アウトサイダーとO7のトラブルに拳月が関与していた?

xusenru / Pixabay

半グレ集団O7といえば格闘技ファンの間でもう一つ有名な事件がアウトサイダーとのトラブルでした。正確にはO7の原型である「強者」の関係者がこのトラブルをきっかけに逮捕されるに至っています。

アウトサイダーというのは前田日明氏の立ち上げた格闘技の名称です。このアウトサイダーとのトラブルに拳月はどの程度関与しているのでしょうか?一部ではかなり深く関わっているとの噂もあります。

O7の原型「強者」は前田日明のアウトサイダーとのトラブルで逮捕

強者はかつては不良を集めてアマチュアの格闘技を展開する関西を拠点とした団体でしたが、熱狂的な人気の裏で様々な犯罪行為によって2013年に解散に追い込まれています。

アウトサイダーとトラブルを引き起こしたのは、この強者の元関係者とされています。このトラブルにより拳月の先輩で格闘技への道を切り開いてくれた恩人でもあるサップ西成こと金城旭氏が逮捕されました。

アウトサイダーの妨害事件の詳細は?

アウトサイダー妨害事件とは、2013年に解散に追い込まれた強者がそれからわずか半年後に開かれたアウトサイダーの試合中にペットボトルを投げつけました。理由は断りもなしに試合を開催したことでした。

実はアウトサイダーの主な活動拠点は関東で、関西を仕切っていたのは強者との言い分です。しかし強者は団体そのものが解散しているので、断りを入れる理由がないというのがアウトサイダー側の主張です。

アウトサイダーとのトラブルで拳月は逮捕されていない?

NHKの番組では拳月は強者とは挨拶程度に言葉を交わすことはあっても、一緒に行動をすることはないと語っています。アウトサイダーで逮捕されたのは先輩であるサップ西成だったことから関与が噂されました。

しかしアウトサイダーの試合を妨害した事件に関しては、拳月も一緒に逮捕されたという情報はありません。サップ西成が仲間を引き連れてアウトサイダーに乗り込んで行っただけのようでした。

拳月も無関係ではなかった?アウトサイダー出場予定の選手を脅迫!

ただし拳月が個人的にアウトサイダーと何のトラブルもなかったかとえいば、実はあります。サップ西成の逮捕翌年には拳月自身もアウトサイダーに出場することが決まっていた選手を脅迫していたのです。

試合前には仲間らと複数回に渡って脅迫まがいの電話を繰り返しており、試合当日にも仲間らと会場に乗り込んで試合を妨害しています。やっていることはサップ西成と変わりませんでした。

拳月は2017年にも傷害で逮捕されていた?

WikimediaImages / Pixabay

悪事にはうんざりしたような発言をNHKの取材で語っていた拳月でしたが、他には2017年にも逮捕されています。それも半グレらしい傷害事件でした。リーダー格逮捕としてニュースでも大きく報じられました。

全員が酒に酔っていたのか、そばを通り抜けた車のボンネットを叩いて乗車していた男たちが降りると彼らをボコボコに殴り大怪我を負わせました。被害届が出されて拳月らは傷害の容疑で逮捕されてしまいました。

拳月の裁判の判決は懲役1年執行猶予3年

元格闘家が民間人を相手に本気で殴れば、それだけで完全に殺人マシンです。人殺しは好きじゃないと語っていた拳月ですが、酒が入っていて力の加減を知らなかったようです。

逮捕からおよそ5か月後に行なわれた裁判で大阪地裁は拳月に対して懲役1年と3年の執行猶予を告げています。この判決に「軽すぎる」との批判の声も一部であがっていました。

拳月のこれまでの経歴は?

SFReader / Pixabay

現在では格闘家としてよりも半グレのリーダーと見られがちな状況に、自身でも嫌気がさしていると語る拳月さんは、本来は格闘家として名を馳せた人物でした。当時の活躍を中心にプロフィールをおさらいします。

NEXT:拳月のプロフィール!韓国籍の噂は本当?
1/2