哲学的ゾンビの意味をわかりやすく解説!ドラえもんや漫画の怖い話 タレント

哲学的ゾンビの意味をわかりやすく解説!ドラえもんや漫画の怖い話

通常の人間同様に行動していても意識・クオリアを持たないとされる哲学的ゾンビ。物理主義、法則への批判から誕生した概念ですが、実在はありえるのでしょうか?ドラえもんなどの漫画を例に、Twitterでも話題となった哲学的ゾンビの意味をわかりやすく解説していきます。

目次

[表示]

哲学的ゾンビの意味とは?わかりやすく解説すると?

Free-Photos / Pixabay

哲学的ゾンビとは人間の意識・クオリアについて解説する際に用いられるようになった概念で、普通の人間と何ら変わりなく生活しているように見え、その実、意識・クオリアを持たない存在を指します。

哲学者の間では馴染み深いという哲学的ゾンビですが、無気力な人や冷徹な人と何が違うのかわかりにくい点もある概念です。

哲学的ゾンビとは一体どんな状態の人間を指すのか、実在はありえるのかわかりやすく解説していきます。

哲学的ゾンビとは?心の哲学で使われる言葉?わかりやすく解説!

qimono / Pixabay

哲学的ゾンビという言葉は、心と脳、体の関係について探求する学問である「心の哲学」の思考実験で産まれた言葉です。

心の哲学の分野で権威を持っているデイビッド・ジョン・チャーマーズ博士が提唱した概念で、彼は哲学的ゾンビを元にゾンビ論法という論証を展開しています。

哲学的ゾンビの定義は?意識(クオリア)を全く持っていない人間?

geralt / Pixabay

哲学的ゾンビとは、意識・クオリアを全く持たない人間のことを指します。

意識を持たないと言うと、寝たきりの人や意識不明の人も含まれるのかと思ってしまいますが、哲学的ゾンビは意識の無い状態でも普通の人間と全く遜色なく振舞えます。

つまり、哲学的ゾンビは他の人から見ると意識がないことに全く気付かれないのです。

クオリアとはどういう意味?

geralt / Pixabay

クオリアはラテン語で「質」を意味する「qualitas」を語源に持つ言葉で、主観的な感情を意味します。

わかりやすく解説すると「感じ」ということになるのですが、視覚、聴覚、そして触覚や痛覚などの様々な感覚から得られる感情の全てをクオリアと呼びます。

「哲学的ゾンビ」は物理主義を否定するために生み出された

geralt / Pixabay

この世界に存在するものは物質的なものと精神的なものの2種類があるという、デカルトの唱えた「物心二元論」と、この世にあるものは全て物理の法則にしたがっているという「物理主義」。

チャーマーズ博士は物心二元論を支持しており、人間の心や意識も物理学的に説明ができる、心も物質であるという物理主義に対する反証として哲学的ゾンビという考え方を提唱しました。

物理主義とは全ての事象は物理的法則で説明できるとする考え方

8385 / Pixabay

物理主義とは「全てのことは物理学的に説明が可能」という考え方です。20世紀の頭に「心は物理的か」という議論が持ちあがった際に、デカルトの物心二元論への反論として誕生しました。

哲学的ゾンビはありえるの?実在しない?

currens / Pixabay

解説してきたように、哲学的ゾンビはあくまでも思考実験の過程で産まれた概念上の存在です。

そのため、人間に見えるのに、人を人たらしめる意識が存在しない哲学的ゾンビの実在がありえるのか?という問いに対しては「実在は不可能」と考えられています。

哲学的ゾンビがTwitterで話題に!なりたい人が続出?

人間に見えて心や意識が存在しない哲学的ゾンビに憧れる、なれるものならなってみたいと考える人も少なくないようで、ネットで「哲学的ゾンビ」と検索すると「なりたい」とサジェストワードが出てきます。

哲学的ゾンビってもんを知ってからなれるならなりたいとずっと思ってる

(引用:Twitter)

生きているのが辛いけれど、自殺は憚られる。哲学的ゾンビになれば嫌な思いもせずに生活ができるのでは?と思い至る人も多いようです。

勤務中だけ哲学的ゾンビになりたい

(引用:Twitter)

中には、仕事や学校にいる時だけ意識をなくせれば良いのにという意見も。

意識が無いのに生きているというのは死んでいることとほぼ同義と言えますが、「それでもいい!」と思えるほど日常生活に疲れている人が多い様子です。

哲学的ゾンビとは具体的にいうとどんな存在なの?

Greyerbaby / Pixabay

意識・クオリアがなくても、普通に活動ができるとされる哲学的ゾンビ。しかし、ここでいう「普通に活動」とは何を意味するのでしょうか?

哲学的ゾンビが存在すると仮定して、一体どんな存在になるのか見ていきましょう。

哲学的ゾンビは悲しいことが起きれば悲しむ?

Pexels / Pixabay

意識やクオリアが存在しないのなら、哲学的ゾンビは普通の人が悲しいと感じるような出来事に遭遇しても泣かないのでは?と考えられます。

理屈で考えるとクオリアがない=物事を感じないはずですが、定義上、哲学的ゾンビは普通の人と遜色ない行動をするので、悲しい出来事が起これば泣くという結論になります。

しかし、泣いているからと言って哲学的ゾンビは悲しいわけではありません。普通の人間のような感情は備わっておらず、物理的な反応だけで涙を流しているのです。

哲学的ゾンビは芸術活動も恋愛もできる?

同じように哲学的ゾンビは誰かに告白をされればそれを受け入れ、恋人や家庭を持つことも可能だとされます。

哲学的ゾンビを好きになる人がいるのか?と疑問に感じるかもしれませんが、「あれ、この人っておかしい?」と感じさせた時点で、理論上その存在は哲学的ゾンビたり得ないのです。

哲学的ゾンビは体のつくりや細胞、分子レベルで普通の人間と全く同じで、他者から見て「極端に特異な存在」ではなく、意識がないということに周囲が気づくことはありません。

哲学的ゾンビは冷たい人間ではない?

geralt / Pixabay

意識が無いということは心が無いという意味、とすれば哲学的ゾンビとは冷徹な人のことを指すのか?と誤解されることもあります。

もしも冷たい心を持った人と同じ構造を持つ哲学的ゾンビが存在するとしたら、冷酷な哲学的ゾンビになるのかもしれません。

しかし、意識・クオリアが無いというのは、比喩としての「心ない人」「魂が感じられない」といったこととは全く意味が異なります。そもそも哲学的ゾンビには、前提となる「心」そのものが備わっていないのです。

哲学的ゾンビとサイコパスは似ている?

サイコパスと呼ばれる人達は一見普通の人と同じように見えて、他者に共感する能力や良心が欠如した精神病質者だと定義されています。

「一見普通の人と同じように振舞っている」という点から、サイコパスと哲学的ゾンビは近い存在なのでは?と指摘する声もありますが、存在しえない、存在に矛盾を孕んでいるという点で大きく異なります。

「下校時刻の哲学的ゾンビ」という漫画がわかりやすい!

jarmoluk / Pixabay

文章で解説されても哲学的ゾンビがどういうものなのかピンとこない、という人にお勧めなのが『下校時刻の哲学的ゾンビ』という漫画です。

Twitterでも「哲学的ゾンビがわかりやすく解説されている」と話題になった、漫画『下校時刻の哲学的ゾンビ』とはどのような作品なのでしょうか?

「下校時刻の哲学的ゾンビ」とは?内容は?

『下校時刻の哲学的ゾンビ』はオモコロというサイトに掲載されたダ・ヴィンチ・恐山氏の漫画です。

あらすじは「死にたいわけではないけど消えたい」と考えている少女の元にクラスメイトが現れ、「意識だけを消せるキャラメル」を差し出すという話になっています。

漫画のコマ割りでピンクの髪色のキャラの意識の喪失が表されている!

この漫画はラスト以外の全てのページが3×3の9コマで構成されており、向かって左側のコマで主人公のピンク色の髪の少女の意識が表現されています。

そしてクラスメイトから差し出されたキャラメルを食べた後は左側のコマが全て黒く塗りつぶされており、意識・クオリアがなくなっていることが分かります。

しかし少女の行動はキャラメルを食べる前と後で全く変わっておらず、哲学的ゾンビについてわかりやすく説明されている、疑似体験ができると話題になりました。

哲学的ゾンビはドラえもんでも説明できる?

UniBay / Pixabay

漫画『ドラえもん』のどこでもドアのシーンを使えば哲学的ゾンビをわかりやすく解説できるのではないか?と話題になったことがあります。

どこでもドアに入る前と後では人は別人になっており、ドアをくぐる度に新しいコピーが誕生しているとする仮説が存在するのです。

『ドラえもん』とどこでもドアを使った哲学的ゾンビの思考実験について紹介していきます。

のび太くんはどこでもドアをくぐると哲学的ゾンビに?

どこでもドアは空間と空間を繋ぐドアという印象がありますが、任意の地点に物質=のび太君などを転送している装置という考え方もできます。

この観点に立つと、ドアに入るとのび太君の体は分子レベルまでスキャンされ、目的地にスキャンした情報を元に作った新しいのび太君が誕生していることになります。

この新しいのび太君は、脳も細胞もオリジナルを完全にコピーしているのですが、唯一意識だけはコピーできていないため、哲学的ゾンビであると言えるのです。

では、どこでもドアをくぐる前ののび太君はどこへ行ったのか?という疑問が残りますが、オリジナルののび太君は何もない空間に放り出され、そこにどんどん溜まっていっているのでは?と考察されています。

ドラえもんは哲学的ゾンビ?行動的ゾンビ?

『ドラえもん』を使った哲学的ゾンビの思考実験では、人間のように振舞っているものの、そもそもがロボットであるドラえもんの存在についても注目が集まりました。

ロボットであるはずのドラえもんに意識やクオリアはないはずですが、心があるように振舞うドラえもんは哲学的ゾンビなのでは?との指摘があります。しかし人間でない以上、哲学的ゾンビには該当しません。

哲学的ゾンビとは似て非なる存在として、人間と似ているけれど構造が人間と異なるアンドロイドなどを指す「行動的ゾンビ」という言葉があり、ドラえもんはこれに含まれると考えられています。

一般的なゾンビも行動的ゾンビ

simonwijers / Pixabay

行動的ゾンビとは、物を持つ、歩くなど体を使ってできることは普通の人間と大差ないものの、解剖すると全く人間とは違う存在を指す言葉です。

ゾンビ映画などに出てくる「普通のゾンビ」も生命活動を停止しているため、仮に凶暴性がなかったとしても解剖すれば普通の人間ではないことがすぐに分かります。

このことから、映画やドラマに出てくるようなゾンビやリビングデッドは、行動的ゾンビと呼べるのではないかとも考えられています。

哲学的ゾンビの元となったゾンビ論法とは?

TeroVesalainen / Pixabay

上でも触れましたが、哲学的ゾンビと言う概念はデイビッド・ジョン・チャーマーズ博士が最初に提唱したものです。

チャーマーズ博士はこの概念を元に「ゾンビ論法」という法則を提唱し、心の哲学の分野で注目を大きな注目を集めました。

ここではチャーマーズ博士が提唱した「ゾンビ論法」とはどのような法則なのか、その意味や意図を紹介していきます。

哲学的ゾンビはデイヴィッド・チャーマーズが提起した

morhamedufmg / Pixabay

哲学的ゾンビという言葉を生んだチャーマーズ博士は、カリフォルニア大学やアリゾナ大学、オーストラリア国立大学で教鞭をとっていた人物です。

意識や心とはどこに存在するのかについて研究をしており、『意識する心』『意識の諸相』といった著作は日本でも出版されています。

デイヴィッド・チャーマーズの哲学的ゾンビの説は正しいのか?

チャーマーズ博士が行った哲学的ゾンビの思考実験の目的は、物理主義が正しいと仮定すれば、哲学的ゾンビという存在が実在しうるという背理法です。

そのため哲学的ゾンビという考え方には、ロジャー・ペンローズ博士ら意識を量子力学で解明しようとする物理学者から反論が寄せられ、理論として間違っているとの指摘も相次ぎました。

ゾンビ論法とは?一節目の意味は?

StockSnap / Pixabay

チャーマーズ博士は1982年にフランクリン・ジャクソン博士が提唱した「メアリーの部屋」という思考実験を応用して、ゾンビ論法(想像可能性論法)を展開させました。

我々の世界には意識体験がある。

(引用:wikipedia)

ゾンビ論法の1節目は上のようになっており、人間が暮らす世界には意識やクオリアが存在するという大前提が述べられています。

二節目は?物理主義が真ならば意識も物理法則で説明できるはず

geralt / Pixabay

ゾンビ論法の2節目は以下のように続き、物理主義の考えに立てば、意識やクオリアの存在しない世界が想定できることを主張します。

物理的には我々の世界と同一でありながら、我々の世界の意識に関する肯定的な事実が成り立たない、論理的に可能な世界が存在する。

(引用:wikipedia)

そして想像が可能なものは形而上学的にも存在が可能だという考えから、物理主義では哲学的ゾンビのみが生活する世界・ゾンビワールドが成立するとの考えを述べます。

NEXT:三節目は?哲学的ゾンビは物理法則で人間と変わらないのに想像ができる
1/2