左肩が痛い・重い時のスピリチュアル的な理由は?対処法は右肩と違う?タレント

左肩が痛い・重い時のスピリチュアル的な理由は?対処法は右肩と違う?

目次

[表示]

左肩だけでなく右肩も痛い時のスピリチュアル的な理由は?

左肩が痛い時のスピリチュアル的な意味と対処法については既にお話ししました。では、左肩だけではなく右肩も痛い、つまり両方の肩が痛いという場合はどうでしょうか?

その両肩が痛い時のスピリチュアル的な意味と対処法について、これから見て行きましょう。

右肩の痛みは身勝手な振る舞いや対人関係でのエゴ?

geralt / Pixabay

まず右肩だけの場合の特徴と理由を考えてみましょう。右が痛い、こる、重いなどの症状が出るとすれば、これは左脳が乱されている可能性が高いと見ていいでしょう。左脳は論理的な思考を司る脳です。

スピリチュアル的には、エゴ・わがまま、身勝手から対人関係を悪化させたことなどが起因すると考えられています。自分本位を捨て、行動を慎むことで良化していくことも多いようです。

両肩が痛い時のスピリチュアル的な意味は?悲観しすぎ?

前に申し上げたようにスピリチュアル的には、左肩は将来とか未来を表し、右肩は自我を表しています。従って両方の肩が凝る時は自我や将来に対して自信や希望が持てなくなっている状態に陥っているわけです。

そういう訳で両肩の凝りに対するスピリチュアル的な意味は「自分を悲観し過ぎ」です。ミスや失敗をして自分を責めているような状態です。

両肩が痛い時のスピリチュアル的な対処法は?

これも前に申し上げたように肩の凝りはエネルギーの流れの詰まりが原因になります。両肩が凝る時は左右両方の肩甲骨付近のチャクラを通したエネルギーの流れが詰まっているのです。

従って両肩が凝る時の対処法はエネルギーの流れを活性化すればよいわけで、ヨガのポーズとかストレッチなどをしてリラックスすることが有効な対処法になります。

スピリチュアルな世界や霊の領域にも関心をはらうべき

スピリチュアルの観点から左肩が痛い場合の意味や対処法を探りました。スピリチュアルの世界はヨガや気功など現代の医療に取り入れられているものとも繋がり、決して根拠のないものではありません。

スピリチュアルな観点を、非科学的だと毛嫌いせずに関心を持ってその説に耳を傾ける必要もあるでしょう。また霊の存在も、身近に感じられない人にも否応なく関わりをもってくることは受容すべき点でしょう。

単なる肩こりや、40肩・50肩など、医療機関や市販薬・民間療法で治る痛みならそれはそれ。科学の視点からではどうすることも出来ない痛みに直面したら、本論の内容を試してみてはいかがでしょうか。

2/2