椎名もたの急死の死因は自殺?飛び込み?うつ病と言われる「赤ペン」タレント

椎名もたの急死の死因は自殺?飛び込み?うつ病と言われる「赤ペン」

目次

[表示]

電車に飛び込み自殺を図った場合、当たり具合にもよりますが大抵はぐちゃぐちゃで目も当てられない有様だと言われています。仮に椎名もたさんが飛び込み自殺を図ったなら、棺桶の顔も綺麗ではいられません。

椎名もたは自殺じゃない?ゲームを楽しむ予定だった?

https://twitter.com/pr84364361/status/1185386915937189889?s=20

もう一つ椎名もたさんの自殺説を否定する根拠として指摘されているのが、椎名もたさんが新しいゲームを買って喜んでいる様子をツイートしていたことです。「イカ買った」と喜びの声をあげています。

「イカ」とはスプラトゥーンに登場するイカを象ったキャラクターを意味していると考えられており、椎名もたさんが死ぬ直前までゲームを楽しもうとしていたことをうかがわせるものだと指摘されています。

椎名もたはうつ病だった説も?

椎名もたさんは中学時代からうつ病に苦しんでいたと自身でも語っています。うつは一時的に明るく回復したように見えても、またマイナスの感情が戻ることもあり感情の起伏が激しいこともあります。

椎名もたさんのうつ病が継続していれば、ゲームを買ってハイテンションになってもその後に嫌な書き込みを目にしてしまって、再び自分の殻に閉じこもって世界が暗く見えた可能性もゼロではありません。

死を予見していた?椎名もたがインタビューで語ったさよならとは?

https://twitter.com/pr84364361/status/1185386988930621440?s=20

椎名もたさんはアルバム「生きる」の発売に合わせてインタビューに応じています。そのアルバムの最後を飾る一曲が「さよーなら」でした。「人生」がテーマと語る椎名さん。人生はさよならの連続といいます。

椎名もたさん自身はここで使用している「さよなら」という言葉は決してネガティブな意味ではなく前向きなものと語っていますが、自らの死によって人生をリセットしようとした、との憶測も流れています。

亡くなる当日も更新?椎名もたの最後のツイッターは?

Anemone123 / Pixabay

遺作「赤ペンおねがいします」の楽曲投稿に合わせて椎名もたさんは命日となった7月23日に続けざまに意味深な投稿を繰り返しています。一見するとただの宣伝だったり何気ない会話が続いていました。

それが途中から自分の人生に点数をつける主旨であったり、理想とする生き方をする他人に憧れの感情を抱く内容を投稿した末に、大人になることへと葛藤を綴ってツイートは締めくくられています。

https://career-find.jp/archives/201571

椎名もたの死後、葬儀は?

bernswaelz / Pixabay

時代の先駆けとして若い才能を開花させた椎名もたさんの突然の死には多くのファンが衝撃を受けました。また死因が公表されなかったこともあって、ネット上では今なお存在そのものが伝説になっています。

そんな椎名もたさんの葬儀とはどのようなものだったのでしょうか?告別式の様子とその後に行われたお別れ会の様子を紹介します。

告別式は近親者のみ?喪主は母親・溝口里江

Karen_Nadine / Pixabay

椎名もたさんの告別式は、部外者は参列させずに家族とごく親しい間柄の者だけで執り行われたと伝えられています。我が子の告別式の喪主を務めるのは辛いものです。喪主を務めたのは母親の溝口里江さんでした。

近年は多くの有名人が告別式は近親者のみで行い、そのあとで大々的なお別れ会を開くことが通例になっています。混雑を避けるためです。

椎名もたさんの葬儀に参列したとするブログ記事もありますが、その人物は近親者なのでしょうか?ネット上では真偽不明で議論になっています。

7月28日、神奈川・川崎にある「かわさき南部斎苑」でお別れ会が行われた

https://twitter.com/pr84364361/status/1185387484105957376?s=20

告別式は近親者のみとする一方で、同じ通知には7月28日にお別れ会を実施する旨も合わせて伝えられています。場所は告別式の会場にもなったかわさき南部斎苑で、椎名もたさんの楽曲も流されました。

死因がどのようなものであれ、椎名もたさんはこれまでに多くのファンを魅了してきた天才アーティストであることに変わりはありません。お別れ会も暗い雰囲気より音楽家として故人を偲ぶ会になったようです。

ボカロPは短命?死因に共通点は?

FirmBee / Pixabay

ボカロPとして才能を世間に広く認められながらも若くして死に至った作曲家は椎名もたさんだけではありません。他にも椎名もたさんと同じように若くして命を散らしたボカロPはいました。

若くして死に至ってしまうボカロPの死因には何かしらの共通点があるのでしょうか?またボカロPはなぜ短命に終わってしまうのでしょうか?その理由と初音ミクにまつわる怖い都市伝説を合わせて紹介します。

2019年4月5日、ボカロPwowakaが死去!死因に共通点はない?

https://twitter.com/pr84364361/status/1185388534401622016?s=20

椎名もたさんと同様に若い命を散らしたボカロPがいました。wowakaさんといってヒトリエというグループのボーカル兼ギターを担当していましたが、2019年4月5日に31歳という若さで亡くなっています。

wowakaさんの死因について公式には急性心不全による突然死と報じられています。椎名もたさんは死因について明かされていませんが、一部の噂では心不全説も囁かれています。唯一の共通点はこれだけです。

NEXT:その他に亡くなったボカロPは?
2/4