宝塚娘役かわいい・美人ランキングTOP45一覧!歴代から最新までタレント

宝塚娘役かわいい・美人ランキングTOP45一覧!歴代から最新まで

目次

[表示]

8位:注目の大型娘役!舞空瞳

https://twitter.com/pr84364361/status/1185044510809608192?s=20 https://twitter.com/pr84364361/status/1185044582272131072?s=20

舞空瞳さんは最も注目が集まっている大型娘役と評判が高まっています。容姿もさることながら演技も歌唱力もオーラも入団当初から他の女優をさしおいて圧倒的な魅力を放っていました。

特に柚香さんと「BEAUTIUL GARDEN」で披露した華麗なダンスは大勢のファンを虜にしたといわれています。今後娘役のトップも期待される逸材です。

7位:男役を輝かせる天才!仙名彩世

https://twitter.com/pr84364361/status/1185044658700685312?s=20 https://twitter.com/pr84364361/status/1185044728292630529?s=20

仙名彩世さんは2008年月組「ミー&ガール」初出演を飾ると、花組では2011年新人公演「ファントム」でカルロッタ、「オーシャンズ11」のダイアナ、「エリザベート」ゾフィーなど大役を任されます。

自身の美しさを披露するだけでなく、ちゃんと男役の相手の存在を引き立たせる演技が素晴らしく天才的とファンからも高く評価されています。2019年「CASANOVA」で宝塚を退団しました。

6位:楊貴妃の再来!檀れい

https://twitter.com/pr84364361/status/1185044795560882177?s=20 https://twitter.com/pr84364361/status/1185044858018287617?s=20

檀れいさんは1992年に雪組「この恋は雲の涯まで」で最初の舞台に立った後しばらくは大役に恵まれませんでしたが、1998年「浅茅が宿」でようやくヒロインに起用され、翌年から月組トップになります。

檀れいさんの宝塚時代のエピソードとして最も有名なのが、中国公演をした際に檀さんのあまりの美しさから現地では「楊貴妃の再来」と謳われたことでした。色白でおしとやなか雰囲気はまさに楊貴妃です。

宝塚の娘役かわいい・美人ランキングTOP45!5位~1位

peter_pyw / Pixabay

宝塚娘役のランキングもいよいよ残すところトップ5となりました。中には退団したのちもさまざまな方面で活躍して現役時代と変わらないどころかますますの人気ぶりを発揮している女優もいます。

宝塚の可愛すぎる、美人すぎると話題の娘役ランキング5位から1位を発表します。

5位:退団後もドラマや舞台で活躍!咲妃みゆ

https://twitter.com/pr84364361/status/1185047273027203073?s=20 https://twitter.com/pr84364361/status/1185047343705415681?s=20

咲妃みゆさんは2010年月組「スカーレット・ピンパーネル」に出演後、2012年「ロミオとジュリエット」でヒロインに起用されると、続けて「春の雪」「月雲の皇子」でもヒロインに起用されます。

その後2014年に雪組に移ると娘役のトップに躍り出て、2014年「ルパン三世」では早霧せいなさんの相手役を務めました。2017年「幕末太陽傳」を最後に宝塚を退団した後もドラマや舞台で活躍しています。

4位:「ZIP!」メンバーに!花乃まりあ

https://twitter.com/pr84364361/status/1185047412651380736?s=20
https://twitter.com/pr84364361/status/1185047487653957638?s=20

花乃まりあさんは2010年月組「スカーレット・ピンパーネル」で初出演を果たすと、その後宙組として「銀河英雄伝説」などの作品でヒロインを務めます。

花組へ移って以降も「エリザベート」でヒロインに抜擢されるなど勢いは止まらず、娘役のトップに躍進しました。2017年「雪華抄」を最後に宝塚退団後も、ドラマや情報番組にひっぱりダコの活躍です。

3位:稀代の娘役!伶美うらら

https://twitter.com/pr84364361/status/1185047563705016320?s=20 https://twitter.com/pr84364361/status/1185047628725153792?s=20

伶美うららさんは2009年宙組「薔薇に降る雨」で最初の舞台を踏んだのち、2011年「クラシコ・イタリアーノ」ではヒロインに抜擢、続く「ロバート・キャパ」でもヒロインに起用されるなど活躍します。

2016年には「バレンシアの熱い花」で朝夏まなとさんの相手役を務めるなど人気を博しましたが、2017年「神々の土地」を最後に宝塚を退団しました。現在はフリー女優として活動しています。

2位:美しさに劣らないしなやかな演技!星風まどか

https://twitter.com/pr84364361/status/1185047697369120768?s=20 https://twitter.com/pr84364361/status/1185047769553108992?s=20

星風まどかさんは2014年の100期生となして月組「宝塚をどり」に出演後、組まわりの最中でも「白夜の誓い」で凰稀かなめさんの少年時代を演じ早くから注目される存在でした。

2015年「王家に捧ぐ歌」「相続人の肖像」でヒロインに起用されると、その後も「ヴァンパイア・サクセション」のヒロインを演じています。美人だけでなく演技もしなやかと大変好評です。

1位:心を突き動かす歌唱と演技!海乃美月

https://twitter.com/pr84364361/status/1185047839161765888?s=20 https://twitter.com/pr84364361/status/1185047902298574849?s=20

人気ランキング堂々の1位は97期生の海乃美月さんです。2011年星組「ノバ・ボサ・ノバ」で初出演を果たし、翌年組まわりの後月組になると、「ベルサイユのばら」でアンドレの幼少期を演じました。

2014年には「明日への指針」「花詩集」の両作品でヒロインに起用されるなど快進撃は続き、2015年以降は「1789」で龍真咲さんの相手役を務めたり、麻乃佳世さんの相手役を務めるなど大活躍しています。

宝塚のかわいい・美人な娘役はトップクラスの中でも最上級の美女揃い!

Josch13 / Pixabay

宝塚歌劇団といえば全国の女性の憧れの舞台であることは言わずと知れたことです。倍率は高く年間多くの女性が受験しては涙を飲んでいます。熾烈な戦いの中を勝ち抜いた美女は一握りです。

その一握りの美女の中でもさらに競争を勝ち抜いて娘役のトップに躍り出るタカラジェンヌはまさにトップの中のトップといえます。見た目だけじゃない気品も具わっています。

現役時代は舞台が中心で殆んどテレビで見る機会のない娘役もたくさんいます。退団後は歌唱力と美貌を活かしてさまざまな分野に羽ばたき新たな伝説をつくる娘役の活躍に今後も期待です。

3/3