アースアイの地球みたいな瞳の画像は?日本人も実在?存在確率に驚き タレント

アースアイの地球みたいな瞳の画像は?日本人も実在?存在確率に驚き

目次

[表示]

ブラウンの目の画像は?

世界で最も多い瞳の色がブラウンだと言われています。日本人はほとんどがこのブラウンであり、薄さや濃さは人によって様々です。

メラニン色素を多く含んでいるためブラウンになります。紫外線の影響を受けやすい赤道近くの国(ケニア、インドネシアなど)や、アジアが特にブラウンの目の色が多いとされています。

ヘーゼルの目の画像は?

こちらがヘーゼルの目の画像です。日本人のブラウンとはまた違った雰囲気のブラウンです。明るいブラウンと、濃いグリーンの間の色がヘーゼルと言われています。

瞳孔の部分と白目に近い部分が光の当たり具合によって見え方が変わります。アメリカや、ヨーロッパに多い目の色であり、日本でも九州などの南西の地方ではこのヘーゼルアイの方が居るようです。

グレーの目の画像は?

グレーも、とてもきれいな目の色です。グレーは、別名「ダークブルー」とも呼ばれています。明るいグレーから暗いブルーの目の色までがグレーであるとされています。

グレーの瞳を持つ方は、メラニン量の関係で肌の色が白いことが多く、赤毛であることが多いようです。

ロシアなど北欧でよく見られる目の色であり、環境によってはグリーンやブルーに変化することもあります。

グリーンの目の画像は?

グリーンは、黄色と茶色が混ざり合うとなる目の色です。グリーンの中にも色々な種類があり、薄いグリーンから濃いグリーンなど、人によって様々なのです。

光の当たり具合によっては、グレーや黄色に見えることもあり、成長していくと色の深みが増していくことがあるようです。

ヨーロッパや北欧では多い目の色ですが、たまに中東や東南アジアにもグリーンの目の色の方が居ます。とても珍しいことから、パシュトゥーン人(アフガニスタン)は「緑の目の人々」と呼ばれています。

アンバーの目の画像は?

黄色~金色系統の色であり、リポフスチンという黄色い細胞色素の沈殿が原因で黄色や金色の目になります。少し赤みを帯びた銅色にも見えることがあるきれいな目の色です。

オオカミの目の色にこの色が多いことから「Wolf eyes」とも呼ばれており、北欧でよく見られる目の色です。この目の色は日本では全く居ませんが、見ていると吸い込まれてしまいそうな魅力があります。

ブルーの目の画像は?

メラニン量が少なく、粒も小さいと目の色がブルーになると言われています。空の色が青く見えるのと同じ現象で瞳の色も青く見えるようです。

この目の色が多いのが北欧であり、インドや中東にもブルーの目の方が居るようです。日本でも、詳細は分かっていませんが、宮城県にてブルーの目の色の方が確認されています。

子供の時はきれいな薄いブルーであったけれど、成長過程で色が暗くなってくる人が多いのがこのブルーの目の色の特徴です。

バイオレットの目の画像は?

赤色と青色が混ざり合ってバイオレットの目の色が出来ますが、どの国でも非常に珍しいとされている目の色です。アルビノ患者の方によく見られる目の色のようです。

触れたら壊れてしまいそうな儚くきれいな紫色ですが、成長過程や、光の加減からグレーに近い色になることもあるようです。

レッドの目の画像は?

赤色の目は、かなりメラニン色素が欠如している人であり、アルビノ患者の方が持つ目の色です。虹彩の色素の欠如によって、血の色が直に見えているため、赤色であるようです。

赤色の目を持っている人は、世界人口の0.001%だというほど少ないのです。とてもきれいな目の色で、絵本やおとぎ話に出てくるキャラクターのようです。

ブラックの目の画像は?

ブラックは、ブラウンに分類されていますが、濃いブラウンが更に濃くなった目の色です。

日本人は目が黒いと言われていますが、ほとんどの方が虹彩がブラウンであり、瞳孔が黒色である場合が多いです。

世界にはさらに黒く、虹彩と瞳孔の区別が付かないほどに黒いような目の色も存在しています。

アースアイ以外にも珍しい目の色がある?

アースアイ以外にも珍しい目の色がこの世には存在します。人の目の色の24種類に当てはまらない珍しい目の色です。

こちらでは、アースアイ以外の珍しい目の色を紹介していきます。

左右の目の色が違う「オッドアイ」

左右の虹彩のメラニン量の違いから、左右の目の色が違うオッドアイ(虹彩異色症)です。「神秘的な目」と言われることがある非常に珍しい目の色です。

人間ではとても珍しいですが、動物ではあまり珍しい部類ではないようです。オッドアイの猫などがよく見られますよね。いずれも遺伝子的な先天性の遺伝子疾患であるようです。

「オッドアイ」の芸能人は?

実はオッドアイの芸能人は世界中にいらっしゃいます。日本人でもオッドアイの芸能人が居るようです。

奥菜恵

日本の女優さんである奥菜恵さんは、日本人の芸能人で唯一のオッドアイと言われています。奥菜恵さん自身も、カメラマンさんに指摘されるまで、自分がオッドアイだと気付いていませんでした。

左目がブラウンで、右目がブラウンと黒色の目の色になっています。とてもきれいな目の色ですね。

イライジャ・ウッド

アメリカの俳優であるイライジャ・ウッドさんも、オッドアイの芸能人です。映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで主人公を演じ、大ブレイクしたので知っている方も多いかもしれません。

ぱっと見はあまりわかりませんが左目はグリーン、右目はブラウンとグリーンが入り混じったヘーゼルのオッドアイです。外国の方のオッドアイもとてもきれいですね。

ベネディクト・カンバーバッチは希少なセントラルヘテロクロミア

有名俳優であるベネディクト・カンバーバッチさんは、かなり珍しいとされているセントラルヘテロクロミアです。

セントラルへテロクロミアとは、1つの目に異なる色が出る症状のことであり、彼の目の色は、青のような緑と黄色が入り混じった目の色となっています。

猫には「ダイクロイックアイ」という色も

猫の目においてオッドアイよりも珍しいとされている「ダイクロイックアイ」という目の色があります。1つの目にはっきりと2つの目の色が混ざっているのが特徴です。

とても珍しい目の色であり、人間が「ダイクロイックアイ」を発症したケースはほとんどないようです。

本物の地球に負けないきれいな瞳のアースアイ

地球のように海と陸が目の中に存在しているように見える、アースアイ。珍しい目の色ですが、見ていると引き込まれてしまいそうになる魅力があります。

アースアイの他にも、バイオレットやレッド、オッドアイも珍しい目の色と言われており、いずれもまた違った美しさを持っています。

他の人の目の色に、羨ましさを感じる方も居るようですが、人間の目の色は人それぞれ違く、人間の目は何色でも美しいです。自分の元からの目の色を愛してあげましょう。

2/2