三沢光晴の死因の事故試合の動画や原因の詳細!相手の齋藤彰俊の現在 タレント

三沢光晴の死因の事故試合の動画や原因の詳細!相手の齋藤彰俊の現在

三沢光晴さんは試合中の事故が死因だと言われます。三沢光晴さんの死因となったバックドロップについてや受け身は取れなかったのか?相手の齋藤彰俊さんの現在、最後の動画なども紹介。タイガーマスク時代、過去の試合や名言、社長時代なども詳しくまとめます。

目次

[表示]

三沢光晴の死因は事故死?最後の試合や最後の言葉は?

長年にわたって日本のプロレス界を牽引した大人気レスラー・三沢光晴さん。そんな三沢光晴さんの死因は試合中の事故が原因でした。

今回は三沢光晴さんの死因について詳しく紹介します。三沢光晴さんの最後の試合や最後の言葉などを含め詳細に見ていきたいと思います。

試合中の事故で無くなった三沢光晴

三沢光晴さんは試合中の事故が原因で亡くなりました。プロレス界で伝説的存在だった三沢光晴さんの衝撃的で突然の死に全国のプロレスファンには大きな悲しみが走りました。

伝説のプロレスラー三沢光晴が亡くなったのは何歳?いつの試合だった?

伝説的プロレスラー・三沢光晴さんが亡くなったのは、2009年6月13日、享年は46歳でした。

この日、三沢光晴さんが戦った試合はGHCタッグ選手権で挑戦者チームとして潮崎豪さんと組み、齋藤彰俊さんとバイソン・スミスの王者チームとタッグ戦を行なっていました。

三沢光晴の死因は頸髄離断!急角度バックドロップが原因

その試合中、三沢光晴さんは相手チームに急角度バックドロップを受け、そのままリング上で意識不明の心肺停止状態に陥ります。

リング上ですぐに救命蘇生措置が施され、その後救急車で病院に搬送されました。しかしその後、午後10時10分頃に病院で死亡が確認されました。

警察のその後に調べにより、三沢光晴さんの死因は試合中に受けた急角度バックドロップで頭部を強打した事による頸髄離断との発表がなされました。

三沢光晴にバックドロップを掛けた相手は齋藤彰俊

この時、三沢光晴さんにバックドロップをかけたのは齋藤彰俊さんでした。齋藤彰俊さんは三沢光晴さんの死因を聞いた後、一睡もできない日が続き、引退や自殺も考えたのだそうです。

しかし、齋藤彰俊さんは三沢光晴さんの遺影の前で土下座し「リングに上がり続ける事が恩返し」との想いでその後もリングに立ち続けました。

また「俺が死んだらファンは怒りをぶつける先を失う」との想いから自殺も思いとどまり、ファンからの批判や中傷に対しても「俺に言って少しでも気が晴れるなら全部受ける」とその全てと向き合いました。

三沢光晴が気を失う前に告げた生前最後の言葉とは

三沢光晴さんは急角度バックドロップを受け、リング上で気を失う直前にレフェリーを務めていた西永秀一さんに「動けるか?」と聞かれ「だめだ、動けねぇ」と答えたそうです。

そして、それが三沢光晴さんの生前最後の言葉になりました。その後三沢光晴さんは意識を回復する事なくこの世を去りました。

なぜバックドロップが死因に?受け身はとれなかったの?

三沢光晴さんは歴戦のプロレスラーであり、どんな危険な技も見事に受けきる高度な受け身を信条に長年リング上で戦ってきました。

その三沢光晴さんが何故この時はバックドロップを受けきる事ができず亡くなってしまったのでしょうか?三沢光晴さんの死去後、リングドクターの林氏は「受け身は取れていた」とのコメントを出しています。

この頃、三沢光晴さんは長年の蓄積されたダメージで体がボロボロだったそうです。そのため三沢光晴さんは受け身は取ったものの、ついに体が限界を迎え死に至ったのでは?との声もあります。

三沢光晴が意識を失ってから搬送されるまでの実際の動画は?

三沢光晴さんが試合の最中に意識を失い、救急搬送されるまでの動画が現在でもネット上に上がっているため、ここで紹介しておきます。

観客席からは悲鳴にも近い「三沢!」の声が飛び交い、選手たちは皆呆然として立ち尽くしていました。衝撃的な映像のため視聴にはご注意ください。

また、この動画の後半には三沢光晴さんの生涯の活躍を収めた映像も収録されています。

動画を見た人たちの反応は?三沢光晴を惜しむ声が多数

上で紹介した動画見た視聴者からは三沢光晴さんの死を惜しむコメントが多数上がっています。その一部を紹介したいと思います。

リングで死ぬのがよかったのか寿命で死ぬのがよかったのかは本人にしかわからんが、もっとプロレスしたかっただろうな。 三沢コールが泣けてくる。

(引用:YouTubeコメント)

など、志半ばで逝ってしまった三沢光晴さんの気持ちを慮るコメントが目立ちます。

出産後、個室で目を覚ましテレビを付けたらどのチャンネルも三沢さんのニュース。 その時産まれた娘も、あと数日で10歳になり、今は娘とプロレス観戦に行くのか楽しみになっています。 娘の誕生日が近くなると毎年三沢さんを思い出します。

(引用:YouTubeコメント)

また、ファンの心の中では未だ三沢光晴さんの存在がとてつもなく大きいことを感じさせるコメントも多数投稿されています。

このニュースを聞いた時父が泣いていたなあ…自分はプロレスにその時興味なかったからなぜ泣いてるんだろうと思ったけどあれから何年もたって三沢さんがどんな人かわかったよ…とても惜しい人をなくしたもんだ

(引用:YouTubeコメント)

また、事故当時はプロレスに興味がなかったが、何年も後に三沢光晴さんの生き様に感銘を受けたという人もコメントされていました。

三沢光晴は事故前から体がボロボロだった?

上でも少し触れていますが、実は三沢光晴さんの体はこの事故が発生するかなり前から満身創痍でボロボロの状態だったと言われています。

特に頚椎の状態は非常に悪く、晩年は下や後ろを向くことすら困難だったのだそうです。寝返りを打つだけで激痛が走る等な状態になっており、親しい人に向けては「引退したい」とも漏らしていたそうです。

しかし、周りがそれを見かねて「少し休養したらどうか?」と勧めても、三沢光晴を待ってるお客さんをがっかりさせたくないとの想いから現役にこだわっていたそうです。

地方に行くとタイガーマスクだった三沢、超世代軍で鶴田と戦っていた三沢、つまりテレビのプロレス中継が充実していた頃の三沢光晴を観に来てくれるお客さんがいるんだよ。そういう人たちが、1年に1回しか地元に来ないプロレスの興行を観に来て、俺が出てなかったらどう思う?

(引用:伝説になった男 三沢光晴という人)

当日の試合でも体調不良?

また、この試合当日も三沢光晴さんは様子が少しおかしかったという声が、この試合を観戦した多くのプロレスファンから出ています。

入場時から目が虚ろで、顔色も悪く、明らかに体調が悪そうに見えたのだそうです。何故強引にでも三沢光晴さんを休ませる事が出来なかったのか?どうしても悔やまれてしまいますね。

三沢光晴の死亡後は?技をかけた齋藤彰俊のその後と現在

三沢光晴さんの死亡事故後についても見ていきましょう。三沢光晴さんの遺族、ファンや関係者、そして結果的に自分の技が三沢光晴さんを死へと至らしめてしまった齋藤彰俊さんのその後にも触れていきます。

三沢光晴の訃報に多くの人が衝撃と悲しみに包まれた

三沢光晴さんの突然の訃報に、多くの人々が衝撃と悲しみに包まれました。プロレスの実況を長年務めた徳光和夫さんは出演した番組内で以下のコメントを発表しています。

三沢選手は受け身の名人でした。その受け身でこういったことになり、死にきれない思いだったのでは。彼は人間としても、レスリングでもリーダーだった。こういう形でリングを去って、今後、プロレス界はどうなるのだろう。

(引用:ザ・サンデー NEXT)

また、当時は現役のレスラーで、事故のあった大会に参加していた佐々木健介さんの妻で、同じくレスラーだった北斗晶さんもブログを通じてコメントを発表しています。

驚きと悲しみのあまり、言葉もありません。ここに謹んで哀悼の意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます

(引用:北斗晶公式ブログ)

北斗晶さんはこの事故を知った時、思わず言葉を失うほどの衝撃を受けた様子だったそうです。自分の夫も当時は現役のレスラーだった事もあって、夫の身を強く案じたのではないでしょうか?

三沢光晴の家族のその後は?子供は息子がいた?

三沢光晴さんには4歳年下の妻の三沢マユミさんと、息子さんが1人いるようです。

この息子さんは「カエデ」という名前だそうで、中性的な名前の響きから娘だとの噂も出ているようですが、正しくは息子さんのようです。

三沢光晴が亡くなった翌日の試合で齋藤彰俊は土下座していた

自分がかけた技・急角度バックドロップが結果的に三沢光晴さんの死因となってしまった齋藤彰俊さんは、その翌日もリングに上がりました。

齋藤彰俊さんは涙を流しながらリングに上がり、試合後にはリングサイドに置かれた三沢光晴さんの遺影に向かって土下座し「まだやりたい事があったのにすみません」と沈痛な面持ちで謝りました。

齋藤彰俊は重い責任を感じ罪悪感に悩まされた

齋藤彰俊さんは、結果的に自分が三沢光晴さんの命を奪ってしまった事に重い責任を感じ、引退や自殺も考えるほどの罪悪感に苛まれたようです。

精神を保てないほどに傷つき、辛いはずの齋藤彰俊さんでしたが「俺には涙を流す資格はないです。泣いたり悲しんだりするのは遺族や関係者、ファンの方」としてただ耐えていました。

齋藤彰俊の現在は?三沢光晴の手紙によって救われた?

死を考えるほど苦しむ齋藤彰俊さんを救ったのは、なんと生前に三沢光晴さんが認めていた手紙でした。

なんと三沢光晴さんは「俺がもしリングで死ぬ事があったら、これを相手に渡してほしい」として親友に手紙を託していたのでした。

その手紙は「重荷を背負わせてしまってスマン」「きっとお前は俺のことを信頼して、全力で技をかけてくれたのだと思う」「それに俺は応えることができなかった。信頼を裏切る形になった。本当に申し訳ない」「それでも、お前にはプロレスを続けてほしい」「つらいかもしれないが、絶対に続けてほしい」と最後の試合相手が罪の意識に苛まれることを予見した内容で「お前が俺の最後の対戦相手になった『意味』みたいなものは、自分で考えていってほしい」という言葉で締め括られていた。

(引用:ウィキペディア)

この手紙を読んだ齋藤彰俊さんは「三沢さんは、最後の対戦相手が苦しむことを予見してこの手紙を残してくれた。その想いに応えないといけない」と奮い立ったのだそうです。

齋藤彰俊さんは2019年10月現在も、三沢光晴さんが立ち上げた「プロレスリング・ノア」の選手として現役を続けています。

三沢光晴の生前の経歴やプロレスラーとしての活動歴

ここからは、三沢光晴さんの生前の経歴や、プロレスラーとしての偉大な活動歴について詳しく振り返ります。

プロレスラー三沢光晴のプロフィール

  • 生年月日:1962年6月18日
  • 出身地:北海道夕張市
  • 身長:185cm

三沢光晴さんは、北海道夕張市で生まれ、その後埼玉県に引っ越してそこで成長しました。子供の頃から運動神経が抜群で、市が開催した走り幅跳びの大会で優勝するほどだったそうです。

その後、中学2年生の頃に全日本プロレスのテレビ中継を見て「観るよりやる方が絶対に楽しい」と感じ、それ以来プロレスラーを目指すようになったそうです。

三沢光晴はプロレスラーになる前はレスリングや器械体操をしていた!

プロレスラーを志す前、三沢光晴さんは中学校の器械体操部で活躍していたそうです。後に三沢光晴さんは自著に器械体操の経験がプロレスの飛び技に活きていると書いています。

三沢光晴は高校時代から一流レスラーとしての実力を見せていた?

三沢光晴さんは、中学を卒業してすぐにプロレスラーになろうとしましたが、母親や教師から「まずはレスリングの基礎を学んだ方がいい」と説得され、レスリング部の強い高校へ特待生として進学します。

レスリング部はプロレスラーになるための手段と考えた三沢光晴さんでしたが、ハードな練習に必死に取り組み、3年生時に国体で優勝するほどの活躍を見せました。

レスリングという競技を好きになることはなかったと後に述べている三沢光晴さんでしたが、この時のレスリング選手としての活躍には、すでにプロレスラーとしての才能が垣間見えていました。

三沢光晴は入門後5カ月でデビューという異例を見せる

高校卒業後の1981年3月、三沢光晴さんは全日本プロレスに入門し、それからわずか5ヶ月後にはデビュー戦のリングに立っています。

これは異例とも言える速さで全日本プロレス史上最速の記録でした。この事からも三沢光晴さんのプロレスラーとしての天才性がどれほどのものだったかがよくわかります。

三沢光晴は2代目タイガーマスクとしても活躍していた

三沢光晴さんは、瞬く間に受け身の技術を上げ、全日本プロレスの中でも次世代を担う期待の若手として重視されるようになります。

そして、1984年には当時全日本プロレスを率いていたジャイアント馬場さんから2代目タイガーマスクになるよう指示されました。

タイガーマスクとしてデビューした三沢光晴さんは、海外遠征などを含めて活躍。国内のプロレスファンを熱狂させ絶大な人気を獲得していきます。

天龍源一郎の退団後に超世代軍を結成

1990年、人気レスラーだった天龍源一郎が自身に同調する選手達を大量に引き連れて全日本プロレスを退団するという事件が起こりました。

当時、黄金カードと言われた、ジャンボ鶴田VS天龍源一郎を失う危機に瀕した全日本プロレスでしたが、三沢光晴さんはポスト天龍として名乗りを上げました。

同時に、川田利明さん、小橋健太さんらと「超世代軍」を結成するなど全日本プロレスを盛り上げるため奔走します。

ジャンボ鶴田とはよきライバルで三沢光晴は全日本のエースに

1990年、当時全日本プロレス最強と謳われていたジャンボ鶴田さんをシングルマッチで破る快挙を成し遂げると、以降はジャンボ鶴田さんのライバルとして全日本のエースと目されるようになります。

これ以降、三沢光晴さん率いる「超世代軍」とジャンボ鶴田さん率いる「鶴田軍」との対戦は全日本プロレスの名物カードとして人気を集めました。

NEXT:三沢光晴は全日本プロレスの社長に就任
1/2