ツインレイにサイレント期間が必ず起こる理由や特徴・心理・過ごし方タレント

ツインレイにサイレント期間が必ず起こる理由や特徴・心理・過ごし方

目次

[表示]

サイレント期間にランナーになった男性の体験談が語られているので一部紹介したいと思います。

ある男性は、孤独感について触れており、これまで強く生きようとしてきたが、そんな自分が自然体で居られる場所を作ってくれる人、優しく包み込んでくれる相手の存在の大切さを知ったそうです。

実際にランナーになった女性の体験談は

mikegi / Pixabay

ツインレイの考え方の世界では、サイレント期間のランナーは男性がなりやすいと言われていますが、女性でももちろんなり得るとも言われています。

そんなランナーになった女性の体験談も紹介しましょう。一人の女性は、相手がツインレイでは?と思った瞬間からサイレント期間に入り、相手が記憶障害を起こしている事を明かしていました。

また他の女性は、既婚でありながら年下の職場の後輩がツインレイとなり、葛藤して職場を変えてもまた元に戻されてしまうという経験を語っていました。

ツインレイのサイレント期間のチェイサーの心理状態は?

Counselling / Pixabay

続いてはサイレント期間にチェイサーになった人の心理状態についてまとめていきたいと思います。

逃げる行為をするランナーは、喜んでどこかへ行こうとしている訳ではなく、葛藤の末の行動である事が分かりましたが、逃げられる側のチェイサーはどのような感覚を持つのでしょうか?

チェイサーの心理状態①自分と向き合う必要性を自覚する

Engin_Akyurt / Pixabay

サイレント期間にチェイサーとなった人の心理状態1つ目は、自分自身と向き合う必要性を自覚するという事だそうです。

ランナーからの連絡が途絶え、待つしかないという状態に陥る事が多いチェイサーは、それを受け入れられるようになるまで、自分自身と向き合うようになります。

これまでツインレイに依存してきた自分に気付かされ、今何をすべきかを考える事で魂が磨かれていくそうです。

チェイサーの心理状態②相手はツインレイではなかったのではと疑う

RobinHiggins / Pixabay

サイレント期間のチェイサーの心理状態2つ目は、相手は実はツインレイではなかった?と疑う心理が生まれるそうです。

いつやってくるか分からないサイレント期間なので、心の準備ができておらず、大切な人が離れていく事に対して、疑問を感じてしまうようです。

味わった事のない現象である事から、本物のツインレイならこんな風に離れていかないと思い込んでしまい、自分を慰めようとする心理だそうです。

チェイサーの心理状態③苦しみや絶望に襲われる

Engin_Akyurt / Pixabay

チェイサーの心理状態3つ目は、苦しみや絶望に襲われるという事です。最初に関係を絶とうとするのはランナーの方ですから、色々な苦しみがチェイサーにはのしかかる事になります。

例えば、ランナーが自分以外の人と結婚してしまったりする事もあるようで、そういった現実を目にすると絶望感が生まれてくるのは当然の事です。

実際にチェイサーになった女性の体験談は?

marcinjozwiak / Pixabay

それでは実際にチェイサーになった女性の体験談も紹介したいと思います。ランナーとは逆に、チェイサーになりやすいのは女性と言われています。

ある女性は、サイレント期間に入り仕事がうまくいかなくなったため、他の男性とお付き合いをしながらランナーと向き合っているというコメントがありました。

またある女性は、サイレント期間の過ごし方をレクチャーされ、例え期間が長引いても恐怖心がなくなったと、強い意志を感じるコメントも見られました。

実際にチェイサーになった男性の体験談は?

suju / Pixabay

次にチェイサーになった男性の体験談を紹介します。とは言っても男性はランナーになる事が多いため、あまり体験談は聞かれないのですが、貴重なお話しを紹介します。

ある男性は、ランナーである期間に彼女と自分との性格が逆だった事に気付かされたそうです。自分は男だと思っていたが、女性側なのかも知れないと感じたとの事です。

いわゆる自分はランナーだと思っていたら実はチェイサーだったという体験で、そういったランナーも多くいるのかも知れません。

NEXT:ツインレイのサイレント期間の特徴は?見分ける方法は?
2/4