AKB48の初期1期生メンバーの現在まとめ!勝ち組と負け組の明暗 タレント

AKB48の初期1期生メンバーの現在まとめ!勝ち組と負け組の明暗

AKB48の1期生である前田敦子さんや板野友美さん、高橋みなみさんや小嶋陽菜さんから峯岸みなみさんといった神7メンバーの現在が気になりますね。AKB48の初期メンバーの現在はどうなっているのか、AKB48の初期メンバーについて調べてみました。

目次

[表示]

AKB48の初期メンバーの現在は?

2005年12月8日に、日本の芸能史上類を見ないスーパーアイドルグループが誕生しました。その名もAKB48、押しも押されもせぬ一大アイドル帝国を築いたと言ってもいいでしょう。

そんなAKB48の初期メンバーの現在を調べたところ、勝ち組と負け組とに明暗がくっきりと分かれていました。AKB48の初期メンバーは現在何をしているのでしょうか?

AKB48の初期メンバーとは?

一大アイドルグループ、AKB48の初期メンバーとなったのが前田敦子さん、板野友美さんや高橋みなみさんといった女の子たちです。

プロデューサーの秋元康さんいわくクラスで3、4番目に可愛い子を集めたとのことです。

そんなAKB48の初期メンバーと現在の様子についてご紹介していきます!

前田敦子

AKB48のオープニングメンバーの一人であり、結成当時からセンターを守っていたことから「不動のセンター」との異名を取る前田敦子さん。

AKB48のエースで「あっちゃん」の愛称で親しまれました。AKB48を代表する顔として、アンチからの批判も一手に受けてしまうこともありましたが、やはり賞賛の声を一番浴びたのも彼女でしょう。

前田敦子の卒業での名言が有名に

選抜総選挙では大島優子さんとの熾烈な争いも注目の的でしたが、最後は堂々の1位を奪還して卒業しました。卒業での「私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いにならないでください」が名言になっています。

現在では女優として活躍中

2012年8月27日に卒業後は女優として映画やドラマなどに活躍中です。現在では女優業も安定してきているようで、女優としての「前田敦子」も板についてきたようです。

板野友美

AKB48の中では珍しいギャルキャラとして多くのファンの注目を集めました。中高生女子たちのファッションリーダでもあり、AKBを一般層にとって親しみやすい存在にすることに一役買っていました。

AKB48のオープニングからのメンバーの一人で、「ともちん」の愛称で親しまれます。髪の色は金髪がトレードマークですが、髪の色を変えたのは2006年の「誰かのために公演」の途中頃からでした。

現在ではアーティストとして活躍中

板野友美さんの卒業は2013年8月27日でした。元々アーティスト願望が強かったのですが、卒業した後は一層アーティスト路線で活動し、順調にキャリアを築いています。

高橋みなみ

高橋みなみさんは身長が148センチという小柄な体形でしたが、メンバーや秋元康プロデューサーからの信頼が厚く、その小さな体でAKB48を一心に引っ張ってきました。

AKB48のファーストフォトブックに、秋元康さんからの「AKBとは高橋みなみのことである」という言葉からどんなに信頼が厚かったか想像できますね。

2012年には初代総監督にも就任!

そんな高橋みなみさんは、オープニングからAKBの精神的支柱を担い、「たかみな」の愛称で親しまれていました。

2012年からAKB48グループ初代総監督に就任し、卒業の瞬間まで頼れるお姉さん役を一手に引き受けていたそうです。

現在ではタレント活動が中心に

2016年3月、横浜スタジアムでの卒業コンサートと翌月の卒業公演を持って高橋みなみさんはAKB48を卒業しています。

卒業後は自分の夢であった歌手活動よりも、タレントとしての活動が中心となっているようです。

小嶋陽菜

AKB48のオープニングメンバーの中で美人代表と呼ばれて、そのセクシーな魅力で男女問わず多くのファンを引き付けてきた小嶋陽菜さん。「こじはる」の愛称で親しまれていました。

篠田麻里子さん卒業後はグループの最年長メンバーとなり、「いつまでいるの?」と一部の心ないファンから言われながらも29歳の誕生日まで現役で活躍しました。

面白キャラとしても知られている

小嶋陽菜さんは、2016年の選抜総選挙には「にゃんにゃん仮面」として登場するなど、面白キャラとしても知られています。

卒業は2017年2月の代々木第一体育館でのコンサートと同年4月の卒業公演を持ってAKBを後にしています。

現在でもタレントやモデルで活躍中

小嶋陽菜さんはもともとAKB48としての活動よりも、個人としてのモデル業やタレント業が好評で、卒業後もその路線で活躍を続けています。

峯岸みなみ

峯岸みなみさんはAKB48の主要メンバーとして活躍しながらも、一時期は研究生に降格するなど辛酸を舐めたこともありました。

そののち無事にAKBの主要メンバーとして返り咲き、現在でも第一期生から残っているメンバーとして活躍しています。

2006年に初めて選抜入りした峯岸みなみさんは、AKBのインディーズシングル、「桜の花びらたち」に参加しています。その後の2008年には小嶋陽菜さんと高橋みなみさんとでユニットも組んでいます。

現在ではリバウンドして激変?!

峯岸みなみさんは2016年1月に放映されたライザップのCMに出演して注目を集めていました。

なんと2か月でお腹にシックスパックが現れるほどの激変ぶりでした。しかし現在では「リバウンドした」そうです。上の画像が現在の画像ですが、確かにふっくらとして別人のようですね。

浦野一美

浦野一美さんはAKBのオープニングメンバーとしてキャリアをスタートさせます。ニックネームは「シンディ」で憧れのシンデレラから取っているそうです。

常にティアラを身に着けているけど、そのティアラは心のキレイな人しか見えないというお姫様キャラ。2007年からはAKBのチームBに移籍し、新しく入ってきたメンバーの教育係を引き受けたそうです。

その頃は声も低くして怒りたくないのに怒り役をし、後輩のAKBメンバーから疎まれるなど辛かったそうです。

現在はスイーツ関係の仕事をしている?!

浦野一美さんは2005年12月にAKB48としてデビューしてから4回目も移籍を経験しています。辛くて悩んで泣き続けたこともあったそうですが、現在ではそれが強みになっていると言います。

浦野一美さんは「幸いなことに私には”廊下”がいっぱいある。アイドル、大人路線…」と語っていますが、逆に良い経験になったようですね。

移籍先のSDN48からは2012年に卒業していますが、現在はタレント業と並行してパティシェの叔父の影響を受け、興味を持ったスイーツ教室の開業へ向けて動いているということです。

大江朝美

大江朝美さんはオープニングメンバーとしてAKB48を支えたメンバーの一人です。Dカップにスレンダーな体形でAKB48の中でもコアなファンが多くいました。

前田敦子さんや大島優子さんなどのメンバーとは一線を画し、期待されながらもわずか3年という期間でAKBを卒業してしまいます。ファンからは惜しまれる声が多数聞かれました。

AKBを卒業後は、2010年アイドルグループ「DokiDoki☆ドリームキャンパス」のメンバーとして、またグラビアアイドルとして写真集やDVDなどを出していました。

一時は芸能界から消えた?!

しかし大江朝美さんは、2010年の12月に体調不良が理由で所属事務所を退所しています。

事実上の芸能界引退か?と騒がれましたが、2013年の6月、劇団「FREE SIZE」に所属したことを明かし、芸能活動を再開しています。

現在では女優として活躍中

大江朝美さんはもともと女優志望だったということで、これからは役者として活躍していきたいそうです。現在では活動名義を「夢朝 千代」と変えています。

大島麻衣

大島麻衣さんは初めてAKB卒業生として芸能界で成功したメンバーです。AKB初期のころから単独でのメディア出身も多かったようです。

AKBに入ったきっかけが、新大久保でスカウトされてオープニングメンバーのオーディションを受けたことだそうです。AKB48の中でも、「おバカキャラ」として頭角を現しました。

現在ではタレントとして活躍中

1期生としてインディーズ版1stシングル「桜の花びらたち」から卒業直前に発表された11stシングル「10年桜」までほぼ全部のシングル曲でメンバー入りしていました。

2009年の2月に卒業を発表し、同年4月26日をもってAKB48を卒業しています。

卒業後はバラエティ番組を中心に活躍中です。もはや元AKB48のメンバーだったことを知らないファンもいるほどタレントとしての顔が浸透したと言えるでしょう。

折井あゆみ

折井あゆみさんはAKB48のオープニングメンバーとしてAKB48劇場のグランドオープンの舞台に立ちます。

AKB48にはリーダー制のようなものはありませんでしたが、実質最年長である折井あゆみさんがメンバーのリーダー的存在だったようです。

頼れる姉貴分の顔も

メンバーは相談事があると「あゆ姉」に相談していたということです。

折原あゆみさんは2007年1月25日に舞台の千秋楽を持ってAKB48を卒業しました。卒業後は事務所をフレイブエンタテイメントへ移籍し、女優としての活動を続けています。

現在では女優や声優として活躍中

テレビドラマや舞台、映画にと幅広く活躍中ですが、声優としても活動の幅を広げています。

中国で大ヒットした映画、「20歳よ、もう一度」で主演のテレサ・モンさんの日本語吹き替えを担当したそうです。

また2014年にはプライベートブランドのハンドメイドキャンドル、「Attractive」を立ち上げ、多方面で活躍中です。

宇佐美友紀

宇佐美有紀さんは2005年のAKB48のオープニングメンバーの一人です。しかしAKBメンバーとしての活動期間が短かったため、ファンの間では元AKBだという認識は低いかもしれませんね。

卒業は2006年の3月31日とメンバーの中でも最も早く卒業しています。

現在ではラジオのパーソナリティーを担当

卒業後はoffice48所属のMCとして活躍し、2012年には所属事務所をVASPに変え現在では主にラジオのパーソナリティーとして活躍中です。

2017年3月7日には担当するラジオ番組内で結婚したことを発表しています。また2019年1月1日には同番組内で妊娠を発表しています。

川崎希

川崎希さんはAKB48結成当時からのオープニングメンバーの一人ですが、初めて選抜メンバーに選ばれたのは9thシングルの「Baby! Baby!Baby!」からという遅咲きです。

AKB48として活動したのは約4年間で、2009年の2月27日の公演を持ってAKB48を卒業しています。

川崎希さんは、アイドルになる前から社長になりたいという夢があり、卒業して次の日に手持ちの40万円で起業したそうです。

現在では実業家として活躍中

起業してからはアパレルブランドやネイルサロン、エステサロンも開店し、実業家として活躍する傍ら、グラビア活動や自身のブランドのファッションショーにも出演しています。

川崎希さんは2013年にペルー人であるモデルのアレクサンダーさんと結婚していますが、旦那のヒモキャラが受けてしばしば夫婦でメディアに登場する機会も増えました。

2017年の4月には妊娠を報告し、同年8月29日に男子を出産しています。現在では実業家として、またタレントや投資家としても活躍し、バリバリ稼いでいるようです。

NEXT:駒谷仁美
1/3