長谷川博己の父親は有名建築評論家?兄弟・母の宗教や絶縁の経緯 タレント

長谷川博己の父親は有名建築評論家?兄弟・母の宗教や絶縁の経緯

演技力のあるイケメン俳優として評価の高い長谷川博己の父は、有名な建築評論家の長谷川堯でした。父親との絶縁や仲直りの理由、父親のがんによる死去と葬儀の様子、長谷川博己の兄弟の妹の存在や母親の宗教など家族について詳細に調べました。

目次

[表示]

長谷川博己の父親はどんな人?有名な建築評論家で教授だった!?

演技力があり、人気爆発している俳優の長谷川博己(はせがわひろみ)は、父親が有名な建築評論家であることが注目されています。長谷川博己の父親について調べました。

長谷川博己の父親は長谷川堯!武蔵野美術大学の名誉教授!?

長谷川博己の父親は、長谷川堯(はせがわ たかし)で、建築史家、建築評論家です。

長谷川堯のプロフィールは、生年月日が1937年6月16日、出生地が島根県松江市、1960年に早稲田大学第一文学部卒業しました。

長谷川堯は、1977年に武蔵野美術大学助教授になり、定年後は名誉教授になっています。

有名な建築評論家で建築学会賞も受賞!

長谷川堯は、早稲田大学の卒業論文で、ル・コルビュジエを解説し、雑誌に掲載され注目されました。その後、評論家活動を開始し、建築評論家として有名になりました。

長谷川堯は、1975年に「都市回廊」で毎日出版文化賞、1979年に「建築有情」でサントリー学芸賞、1986年に日本建築学会賞を受賞しました。

長谷川堯は建築の著書もたくさん執筆している!?

長谷川堯は、建築関係の多くの著書を執筆しています。長谷川堯の著書の中で特に有名なのは、受賞した「都市回廊」、「建築有情」があります。

その他、著書に、「建築逍遥」(1990年)、「建築巡礼」(1993年)、「建築の出自」、「村野籐吾の建築」などがあります。

長谷川博己の父親だと発覚きっかけは?

長谷川堯が、長谷川博己の父親だと発覚したのは、TV番組がきっかけになりました。長谷川博己は、2011年5月24日放送のテレビ東京系「開運なんでも鑑定団」に出演しました。

その時に、長谷川博己は、三代目歌川広重の浮世絵版画を持ってきました。鑑定価格は、25万円でした。

その浮世絵が、長谷川堯の著書の表紙に使用されていることが分かり、長谷川堯が長谷川博己の父親であることが判明しました。

長谷川堯の父親は2019年4月に亡くなっている?死因はがん?

父親の長谷川堯は、2019年4月17日に81歳で死去しました。死因はがんでした。全国紙に訃報記事が掲載されました。

長谷川堯の葬儀の様子は?

長谷川堯の葬儀は、近親者で密葬されました。葬儀の後で、関係者によりお別れの会が開かれました。

長谷川博己と父親は絶縁状態だった!?仲直りはしていた?

長谷川博己は、中央大学文学部を卒業し、会社員になりました。長谷川博己は、わずか1年で会社を辞め、2001年に文学座附属演劇研究所(第41期生)に入所しました。

長谷川博己と父親に溝が出来た原因は芸能活動?

長谷川博己が役者の道へ進むのを、父親は猛反対しました。長谷川博己は、実家に住んで芸能活動をしていました。

父親と顔を合わせると、言い合いになるので、絶縁状態になり、お互いに口をきかなくなりました。

『鈴木先生』で人気俳優に!父親との関係も修復?

WikimediaImages / Pixabay

長谷川博己は、2011年にテレビ東京系ドラマ「鈴木先生」で、民放テレビドラマに初主演しました。このドラマは、武富健治による漫画作品をドラマ化した作品です。

このドラマは、第49回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞受賞、日本民放連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞受賞など高い評価を受けました・

主演した長谷川博己も人気俳優になり、父親も長谷川博己の芸能活動を認め、関係が修復されました。

なんでも鑑定団に父親の宝物を持って出場!?結果は?

長谷川博己と父親との関係の修復により、テレビ東京系「開運なんでも鑑定団」に、父親の宝物の「三代目歌川広重」の浮世絵をもって出場しました。

父親が1990年頃に購入したもので、長谷川博己は10万円と思っていましたが、鑑定結果は25万円と高額鑑定が出ました。

その時に、初めて長谷川博己は、父親が有名な建築評論家であるこを明かしました。

長谷川博己と父親の関係は?自慢の息子だった!?

長谷川博己は、3歳の時に、父親に連れられて映画「レイダース/失われたアーク」を見て、衝撃を受けました。

映画漬けになり、高校時代には年に100本の映画を見ました。小学校3年生で、長谷川博己は、父親とイギリスで暮らしたことがあります。

俳優業が軌道に乗り、父親も長谷川博己を認めるようになりました。父親の晩年は、長谷川博己は実家へ帰ることも多くなり、父親も自慢の息子と思っていました。

長谷川博己の家族構成は?兄弟はいる?母親はどんな人?

JillWellington / Pixabay

長谷川博己の家族構成について調べました。長谷川博己の兄弟や母親について紹介します。

長谷川博己の兄弟には妹がいる?長身で美人!?ネットで判明?

Bessi / Pixabay

長谷川博己の家族構成は、父親、母親、兄弟の妹との4人でした。兄弟は妹が一人います。長谷川博己は兄弟とかのプライベートなことを語らないので謎めいています。

ネットによると、兄弟に妹がいて、長谷川博己と年齢が近く、美人だと言われています。長谷川博己に身長は、182㎝と高く、兄弟の妹も高身長でスタイル抜群と言われいます。

長谷川博己の母親は宗教にハマっている!?

ImagesBG / Pixabay

長谷川博己の母親は、宗教にのめりこんでいると言われています。長谷川博己と鈴木京香が結婚を先延ばしいているのも、母親の宗教が原因していると言われています。

長谷川博己の母親がハマっている宗教は「真如苑」?

4144132 / Pixabay

長谷川博己の母親のハマっている宗教は「真如苑」と言われています。真如苑は東京都立川市の真澄寺に本部を置く、真言宗の宗教法人です。

信者は世界に100万人はいると言われていて、有名な芸能人にも信者がいると噂されています。

長谷川博己のプロフィール

長身でイケメンで、演技力もあり、人気のある長谷川博己のプロフィールを紹介します。

  • 生年月日 1977年3月7日
  • 出生地  東京都
  • 身長   182㎝
  • 血液型  A型
  • 事務所  ヒラタオフィス

長谷川博己は、中央大学文学部を卒業後、会社を1年で退職し、2001年から文学座附属演劇研究所に入所し、2002年に初舞台を経験しました。

2006年に文学座を退座し、2010年にNHKドラマ「セカンドバージン」に出演しました。2011年に、テレビ東京「鈴木先生」、日本テレビ「家政婦のミタ」に出演し、ブレイクしました。

長谷川博己の主な出演ドラマと映画

長谷川博己の出演した主なドラマと映画を紹介します。長谷川博己は、2001年に文学座附属演劇研究所に入所し、2006年に退座しました。

文学座の座員としてするまで、舞台俳優として演技に磨きをかけました。演技力のある俳優として、多くの映画やドラマに出演しています。

テレビ東京「鈴木先生」(2011年)

武富健治の漫画作品のドラマ化で、長谷川博己の初主演作品です。

日本テレビ「家政婦のミタ」(2011年)

遊川和彦のオリジナル脚本で、主演は松嶋菜々子でした。高視聴率の人気ドラマでした。長谷川博己は、派遣先の父親・阿須田恵一を演じました。

NHK大河ドラマ「八重の桜」(2013年)

同志社大学創設者・新島襄の妻・八重の生涯を描いた作品です。主演は綾瀬はるかで、長谷川博己は八重の最初の夫・川崎尚之助を演じました。

TBS[MOZU」(2014年)

逢坂剛の小説「百舌の叫ぶ夜」等をドラマ化した作品です。主演は警視庁の捜査官・西島秀俊で、長谷川博己は、犯罪エージェント・東和夫を演じました。

NHK連続テレビ小説「まんぷく」(2018年)

日清食品創業者・安藤百福と妻・仁子の物語でした。長谷川博己は、安藤百福をモデルにした立花満平の役を演じました。

次に、長谷川博己の出演した、主な映画を紹介します。

海月姫(2014年12月27日公開)

東村アキコの漫画の映画化で、「おしゃれ」に縁のない少女と女装男子のラブコメディです。主演は能年玲奈で、長谷川博己は、鯉渕修役を演じました。

ラブ&ピース(2015年6月27日公開)

園子温監督の作品で、愛をテーマにして怪獣特撮映画の要素を取り入れた作品です。主人公のサラリーマン・鈴木良一を演じました。

進撃の巨人(2015年)

諌山創の漫画を映画化した作品です。巨人と人間の戦いを描いたダーク・ファンタジーです。主演は三浦春馬で、長谷川博己は、最強の兵士シキシマを演じました。

シン・ゴジラ(2016年7月29日公開)

東宝製作のゴジラシリーズの第29作でした。長谷川博己は、主人公の内閣官房副長官・矢口蘭堂を演じました。

サムライマラソン(2019年2月22日公開)

土橋章宏の小説「幕末まらそん侍」を映画化した作品です。主演は佐藤健で、長谷川博己は、板倉勝明を演じました。

NEXT:長谷川博己と鈴木京香の破局理由は?
1/2