尾崎豊の生い立ちは?父の職業は自衛官で兄は裁判官?高校がエリート エンタメ

尾崎豊の生い立ちは?父の職業は自衛官で兄は裁判官?高校がエリート

今でも根強い人気の尾崎豊さん。尾崎豊さんの生い立ちや、性格はどうだったのでしょうか。父は自衛官だったそうで、他の家族の母や兄の職業についてや、朝霞市に引っ越したなど実家のことを調べてみました。尾崎豊さんの小学校、中学校、高校についても調べてまとめました。

目次

[表示]

尾崎豊の生い立ちは?

シンガーソングライターの尾崎豊さんは、どんな生い立ちなのでしょうか。調べてまとめてみました。

1965年に東京都練馬区で誕生!尾崎豊のプロフィール

  • 名前・尾崎豊(読み・おざきゆたか)
  • 1965年11月29日生まれ
  • 東京都練馬区出身
  • 身長・178㎝

尾崎豊さんは、シンガーソングライターで、1983年にデビューしました。ライブのパフォーマンスや、ストレートな歌詞などが共感を呼んで、1980年から90年代初めにカリスマのような存在になりました。

1992年に、26歳で突然死し、社会に大きな衝撃が走りました。死後20年以上経っても、尾崎豊さんの人気は衰えず、尾崎豊さんの楽曲は様々な歌手にカバーされています。

練馬区立田柄第二保育園から小学校へ進学

尾崎豊さんは、1965年11月29日に、自衛隊中央病院で出生しました。尾崎豊さんが幼い頃は、東京都の練馬区に住んでいたそうです。

練馬区の区立田柄第二保育園に行っていました。そこから、区立田柄第二小学校に進学しました。

小学校5年で埼玉県朝霞市の二階建て一軒家に引っ越し

小学校5年のころ、父の転勤で埼玉県朝霞市へ引っ越しをしました。実家は二階建ての一軒家だそうです。この引っ越しで、尾崎豊さんは、朝霞市の公立小学校に転校しました。

そういった生い立ちで思春期ということもあり、尾崎豊さんは転校先で不登校になってしまいました。

転校先で不登校になり、母は入退院を繰り返していた

尾崎豊さんは、転校したものの馴染めず、不登校になりました。繊細な心を持ち、思春期のころにいきなり環境が変わったため、環境の変化に戸惑ったものと考えられます。

尾崎豊さんは、いつも小学校に登校する振りをしていたそうです。尾崎豊さんの母は、体が弱く、入院と退院を何度も繰り返したそうです。

兄のクラシックギターを手に取って音楽で触れる

ちょうどそのころ、尾崎豊さんは、兄のギターを弾き、フォークソングなどを聞くようになったそうです。特に、井上陽水さんの詞に惹かれたといいます。毎日、フォークソングの弾き語りをしていたそうです。

中学校は尾崎豊の希望で練馬東中学校に入学

中学校は、尾崎豊さんの意志で、練馬東中学校に入学しました。埼玉県の朝霞市から、練馬まで時間をかけて電車で通学していたといいます。自ら、環境を変えようとしたのだと思われます。

生徒会副会長にもなったが喫煙により停学処分に

中学校時代は、生徒会副会長と文化祭実行委員長を務めました。ですが、喫煙をしたために停学の処分が下ったことがあったといいます。

高校受験で合格した青山学院高等部に進学

高校は、第一志望の慶応義塾志木高校に落ちましたが、青山学院高等部に合格しました。この合格した青山学院に進学しました。

尾崎豊さんは、高校在学中、新聞配達や飲食店でアルバイトをしたりしていたそうです。部活は剣道をしていました。

陸上自衛隊少年工科学校の1次試験にも合格していた!

尾崎豊さんは、競争率20倍の自衛隊の工科学校の一次試験に合格していました。本当はこちらに進学するつもりだったそうですが、この学校は髪を短くしなければならないので、辞めたそうです。

喫煙や乱闘騒ぎなどで無期限停学処分、留年し自主退学

高校在学中、尾崎豊さんは、オートバイの事故、喫煙で停学になりました。

3年生の時には、渋谷で同級生たちと飲酒し、女子が一気飲みで急性アルコール中毒になって搬送されました。大学生の集団と警察が来るほどの乱闘騒動を起こしました。

この騒動で、尾崎豊さんは、無期限の停学処分を受けました。停学処分がとけた後、出席日数が少ないために留年になり、自主退学しました。

CBSソニーのオーディションに合格しデビュー

尾崎豊さんは高校3年の秋、音楽で生活していくことを決めました。CBSソニー主催のオーディションとビクターのオーディションに応募しました。

CBSソニーのオーディションに合格し、歌手デビューしました。最初のころは、積極的に宣伝をしなかったため、売上は伸びなかったといいます。その後、口コミで人気が出てきました。

2枚目のアルバムが音楽チャートで1位になり、尾崎豊さんの名前は全国に知られるようになりました。

尾崎豊は南野陽子の追っかけをしていた?

尾崎豊さんは南野陽子さんと2歳違いなんだそうです。「スケバン刑事」の撮影の現場の門の所で、尾崎豊さんが待っていたことがあると、南野陽子さんが語っていました。

追っ掛けとかではないと思うとも語っていました。尾崎豊さんが南野陽子さんに、「このテープ聞いてください」と言い、車の中にカセットテープを投げ込まれたそうです。

南野陽子さんは、尾崎豊さんと意気投合して仕事のことなど話し合ったそうです。文通相手のような関係だと語っていました。

尾崎豊の家族構成は?両親は岐阜県出身?

尾崎豊さんの生い立ちについてまとめてきました。では、家族はどんな人なのでしょうか。両親の出身地は、岐阜のようです。父、母、兄の職業についても調べてまとめました。

父・尾崎健一の職業は陸上自衛官で尺八の師範

尾崎豊さんの父は、尾崎健一さんです。1926年、愛知県半田市で生まれましたが、尾崎家の出身はもともと岐阜県のようです。

尾崎健一さんの職業は、陸上自衛隊の自衛官でした。学歴は、明治大学の法学部を卒業しており、自衛官から退職後は、社会保険労務士の活動をしていたそうです。

また、父の尾崎健一さんは、尺八の師範だったそうです。尾崎豊さんの才能は、父譲りという見方もあるようです。

母・尾崎絹枝は父の5歳年下で保険の外交員

尾崎豊さんの母は、尾崎絹枝さんです。母は父・健一さんより5歳下なんだそうです。母の実家は、岐阜県の高山市です。母は勉強家で、大検の勉強をしていたといいます。

母の職業は、保険の外交員だったそうです。尾崎豊さんが歌手になり、有名になってからは、尾崎豊さんの事務所で仕事を手伝っていたといいます。

母は1991年12月に、駅の階段で倒れて救急車で搬送された亡くなりました。兄の妻と子供に会う予定だったそうです。享年は61歳だったそうです。

兄・尾崎康は尾崎豊の5歳年上で弁護士

尾崎豊さんには兄がいて、尾崎康さんといいます。兄との年の差は、5歳差だそうです。兄はギターを買ったものの、使わずに放置していたそうです。それを尾崎豊さんが使い始め、音楽に興味を持ち始めました。

尾崎豊さんの兄は、早稲田大学の法学部を卒業し、職業は裁判所の書記官などをしていました。それを経て、現在は弁護士を職業としています。

尾崎豊はどんな性格だった?

尾崎豊さんの生い立ちや家族について、まとめてきました。では、尾崎豊さんどんな性格の人だったのでしょうか。調べてまとめました。

尾崎豊の性格は母に似てる?社交的な性格とナイーブな性格の二面性?

尾崎豊さんは、正義感が強い性格だったそうです。友達のため、根性焼きをされたことがあったそうです。

友達がいじめをしていたら、辞めさせたりしていたといいます。社交的で明るい性格だったと言われている反面、ナイーブなところもあったようです。

尾崎豊さんの母も、友達が多く、社交的な明るい性格だったそうです。しかし、一人になると思い悩むことがあり、不眠症に悩まされていたそうです。尾崎豊さんの性格は、母に似たのかもしれません。

歌詞のイメージとは違って意外と普通の人だった?

尾崎豊さんを発見したプロデューサーは、尾崎豊さんを普通の人だと語っています。尾崎豊さんは歌詞のイメージで、非常識な印象がありますが、普通の感性をもった人だったそうです。

尾崎豊さんとプロデューサーが同じタクシーに乗り、途中で尾崎豊さんを降ろした時、尾崎豊さんは深々とお辞儀をしたそうです。礼儀正しく、ちゃんと常識がある人だったと言います。

反抗のカリスマではなく哲学者のような性格?

尾崎豊さんは「反抗のカリスマ」と世間では言われています。尾崎豊さんのプロデューサーは、思索者や哲学者に近いと思うと語っていました。

人が生まれる理由や、自由は何なのかということについて、真剣に考えていたそうです。尾崎豊さんは、とても深く考えていたそうです。だから、曲が深くて濃ゆいのだそうです。

ピュアすぎて悩み、覚せい剤に助けを求めた?

尾崎豊さんは、覚せい剤で捕まったことがありました。なぜ、尾崎豊さんは、覚せい剤をしたのでしょうか。あるファンは、尾崎豊さんが潔癖過ぎだからと語っていました。

尾崎豊さんは自分自身が、ずっと反抗してきた大人になったのではと悩んでいたのではないかと、ファンが言っていました。

ファンを裏切り、利益のために曲を書き、歌手として生きるなら、薬物をした方がましと考えたのかもしれません。しかし、ファンの推測なので、真実は尾崎豊さんにしか分かりません。

自分に甘い人間性があの才能を生んだ!?

以前ワイドショーで、尾崎豊さんは「自分に甘い性格」と言われたことがあったようです。それに対して、自分に甘いからこそ、心を打つような曲が書けたという意見の人もいます。

才能を際立たせる要素でもあるとも言われています。また、尾崎豊さんの葛藤が曲からも分かるため、自分に甘い性格と思わないという意見の人もいました。

尾崎豊さんの生い立ちや父・母・兄の職業について

尾崎豊さんの生い立ちや、性格、家族についてまとめました。父は自衛官をしていて、兄は弁護士だそうです。

尾崎豊さんの性格は、母に似ていたようです。この機会に、尾崎豊さんの歌を聴くのもいいかもしれません。