真木よう子の胸はFカップで水着姿や濡れ場も!事務所独立でさらに大胆に!? 女優

真木よう子の胸はFカップで水着姿や濡れ場も!事務所独立でさらに大胆に!?

細い体にデカい胸で人気を集める女優真木よう子さん。多くの映画で大胆な濡れ場を披露し、エロティックなイメージを持ちながらも透き通るような透明感を失わないという類まれな存在です。そんな真木よう子さんについてセクシーな水着写真やセミヌード写真と共に紹介していきます。

真木よう子の胸はFカップ!?セクシーな水着画像①

真木さんは2017年コミケで写真集を売ろうとした事が、ネットでの炎上騒動となり写真集はお蔵入りとなりました。真木さんはクラウドファンディングで資金を集めて写真集を製作していましたが、コミケの理念に反するとしてコミケ関係者の大きな反発にあいました。本来その写真集に掲載予定だったセクシー写真が多数週刊誌に掲載されました。

真木よう子さんのコミケ騒動は最終的に真木さん本人が謝罪する事態となるという何とも後味の悪い結果を残して収束しました。真木さんのイメージも何だか悪くなってしまいましたが、それを払拭するためにも今後はどんどんより大胆なセクシー写真を発表して欲しいと思います。

真木よう子の胸はFカップ!?セクシーな水着画像②

憂いのある表情と赤い水着姿がエロいです。本人から自身の胸がFカップであるという発言がなされたために世間では真木よう子さんの胸に注目が集まっているようです。「やはりFカップだったか!」という男性からの声や「自分もその胸が欲しい!」という女性の声など、男女ともに真木さんの胸を絶賛する反応が目立ちます。

真木よう子の胸はFカップ!?セクシーな水着画像③

真木さんと言えば映画での妖艶でセクシーな演技が魅力ですが、グラビア写真でもそのセクシーさを惜しげも無く発揮しています。最近真木さんのエロティックな写真を多く見かけるようになりましたが、今後はさらにセクシー路線へ向かうんでしょうか?

若い頃は男に乱暴を受ける薄幸な女性という感じの役柄が多かった真木よう子さんですが、最近は勝気な姉さん女房って感じの役も増えてきました。今後はそういうイメージの女優さんにシフトして行くんでしょうか?どちらにせよ真木さんの最大の魅力である妖艶なエロティックさは大切にして欲しいです。

真木よう子の胸はFカップ!?セクシーな水着画像④

正面から見るとやはり見事な胸ですね、しかし真木よう子さんには以前から豊胸疑惑があり、この見事なFカップは偽物なのではないか?との声が上がっています。果たして真相はどうなんでしょうか?確かに昔の写真と比べると大きさが違う気がしますが、正直そんな事はどーだって良いです。どちらにせよこれは素晴らしい胸です。

また美容整形に詳しい方の見立てによると、真木さんは目と鼻は確実に整形しているそうです。豊胸手術の方も何段階かに分けて行っているだろう、との事でした。まぁ芸能界ですから整形だろうが何だろうが売れたもの勝ちでしょう。

真木よう子の胸はFカップ!?セクシーな水着画像⑤

スレンダーな体にどでかい胸のコントラストがエロいですね。男なら抱きしめたくなる体ではないでしょうか?映画「さよなら渓谷」でセックスを演じるシーンではイカツイ雰囲気の俳優大西信満さんとの対比で真木さんの華奢な体が際立ってよりエロい感じがします。

胸の見え方がエロいです。餅のような肌とはこんな感じでしょうかね?本能的に触りたくなる感じですね。透明感と清潔感のある女優さんなのにここまでセクシーでエロティックな人も珍しいですね。素晴らしいです。

真木よう子の経歴やプロフィール、性格は?

真木よう子さんは1998年、10代の頃ベテラン俳優仲代達矢さんが主催する俳優養成所「無名塾」に入塾し、女優への道を歩み始めました。その後2年以上無名塾において女優としての経験を積みますが、些細な誤解から仲代さんと真木さんは喧嘩になり、そのまま退塾してしまったそうです。真木さんの勝気な性格を象徴するエピソードですね。

その後2005年公開の映画「ベロニカは死ぬことにした」で主演に抜擢されると、翌2006年公開の「ゆれる」では新人映画賞を受賞するなど、若くして女優としての地位を確立して行きました。それからも活躍を続け、2013年には「さよなら渓谷」での演技が高く評価され様々な女優賞を総ナメにしています。

プロフィール

  • 生年月日:1982年10月15日
  • 出身地:千葉県印西市
  • 身長:160cm
  • 血液型:A型

真木よう子さんの性格としては、本人曰くサバサバして男っぽいという事ですが、最近のメンタルが不安定な性格が垣間見えるエピソードから想像するに、本来はセンシティブでナイーブな可愛らしい性格なのではないと思われます。必死に男っぽいキャラクターを演じてきた結果現在の不安定な状態につながっているというのは考え過ぎでしょうか?

真木よう子の映画での濡れ場がエロい!

真木よう子さんは20代前半にして映画「ベロニカは死ぬことにした」でかなりエロティックなシーンに挑戦しています。その翌年公開の映画「ゆれる」では俳優オダギリジョーさんとの激し目なセックスシーンを最近の作品では映画「さよなら渓谷」で俳優大西信満さんとの生々しいセックスシーンを演じています。

また、2007年に出版された写真集「月刊真木よう子」では大胆なセミヌード写真にも挑戦しており、現在のセクシーなイメージの原点といっても良い写真集となっています。当時のロングヘアの真木さんがまたエロスを引き立てます。切なげな表情がサディスティックな気分を盛り上げてくれます。

真木よう子がフリーの女優に!事務所との泥沼トラブルが原因!?

2018年1月、真木よう子さんは所属していた事務所から独立しフリーランスの女優として活動を開始しています。突然の独立であったため、真木さんと事務所の間にトラブルがあったのでは?と噂されています。前年の2017年に真木さんは多くのトラブルに見舞われており、その時期に事務所への不満が爆発したと言われています。

主演したドラマ「セシルのおもわく」が大コケした直後、自身の写真集のコミケ販売を巡るネット炎上事件によってかなりの精神的ショックが重なっていたと思われます。その時に事務所が自身を全く擁護してくれなかったために、以前から抱いていた事務所への不満が表出し、契約の更新をしないという決断につながったのだと言われているようです。

真木よう子がガリガリで病気かと心配された?拒食症の疑いも?

ドラマ「セシルのもくろみ」では読者モデルとしてスカウトされる主婦の役を演じましたが、視聴者からはドラマの内容よりも真木よう子が痩せすぎてガリガリでヤバいという声で持ちきりとなりました。役作りでは?という声もあったようですが、普通の主婦が読者モデルになる役なので、むしろ太った状態から痩せた方が役としては自然です。

その事で「真木さんは病気ではないか?」とか「離婚のストレスが原因では?」と様々な憶測が飛ぶ事となりました。以前から真木さんは精神面が不安定なのではとの噂があり、拒食症では?といった疑いも持たれました。その後のコミケ炎上騒動や、事務所とのトラブルの噂も合わさり、真木さんはお騒がせ女優なイメージを強くしてしまっています。

真木よう子はインスタグラムでファンから心配されている?

最近真木よう子さんのインスタでは「目が虚ろで心配です」や「弱ってるんですね…」といった気遣うようなコメントが書き込まれており、真木さんの素直で不器用すぎる性格を知るファンから精神面を案じられているようです。無断で発言を録音した記者を一喝したという勝気なエピソードもある真木さんですが、表面上の言動だけで人間は計れません。

前述したドラマ大コケとあまりにも痩せて見えた事からの拒食症疑惑やコミケでの写真集販売をめぐる炎上騒動など立て続けのトラブルがあった直後に、真木さんが出演予定だった映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」を体調不良を理由として降板したこともファンの心配に拍車をかけているようです。

真木よう子は演技が下手?セリフが棒読みだとの評価も?

真木よう子さんは多くの女優賞を獲得しているため演技派女優として評価されているのだと思いますが、世間の評判は必ずしも良いというわけではないようです。特に最近大コケした「セシルのおもわく」をはじめ連続ドラマでの演技が低評価になる傾向があるようですね、逆に映画では概ね高評価を得ているようです。

これは思うに、撮影にかけられる時間と労力の差が出ているのではないかと思います。連続ドラマでは毎週映像をきっちりと完成させなくてはならないため、一つ一つのシーンにかけられる時間には自ずと制限があります。映画にもスケジュールや予算の関係上制限はありますが、連続ドラマに比べれば圧倒的に多くの時間をかけられます。

真木よう子さんは発言などから推測するに、一つ一つの役柄にかなりこだわるタイプだと思われます。このため時間をかけて役と向き合える映画作品では実力を発揮できますが、時間的制限によって、ある程度の妥協が必要な連続ドラマでは実力が発揮出来ないのでは無いでしょうか?あくまで個人的推察ですが作品をいくつか観てそのように感じました。

真木よう子のこれからの活躍は?

10代の頃から女優として第一線で活躍してきた真木よう子さんですが、2018年に長い間所属した事務所から独立しフリーの女優として活動していく事になりました。現在公開中の映画「焼肉ドラゴン」以降の出演予定は全く未定だという事で、少々心配になります。

とは言えあれだけの実績のある女優ですから、またすぐにスクリーンやテレビで観られる事と思います。最初はセクシーな画像に惹きつけられ、やましい気持ちで記事を書き始めましたが、調べるうちに真木よう子さんのファンになってきたので、今後の女優としての活躍を期待したいという事で文章を締めたいと思います。